FC2ブログ
Dolce
*** hana
曲者なのね…。



絶対かわいい💕だろうと思っていたのに…、
なのに…

なのに…


あまり可愛くなかった!(笑)


重厚な花瓶に、軽やかな色の薔薇。昭和の香りがしちゃう(笑)
大袈裟。うーむ。良くないわね…!

このジャルディニエールには、前みたいに、もっと、クラシックな色合いで、こっくりした花色が似合うのかもしれないですね。




こんなのね…。




この花瓶、個性が強いので、ハマるとものすごい素敵ですが、どんなお花でも受け入れる気はなさそうよ!(笑)
このキャピキャピした色が、私とは合わないわ!!って、言ってます、はい。
フランスの100年前のものだそうです。

「違うわ、それは。」って、言っているツンとすましたお洒落なフランス女が、低い声で言っている(笑)
飛行機に乗せられて、こんな遠くまで連れてこられて、びっくりしたでしょう(笑)でも、仲良くしましょうね。あなたに似合うお花を活けますから🌼…。







キャンディピンクの弾けるようなかわいい薔薇には、こんなガラスの花瓶の方が良いのかな…。


そうしてリボンの色を、変えてみます。ぎゅっとラウンドに活けてみます。

そして、100円ショップで購入したプラスチック製の造花を加えてみます。これは実ものがない季節にはとても便利です。脇役として、大活躍です。

うーむ、まだ良くないので、庭のミニ葉牡丹の葉っぱを入れる…。



どう???
リボン🎀、何色が良いかしら…。

木綿の白いリボン。たまには、こんなのも良いかなぁ…。



あ、今日はもう、時間がないので、この色で。





オーガンジーの紫色か、淡いうす緑なんかがかわいいかもしれません。
でも、ピアノの時間なので、とりあえずこれで!💕
こんな感じ!



で、ドタバタしてできたのがこれ…。

さ、みんな、いらっしゃい!!





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/29 13:23] | bouquet and room decoration | トラックバック(0) | コメント(0)
胃ろう
義母が、飲み込むリハビリをしたくないという。


もう嫌だという。

胃ろうになると、老人病院に一人でいる事になるのに…。
お父さんとは一緒にいられなくなっちゃうんだよ…。



でも、もう頑張るのは嫌なんだね。



意識は混濁する時と、はっきりする時がある。
話をしていても、大抵30分くらいすると、眠ってしまう。






愚痴をこぼしたら、ピアノの友人で、看護師をしているひとがこう言った。

『死にたいというお年寄りがたくさんいる。私が老人になる頃には安楽死が認められて欲しい。医学は発達し過ぎ…。お年寄りの気持ち、よくわかるよ。』








一月は、自分のピアノのレッスンと乗馬を休んでいる。
行くのは病院だけ。土日もダダ、病院。
ゴルフも行かない。

とりあえず、白いボタンダウンのシャツに、紺のセーター。紺のコートを引っ掛けて、髪を振り乱して生きている(笑)
気が付いたら、美容室にも行けなくて、髪はかなり伸びている…。なんということ。







胃ろう…。若しくは栄養の点滴。
植物人間のようになってしまうのだろうか…。
このことが頭をぐるぐる回っている。





『胃ろうになるよ。』
と義母に言ったら、
『仕方がない…』
と、ひと言、言って、眠ってしまった。


寒い日。
少し休みたい。




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/28 12:37] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
変わり織のコーデュロイで
変わり織のコーデュロイ、セールになっていました。かなり良い生地で、手が出ないお値段でしたが、少しお手頃に…。




インドで買ってきた、ブレードの出番ですよ。






かなり厚地で、インテリアファブリックですかねーー。
扱いにくいです。
なので、極力縫わなくて良いラップスカートで。



裾に並べてみました。



うーーん、全部乗せで!(笑)






ベージュの生地ですが、面白い織なのでゴールドに見えます。
綿なので、夏以外はOKですね。
黒のモヘアのカーディガンを引っ掛けて…。



こんなストールや





アンティークバッグにもぴったり。~これは、お店に出したバッグです。素敵ですよね。到着した時には息を飲みました。キラキラで、きれいだったんです✨これ、合いそう。もうここにはないんですけれど…(笑)資料画像です。


インドのブレードとスペインの生地の融合なるか…🤣

愉しみ!




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/27 11:25] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(2)
ハンギングは丸く、ね!🌼


エントランスの一番目立つところにハンギングを。



でも、お花が伸びてくると、形が崩れてきてしまう 事があるんです。
丸くなるように植え込んでも、生育状況によって間が空いてしまって、格好が悪くなってしまいました。



この白の部分が、空いてしまっています。










私は、いつも、藤を剪定した小枝を残しておいて、こんな風に、ハンギングのカゴに、枝をかけて、下に向かって伸びてしまっているお花を間が空かないようにくくってしまいます。








ちょっとまとまりました✨🌼




🐛dolceおばさんのお庭から🐝





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/24 12:31] | 🐛 dolceおばさんの畑とお庭 🐝 | トラックバック(0) | コメント(0)
被害総額は…
ガッチャーーーン!!



息子が夕飯の済んだ食器を乗せたお盆を落とした。
ああああああ。
悲鳴。
全部、粉々…。


マジですか…?





深川製磁のお茶碗…。
アンティークの抹茶茶わん。
鶏肉と卵の煮物を盛ったアンティークの錦手の伊万里。
キャベツの炒めものを乗せた信楽、他色々。


テラコッタタイルのフロアの上に、無残に散らばるそれらは、ひとつずつ集めたもので、深川製磁以外はもう手に入らない。
伊万里だけは金継ぎでもしようかと、カケラを集めたが、半分くらいは粉々。



「ごめんなさい。考え事していました…。」



犯人は、こう言って小さくなって、謝っていた。


悲しい…💔




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/23 10:58] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
あら、かわいい


クリスマスローズの大きな葉っぱをどけてみたら、
あら…、かわいい💕






ここにも、あら、かわいい💕







去年の春に植えた紫キャベツ!
夏を越して、こんなにかわいい💕






エントランスの植え込み。
暖冬で、どんどん咲きます。毎日変わっていくお庭。

🐝🌼dolceおばさんのお庭から🌼🐛





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/21 11:25] | 🐛 dolceおばさんの畑とお庭 🐝 | トラックバック(0) | コメント(0)
うす紫のすみれのブーケ


雨が降ってくる前に、徒長したすみれを整えて切りました。


お花は、ジャムの瓶に。







かわいい。


この日は、曇り空の冬の午後。雪が降るかもしれないんだって。
くらい空に、鉛色の雲。部屋からは、空がたくさん見える。

どの窓もみんな鉛色。


山にかかる雪雲も素敵よね…。
なんて言っている私は、家でゆっくりできる人だから…。



国光があるので、焼き林檎でも作りましょうか?
あったかいおやつです。


❄️目指せおうちリゾート❄️





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/20 11:04] | bouquet and room decoration | トラックバック(0) | コメント(2)
ひだを取った銀座結びで
カッコいいのですが、異常に短い博多帯。
ひと巻きでやっと。


でも、少し変わり結びを練習してみました。変わり結びといっても、ただお太鼓にタックを取っただけです…うふふ。
着る時にバタバタしないように練習(笑)



手先が上に来るように、ひと結びします。
これが長さ的にちょうど良い。
~この帯はお太鼓にする時は、結ばずひねらず、ただクリップで留めるだけです。それでぴったりサイズ。


手先をきれいに斜め折って(青線)クリップで、留めておきます。緩むんです。正絹ですが、硬くて…。





短いし、硬くて身体に沿わないので、字の目が通りにくいです。
なので、それを逆手のとって、ここでタックをとって変わり結びにします。


持ち上げたところ。



本来なら紐一本で、銀座結びっぽくしたいのですが、またしても硬くて紐一本では、収めきれないので、邪道で帯枕を据えます。私の帯枕は、すっごく薄いタイプなので(笑)


このまま下線を決めて、適当にします。


少し大きめがカッコいいかもです。





下の仮紐も取らないので、手先の返しも少し下げて。






携帯で撮ったら画像が良くないですが…。







このクラシックな博多帯、かっこいいのでこんな感じでも、良いかなって思います。



きゃー。この下駄。カッコいいぜ!



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/17 12:55] | 着物色々覚書き | トラックバック(0) | コメント(0)
塩でスクラブ洗顔、やってみた
私、10日に一回くらい洗顔時にマイルドなスクラブ入りの物ををずっと愛用しておりますが、切らしてしまって、今、忙しく買いに行けない。これをすると肌は、なめしたみたいにツルツルになるんです。

でも、一週間に一回くらいスクラブ洗顔しないと、お化粧水が入っていかない感じがする。弾くみたいな…(笑)






そう、そうよ、スクラブってツブが入っていればいいんじゃね?っと思い立ち、砂糖にするか塩にするか迷った結果、塩にした。
だって砂糖って、お紅茶なんかにすぐ溶けちゃうでしょ。塩は水にもなかなか溶けない。で、資生堂の洗顔料に塩を入れて、いつもの物と同じくらいのザラザラ感にして顔を洗ってみました。



きゃ!


大成功!




今使っている、インドのKAMA社のピュアローズウォーターのお化粧水がぐんぐん入っていく。

でも、塩ってどう?って思ったけれど、すぐに洗い流しちゃうし、私は、スクラブ洗顔ってそんなゴシゴシはしないんです。表面だけ、ささっと。

塩は良かったです。バスルームに塩を少し持っていけばよくて、一個スクラブ洗顔料を置く必要もないし、しかも、ただ同然(笑)排水口にも詰まらないし、アリさんも来ない。いいかも…。

(~ああでも、ボディソープでしてみましたが、塩が固まってダメでした。洗顔料はなんでも良いというわけではなさそう…。)






最近、歳と共に肌のお手入れ、ちゃんとしなくっちゃって、痛感しておるのです。驚くべき事に、数年前までは、一切何もしていなかったという私でしたが、年齢には抗えず、ヒマなんだから、きちんとしなきゃ。

シミを消そうとかシワを無くそうとかそこまでは思いません。


とにかく、目標は、現状維持(笑)

低いハードルをペタペタとね…✨



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/15 22:26] | Beauty method & makeup | トラックバック(0) | コメント(2)
薔薇の剪定


紫色のすみれは、かわいく咲いてきました。







昨日は、薔薇、ピエール・ドゥ・ロンサールと、マダム・ピエール・オジェ、キュー・ランブラーを剪定しました。



薔薇はきれいに葉っぱを取ってしまうと、休眠状態に入り、栄養を根っこに蓄えると読んだので、葉っぱを取って、シュートを切り、古い枝を切り取って、斜めに導引しました。


~ピエール・ドゥ・ローンサール









オジェさんは、細い枝にもお花をつけるので、剪定は軽く。


       ~マダム・ピエール・オジェ








一重のキュー・ランブラーは伸び放題。手袋をして解いてから、アーチにくくって、飛び出した枝の先を軽く剪定しておきました。


      ~キュー・ランブラー








そして藤、藤はマメ科なので、チッ素を勝手に根に蓄えるので、チッ素系の肥料はいらないのです。なので、もう少ししたら、剪定してリン酸系の肥料をあげます。とにかく、ウンともスンとも言わないツンデレな藤。









ジューンベリーのまわりに植えたうす紫のヒアシンスも、かわいい芽が…! 🐛

🌼dolceおばさんのお庭から🌼




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/15 12:23] | 🐛 dolceおばさんの畑とお庭 🐝 | トラックバック(0) | コメント(0)
クルマねー。
息子がペーパードライバーにならないように、雨の日などにたまにクルマで駅まで行かせる。
学校へ行くのに、駅までクルマで行って、駐車場に置いて電車に乗って行く。



今日は、クルマで行っていいよ。使わないから。


じゃ、ゆっくり出よっと。

で、お蜜柑なんか食べながら、朝のテレビをゆっくり見て、さて、行くか!!






「あれー?鍵がないよ。ホンダのキーがない!!」

「えーー、よく見たの??ちゃんとあるでしょ!そこに…。」





で、ふと、外を見ると駐車場にクルマが無かった🌀💦




えええ!



ダダは、今日はホンダに乗って行ったのか!?
今日もキャットマシンには、猫が3匹乗っている🤣🤣🤣



あー、今日もみなさんお揃いで…(笑)




ごめん。息子よ。





あたしゃ、今日はお休みの日。



あははは。
いいお天気です🌼




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/14 12:08] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
極限の嫉妬
母の薬を取りに行ってくれと父に頼まれて、土曜だったので、主人と、ドライブがてら母の病院へ行った。泌尿器科だ。





先生に言われたのは、
「お母様の病気は、心気症です。抗うつ剤と安定剤、入眠剤を処方しております。」


「…、ああ、多分、娘さんが椎間板ヘルニアや癌の闘病の際に、まわりの皆が心配して大事にしてくれていたのを見て羨ましかったのでしょうね。あるんですよ、寂しさや喪失感を持つ人は、看病される事を羨ましいと思うことが。」






「周りに大事にされるならば病気になりたいと思う心の病です。」






「MRIも、血液検査もした。CTも撮った。どれだけ検査をして、異常なしと診断しても、そんなはずはないと言い張ります。病気を探しているのです。ここに来る前にもたくさんの病気を転々としていらっしゃいます。仰るのは前の病院の悪口ばかりです。」





その病気は、壮年期から発症することは稀だそうだ。若い頃からずっと…。私が幼い頃から…。





娘に嫉妬…。癌に嫉妬…。





そんなに私が羨ましいのか。




そこまでか…。




そこまでの嫉妬がこの世にあるのか…。






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/12 10:26] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(4)
いらないシリーズその4~…。
むかーし貰った困ったプレゼント。


草木染めに凝っている方からの虹と太陽を編み込んだ天然素材で染めたというカーディガン。
そんな親しい関係ではなかった方からの不思議なプレゼント。
「お洒落な、あなたに…」と、カードには書いてありました。



私は、それを見て思いました。

これは、「お洒落な私から」と、いう意味ではないかと思った。
ううううう。







虹のように七色に染めた毛糸で編んだカーディガンは、彼女のご自慢。
「ピアノの発表会に着て写真を送ってほしい」というが、
そもそもニットはカジュアルウエア。しかも、サイズもぶかぶか。

ニットを舞台で着るのはフジ子・ヘミングくらい(笑)



私は、黒かブラウンのフルレングスの地味なドレスに決めている。それしか持っていないし。それか、スーツです。



こういう場で、草木染めのくすんだ色のニットって…。しかも、苦手な感じの漫画の様な虹と太陽。





手作りのプレゼントは、とても難しいです。



「あのカーディガンは、編み物教室の皆が欲しい欲しいと言ったもの。大人気だったのよ。展示会で売ったら4万円はするのよね…」


「あなたのために、染めて編んだのよねーーー…。あなたのために。」


「私の渾身の作よ…あんなのを着ている人いないわよ、着て行ったら、みんなびっくりするでしょう…」

っつーか、普通のひとは、ギョッとするだろう…(笑)

感謝の言葉を催促するようなお電話…。


「ごめんなさい…。私には、もったいないようです。カーディガンはまだ一回も着ていませんので、お返しします。お付き合いも浅いのに、こんな高価な物は頂けません。」とお手紙を書いて菓子を付けて、近所なのだが、宅配便で返した…。



ひゃー。きっつ…。








いや、値段まで言われて、着る場所まで指定されて、感謝しろ、との雰囲気に嫌悪感が湧いたのです…。
でもこの方、全くヘコむ事もなく、「あら、そう?」って、笑っていた…。






これには、ビックリ。




もう、何かが違う。違うのです。




私も鬼ではありません。カーディガンだけならば、そこまではしません。その度重なるお礼の催促、更には、お返しを期待しての、クリスマスプレゼントの催促。勘弁でした…。

『あなたのお返し、愉しみだわ~。何を作ってくれるのかしら✨あそこまでの物をもらっているんだもの、何が来るか愉しみ~


って?


え??







この時期になると思い出す。この事件。私の人生の中での非常に驚くべき人物の一人。




彼女からのメールは、いつも自分の近況報告。
『今日は歯医者に行ってきました。~中略~ 虫歯がゼロで褒められました。』
『今日は、ピアノの先生に息子が天才と褒められました。~中略~ あの曲が、あんなに上手に弾けるなんて。』
『今日は疲れています。風邪のようです。寒かったからね。~中略~ でも私、すぐ治るから。大丈夫。』
『今日は…。』『今日は…。』私は、私は、…。「dolceさんは、いかがですか?」とか一切なし。返事のしようがない。まるで、壁に向かって話しているようだ。



彼女は、私には一切興味がないのだ。ただ自分の言うことを延々と聞いてほしいだけ。友達っていう飾りがほしいだけ。全く趣味などの共通点もない。なのに…。
メールを無視するしか方法がありませんでした。

たまたま、息子が同じ幼稚園で、同じピアノの先生についていただけ。短いお付き合い。私には友人という意識は無かった。連絡を断つと、驚くべきことに彼女はすぐに次のターゲットに移った様です。「友人と離れる」という悲しみも感じないかのようでした。ささっとした変わり身の速さ。

傷つけてしまうかもしれない…などという事は杞憂でした。彼女には自分しか見えていない。

色々生きていると、ビックリすることに遭いますが、聞くところによると人口の何%かは…、うん、一定数このような方がいらっしゃるそうです。





そして、今、彼女のFacebookには、ホストとはしゃいでいる彼女のピースサインの写真があるそうです。仕事とはいえ、ホストも大変ですねー。

旅費は彼女持ちでスキーに行くという…。ご主人とは別居。息子さんとも不仲で、一家は離散。




そのカッコいい若い男性は、お金さえ払えば、いくらでも話を聞いてもらえる。



お金というものは、便利だと思いました。



良かったのか、良くないのか、



私には、わかりません。



~どうか、お目こぼしください。





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/09 22:49] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(2)
いらないシリーズその3~盆暮れのご贈答
その昔、実家は父の仕事柄、お中元お歳暮をたくさん頂く家だった。


父は、誰がなにをくれたかなど、全く把握していない。
クール便でいきなり来る水炊きセット。河豚、その他、様々な生もの。こういうのもキツいものなんです。ご贈答にも流行りがあって、同じものばかり来る。

以前、タレントさんの奥さんがそれで離婚したという事がありましたが…。毎日毎日、冷蔵庫はぎゅうぎゅう。近所に配るのにも限度がある。要らぬ事を言われないように必死に食べる。








でも、たまにすごいものくるんです。剥製とか…。(笑)笑い転げました。
ひとんちに、へんな小動物の剥製、贈りますかね?



そして、当時家にいたゴールデンレトリバーのナッシュくんを見て、そのジジイ、こんな事を言ったそう。


『奥さん、その立派な犬が死んだら、剥製にしてあげますよ🖐✨』



クソジジイ…😭💦


死ねや…


意味不明なきのこの彫り物とか…。。。。。
出入りの大工に作らせた、なんだかわからない細工物とか。
奇妙な陶芸作品とか…。。。???

ああ、それらは、しばらく飾っていないと、いけないのです。玄関に。そういう方は、来るんです。確認に…。(笑)
そして、自慢のひとつでも言って帰っていく🌀
それが善意だから、困りますよねー。









こういうものは食べたい時に、自分のお金でスッキリ食べた方が、よっぽど気持ちが良いと思います。
私がまだ学生の頃、ある日、実家に、暮れのご挨拶に見えた方がいた。

応接間に通し、お茶を出し、両親は楽しげに談笑。お客様は、「大きなつづら」を置いていった(笑)
そして、お客様が帰った後、両親は、こんな会話を…。

『お父さん、今のだれ?🌀』

『知らない🌀お母さん知ってるだろ?』

『知らないわよ…🌀」

なんて事はしょっちゅう🤣🌀

そんなものなのだ。やめた方が良い…。こんな習慣。義理で送るもの。相手の事なんか全く考えていない贈り物。自分自分、自分の立場を少しでもよくしよう、自分に有利に事を運ぼう、その手段です。
少しでも相手の事を思っていたら、こんな風にはなりません。

油はいくらあっても困らないだろう、洗剤はいくらあっても困らないだろう、皆がそう思うのです。でも、洗濯洗剤の山を見て途方に暮れる家人。ものには限度があります。

一般企業では、メロンやカニくらいでご主人が出世したり、何かの契約が取れたり、そんな事は無いんです。政治家じゃあるまいし…。少し考えてみたらわかります。お中元をいただいたひとの「しょうもない仕事」を高く評価したら、自分の資質を問われます。自分が失脚です。だから、やめた方がいい。

なので、私は、ダダの会社関係には贈らない。




私も勉強中です。

~ 頂き物には、感謝しております。勝手な意見です。色々、お目こぼしください。本当にお目こぼしください…。




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/09 10:13] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
いらないシリーズその2~引き出物
その昔、結婚式は、ホテルでゴージャスにするものだった。そして、引き出物という、悪魔のようなひでえモノを配るという、恐ろしい風習が、あった。今もあるか…💦これはもう暴力。




私は、自分の結婚式の引き出物は、自分の友人には、CHANELのコンパクトにした。お化粧直し用のプレストパウダー。アレルギーの友人はいない。色展開もない、誰にでも合うお化粧直し用の白粉。



友人なので、好みは分かっている。
が、しかし、
黒い小さなCHANELの包みに白のリボンに、姑は目を吊り上げた。




「黒と白なんて、縁起でもない。しかも、こんな小さなもの!!貧乏くさい!!」
と。




大きなつづらと小さなつづら…そんな昔話も、あるではないか…(笑)大きなつづらにはろくでもないモノが入っていたんだぜ!




消耗品で良いのです。小さなもので良いのです。
姑は、大きくてかさがあり、重いものが良いという🌀💦

いやいやいや、変な柄のお鍋セットや、耐熱食器、趣味の悪いファンシーな花柄の安いティーセットなんか、欲しい人います?
数千円で、ポットと、カップ&ソーサーが5客の、ティーセット、かなりの安物。要らないでしょ。

若かった私は、自分の意見を通して、自分の友人だけは、コンパクト。「自分の方の」親戚のおばちゃんたちに聞いたらティーセットよりCHANELが良いというので、全部コンパクト。ダダの親戚は、姑の好みで選んでもらった。ごめんなさい姑(笑)








が、その小さなCHANELは、すっごく喜ばれたのはいうまでもない(笑)もし気に入らなかったら、周りの人にあげたって良いのだ。周りに一人や二人そんなブランドものが好きな人はいるだろう。そのまま捨てても、燃えるゴミだし簡単。

このコンパクトが引き出物としてふさわしかったのかどうかは、わかりませんが、私は、そのくらい引き出物にはウンザリしていたのです。。。



ええ。ウンザリ…。







家の押入れには、引き出物の、鍋だのワイングラスだの、鉄のすき焼き鍋だの、すごい柄のバスタオルセットだの、ファンシーな模様のテーブルウエア、ティーセット、耐熱食器セット、ポット、なにやら大きな額に入ったイラストの作品だの、花柄の玄関マットだの、手作りのハートのクッション。名前入り…💦 写真入りの置き時計だの、保温できる弁当箱だの…。もう、要らないものがいっぱい!!もらった時のままにしまいこんであるのです。ワイングラスなど、なんセットあるのかわからないほどです。かさばるものばかり😭🌀
私も、若かったのね…。ひでえわね。
でも、家が散らかるのは、絶対嫌だったのです。

えっちらおっちら持って帰り、包装紙は燃えるゴミ、箱は資源ごみ、パッキンはプラスチックゴミ、そして中身はごめん…不燃ゴミだ。すぐに捨てるのは、さすがの私もはばかられて、一年くらい狭いマンションにの押入れに寝かせてから、仕方ない風を装って捨てる。綺麗事を言っても、皆そうだと思います。

だって、要らないもの…。
結婚式の引き出物、本当に…
殺意が湧く…🤣💦







リースや、花のアレンジは、便利です。消えものなので…。そのまま飾ってそのまま捨てていただける。



よそ様に、適切な時に適切な物をパッと贈れるというのは、案外、年季とセンスと経験と勘がいるものです(笑)私も勉強中です。

多過ぎても、少な過ぎても、また、個性がありすぎても、本当につまらない物でも(笑)悪目立ちしてしまいます。バランスよく、ちょうど良いと思っていただけるのは難しい。


先方に負担を感じさせたり、びっくりさせてしまったり、困惑させてしまうのは、絶対避けたい…。






ご贈答、自分を消して先方に合わせて…。






大概は、消えものか、普段自分用にはちょっと手が出ない価格の小さな日常品にします。



デメルはパッケージが好きなんです。
猫の舌という名前のチョコレート。



~お目こぼしください…(笑)



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/08 11:12] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(4)
いらないシリーズその1~お土産
私は、どこへ行ってもお土産というものを購入して配るということはしません。

ただ、ピアノの先生や、お馬さんの友には、海外のお出かけの際などに、お土産で小さなお菓子などをいただくので、私も、お茶や、お菓子など食べ物関係を少し買ってくる。

息子の夏休みの工作の宿題レベルのインドのガーネーシャの彫り物や、パートのおばちゃんが適当に作ったみたいな宗教的な飾りものなぞ、もらったらさぞかしご迷惑だろうと、買いません(笑)





インドでも、紅茶をほんの少し、買ってきました。



小さいの。各国の首相もやってくるという試飲のできるお茶のお店です。高級店ですが、小さなパッケージのものを選べば、そんな散財もしないですみます。万が一お口に合わなくても、処分に困ることもない量です。



基本的には、自分が食べた事のないものは、贈りません。
そして、たくさんは贈りません。ほんのちょっと。でもそれが良いと思っています。



先方のお口に合わなくても、少しなので、一回か二回のお茶の時間に、ご家族で召し上がっていただければそれで良いのです。




でもそれも、ああ、あの方は苺が苦手、とか、林檎のパイが大好きとか、よく素性を知っている人だけです。基本的には、生活を良く知っている場合以外は、ものを贈る事は、しません。

私自身も個性的趣味の持ち主で(笑)選んで選んだ物しか持たないケチんぼです。

快適に生活する為には、趣味の合わないものは、持ちたくないのです。






物をたくさん持つという事は、今は豊かさとは真逆です。
お宅にお邪魔するくらいの関係でなければ、モノを贈るのは、難しいです。



こんな個性的なモノをひとさまに贈っては、いけません。ふふふ…。

これは、私の思い出と共にあるものだから…。





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/07 13:56] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
白味噌仕立てのお雑煮
眠れぬ夜に、お布団の中で独り考え事。
私、何を考えているんだ?


義母のこと…。
何故か優しくしてもらったことばかり浮かぶ。

「今年の箱根駅伝は、青学が勝ったよ」と言ったら、「◯◯大はどうしたか」と、聞き返したそうだ。
意識や認知はしっかりとしている。






今夜は、冷えるなぁ…、と思ったら、艇庫のトタン屋根がバラバラと音を立てた。
雨…。
しばらくしたら息子の自転車のブレーキの音が聞こえた。
ドアを開ける音。
『ああ、寒かった~』
お帰り。
『わあ~、外はみぞれだよ。』




そうか。なんだか季節が秋から止まってしまっている自分。
もう、みぞれが降る季節なんだね。
そうかお正月過ぎたものね。うわの空の今年のお正月。
義母は病院で独り何を思っているのか…。
こんなことを考えて眠れぬ夜を過ごす私。
私は、かなしい。結婚して三十年以上。私たちだけに重ねてきた思い出がある。



お母さん、もう一回ご飯が食べられるようになるといいね。




お正月、いつも丁寧過ぎて手際が悪い義母の作る(笑)冷めてしまう白味噌仕立ての丸餅のお雑煮を思い出す。お餅は網で少し焦げ目がつくように焼く。料理が上手で、前日から出汁を丁寧にとって、そうして、下茹でしたねじり梅の京人参を美しく盛る。面取りをした柔らかな里芋。湯通ししてクルリと輪に結んだ三つ葉。金粉を散らして、お目出度く。とろりとした甘い白味噌のお汁を朱のお椀にはって、お餅を入れる。蓋をして、お盆に乗せて居間に運ぶ。




あ、私の実家ではお椀の蓋はきっちりしめるのは好まない。焼き海苔をはみ出すように入れ、蓋は斜めに…閉まりません、というのがカッコいいと(笑)
お刺身やかまぼこは厚めに切る。景気よくだ。実父の実家は商売をしていて、お正月はお獅子が来る。お飾りもドンと景気よくだ。こういう時こそ御祝儀も弾む。

しかし、ダダの実家では、そうはしない。
『◯ちゃん、お椀はまっすぐきちんと蓋をせんと…。こういうのは、きちんとせにゃ、あかんから。』
お刺身も薄めに品良く切る(笑)なんでも小さめ。

色々ゆっくり私に諭す義母。あ、いけないいけない(笑)ついつい関東風(笑)なんでもちゃっちゃとやってしまうのはいけないのだ。でもその違いも面白かった。


布団のたたみ方、お茶を配る順番など、こういう事は色々あり、この家で動けるようになるのに五年以上かかった。あはは。







私と義母だけは、いつだって箱根駅伝は見られない。
義母は色々な事にものすごく時間がかかるからだ(笑)あはは。
出来上がる頃にはいつも冷めているお雑煮。
それも、義母らしい(笑)

あの丁寧に作られたお雑煮を一回で良いから熱々で食べてみたかった、と思うのだが、もう叶わないことなのだなぁと、思ったりする。

寒い台所で、二人でお正月を整える。オレンジ色の電熱線の入った古い電気ストーブがひとつあるだけ。台所で、二人で立ってお茶を飲んだ。何度も何度もそうやってしてきた。






お重に並べた美しいおせちお料理と、味醂で、乾杯。お刺身はいつも魚屋さんに頼む。相模湾のとろけるようなイカ。しめ鯖、昆布で巻いた鯛。あ、鯛は、食べちゃダメ!義母の好物だから…。息子を目で制する私。関西出身の義母はマグロは好まない。鯛が好きだ。
「いいのよ。いいの。みなで食べ。いらんから…。わたしは、いいから。」





書き初めの宿題を義父に教えてもらう。皆それぞれに思った字を半紙に書く。上手くいかないと泣き出す歳下の子。
あらら、義母は隠れてその子にオヤツをあげる。「大丈夫だよ。お兄ちゃんたちには黙っておいで。内緒だよ。」って。



お年玉。
きれいな御膳。
晴れ着。
関東のお正月はいつまでも日本晴れだ。




幼い子らに駅伝はつまらなかろう。飽きてしまった3人の孫たち。嫁二人、息子二人と義父母と一緒に、近所をお散歩する。晴れ晴れとした青空のお正月は、雲ひとつないしあわせの時間だったのだ。
当時、そんなことには、まるで気がつかなかった。


こんなお正月がいつまでも続くと信じて疑わなかった。義母が脳梗塞で倒れる前は。







病院は寒くはないか、寂しくはないか、そんな事を思うと、たまらなくなる。

関東の嫁と、関西の古い家で育った姑。当初は色々なこともあった。全く違う二人(笑)それも仕方がないことです。





冷たいみぞれが降る夜に、つらつらと、思い出すこと。
わたししか分からない義母の姿。今ならわかる。息子を心配する母の気持ち。優しさ。

葉山にある実家。海は近い。若い嫁をどう受け入れて良いかわからなかったのだ。
ビーチサンダルでウエットスーツを庭で干す嫁を、真っ黒の顔に激しい(笑)ブルーのアイシャドウの嫁を、自分よりも背が高く、コパトーンの匂いのする若い女の子を、ミニスカートでボードの三艇載った大きなステーションワゴンを細い腕で鼻歌混じりに運転する嫁を、どう扱ったら良いのか分からなかったのだろう。



髭のあるダダの事もずっとずっと心配していた。大丈夫なのよ。銀行とか証券会社じゃないから…。平気なの、髭くらい(笑)お母さん。こんな格好で大丈夫な会社なの。ダダもしっかりわかっているから。


『この二人は、よう分からん』
よく言っていたな…(笑)


もうすぐ、15日。84回目の義母の誕生日だ。







お母さん、私は、今、ダダを返してあげるね。
二人でいる時間、なるべく一緒にいて欲しい。



ダダを育ててくれた人。


眠れぬ寒い暗闇の中、
感謝の気持ちと、楽しかった温かな長い時間がいつまでも心に去来する。





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/06 11:25] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
おいしいお菓子を
去年、upし忘れた記事です。



ピアノの先生へ。
ここのフィナンシェはとっても美味しいんです。新宿小田急デパートの地下にもお店があり、仕事帰りにダダがよく買ってきてくれます。
でも、お店で買ったものの方が数倍美味しい。お店のものは焼きたてなのでしょうね。もちもちした感じが病みつきです。

ピアノの先生に、ご挨拶。








実は、試しにこんな可愛らしいチョコレートケーキもお取り寄せしてみましたが、こちらは、普通のケーキでした。小さくてお値段も形も可愛らしいけれども、お使い物にはやめておきます。



これも…。
どちらも消えものなので、負担なく…。
リースは、クリスマスが終わったら、燃えるゴミに出してください(笑)と、お伝えして…。






この日は、あまりに温かかったので、こんな感じ。クルマだしご挨拶だけなので、これに、バサッとした苔色のコート。



バーニーズNYで見たスカートをパクって作ったもの。ふふふ。あったかいので綿のスカートに、タイツです。
巻きスカートを作って、チャコペンで大雑把に絵を描いて鏡でバランスを見て良かったら、刺繍。あまり決めないでフリーハンドで。刺しているうちに色々アイデアが出てきて、愉しかったです。





元ネタのスカートを試着したら、重くて重くて、着にくかったんです。セレクトショップ的な感じなのでサイズがね…。で、似たようなもの作った…。買うつもりはそもそもないが試着をしてみたんです。お値段もそれは七万くらいでしたが、作ったら材料費は数千円です(笑)

私はデパートやお店には、アイデアを盗みに行く(笑)

うふふ…✨



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/05 10:54] | ✏️ 家のこと覚え書き 📙 | トラックバック(0) | コメント(0)
半襟の柄出し
刺繍半襟。悩みのタネ。デブで襟をたくさん抜くわたくしは、いくら気に入った半襟を買っても、柄がちゃんと出ないんです。






t.さまからのプレゼント。牡丹に唐獅子。カッコいいんです。諦めきれない…。このかっこよさ。








実はこの半襟も同じなんです。欲しいところに柄がない!もう少し下に刺繍が欲しいのです。
襦袢に一番良い部分が見えるように半襟を据えてみます。







こうよ!こんな風にしたいのですよ~。でも、こうすると、後ろにくるべき用尺が足りないので…仕方無いので後ろ中心を切った!!!!



ジョキ!!!




あああ、ドキドキするぅ~。

刺繍が、かなり上の方にしてあったので、刺繍の下にはかなりの余白の布が、あったんです。なので上下をひっくり返して剥ぎました。柄には上下が無いので大丈夫。

背中心ではぐことになりましたが目立ちません(笑)。縮緬は柔らかい細い糸で軽くかがっておけばあまりほつれることもありません。







牡丹に唐獅子、粋でかっこいい。他の半襟も切っちゃってます。

これは、布が足りましたが、最悪短ければ、後ろは別布でも大丈夫です。BBAのうなじの襟の内側をそんなじろじろ見る人もいませんし(笑)角度的にも別布でも分かりません。


うふふ…。
別布上等です!ヨロシク🤣





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/04 11:38] | 着物色々覚書き | トラックバック(0) | コメント(2)
真っ赤な色無地でお正月のお支度


着物は、シンエイさんで激安。





帯はちょっと高かった九谷焼の意匠の。



帯留めは帯の存在感に負けてしまって…。なので太い白の丸くげにしました。今日は小さく作り込まずに、大きく行きます🇯🇵㊗️



この帯、すっごくカッコいい。お正月にどんぴしゃり。写真ではよく出ませんが、品の良い金が華やかで、しかもとても繊細。これいいわ~。地味なようで、華やか。









紅白の水引きに、農協で買った稲穂、そして玉サンゴのかんざし。今日は義母の病院は義弟が行くので、少し久しぶりにお出かけ。



ううう、このバッグかわいい。









クイーンズスクェア、今永くんいた~~🧢✨
Go BAYSTARS 

🎌🎍明けましておめでとうございます🎍🎌





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/03 20:02] | 着物のお支度 | トラックバック(0) | コメント(0)
日本晴れの新春


年が明けました。
今日はお休みで、明日は、義母の病院へ行く予定です。

箱根駅伝が通りすぎたら出かけましょ。



三日には着物が着られるかもしれないので、バッグを少し工夫してみました。
100円ショップの小さなお飾りに、農協で買った稲穂を少し足し、祝い箸の鶴の水引の箸置きを入れて華やかにしてみました。






そして、稲穂と水引で、簪。



朱の中振袖に、この瑪瑙の帯留めは決まっていますが、帯はどうしようかなぁ…。





ついに畳表、新春に初おろしです。






いつもの櫛とコウガイ。




温かいと良いのだけれど…。





この帯にしようかなぁ…。
とても凝った九谷焼の意匠の帯。
今日お天気なので、干しておきましょう。

お茶目におきもの🇯🇵





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2020/01/01 14:16] | 着物色々覚書き | トラックバック(0) | コメント(2)
来年への覚悟

今年の年賀状。
毎年愉しみにしてくださる方もいて、ずっと写真の年賀状です。
ヒンディー語で、作ってみました(笑)あははは。

実は、私たちにとって来年は大変な年になりそうです。
覚悟して臨みましょう。
義母のこと、息子の就職、そしてダダの定年の準備。覚悟して、判断を誤らない様に、腹をくくっていこうと、今から覚悟です。
来たる年は、日本中が輝くような光溢れる年になりますように。
どんな出来事からも深い静かな学びがありますように。

私も、来年もこのブログのテーマである「青い鳥を探して」
うれしいなって思う事は、ここに書いて心に刻んでいきます。
私は、若い頃から毎日、不幸ばかりを並べて数えて生きてきたので。
それはとても悪い癖。
でも、このブログをはじめて、それをやめる努力をしたのです。
良かったことをいっぱい並べて、「私はとってもしあわせじゃない?」って、毎日自分に言い聞かせるんです。自分を励ましているのです。
しあわせになるのは自分次第。

良いお年をお迎えくださいませ🇯🇵
風になびく花。
折れる事なく、しなやかに。



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/31 11:37] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(4)
暮れていく表参道
表参道を写真撮りながら歩いていた息子。
彼は街をふらふらしながらよくこんな写真を撮っている様です。
~今日の写真は、全部息子撮影です。これはいつもの息子の作風(笑)ウインドウに映ったイルミネーション、足早に歩く人。






「あの…、写真、撮られる事には興味無いですか?」



と、芸能プロダクションのスカウトの男性に声を掛けられたそうだ。

ップ!


そうよ、そういう罠はいっぱいよ(笑)わかっているとは思うけれど、そんなの危ないからね、ついて行かないんだよ!
『当たり前じゃん、わかってんよー』
ああああ…。親は色々心配なのだ。そんなのにノコノコ付いて行って変な写真でも撮られたら、大変!!今は男子でも色々心配です(笑)








あ…
と、目にとまったのが、この写真…。
いつのまにかこんな温かい写真を撮る様になったんだね…。昔からモノクロの無機質な写真が多かった。



息子の撮ってきたカメラの液晶画面の写真を見ながら、「ふーん、大人になったなぁ」ってすごく思った。
こんな、温かい目線が感じられる写真がちらほら…。





私は思うのです。人間「色気」というのは絶対必要。セクシーという事。ピアニストでも色気は必要。そのさじ加減が難しいのですが、エロエロの演奏もシラケますが、無味乾燥なのもなんだかなーです。



そしてその『色気』には、知性が必要です。




息子は、彼女ができてから、変わりました。色々切磋琢磨しているのでしょう🤣もう、親の出番はありません(笑)

そして、バンド活動は、最近ではプロと組んだりするようになりました。プロの凄さをそばで見られて、すごく勉強になったと思います。どの世界でもプロの仕事は違います。でも、心配なので、
『そっちの方面には行かないの?』
と、恐る恐る聞いてみたら、
『もう、なにもかもレベルが違うもん。テクニックだけじゃなくて、音がクリアで、口では言えない魅力があるんだよなーー。』
ああ、それが、『色気』ってやつなんだよなぁ…。






「僕、才能ないのわかるもん。アイツらが自分と全く違うのはすっごくよくわかった。なにもかも絶妙だもん。趣味でやるのとは全く違う。」
あー。ふーん。(良かったーーー夢がない親でごめん🤣)





でも、ピアノやらせててよかった。
「自分が才能ない」って、わかるって、大事じゃないかと思った。
だって、勘違いして、「じゃ、俺も…」なんて思ったら、茨の道。夢がないようだけれど、そういう見極めって大事。で、「それでもプロに」なんて思ったら、それなりの根性を身につけて進むことです。苦節何十年で咲く花もありましょう。でも、カッコだけで適当にやって成功する世界ではない。運だけじゃやっていけないし、テクニックだけでもダメ。プラス、色気、魅力、時代を読む力もなくっちゃ。
それを見分ける力。自分を客観的に見る力。それも、大事。

「ピアノ習っていたから、ピアニストにならなきゃ失敗」とかではなく、人生の大きな判断に役に立つ時もあるんだなって、笑ってしまいました。




人ってこういう風に大人になっていくんだなっ。これからどうなって行くかわかりません。心配は尽きません。あはは。でも心の中でひっそりと心配。もはや、口出しはしません🤣💦




あら!私に、お誕生日プレゼント✨なのねーー!
これ柚子の皮をドライにした入浴剤です✨
うれしいわ!
初めてもらいました。プレゼント。大人になったのねーー👍
すっごく嬉しい😃

~Up の都合上、写真はトリミングしています。ごめんね、息子。ちょっと違うよね…。






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/30 12:03] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(4)
積み重ね
「小さい頃はずっと…
午前中、学校行って…、
午後は、スノーボードして…、
スノーボード終わったら飯食って…、
スケートボードして…。
10時…11時まで…。
毎日叱られながら
やってたような感じですかね…。」






午後の授業はお父さんが学校にかけあって、プリントにしてもらっていたという。

歩夢くん、東京2020を目指すに当たって、あなたの言葉に息が詰まる様な思いがしました。
『スノーボードでは負けない、が、(新しくスケートボードを挑戦することによって) 負けることで、人間として強くなりたいと思った。みんなに格好悪い姿を晒すかもしれないけれど、それも含めて、強くなりたい。』








これを読んで、私は自分が恥ずかしくなった。

瑣末なことで、悩む。思い通りにならない事に心が沈む。バカじゃないのか…。でも、歩夢くんとは器が違う。
私には私のくだらない人生があり、歩夢くんには歩夢くんの生きる役割があるのだ。







義母の容体は、いよいよ悪く、落ち着かない。不思議に、悪いことは思い出さない。優しくしてくれた事、楽しかった事ばかりが頭をよぎる。人って不思議だなぁ…。
悲しいのだ。





どんな人も現状が精一杯なのだ。私はそう思っている。
でも、「もっとああすれば、こうすれば良いのに…」そんな意見を他人にしてはならないと私は思っている。その人なりの苦しみがあるのだから、できない事情があるのだから。

でも、自分なりに、今年も、よく頑張りました。で、良い。自分はそんなに完璧なのか…。いやいやいや、奢ってはいけないよ。そんな完璧にできるはずもない。私なんか、こんなもん。これでも、よく頑張っています。
毎年毎年低いハードルをペタペタと超えていくのです。そしてそのハードルは、年々低くなっていく。でも、現状維持も進歩と見なす(笑)


アヤさん!ありがとうございます✨いつも心に、大事にしまっている言葉。




次の波を狙う目。






歩夢くんに、憧れるのはルックスだけではない。
カッコいい生き方に、才能に、そして心の強さに、BBAは惚れてる。
こだわりのフープピアス。
こだわりのドレット。
こだわりの滑り。





怪我なく👍

🔥  walk to the dream 🇯🇵




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/29 11:29] | ❄️⛄️ Walk to the dream 🏂 | トラックバック(0) | コメント(0)
手作りお正月飾り🎍


農協で買った稲穂と、山で盗んできた笹に、コピー用紙を巻き、家にあった紅白の水引を結んでみました。


となりにいるのは古いお獅子頭。











こんな材料で。
一年、あっという間(笑)🇯🇵



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/28 10:30] | 和のしつらえとお花 | トラックバック(0) | コメント(0)
金魚の半襟
ずっと欲しかった金魚の半襟…。








なんだか、私の好きなお店がどんどん潰れていく。

先日、この半襟屋さんを確認したら、なくなっていたんです…。で、画像から検索したら、お店の名前が変わっていました。
これは、もう危ないかも…と、思って、
注文。



ふっくらとした手刺繍の金魚。ここの半襟は大好き。
何年も前から欲しかったので…。






藤沢のシャリマ…。紅茶と焼きたてのお手製アップルパイだけしかメニューにないお店。店主はいつ行っても黒いマキシのスカートに、真っ白の麻のエプロン。
常連しかいない店。

シャンソンのかかる小さな店がなくなったのはいつだっただろう。




そして、リントンのツイード生地を売るあのお店。
ユザワヤ大和店。
フランスのアンティーク生地を売る店。
支那竹の美味しいラーメン屋さん。
悲しいよーーー。



この半襟は他にはないもの。

自分へのお誕生日プレゼント。




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/27 11:48] | 🎲 お茶目におきもの | トラックバック(0) | コメント(2)
騎乗後のお手入れ
覚書です。




次のレッスンがなかったら、すぐに鞍を外す。

頭絡とプロテクターを外す。(洗って脱水、干す)繋ぎ紐をつける。紐の端は、穴に二回捻って輪を少し出し、その輪の中に一本の紐を入れて輪にしてぎゅーっとする。


お馬さんにお水をあげる。お顔の横に立つ。前じゃなくて。



外した頭絡は、よく拭く。手綱を左肩に掛けて頭絡の皮の部分をまとめて持って、ハミを洗って拭く。手順の通りまとめて→番号のところにしまう。水道横。

外した鞍は、よく拭き、鎧を手順に沿って折って、腹帯を乗せて、鞍掛けにしまう。厩舎の右一番奥。右側。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



裏掘りのブラシ、白いタオル二枚(一枚は、乾拭き用)、手入れ用のシリコンの毛とり、大きなブラシ、ブルーの水取りタオルを用意。

蹄鉄の裏掘りをする。この時、肩の上から触って下へ手を下ろしていく。舌鼓をしながら。前左、前右、後ろ左、後ろ右の順番。後ろ脚は肩に乗せても良い。


お湯で蹄鉄と足を洗う、筋の中はよく洗う。あんよは必ずお湯で。


ブルーの水切りタオルで水を切ってから、乾いたタオルでよーくふく。乾くまで。



蹄鉄に油を塗る。裏の三角のところと、表の上から1センチのところは塗らない事。



よく絞ったタオルで顔を拭く。耳の後ろ、目やにと鼻の中も拭く。顔にブラシをかける。


シリコンの毛取りをして、ブラシをかける。頭絡と、腹帯のところはよくマッサージしながらかける。



終わったら、お洋服を着せる(笑)最初に前のベルトをして、お腹のベルトはバッテンに、お尻のベルトは、後ろ足の間を通して、左右をからげてフックをかける。


おうちへ連れていき、外した紐は扉の横にかけるよ。





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/26 22:12] | 🌲🐴 乗馬 🐎🌲 | トラックバック(0) | コメント(0)
みんな!サンタさん来たかな?
「いよいよ、フィンランドのコルヴァトゥントゥリを出発したみたいだよ。」
~昨日のフィンランド大使館のツイート 🇫🇮 より











昨日は、ダダがミッドタウンで仕事だったので、トシヨロイヅカのケーキ 🎂
中には苺がいっぱい。






今日の猫ちゃんたち。






お天気の日は、毎日猫プロレスしてます🐈



ダダは週末には岩合さんみたいになってます。
猫写真、窓から撮っています(笑)
みんな大きくなったね!

どこかで、ごはんもらっているんだね 🐈


猫ちゃんたちにもサンタさん来たかなぁ?うふふ。
素敵なクリスマスを🎄









 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/25 13:08] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
きたわよ🎄⛄️❄️✨歩夢くん




Merry Christmas 🎄❄️⛄️✨


🔥walk to the dream




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/24 15:26] | ❄️⛄️ Walk to the dream 🏂 | トラックバック(0) | コメント(2)
UNIQLOで、就活(笑)


UNIQLOの、セミオーダー的スーツで、バカ息子、就活、始まります。







あら?ポケットが、栗鼠のほっぺみたいだよ。
何を入れてるの??
お財布、携帯、ティッシュ、イヤフォン…
あああああ?????
ちょ、ちょっと、ハンカチは?
え?タオルならあるけど。
だめ~💦

ネクタイはダブルノットに結び直す。
この人は、ワイシャツはオーダーですね…。これ、どうして格好が悪いのかというと、首回りが合っていないのでネクタイがフラフラなんです(笑)
仕方ない。冬休みに、そごう行くかね…💦








就活では、どうせクタクタになるので、UNIQLOのスーツを二着買って着倒す作戦。同じ紺でよし。ストレッチが少し入っていて、スリムなシルエットでも動きやすい。ポリエステルが少し入って、シワ知らず。さすがUNIQLOです。ウール100%よりも扱いが楽です。


「とりあえず、標準体型なら、吊るしのスーツで平気。
というかむしろ、吊るしが入る人は吊るしのスーツが一番なんです。
醜い体型に合わせたスーツは醜いバランスです。」
これはあの、アシダジュン先生が言っていらっしゃいましたよ。

彼も、オーダーじゃないそうです。






でも、お洒落で着るスーツではなく、ビジネスで着るスーツは、着やすさも大事。アシダジュン先生は、「美しく着るスーツ」ですものね。ビジネスマンは違います。飛行機に乗ったり、会議に出たり電車に乗ったり、パーティや宴会にも出ます。舞台で挨拶もありますし、雨の日だって着るんです。サイズがアレだと、疲れます。なので、サイズが難しい人はオーダーって大事なんです。

お直しで済めばそれの方が良いです。



生地から選んで、形を選んでなんて、すっごく難しいです。大金を払って、え??こんなのができちゃったの?っていう事もあります。小さな生地の見本で、決めさせる店なんてもってのほか(笑)ほんの少しの風合いの違いは、広く使うと大きな事になります。仕上がってみたら、え?こんなテラテラなの?こんなうすい色だっけ?となりかねません🤣

絶対生地を広げて肩に掛けて、前から横から後ろから斜めから、蛍光灯で、白熱灯で、そして自然光でも確認して決めましょう!~私は指輪を買うにも、バッグと息子を人質にして(笑)店員を連れて店から外に出て、自然光で店員にハメさせて、遠くから近くから見るというツワモノ。だって、怖いですもの…。選ぶ自信がありませんもの。それで嫌な顔をするような店では、買わない事です。




服は、自分の気持ちを表すものだから。





スポーティに、エレガントに、落ち着いた雰囲気で、なんて、服地を選んで表現できる人なんてよほどのツワモノ。店員にお任せなんてもってのほか。だって店員はダダがどんな人なのか、どんな職場でどんな立場でどんな仕事をしているかなんて知らないですもの。会社の雰囲気も知りません。
更には、金融関係の堅い会社、外資系の比較的柔らかな雰囲気の会社、社風も色々です。





脱線しました。
息子の就活スーツのお話ね…(笑)あははは。



息子は、今の就活の定番という黒のスーツはやめました。
   ~これびっくりしました。こちらもどうぞ → 黒なの?




コートはダダのコート。ダダの革の手袋。
手袋していけば、一枚違うから。それで、会社はどこの会社も中は暖かいから。これで、平気。



いってらっしゃい。


あ、ちょっと!!


ちょっとーーーー!!!!


待ってーーーー!!!



靴に値札がついてるよ🤣💦





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/24 11:16] | 今日のダダ & 息子 | トラックバック(0) | コメント(2)
dolceおばさんのクリスマスコーデ
ちょっとかわいいクリスマスの🎄コーデ。



このフリンジのたくさん付いたカーディガンは、もうずっと昔に編んだ物。
これからピアノレッスンです。








ダダのお土産のタペストリーでエプロンを作ってみました。
スカートはソニープラザ。






(笑)



クリスマス🎄みたいなのが着たくなって…。
たまにはこんなかわいいので。







ドアリースは、毎年変わらないこれ…。思い出がいっぱい。
🎄 Merry Christmas 🎄



どうか、素敵なクリスマスをお過ごしください❄️




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/23 20:54] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
全身不随
少し前、義母が倒れました。
義母は、数年前に脳梗塞で倒れ、右半身が不自由で、義父と共に施設に入っておりましたが、今回の脳梗塞で左半身まで麻痺してしまいました。


最近は週末は、病院へ。厳しい医師の診断や、難しい問題に皆で頭を悩ませています。



首から下が麻痺なので、喉の筋肉も動かない。鼻や大きな血管にチューブで栄養を入れている。リハビリが無理ならば胃ろうになる可能性があるという事だ。だとすると今いる介護施設での対応ができない…。なるべく今の施設で義父と過ごさせてあげたいのですが…。


皆が通る道。



なるべく一喜一憂せずに、正しい判断ができるように、心を平らにして過ごそうと努力しています。

なんとなく、落ち着かない毎日が続き、最近の記事は、書き残したいと思っている大昔の思い出話を、まとめてup!
しばらくこんな生活かもしれません。でもこういう時こそ、お洒落しなくっちゃね!心がウキウキしますもの。
昨日も、ダダは、追浜の病院。




私はベイスターズの映画に行って来ました。

せめてお正月は、着物が着たいな…。




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/23 09:44] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(4)
福岡の緊急着陸に思う
乗っていた飛行機に雷が落ちたことがあります。
シカゴ発ボストン行き。






「ものすごい積乱雲の中に入るので揺れます」と機長が言った瞬間、バンッと、ものすごい音がして、客室の全ての電気が一斉に消えた。
一瞬、ジュラルミンの機体が輝いたような気がした。

静寂…。
何が起こったのが分からない。

『Calm down.  Calm down...it’s OK, everything ‘s  OK.』

客室乗務員が揺れる機内をこう言いながら見回る。
って言ったって、真っ暗じゃね?
ざわざわする。
ものすごく揺れる。平衡感覚がおかしくなりそう。耳が痛い。
でも、皆、無口だ。
数分後、消えていた電気がバラバラとつく。
機長が何か説明する。
が、雑音が入って分かんねー。これ、不安(笑)
しばらくして「雷だって」って誰かが教えてくれた。
平気なのか?




ダダは席が離れていた。
ダダ…。
何故か、こういう時は、理解ができないのだ。何がなんだかわからないのだ。パニックなのだ。でも、それを誰かの小さな行動がトリガーになって恐怖が吹き出す。


隣のおばあちゃんが私の手を握ったのだ。
とても冷たい手だったのを今でも覚えている。
乾いた筋張った手。
知らない人に手を握られる…。
それも私みたいな東洋人の手を…。




急に背筋が寒くなった。
ゾッとした。
脳がカンッと破裂するような感覚がした。
まさか、でしょ。




おばあちゃんは、どんな人だったのかは思い出せない。でも、枯れたような唇に、鮮やかな口紅。それだけをよく覚えている。私は、彼女の肩をさすっていた。
私、張り付いたような笑顔で、背中をさする。


『頼む、おばあちゃん、話しかけないで。』
そう思っていた。
話しかけないで…。
余裕ない。





でも、こう自分に言い聞かせる。
『家族全員乗ってるから。死ぬならみんな死ぬから。平気。』
『死ぬなら、みんなで死にたいから。大丈夫。』
ダダと話したい…。
抱っこしてスヤスヤ眠っている息子。



息子の小さな足に手早く靴を履かせる。
起こさないように。

それを、うんうんって見ている見知らぬおばさん。
そうよね、靴、はかせとかなきゃ。
万が一のために。
淡々と色々する。

ポケットにパスポートを入れておく。
身元がすぐわかるように。
死ぬかもしれないんだと、思った。
コートを着る。
ポケットにオムツをねじ込む。
心は戦闘態勢。




窓の外に稲光。
飛行機は大きく上下する。
機体がしなっているような気もした。

吐く人。泣く人。
隣の人の背中をさする人。
立ち上がろうとした老婦人を、制する人。
「座って。シートベルトを。」





あの、アメリカの雷って、尋常じゃないんです。本当に日本の10倍くらい激しいんです(笑)
ビリビリと闇を引き裂くような光が
まるで毛細血管の様に空いっぱいに広がっては消える。



急に激しい雨が降り出す。
窓が白くなって何も見えない。
胸の前で十字を切る人。
何かを唱える人。
皆真っ直ぐに前を見ている。
シートベルトが身体のあちこちに食い込む。
硬直した人の背中。
喋る人はいない。






客室乗務員が座った。
着陸するんだ。
あと少しで、ボストンローガンエアポートだよ。
ほら、あと少し…。
いきなり雨が止む。
ああ、チャールズリバーが見えるでしょ。
ね、プレデンシャルビル。大丈夫よ。
ヨットハーバー。
海が見える。
管制塔が見える。大丈夫。
雲から抜けた。
がくッと機体が揺れる…。
うおお。と皆の声。
バリバリという稲光で、街が昼間のように明るくなる。




…。
数分後…。

グッと更に高度を落とす。
着陸、やり直し。

旋回。
機体が揺れる。
斜めじゃん。



でも…。
2回目で着陸。

タイヤが軋む音が聞こえた。






拍手が起こる。
指笛が聞こえる。
皆が話を始める。
緊迫した空気が一気に柔らかく緩んだ。
色が戻ったような感覚がした。
なぜか、ドキドキしてきた。

それまでは、ドキドキさえできなかったのだと思った。






それまでしっかりしていたつもりが、立ったら足がガクガクだった。
翌日、なんと緊張で筋肉痛…(笑)


ダダによると、雷は飛行機は問題ないらしいです…。
ああああ。




でも、雷の後の、乱気流は怖かったです。
私は、今でも夢に見ます🤣
この時のことは、忘れられない…。



福岡の飛行機の火災。さぞかし怖かっただろう。

行きの飛行機のあの翼には燃料がいっぱいには入っている。


~写真に残らない思い出を残しておきたくて…書いています。お目こぼしください。







 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/21 23:24] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(0)
悶絶パウダーイエロー
お馬さんに行ったら、馬場が昨日までの雨でぐちゃぐちゃ。まるで田んぼだ(笑)
これ、お馬さんがつまづいたりしたら嫌だなぁ…なんて思っていたら、
一緒に行った友人が、



『ハイジママ、今日はおサボりしましょう!』
という。



いいね!
そうしよう。
急遽お馬さんをキャンセルして、農協へ 🐿  行きました(笑)


友人も大好きな、農協。





ここで、買ってきたのは、オールドローズ。ひと束330円。2つ買って、おうちへ帰ってきました。



「愉しかったね!!✨」





そして、先日フランスから届いたジャルディ二エールに、活けてみました。
少し葉っぱが欲しかったから脇役にワイヤープランツを庭から切ってきました。



少しクレッセント形にしてみました。

この薔薇は、日曜日には売り切れちゃうんです。だって素敵だもの。花びらの縁の可憐なフリル。ふんわりしたパウダーのかかったような淡いイエロー。ころんとした風情が、なんともいえずかわいいのです。





長年の夢のジャルディ二エールに活けた姿は、イメージ通り!








あああ、BBA悶絶です。やっぱり長年の夢だったんですよ。これ。
ツンとおすまししたシュガーピンクのミニ薔薇なんかも、ものすごくかわいいと思います。

目指せ!おうちリゾート❄️






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/20 21:45] | bouquet and room decoration | トラックバック(0) | コメント(0)
素敵なプレゼント
扇子を広げたら、なんとも言えないお香の香り。
粋ですね…。


私は、帯には必ず扇子をさすのですが、ちょうど、使っていた扇子がぼろぼろになり、どうしようかなぁと思っていたところでした。

紬なんかにカッコ良さそうですね。





私は、扇子に鮮やかな柄のあるものを好みません。広げると鮮やかな色味が装いをぶち壊す事もあるからです(笑)


だから、これは、どストライク✨







毎朝、iPad を開けると、真っ先に見るのが彼女のブログ。

そこには彼女ならではの美意識に貫かれたものが並ぶ。季節ごとに紹介される羽織や帯。どれもこれも彼女らしい。潔い短い解説文。


私も彼女の愛でる小さな布に励まされ、選び抜いた古いお皿や、絵画にほっこりして、一日が始まります。



なんだか着物がきてみたくなりました。
ありがとう ✨だよ~!



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/20 07:26] | 🎲 お茶目におきもの | トラックバック(0) | コメント(0)
レッドフォックスのティペットで


今日の気温は、18度という訳の分からないお天気。







クルマなので、これでよし!






時計は、ハミルトンのアンティーク復刻版シリーズです。

ブレスレットは、カリブ海のリゾートで買ったもの。オランダ領の瀟洒な街の宝飾店。四角いチェーンと散々迷ってこれにしました。二十年前のものです。未だに現役。






バッグはお手製。持ち手は古くなったヴィトンを解体したものです(笑)








さて、これに茶色のカーフのブーツで。
温かいけれど、冬のアイテムは取り入れたいのです。
18度でも、気分は冬ですものね  🐿


ピアノレッスン行ってきまーす  ♪





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/19 08:07] | outfit of the day | トラックバック(0) | コメント(2)
アッラーの神のみぞ知る…


写真で見るよりも、ずっと素敵な(笑)黄色い壁。
若い頃は、興味がなかった紅葉する木。でも、良いものですよね。



真っ赤に色づくドウダンツツジや、ツルものも、巧みに仕込んでおくのも、素敵ではないかと、最近は思っております。


今年は、枝を剪定せずに、アドバイスいただいたようにクルンと丸めておきました✨





束の間、紅葉を🍁愉しみますよ。



でも、藤というのは、剪定だけでなく、日当たりや、水の具合など、色々な環境要素があって、咲かない藤はガンとして咲かないみたいです。

日も当たるし、水もいっぱいあげてるし、うーーー、どうしてなんだろうか?わからないが…。




昔、エジプトへ行こうと思って、当時工事をしていた地下鉄の開通の時期を調べていたら、



『砂嵐の来る具合による。

地下鉄の開通は、

アッラーの神のみぞ知る』 






という「ひっくり返るような回答」を得た時の絶望感…。ああ、こりゃ無理だと思った時の、


その絶望感に似た藤の様子

(笑)




なんだか、この藤を見るといつも思い出すんです。

「アラーの神のみぞ知る」と言う言葉(笑)


あはははは。は。は💦(号泣)





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/18 09:59] | 🐛 dolceおばさんの畑とお庭 🐝 | トラックバック(0) | コメント(0)
Christmasのリース


じゃーん✨完成品でーーす。



材料はこちら!





サンキライ、烏瓜、椿の実のはぜたものは、ダダといつもの神社やお山で拾ってきました。








今年は、白い絵の具を歯ブラシでスプレーみたいにして色付けて粉雪がかかって様にしてみました。これをしたら椿がとても素敵になりました。

烏瓜が良いのがたくさんあったのですが、いざ作ると、思ったら、なんか気分じゃなくて…。使いませんでした(笑)





今年はシックにしてみました。



今年は琉球雀瓜が豊作だったので、たくさんつけてみました。






今日は一日、リース作り✨





リボンを置いてみると、ベルベットの黒も素敵だし、茶色も、紫もかわいい。
家中に針葉樹の香りがしますよ 🐿
日が暮れる頃…、出来上がりました。






うううー✨✨✨
今年はできが良い!!なぜかというと、琉球雀瓜が豊作で、たくさん使えたからです。











去年のリース。平面的です。そして、ベースも自作なことから、丸がいびつです。去年は雀瓜などの材料が畑であまり採れなかったんですよねー。なので、材料も少なくて苦労しました。







初めて作った一昨年のリース。太さが均一ではなく、バランスが良くないですねー。ベースが大きかったのですごく重いんです。




今年はベースは小さな物を購入。そして、今回は、色々豊作で、作り方を変えたこともあって、すっごく進歩してます!なんでも経験なんですね(笑)
人間って進歩するんだなぁって、これを見て思いました。あはははは。








クロネコさんに行って、3つは郵送。クリスマス🎄限定もの。終わったら処分してくださいね😃🖐✨



でも、外に飾ると、今日の雨で、もしかしたら、白の絵の具がはげるかもしれない(笑)急いで取り込み、室内に飾りました。

琉球雀瓜のタネ無料でお分け致します。コメント欄からどうぞ。とても育てやすくて、丈夫です。こぼれ種で毎年芽が出ます。グリーンカーテンにも最適。そして、クリスマスごろに実が真っ赤になります。



かわいいですよ 🐿 こんな風に…。

目指せ!おうちリゾート🌲






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/17 10:43] | bouquet and room decoration | トラックバック(0) | コメント(8)
今年の強烈な三連発


~その1、横浜のデパートで。

高そうなジャケットに素晴らしい靴を履いた30くらいのベビーカーを押した男性が、通路で、ボサっとしていたダダに向かって、舌打ちをして睨みつけた。

ダダは全く気がつかない。私が割って入って
『ごめんなさいね、気が利かなくて…。』
とダダを横によけさせた。

『ったく、邪魔なんだよ!こんなとこで突っ立って!』
と、捨てゼリフ。
私は、会釈してやり過ごす。

高級品に包まれた冷たそうな神経質な横顔。手には、なにやら高級外車のキー。だっさ。そのクルマで湾岸をぶっ飛ばす。でもさ、それ、カッコ悪いです。ぶっ飛ばすのは機嫌よくやんなきゃ。そんなヤツ一番厄介。
身なりに気持ちが釣り合ってないわ。

「僕は、こんなお洒落でいいカッコしてるけど、ほんとは色々あって、いつもイライラしてんですよ。わがままなんで、こんなちょっとのことでも、ブチ切れちゃうんですよねー」
って、言ってんだねー。めちゃくちゃかっこ悪いじゃないですか(笑)







~その2、ある美術館で。

前の方が、ある絵の前で長々と佇んでいるので、私は、その方を追い越して次の絵に移動しようとした。

『はーーぁ⤴︎?』女
『っち!順番守れよ。。。』男
『みんな待ってんだよ。先に行くって、割り込みだろ。』

私の後ろの男女からこんな声が聞こえた。ネットの書き込みみたいな発言だなぁ、と思った。
アンタたちさ、ここはリアルの世界。相手の気持ちってもんがあるの。私は、黙って会釈だけど…🤣🖐

じゃ、好きな絵だけゆっくり見ることもできないじゃん。全部の絵を均等に見なきゃなんないの?にいちゃん、バカなの?試作とか、モチーフのデッサンとか、習作とかってのも、スルーできないの?私は、好きな絵だけ見たい。





これはいけない事なんでしょうか?甘いも酸っぱいも分かんねーようなガキに、絵の鑑賞法なんか指南されたくないんですよ。

この前にいる人は、なんだか知らないけどこの絵が気に入ったんでしょう、いいじゃないの、好きなだけ見たら。でも、私この絵にそこまで興味無いんで先に行きたいだけなんですよ。律儀に並んで順番通りに見ないといけないんでしょうかね?


遠足かよ?!



で、関わるのもめんどくさいので、わたくし、黙って先に行った。すると、ぞろぞろとみんな私の後について来た。
『なんだよ、コイツらみんな常識ないわ。オカシイわ。』

と、周りにキレていた若い男女。多数決で、お前らがおかしんだわ!

『君達、その声が騒がしいから、お黙りなさい。ついでにその携帯もおしまいなさい。』とでもにっこり言ってやりたかったが、面倒なので黙っていた。ふふふ…。


見たい人はその絵を1時間でも2時間でも見たらいいのだ。でも他の絵を鑑賞したかったら移動しても良いのではなかろうか、と、思うのは、私だけか…。


絵描きというのは大体、最初の若い頃の基礎を固める時期、それから、色々試行錯誤したりして、黎明期を迎え、最後に、人生の終わりの時期、と、作風が移り変わるものなのよ。詳しくは、知らないけど(笑)美大出身でもなければ、習作なんかじっくり見ても、ね…。好きな絵だけ見たら良いのではないでしょうかね?


私も、若い頃は、面白くて解説などもしっかり読んで最初から最後までじっくり見たものです。でも、何度も見ている画家などは、好きな絵だけ見たって良いでしょう。もう歳をとってますのでね、色々見たことあんですよ。ニューヨークの美術館では、現代美術を寝転んで見ている人もいた。いいんですよ。人に迷惑がかからなきゃ。

悪いね、若造よ🖐








~その3、スーパーマーケットのトイレで。

空いていたところへ入ろうと思ったら、生理用品の自動販売機の横で、ひっそりと待っていた背の低い七十がらみのBBAに


『ああ~あ、こっちは待っているっていうのに、あんた、なんなの?』

と、吐き捨てるように言われた。橋田壽賀子のドラマばりのセリフ。~そういうドラマ見ませんけれど…。

『あ、すみません。気がつかなかったものですから。ごめんなさい。』

と言ったら、

『なんなの?そういう良い訳をするもんじゃないわよ。なによその顔!タチが悪いわ。私がここにいるの、アンタ気がつかない訳ないじゃないの!』
と、言い放ったクソBBA。



「こんな顔で悪かったね!生まれつきだわ💢オメーがチビだから、わかんなかったんだよ!!オメーの服が便所のタイルと同じ色なんだよ💢!!」って言ってやりたかったが、馬鹿らしいのでやめた。



『お先にどうぞ…✨』
と言ったら、
『良いわよ!!アンタ先に入りたいんでしょ、先に入りなさいよ!!』
ああ、もう、関わるのも面倒なので、先に入ることにした。お先に失礼いたします…(笑)。





と、トイレが、三つ一気に空いて、BBAと私は同時に入る事になった。~BBAの嫌がらせが不成功に終わったのだ…。

『なによ、あんた!!!💢』

ええ?


いやいや、これも私のせいかい?!
クソBBAは、叫びながらドアをバシっと閉めた。中でドアを蹴る音がする。
『うちの嫁にそっくり!!!』


きゃー!



嫁さんいるんだねーー。
悲劇だわ。

そのBBA、手を洗わずに、また、列に並んだ…。またかい?入るのかね?
コイツ、絡みに来てるの??
びっくりした。



私は、絡まれ体質なんだそうだ。。。文句を言いやすいのだと、ダダに言われた。言い返してこなそう。バカそうでチョロそう。と、息子…。








口が無いのか、日本人。
少し声をかけたら良いこと。
『すみませんね、私、待っているんです。』
『ちょっと、横、通らせてください。』
こんなひと言が言えないの?







ぼんやりしてたら、こんな正義の味方みたいな「常識警察」に怒鳴られますよ。本当に窮屈。耳が遠い人、考え事をして歩いている人、ゆっくりじゃないと歩けない人、高い所が怖くてエスカレーターのベルトには利き手で捕まりたい人、色々いるんですよ。

自分勝手な正義を振りかざして攻撃してくる人。






そしてね、正義って怖い。
正義って歯止めが効かない。
本人は正しいと思っているから、始末が悪い。

正義、正義って…、ね、それは戦争の始まりもそうです。戦争の始まりは常に、正義からです。宗教観の違いや、文化の違いなどを考えもせず、正義を極端にふりかざして、人を煽る。それが、正義と信じているから、ノーブレーキになるんです。

正義だから、正しいから、後へは引けない。


SNSで炎上とかっていうのも、息苦しい正義を振りかざしていると思うんですが…。色々細かい事情もあるんでしょうよ。言っていない事情もあるかもしれないですよ。軽々に、正義を振りかざしてひとを批判することに慣れすぎるのは危険です。
みんなで、誰かを叩きまくる。いつしか、それが、皆のストレス解消の道具になる。
そして、なんにも言えない世の中になっていく。

「黙っているのが一番いいです。」って危ないんです。
今年アタマにきた事。三つでした🤣


          ~個人的な意見です。お目こぼしください。





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/16 08:39] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(6)
優しいお父さん
どの子にも、ピアノに来て、楽しいって思って欲しい。せめて、楽しかったって、帰って欲しい。そう思った。


私にできる事は、なんでもしようと、
そう思った。
今日はそんなおはなし…。







「センセ!!今日お父さんと来たの!!」
黄色い声。
作業着のお父さんの両腕にぶら下がった女の子、二人。

~姉妹には二人共に、発達の障がいがある。





「センセ、お父さんね、お仕事してきたの!!」
「ね、カッコいいね。お父さん、お仕事して来たんだね!!じゃ、レッスンはじめましょう」
あら、下の子、いつもみたいなイライラがない…。
三十分のレッスンがはじめて最後までできた。
いつも髪をかいたり、爪を噛んだり、指を舐めたりしているのに、今日は最後まで粘り強くできた。


次は上のお姉ちゃん。
いつもはおしゃべりが止まらないのに、今日は、落ち着いている。
私の話を遮ってしゃべるのはクセなのかと思っていたけれど、どうやらそうではないみたい。
上のお姉ちゃんも三十分レッスンが止まらずにできた。







レッスンが終わった。
ご挨拶がすんで、帰る時に、お父さんが私に聞いた。
『この子達、ちゃんと、進歩してしますか?』


ドキッとした…。
絞り出すように、すがるような小さな声で、私に聞いた。
心配なんだね。お父さん。



『もちろんです。このくらいの子供は三十分座っているだけで、立派ですもの。大丈夫ですよ。それで最初来た時とは比べものにならないくらいしっかりとしてきましたよ。』

『ピアノっていうのは、弾くのがそんなに難しいものなんですか?うちの子は全然うまくならないみたいな気がして…。』

そうか…。困ったな…。





『じゃ、お父さん、ちょっと、ピアノ弾いてみますか?』
と言ったら、戸惑いながら、お父さんはピアノの前に座った。


『俺、仕事で、指が黒く染まってるんですが、いいっすか?』
「もちろん!では、ドレミファソって弾いてみてください。」
……
……
……
「手が、動かないっす。」

仕事をしている男の人の手。節だらけの、太い指。





「そんな風に指が動かないっす。そんな均一に、できない…。これは、難しいな…。」

「ただ、ドレミファソって弾くだけっていうのも、すっごく難しいんですよ。隣の音を弾くだけっていうのも、案外難しいものなんです。しかも、きれいな音で弾くには、本当に大変です。一生勉強です!」

『ひとつのことを毎日練習するっていうのも、子供には難しいことですけれど、地味にやっていくことって、良い勉強になるかもしれないですよね。』

と言ったら、お父さん、居住まいを正して、
『ちょっと大変な子たちですが、これからもうちの子をみてやってください』
と、言った…。






面食らって、心がぐらっとした。






『とんでもない。こちらこそ!』
私に、出来ることは、なんでもしようと、思った。





私は、勉強させていただいているんだと、
そんな風に思って、三人愉しげに帰る姿を見送った。

作業着のお父さん、二人を連れて帰っていった。楽しそうな笑い声。お父さん大好きなんだね。その大きな手に、この子達のしあわせが乗っている。

どの子にも、ピアノに来て、楽しいって思って欲しい。せめて、楽しかったって、帰って欲しい。そう思った。






私にできる事は、なんでもしようと、
そう思った。

ね、ハイジさん✨




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/13 18:39] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(4)
トーマスとアーミッシュ
昔の写真シリーズ。
息子が、トーマスが大好きで、ボストンから、わざわざフィラデルフィアにクルマで行った。もう二十年も前のお話。

フィラデルフィアの「トーマス・フェスティバル」



どの子も皆、嬉しそう。









あれれ、心配な顔(笑)




お姉さんにフェイスペイントをしてもらったよ。あはは。

両手に100個くらいのピカピカの色とりどりの風船を持って歩く風船売りのおじさん。風で風船がわさわさ揺れる。なんだかとっても夢がある。おじさん、風船で今にもお空に浮いていきそうだ。
コットンキャンディ~綿あめ、何やら揚げ物の甘い匂い。
本物のトーマスに乗って出発ですよ!

今聞いてみたら、息子は何も覚えていないそうです…🤣





でも、ね、
私たちは、このフィラデルフィアで、ものすごいものを見た。
機関車トーマスにダダと息子が乗っている間に、芝生に座って屋台のお菓子をあれこれとひとりで食いながら、私が見つけた光景。
広大な畑の砂煙。よく見ると、二頭の馬が鋤を引いて畑を耕している…。まるで、映画…。
目を疑った。




そして、街では…。



アーミッシュ。

全ての近代文明を否定して生きるキリスト教の一派を信仰する人々。
クルマも乗らない。トラクターも使わないで、馬を使って畑を耕す。電気もガスも、無し。冷蔵庫もテレビも無し。



街で何度も見るこの馬車。
まるであの「大草原の小さな家」から出てきたかのような服装。
そして、教義により、病院へも行かないそう。輸血も手術も拒否だそうです。何があっても。







アーミッシュの家は、すぐわかる。
木造の家。放し飼いの鶏。馬車。大きな納屋。暖炉用なのか、たくさんの薪。帽子をかぶったおじさん。黒い長いスカートの女性。まるでタイムスリップしたかのよう。
こんな馬車が、たまにスーパマーケットに停まっていたりする。

こんな人たちがフィラデルフィアには住んでいる。
中西部のインディアンにもびっくりしたけれど、これも、衝撃でした。





こちらはインディアン(笑)
よろしければ→ナバホの誇り
アメリカは広い…🇺🇸

~写真に残らない思い出を、老後の愉しみのためにコツコツ残しています。お目こぼしください。





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/12 09:38] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(4)
南フランス🇫🇷
♫…アヴィニョンの橋の上で
踊ろよ、踊ろよ
アヴィニョンの橋の上で
輪になって踊ろ…♫



このローヌ川に架かった橋の有名な歌。
息子が産まれる前、南フランスへ電車で旅をしました。


後ろはモンテカルロのF1のコース。ここはね、スーパーマーケットに至るまで「大金持ちオーラ」がすごかった🤣💦
泊まれるホテルがない(笑)貧乏なので、ホテルを隣の街で探す。ランチも食えない😭
街を歩いていたら、碧眼のフランス男子にウインクされた…。は?君は小学生くらいだよね…。その衝撃を今でも覚えている🤣幼い頃からフランス男なのねー。ああああ、親がやってんだねー、そういうの(笑)






モンテカルロから電車でニースへ。


ニースのビーチ。レンタルパラソルのお洒落な事!





ダダと二人旅。一か月の南フランス放浪の旅。電車であちこち。安い宿を探して。アヴィニョンに着いた日は、うだるような暑い日だった。クタクタ。



有名な演劇祭の真っ最中のアヴィニョンでは、夕方遅くに着いたこともあって、ホテルが取れない。で、「しかたがない、ここで…」と、言われて、案内された部屋は、ゴージャスなスイートルームでした。でも料金は、ダブルの金額。あまりにも高額な部屋で空いていたのを、あてがってくれたのです!ラッキー✨


扇型の紫の部屋でした。
最上階のその部屋は、窓が大きく張り出していて、うす紫の壁に、天井までのたっぷりしたベルベットとサテンの渋い紫のアラベスク模様のカーテンがかかっていた。カーペットは黒に近い紫。まあ、なんとも、ゴージャスで、しかも、フランスでは珍しく(笑)冷房がきつくかかっていた。ベッドのリネンは、清潔な白で、お洒落。紫ってこんなに上品にもできるんだ✨と、フランス人の感覚にびっくりしました。
ガラスのテーブルには、銀のスタンドに紫のナプキンが置いてある。銀色のボールペン。





夜になると、街のあちこちで、パントマイムやら、大道芸人やら、色々楽しい催しモノがありました。前衛的なお芝居や、伝統的な出し物、屋台やら、なにやらで、賑やかでした。少しふらふらして。
若い芸術家たちが集まっていて、ファッションも個性的。夜のお出かけでも、アヴァンギャルドな若い人達のファッションがとても楽しかったです。

若い芸術家たちの装いは、個性的。くたっとした木綿のワンピース。編み上げのブーツ、テロテロに光る不思議なマント、愉しい夜の装い。
中世そのままの石畳み。






ここは、昔の童話に出てくるような、中世の城壁に囲まれた街です。塀の上の凸凹が幼い頃、絵本で見たような形でびっくりしました。





翌日には、隣の街へ電車に乗って向かい、駅の近くの小さな店で自転車を借りて、ラベンダー畑を見に行きました。~この自転車屋、言葉が通じなくて、すっごく大変だった🤣💦







夏の南仏。電車からは、見渡す限りのひまわり畑、ラベンダー畑が見えました。そして延々と続く葡萄畑。フランスは農業国なんだなぁと、思いました。








そして、戻ってきて、カフェに入ると、ここも、全く英語が通じない。あらら。お昼ご飯が食べたいのに…。メニューも、フランス語。
ああああ、困った、こういう時は、日本語だわ!
「おばさん、コレ、何?」
「あ、コレは、ね、ハムよ、ここの」(多分そんな事言ったと思う!)
と、おばさんは、一生懸命に、豚の鳴き真似をして自分のももからお尻を指す(笑)みんなで笑っちゃう。
『ああーーー、もも肉のハムね、サンドイッチ??』
『ウィー。』
うーむなんか、通じたような…(笑)
「何か飲むでしょ。」
「ガス入りのお水を。」
あ、コレはすぐ、わかったみたい(笑)
フランス人はキンキンに冷えた飲み物を好まない。少しぬるめの炭酸の泡が立つミネラルウオーター。フランスの人は人工的なものを嫌うのかなと思った。どこへ行っても冷えたものは出てこなかった。
しばらくすると、見事な豚もも肉のハムを挟んだ大きなフランスパンのサンドイッチが来た!!
おばちゃん、ナイス!!
なんか優しい。



あのね、ここを出たら、あっちにマーケットが出てるよ。って、なんとなく教えてくれている。
言われた通りに行くと、蚤の市だった✨✨✨!
きゃー。古いレースのナイトガウンやら、カフェカーテンやら、花のボタンやら、パニエと言われる籠や、ブローチやら、花瓶やら、家具やら、シャンデリアやら、もう、もう夢のようでした。私は、そこにいるだけで、しあわせだった。
でも、当時は若くて素敵なものは高くてお金がなくって買えませんでした。







次の日も電車であちこちに。ローマのコロッセオみたいな遺跡がここらにも沢山ある。文化圏は同じなんだなぁと、思いました。
どこへいっても、素朴で優しい人々。車窓からはどこまでも畑が続く。そして、フランスの田舎は、人が温かい。




にんにくをたくさん使ったお料理。今でも真似して作るものがある。ニースの石畳の道沿いにテラスを出した店で食べたお魚のスープ。



南フランス。居心地が良い。パリと違って明るく開放的。黄色のイメージ。

ここのお土産は、アヴィニョンでダダが銀行に行ってる間に街を歩いて見つけたこのサントン人形。これは、少し良いものなんです。南仏の伝統的なお人形さん。定番は、プロヴァンスの独特のプリント生地を使って作るお人形ですが、端っこに飾ってあったのを出してもらう。
この黒いドレスのお人形を…。
ダダが、銀行へいってお金を下ろしている間に、ひとりで買ってしまった、お人形。とても高かった…。


そして、テーブルクロス。


こんなのが伝統的な柄です。



私はこんなクロスを選びました。これは去年のクリスマスのデコレーションです。柊とポインセチアと、リボンの描かれた、丸いテーブル用のクロス。とても安かったんです。
クリスマスになると、出番です🎄ニースはこういう安くて良いものがたくさんありました。

ちなみに、大きな松ぼっくりは、その10年後、ナポリ近くのポンペイの遺跡で、拾ってきたんです。大事にしています。毎年大活躍です。
私はこんなのをあちこちで探すのが好きなんです。伝統的な民芸品、レースや、陶器や、人形。一点豪華主義で(笑)
季節ごとに、出して…。今年はインドのアヒルさんの籠が加わりました。






私たち家族には、こんな松ぼっくりでも、思い出がいっぱい。植物検疫に引っかからない様にね、密輸してきました🌀ごめん🙏もう、時効ですね。
もう、何十年も前のもの。思い出と一緒にずっと、ここにあります。

~写真が古くて劣化しているため一部検索画像拝借いたしました。老後の楽しみのためにコツコツと書いています。お目こぼしください。





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/11 11:13] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(4)
愉しい生け垣
コニファーの生け垣があったのですが、昨今の温暖化で二十年以上育てていたのに、すっかり枯れてしまいました。

枯れた生け垣が、あまりにもおかしいので、五本のコニファーを抜いて、新しい生け垣を植えました。


コニファーは、一時期流行りましたが、剪定も難しく、三角にかわいい姿を保つのは難しいので、今はすっかり見かけませんね。
私も、持て余していたので、今回は違うものにしました。



今回選んだのは、自家受粉ができて縦型に成長するというタイプのオリーブ、そして葉っぱの小さなユーカリ、そして剪定の効く雪柳、そして唯一のコニファーですがブルーアイス。どれも花材として便利なものばかりです。ブルーアイス  以外は夏の暑さにも強い品種です。オリーブやユーカリはリースにも、ドライにもなります。

紅葉するものをひとつ入れたかったのですが、落ち葉が道に🍂落ちると、お掃除が大変なので、紅葉するもの、生け垣には選びませんでした。





そして、一番端っこには、アイアンの支柱を立てて、ハンギングを吊るしてみました。



まだ、木は小さいのですが、そのうちわさわさしてくるでしょう🐿












この菫は、菫らしくて大好きです。






コンテナは馴染んできました。







紅葉するお多福南天。







冬の光に照らされて黄色く色づく藤。壁一面黄色になります。でも、咲かないんだなぁ…コイツ。




きれいに剪定を済ませた葡萄、デラウェア。
これは本当におススメです。面白いように葡萄がなりますし、秋には紅葉し、冬にはこのように光が入り部屋はポカポカ。夏は日除けに。

🐇 dolceおばさんのお庭から 🎄✨




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/10 08:50] | 🐛 dolceおばさんの畑とお庭 🐝 | トラックバック(0) | コメント(0)
ラリージャパン~陸別
世界ラリー選手権が日本で開催されていた年があった。


ラリー、すっごく面白いよ。当時は三菱とスバルが参戦していて、トップドライバーのイベントなど、日本でもよく行われていた。イベントよく行っていました。ドライバーに貰ったサインは宝物。
息子が10歳の秋に、北海道の陸別へ。





みんなレンタカーはスバルインプレッサ。

リエゾンで、私たちが右折したらなんと、ペターの車が、前にいた…。これは一般道よ。
並走してくれるペター ソルベルグ。



このナンバー!この音。本物だよ!



ラリーは昔タイヤメーカーが二つ参戦していたが、この後くらいからピレリーが撤退し、ミシュランのみ…。ちょっとつまらなくなったよね。








雪道、砂利道、舗装路、雨、霧、そしてコースの高度でエンジンの性能が変わってくる。タイヤの選択、コースの下見の能力、ピットのエンジニアの力、天候の読みなど、様々な条件が絡み、走切りる競技です。~砂漠を走るパリダカとかとはちょい違います~三日間全開で走って、トータルしてなんと数秒を争う競技。







ここで、シーズンのマニュファクチャライズ優勝を決めたシトロエン。セバスチャン・ロウブが乗ってたのがシトロエンc4です。
私は、天才ロウブのファンです。このピットの前で私は何時間もこの瞬間を見るために並んでいました(笑)良い思い出。
息子はぐっちゃぐちゃになったラリーカーを規定の時間内で元通りに直すピットの作業に目を輝かせていた。
そりゃ、世界のトップクラスのワークスの仕事。見応えはあります。大人だってかぶり付きで見ている。
ラリーはシトロン、ロウブの優勝。ものすごい経験ができた。たのしかったよ。
二度とできないだろう経験をして、興奮覚めやらぬまま、帰路につく…。











帰り道にふらっと知床へ行った。遊覧船に乗りたかったが、強風で船は出ていない。なので、仕方なくそこら辺をドライブ。
ちょこっと川があったので散歩したら、なんと、なんと、
鮭が遡上してた!

これ、マジですかッて…




思いました!!
こんなのが見られるなんて思わなかった。テレビでしか見たことない光景。
え?本当に?これ?鮭?


川のそばには鹿のフンがいっぱい。鮭を食べに来るんだろうね…。
でも、待てよ、熊のフンだったら怖いから、あまり奥まで行くのはよそう。
と、しばらく眺めて返ってきました。










帰りは、網走に行って、ホテルのフロントで教えてもらった人気の回転寿司屋に行った。
そこにあるメニューは、知らない貝ばかり…。



「中とろ三つ」と注文すると、周りが一斉に私たちを見た、ような気がした(笑)。

『解凍いたしますので、少しお時間いただきますが、大丈夫でしょうか?』



え???




そうなの?





誰も頼まない「中とろ」



オカシイ…(笑)




なんで…(笑)




「あああ、内地の人だねーーー」って声がする。
このアウェイ感(笑)


でね、貝、テキトーにみつくろって食べたら、死ぬほど美味しかった。

トロなんか、誰も頼まないハズですねー。






今はWRCは、日本からはトヨタが参戦。マキネンにドラテクを社長自ら教えてもらって、ラリーの面白さを広めたいと、愛知県で、WRCやるんだって。すごい。愉しみだ!


こういうのが楽しかったらしくて、息子は、自動車関係のメカ系の研究室へ。
音響、振動系の研究室と迷って、やっぱり最後は自動車の方へ進みました。
これから卒業まで、その中で、技術者としての基礎を学んで欲しいです。その中で、人間としても、成長して欲しいです。



好きな道に進むのが一番。







私は、実は息子には、勉強はあまりさせませんでした💦
塾も最小限。

でも、スケートボード、ピアノ、フルート、スキー、スノーボード、テニス、写真、ラリー観戦、など、色々愉しいことがあるよって教えたかったんです。そんな遊びはいっぱいしました。親を見て、盆栽してみたり、料理作ってみたり、そんな事、よくしていました(笑)



その中で、仕事につながれば、よいかなって、思ってきました。
音響系か、自動車系か最後まで悩んでいました…。

これから、人生で、つまづくこともあるでしょう。でもきっとそんな愉しみが彼を支えてくれると信じています。


~写真に残らない思い出をこうして残しています。老後の楽しみに。お目こぼしください。







 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/09 12:50] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(0)
ダイソーでうきうきメイク



このブラシ、ダイソーです。柔らかくてコシがあり、気持ちが良いです。
アイシャドウブラシは、細かいところまで毛先が届きやすい形です。なんたってデザインが優秀。洗ったらどうかが心配ですが…。


そしてこのアイカラーのパレット。使いやすい色がたくさん。発色も良いですよ。これも優秀です。真ん中のハイライトも、使いやすい色で普段メイクにはピッタリ。
Diorのアイシャドウの入ったポーチをダダが蹴っ飛ばしてしまって、粉々になっちゃったので、似たものを見つけました。
ファンデーションはマックです。






そして、この愛用のFASIOのコンシーラー。千円です。私の肌の色にぴったりなんです。



こういう生活を十年すると、三十年後にはこうなります。一応、紫外線ケアもしていましたが、焼けてますよね…。ダダも私も、肩や背中もシミだらけです。




ひでぇ。こんな汚い顔も…、





あははは。ほぼ消えた(笑)デカいシミだけ消えればいいのです。




目の下のシミは、皮膚が動くところなので、シワにコンシーラーが入ってヨレるので放置。ここを白く塗ると厚化粧まっしぐらなんです。口紅を真っ赤にすれば、目立ちません✨
とりあえず、これに眉毛を描いて、目のお化粧をすれば良い。

今日は乗馬なので、口紅はなし。





このFASIOのコンシーラーは肌の色にピッタリで、私の秘密兵器です。ファンデーションの上から、これを硬めのリップブラシで丁寧に塗って、ふわっとお粉をはたくだけ…。







最近は、常にこの格好。
UNIQLOのコートにUNIQLOのストレッチジーンズ、ネイビーのタートル、
携帯と、お財布とキーをポケットに入れて…。

バッグも持たずに、ポケットに手を突っ込んで、歩く。


あああ、寒いわ。
週末は雪ですって?❄️



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/07 10:38] | Beauty method & makeup | トラックバック(0) | コメント(2)
庭にコンクリート
隣家の庭に植えてある梅の木。
お正月を過ぎるといち早く白い蕾が出てきて、ふわりと香る梅が早春の愉しみ。
隣人は、毎年、実った梅を六月に洗ってザルに並べ、梅干しを漬ける。これも初夏の風物詩。ああ、こんな時期なのね…と、愉しく眺めていた。

多少は塀からはみ出してはいたが、大したことではない。




が、例の近所の元警察官が、枝が公道にかかって伸びていて「クルマにキズがつく!」と、怒鳴り込んだ。

あああ、まだやってんだねー。テメー、そんなクルマが大事なら、クルマ乗んなよ。どっかにしまっとけ!と、わたくしは思った…。







数日後…、隣人が工事の挨拶にやってきた。
『梅を抜いて、庭全部にコンクリートを流す』という。



隣のご主人の介護のクルマや、お風呂のクルマを家の前に停めると、邪魔だと怒鳴り声のクレームが入ると言う。

『コンクリートにして庭に介護のクルマを入れられるようにすれば、梅もなくなるし、何も言われないと思って…。もう、歳だから自分で木を切ることもできなくて、いつもいつも文句を言われるのに疲れちゃって…。』






私もその庭の前を通るが、クルマも梅も一切邪魔だと思ったことはなく、むしろ梅の花は楽しみにしていた。
沈丁花、夏椿、百合、横に植えてあるネギやミョウガ。全て抜いてしまうという。
『ごめんね、おとうさんの介護のクルマ、邪魔でしょ。迷惑かけてごめんね。』
とんでもない。






あの元警察官は、お互い様という考えがないのか。
公道というのは皆が譲り合いながら使うもの。オメーのもんじゃねーんだよ。

数年前には、同じ隣家の猫柳が邪魔だと言って、短く切れ!!と怒鳴りこんで、仕方なく変な時期に慌てて切ったら一気に枯れてしまったということもあった…。





ところが、
コンクリートが入った日から、その元警察官とその妻は、隣家の前を走って通る…。馬鹿は大変。お気の毒(笑)そりゃ、さぞ居心地が悪いだろう…。








私も実は、駐車場をひとつ借りている。来客があると、そいつがいちいちうるさいからだ。家の前に少し停めただけで大騒ぎ。通れないわけではないのに(笑)月五千円でそれがなくなると思えば快適だ。

「お互い様にしませんか?」
と言っても、公道は、駐停車禁止だそうだ🤣恐るべし元神奈川県警。最低だ。

しかし、自分の家にくる業者などは、ちゃっかりその『公道に』停めている。でも、誰も何も言いません。いいのですよ。正義は必ず勝ちます。
おかげさまで、少なくとも私は近所を走って通るなんてことはしなくて済んでおります…(笑)
あはは。







自分の首っていうのは、自分が締めるものなんです。なにかをする際にはその影響を考えるのが大人です。覚悟を持って怒鳴り込んだのならば、堂々としていれば良いのです。自分の作った地獄なのです。世の中はうまくできています。普通にしていれば何にも起こらないのです。




神奈川県警の言うことを皆が聞くのは、罰金を払うのが面倒だからです。ただそれだけ。アンタが偉いからじゃねーんですよ。勘違いしてない?制服を脱いだらその権限は無いのです。誰がただの馬鹿親父の理不尽な怒鳴り声に屈しましょうや。テメーは制服脱いだら「ただの馬鹿オヤジ」なんだよ。


こちらもどうぞ→💢
これも→💢💢









ある晴れた日の朝、庭の木々は、あっという間に手際よく抜かれていった。

二十年毎日見ていた木々が廃棄物のトラックに乗っていたのを見た時に、なんとも言えない悲しい気持ちになった。






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/06 00:44] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
 アメジストセージの剪定
アメジストセージ、剪定してお礼肥をしました。
余ったお花がかわいそうなのでいけることにしました。



本日の材料のご紹介です。上から、お庭の時計草、アスパラガス、ケール、アメジストセージ、ワイヤープランツです。






アメジストセージ、お花びらが小さなので、メインになるにはちょっと弱い。インパクトのある紫のが欲しかったので、主役のお花に代わってケールの葉っぱを入れます。あとは、ふわふわとアスパラガスやワイヤープランツを遊ばせて動きを出します。







カーテンのネイビーに合わせてここに置きます。時計草の先っぽのツルがかわいいですよ。





ワイングラスに、セージ色のリボンを。




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/05 07:14] | bouquet and room decoration | トラックバック(0) | コメント(0)
全く違う色の着物が到着…。
暑い九月に、夏物ではない秋っぽい帯に、合わせる為の絽の秋色の着物というコンセプトで探した今回のショッピング。江戸小紋を選んだのですが…。


あららら。


到着した絽の江戸小紋は、全く違う色でした。濃い茶色と思っていましたが、渋い柿色、といった感じです。あれだけ考えたのに…。
これ、どうしましょう、と思いましたが、この色の帯締めがどんな帯にも品良く合って、とても便利ということを思い出し、「ちょっとこんな色も着てみて!」って神さまに言われたと思って、色々工夫してみます?!
私は案外この薄い色も素敵かなと思ったのです。
とてもしわくちゃで、届いたんですが、これ、アイロンかけて平気かしら…。




目が詰んだ絽で、ぱっと見は、涼しげには見えません。良かった!
でもこの着物、光によって色が全く違う。
日向では、こんな明るい色で、びっくり!



でも…、少し暗い場所で見ると、茶色に見えるんです。。。




どちらも、見たままの色です。同じ着物なんですよ…。困りましたね。不思議ですね。写真の問題じゃないんです。本当にこんな風に見えるんです。

でも、品物はきちんとしています。







さて何を合わせましょうか?思ったより色が薄かったことで、この帯が浮上。

芥子色などの小物で、秋らしく…。



この帯も、いち早く九月に締めたいのですが、単衣では暑くて暑くて…。30度超える日も、絽なら、平気かも…。



これは、なんとなく初夏だけと思っていましたが、こだわらずに、通年着る事にします…。





お盆すぎには、これも、絶対バッチリと思います。花かごのような小さなこげ茶の籠で✨かわいいよきっと。









さて、懸案のこの帯とはどうでしょう。


ちょっとお茶目っぽく、黄色を散りばめて。この帯留めかわいい。


ぼったりした丸くげを締めると、季節が進んだ秋感が出る。でもね…、これフォーマルしかダメなんでしょうかね。。。でも、インスタとか見ていると、着付けの先生がこんなのを日常に締めていたりするんです。とても素敵です。

帯周りを思い切り秋の色で作り込んで、こんな味付けで、無地の着物に合わせたら…と、思いました。






これはどうなの?格が合わないのでしょうね。




この帯留めは、繊細な線の構成なので、目立たないんですよね…。

八寸のザクザクの帯や、板目絞り、更紗など。どうでしょうかね…。なんだか、結構イケそうな感じだけど、掟破りなんでしょうね。でも、自分が良さげ、と思ったら、着ちゃう…つもり…。ストールをプラスしたら、なんとなくいけそう。秋になって光を感じてみないとわからないですね…。





予定していたこげ茶ではないことで、これも、九月なら、平気そう。着ないよりも、着た方が良いですもの。着物を絽にしてドンドン着ようっと。色々に縛られて着ない方が勿体ないですもの。




でもね、セオリーを破るにしても、「知っていて破りたい」と思います。ガサガサの帯にはやっぱり、夏紬を探そう!一つ紋にガサガサの八寸は違和感があるような気がする。
ものすごい暑い九月対策、少し進んだ気がします。

予定外の色でしたが、案外こっちの方が幅広く合わせられて、初秋に締めたい帯数本はこれで救われそうです。

季節外れの話題でした…。




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/04 09:30] | 🎲 お茶目におきもの | トラックバック(0) | コメント(2)
ジャルディニエール


今年は購入しようと計画していた、ジャルディニエール。


これに乗馬クラブの裏庭に咲いているアンティーク紫陽花とか🤣、例の崖で盗んだ赤い実とか…(笑)お庭の薔薇とか、シンプルに活けたいんです。ずっと計画していたんですが、ついに…購入(笑)










重いのでそんなに大きくないものを選びました。
大きさは、ちょうど良いかなぁ。フランスのアンティークです。

細工の粗いものもあるので、よく選んで丁寧な細工のものを探していました。
何を活けようか愉しみです。






来年は、シルクの古い小さな敷物が欲しいんです。
こんなの…。



ひとつずつね…。
自分へのクリスマスプレゼントです🎄




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/03 10:01] | bouquet and room decoration | トラックバック(0) | コメント(2)
今年の菫はブルーで。


かなり遅くなってしまいましたが、今年も、菫を植えました。
一気に雰囲気が変わりました。







これは秋の植え込みです。色々使いまわしているのがわかると思います!







さて🌼今年の菫の色のテーマはブルーです。
ブルーとのグラデーションを、豪華な脇役さんたちで固めます。
大きく枝垂れて育っているのは、夏を越した苗です。今日植えたばかりで格好が不自然ですが、しばらくしたら馴染んでくるでしょう。





私の大好きなシルバーリーフのコットンキャンディ。リシマキアペルシャンチョコレート、これは、葉っぱの色もお洒落ですが、夏には黄色のお花がいっぱい咲きます。かわいい脇役さんです。







スパイスに、スイスチャード。これは非常に丈夫です。お野菜なので!




去年から育てているアジュガ。そして、クリーピングタイムと、お野菜のケールも入れました。ラベンダーも。



欠かせないメンバーのもみじ葉ゼラニューム。
アリッサム。ラムズイヤー。







今年も愉しみです。











この秋の植え込みは、小さな鉢に移動して、室内へ。ポットマムは切り戻して、日向に置きました。



さて、今年は、少しハンギングなんかもやっちゃおうって思っておりますので、これから忙しくなりそうです。
来年も咲くといいなベゴニア。
コリウス冬越しは難しそうですが…。

🐿🍁 dolceおばさんのお庭から 🍁🍄




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/02 07:51] | 🐛 dolceおばさんの畑とお庭 🐝 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
プロフィール

Dolce

Author:Dolce
青い鳥を探す為につけている日記です
愉しいこと
好きなもの
愉しみでしている畑や着物
小さな手仕事
ピアノの練習
家族のこと
こつこつ、書いています

お知らせ

 
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福

リンク

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

<