FC2ブログ
Dolce
*** hana
歯のホワイトニングに
歯医者さんに行って来ま~す。




カーディガンは三十年着ているお気に入りのもの。
クロスのペンダント、500円
バッグ、自作。



歯のホワイトニングと検診に行ってきます。



たまには後ろ姿。
あら?髪伸びたわね…。






ワンマイル・ウエアってヤツです。
歩いて五分の歯医者さん。友人なので、楽しい(笑)
よもやま話に花が咲く…。











このバッグ、いっぱい入って、どんな服にでも結構馴染む✨便利さんです。




~愉しいお洒落





励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/10/01 10:49] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
色の洪水



ファンキーな梱包(笑)イスタンブールから。

思ったような物ではなかったらどうしようと一瞬不安になるよ。😱




だが、中身は……こんなにシックで、素敵でした。

これは、古い絨毯やキリムを、クッションカバーにした物です。中身はニトリでサイズを選んで良さそうな物を用意します。

グレーに茶色の絨毯の横長のカバーは、一番最初に決めた物。その横の小さなサイズの紺とテラコッタ色も、すごく好き。で、赤の絨毯に合うように、赤ベースの物を数枚…。で、ポイントにストライプ、そして、モフモフの変わり種✨そして強い黄色も、愉しげで、良さそう…。大きさもワザとバラバラに。
~私はここにラベンダー色やビリジアンのベルベットやサテンの物を入れたいのです~







秋の風が冷たい日。窓をしめて日が当たる所に広げていたら、このカバーからうっすらと、煙草の香りがします。濃い苦い香り。
古い物なのでしょう。

私は、あまりそういうことを気にしないので大丈夫(笑)
犬の毛もついていますよ!(笑)うふふ。どんな犬かなぁ🐕(笑)










裏に植えた山葡萄。
色は心の栄養。
でも切って活ける気力が湧かずにいる。

良いお天気だなぁ。





古いミシンで、つぎはぎにしてクッションカバーを作るおじさんの写真を見て、ほのぼの。
いいなぁって思ってこのネットショップで買う事にしたのです。

お店の前の道路にミシンを置いて、絨毯やキリムを切って、カタカタ古いミシンでこのカバーを縫っているおじさん。

とても厚地なので、男の人の仕事だと思う。
このカバー、どれもとても好き。







嗚呼、
ここが私の終点かしら?

家を建てる時には、南フランスの田舎みたいな部屋に憧れて…。白い壁で、ベージュの建具の部屋を作った。カーテンもベージュ。そこは何年も自分らしさが溢れた場所だった。真っ黒の服ばかりのぶら下がったクロゼットにダイヤモンド。自分らしさはそんなストイックな世界の中にあった。私は、今で言うミニマリストみたいな人だったと思います。
今よりも、ずっと狭量で…、とんがっていて…。僧のような。





けれど、そんな生活が終わって、息子が産まれ、たくさんの事を学んだ。異国での生活。緊張の中で三年生きた。帰国後、こんな私が、幼稚園の本部役員もした(笑)マイクを持って運動会も仕切る(爆笑)💦出ていかなければならない時代だった。社会に引っ張り出されて、地域のコーラスの伴奏を何年もした。学校のイベントなどでピアノを弾く事も多かった。公園や市営プールもみんなで行った。犬も飼った。僧のような生活が一変した。


忙しかった。


そして大きな病気をした。


…生き伸びた。






この頃私は、ひとの気持ちが分からない、社会の仕組みも分からない馬鹿だったんです。振り回されて、生きていた。頑なに真っ直ぐ過ぎて「しならない枝」がポキッと、折れたのです。







息子の学校は学校崩壊をしていました。必死でなんとかしようともがいていました。~今なら、私立に入れる一択だけれど、当時はそんな事思いもしなかった。



そしていつしか息子も育ち、気がつくと、ひょんなことから着物を着るようになりました。
ひとの手仕事や、織物のパワーに惹かれるようになった。色って素敵だなって思うようになった。不揃いっていいなって思うようになった。

そして深い森の色のピアノ部屋を作ったり、こんな赤の部屋をしつらえようとするなんて、思いもよらなかったです。

部屋を丸ごと模様替え、なんてパワーのいる事。

でも、ゆっくりやって行こう。








ここが私の終点なのかしら…。もしかして、まだ先があるの?

自分がどうなっていくのか、興味がある。きりきりと縛られていた自分を脱皮させて自由になりたい。
ここで、変わるのだよ、自分。

「心」は思い通りにはいかない。しかも私のように弱いヤツは、休み休みだ。それで良いのです。疲れたら、休んでいいのだよ!

自分の為だけに生きてよし。








イスタンブールからの色の洪水をしばし眺めて過ごす、お休みの日。今日はゆっくり。

あ。いやいや、夕方から今日はピアノがあるんだった。
少しゆっくりして、お掃除しよっと。





ようこそ!私の赤いお部屋に!!
ダダとまわりの方々に感謝。

それは、絶対に忘れてはいけない事。

~🍁めざせおうちリゾート🐿


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/30 11:04] | bouquet and interior | トラックバック(0) | コメント(0)
火種を預かる
「ばあば、宝石類は、うちが預かっているから。ここに置いたらトラブルになったら困るから。」


高齢者施設で、貴重品を持ち込んで、どこに置いたか忘れて、職員に疑惑の目を向けてトラブルになったり、そんな困ったことが結構あると言う。
母は絶対に納得しないと思ったが、こう言ったそうだ。


『わかった。それでいい。』
『必要な時はすぐに持ってくるから。』
『わかった。』






古いデザインのクラシックなジュエリー。

持っていても、宝石箱に終われたまま。ずっと。何十年も。


買っただけで良かったのだろう。
それで気が済む宝石。死んだ財産だ。

相応しくないものは買わない事だ。心に、そぐわない物は必要のない物だ。あの人の魂はこれらには宿ってはいない。執着がないということは、そういうことだ。








今は、孤独の寂しさと、将来の不安でそれどころではないのだろう。


母は父からの婚約指輪と結婚指輪は、不用品として処分したそうだ。
ギョッとする。
思い出よりも、財産価値…。







『dolceは元気?何かあったら、dolceに電話すれば良い?』

『調子は悪いよ。あまり元気ではない。…。夏は暑くて心臓がダメだから乗馬も行けてなかったし。だいたい家でピアノ弾いてる。庭に出たり、そのくらいかな。本人には大変だったみたいだよ。あの、じいじが亡くなった一連の出来事が。コロナもあって、ずっと息子と家にいる。』

『あの人は、いやに繊細だからね…。じゃ、用事があったらダダの携帯に電話すれば良い?dolceの家に連絡しちゃダメ?』

『そうだね、僕の携帯に連絡してね!』

『わかった…。』






資産管理など、いつ爆発するか分からない火種を抱えているようなもの…。

トラブルの元だ。



「あの人は、いやに繊細だから…。」と言った母。ふざけるな。あの一連の出来事が、反芻されて、私は疲れてしまったのだよ。お金ってなんだろう。ひとの死ってどんなものなんだろう。そしてあの修羅場。ダダでさえ、思い出すと嫌だという。





お金は怖い。
この世で一番怖いもの。




特に、自分の力で稼いでいないひとは、気をつけて。(私も含めて。)

お金は、天下の回りものなんです。相応しくないひとのところには絶対に来ません。見えない力が働いて、お金は動いていきます。


千昌夫とか、小室哲哉とか、芸能人でも、一時隆盛を極めたひとも、そんな例は死ぬほどある。
ルパン三世の漫画みたいに、クルマのトランクが開いてそこから、お金がどんどん風で飛んで行く。私には、そんな風に感じる。






「ああ~っ」て手を伸ばしても、さようなら~って、お金が飛んでいくのだ。





法律も、遺言も、なにも糞食らえで、お金は自分に意思があるかの如く自分で移動する。
本当です。



タライの水をこちらに掻き込むと水は皆向こうへ逃げていきます。逆に向こうへ押し出せば…、水はこちらにやってくるのです。







全て自分の「生き様」次第。

心と頭を豊かにしなければ、豊かな老後は来ません。相応しくないエメラルドを買うよりも、良い音楽を聴いて、良い本を読んで、美術館に行きましょう。いっぱい旅をしましょう。行ったことのないところへ行ってみましょう。

何も音楽はクラシックでなくたって良いのだし、旅は、おにぎり持って知らない道を歩いたら素敵な旅です。犬がいたら最高。本だってなんでも良いではないでしょうか?漫画だって素晴らしいのがいっぱいあります。






老後には、集めたものじゃなくて、ひとにあげた物がその人を豊かにしてくれるんです。今回、よくわかりました。
私は、勉強させられているのでしょう。
きっとそうです。

しばらく引きこもっています。
愚痴&インテリアブログです。無理はしないと決めているので、どうか、どうかお目こぼしを…。



励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/29 11:58] | Orange・ribonn | トラックバック(0) | コメント(0)
乗馬クラブの火事
私が最初に行っていて、なんだかなぁ~って思ってやめた乗馬クラブ。
火事になってしまいました。(現在、通っているクラブではありません。)



七十頭のお馬さんを避難させたけれど、五頭亡くなってしまったそうです。
知っているお馬さんだったら悲しいな…。

最後の一頭は焼けてしまった訳ではなく、意識はあったのですが、しばらくして熱い煙を吸ったせいで亡くなったそうです。






夜の十時に119番通報があったらしくて、厩舎が二つ全焼だったそうだ。
火事の原因は、なんだったのか、分からないけれど、
漏電か、火の不始末か…。





お馬さんたちは怖かっただろう。
お馬さんをどんどん逃していっても、みな興奮しているだろうし、蹴られたり、走り出してしまったり、物凄かっただろう。怪我人も出ないわけはない。
恐ろしい光景だっただろう。怖くて逃げないお馬さんもいたに違いない。









今年は他にも、嫌な事故もありました。どこの乗馬クラブか分かりませんが、お馬さんが昼間のレッスンで熱中症になり死んでしまったという噂を聞きました。

馬場は、白い砂を敷いてある広い場所で、案外照り返しもすごく、日陰はあまりありません。うちのクラブは、周りに木が植えてあり、日陰が所々にあるのでそこで、休ませたりしますが、小さな狭いクラブでは、そうはいきません。

私も、去年レッスン後に熱中症になり、二時間休んでから帰宅っていうことがあったので、夏はお休みするようにしていますが、今年の暑さでは、死んでしまう馬も出そうですよね。








私のクラブでも、今年から、昼間のレッスンは夕方から夜までになり、少しでも涼しい時間にと配慮されるようになりましたが、それでも暑いですものね…。

「お馬さんを走らせてから水で洗って、拭いて…なんてやっていたら、気分が悪くなってしまった」と、言っていた方もいらっしゃった。

そうですよね…。洗車と同じくらい大変ですものね(笑)








ああ、火事なんて…。
可哀想。死んだお馬さんは繋がれていて逃げられなかったんだね。
みんな怖かっただろう。熱かっただろう。

とても、とても悲しい日です。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/28 10:52] | 🌲🐴 乗馬 🐎🌲 | トラックバック(0) | コメント(0)
絨毯を選ぶ
ジュエリーと絨毯は海外が安い。
しかも断然お洒落。



七十年代のもので、ウールです。
クリーニング済み。
送料込みでも安い。

でもきっと物価がすごく違うので、これでも、結構ぼったくられてんでしょうね。でも飛行機で行くことを考えたら、日本の絨毯屋で買うことを考えたら、絶対安いです。





で、最近学んだこと。イスラム系の国のネット通販は、
なんと、価格交渉可ということ!!

どんどん値切っちゃいましょ!!

普通の店で買うのと同じ様にやってみる(笑)この絨毯も、五十ドルも値切って買った👍送料も無し!
もうちょいイケるかなぁって思ったけれど、でも顔の見えない交渉なので、『じゃ、他の人に売るわ』とか言われたら困るから、そのくらいにしておいた。ジジイ、結構良い人。

先日買った継ぎはぎ絨毯↓のお店とは違うお店なんですが、またトルコのお店です。



これもめちゃくちゃお洒落でした。




トルコの親日ぶりは本当で、結構よくしてくれる。「日本人は大好き」って言ってくれたりする。
イスタンブール、行ってみたいなぁ~。






赤の部屋の絨毯が決まったので、次はクッション。
少しずつ、集めていく…。
こんなの素敵かも。



次は、キリムのクッションだわ~✨✨✨
この絨毯に合うクッションを。




古いキリムでおじさんがミシンで縫っているクッションカバー。
きっと赤に似合うと思うんだ~。


でも、これで息子が「会社家から通うわ。一人暮らしやめるわ」なんて言ったらどーしよー😱💦




~赤のお部屋作戦、決行中🍂🐿




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/26 09:29] | 和のしつらえとお花 | トラックバック(0) | コメント(2)
今期絶望
今永くん、肩の怪我で、8月に登録抹消。
それから、なんの情報も、無かった。

これはもしかして大きなことにならなければ良いけれど…。
と、私は、思っていました。
横須賀の二軍練習場は、コロナで見に行けない。








ここに来て
『今期絶望』
の報道…。


ルーズショルダーなんです。元々。
選手生命の危機説まで囁かれている。









嗚呼、なんてこと…。


ちょっと、しばらく横にならせてください (涙)







私はこの人の素朴さ、純粋さ、賢さ、そして闘志が好きなんです。「絶対、負けない」っていう気持ちの強さ。
決して垢抜けたお洒落な人じゃないんです。
でも、『根性』が好き。





今永昇太は、きっと、復活します。
必ず、もう一度、マウンドで投げる姿が見られます。
ゾーンで勝負できる数少ない投手。
キレッキレのストレートは必ず、帰ってきます。

今永昇太。
横浜の財産だから。


みなさま、今永復帰の節はまた、どうかよろしくお願い致します。

ラミレスに羊羹でも送っとこ。


♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪  

🧢 Go !! BAYSTARS ! I★ YOKOHAMA




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/25 11:03] | ⚾️ GO!BAYSTARS !! 💫⭐️ | トラックバック(0) | コメント(0)
タバコ
息子がタバコを持っていた。
電子タバコ。



ダダは、若い頃はタバコを吸っていました。
ガラムはクローブの甘さと、バナナ等のトロピカルフルーツの香りがmixされたような香りがして、火をつけると一気に部屋中がエスニック調の香り。いかにも海っぽい、ガラム。
天然由来の甘味成分を含ませているようで独特の甘さ。流行っていたんです…当時ね…。

当時の『高気圧ガール』たちも、吸っている人もいました。黒のボルボで海に一人で来るすっごいお洒落な人。カッコいい憧れの人を密かに観察していたワタクシ…。

日に焼けた素顔。フープのピアス、革のミサンガ。ゴールドのペティキュアに黒のビーサン。金のサラサラ光る華奢なアンクレットの重ね付け。。。

コーヒー色のムラ染のパレオの上にぽんと置かれたライターとガラム。もしくは、メンソールのシガレット。

風待ちの時間に、美しい唇にくわえタバコ。組んだ脚が本当にきれい。ああ、私なんかとは次元の違うカッコ良さ。








さて、三十年経った今の時代、タバコなんかカッコいいどころか、みんなに迷惑がられるし、健康によくないし…。
私は、息子へ言った。

「タバコやめなよ。」
「ああ、でも、みんな吸ってるし…。」



「ふーーん、そうか、じゃ、私も吸ってみよ!タバコ、一緒に吸おうよ!」


と言って、息子の前で、電子タバコなるものを吸ってみた。


『一緒に吸ってみようよ!』


~別に美味しくもなんともない(笑)~





すると、息子がこう言った。


『やめなよ!!!BBAまた癌になったらどうすんだよ。第一、そんな、おばさんがタバコなんか品がねーよ。やめてくれよぉ!!』


そして、そのタバコ一式をボキボキ折ってゴミ箱に投げた息子。

~その言葉そのままお前に返すわ😅🖐ははは。


『だよなぁー、お金もかかるし…僕も吸わないわ。タバコ。』


あははは👍

作戦成功😃🖐✨




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/24 13:40] | 今日のダダ & 息子 | トラックバック(0) | コメント(2)
赤の部屋のコンセプト!
着物部屋。
息子が家を出たら、着物の部屋にするんだぁ~。





まず、壁を赤にすると言うのは最初のコンセプト!



ずっと前、『美の壷』の九谷焼を見ていた時、九谷は何故こんな鮮やかなな色でゴテゴテと皿を飾るのか、緑に黄色、赤に金…。料理がちっとも映えないではないか?との問いかけ…(笑)

画面にかの地の冬の景色が出てきた。
しんしんと降り続く雪。雪。雪。冬は白の世界。山陰は豪雪地帯なのだ。淡い弱々しい光に、寂しさが漂う長い冬。黒に白に灰色の世界。


そこで、招かれた客が、家の中に一歩足を踏み入れる。
襖を開けると鮮やかな壁。鬱金色、松葉のような緑に朱色。命の息吹を感じる色。


そしてそこにしつらえた小さな九谷には、壁に負けない力のある色。不思議になにを盛ってもイケちゃう(笑)
これを見て私も九谷焼を一枚買ってしまった…あはははは。




真っ赤にするか、朱色にする、臙脂色にするか、それとも少し茶色がかったくすんだ赤にするか、まだ思案中。











今の私の家は、ね、真っ白で光がいっぱいなんです。それはそれで好きなんですけれども、少し、薄暗い隠れ家のような雰囲気の部屋が欲しくって!




因みに、今のわたくしんち(笑)

白(笑)



白(笑)





シャンデリアに光の入る出窓にガラスをたくさん置いたダイニング。明るい光の入るダイニング。ガラスをいっぱい置いています。









自分で白く塗ったサニタリーの壁。










ウイリアム・モリスのベージュの壁紙の寝室。








リビング。フォーカスポイントはここだけ。写真をパタパタと片付ければ、和風にでも、エスニックにでも、一瞬で変えられる。







で…。

五年前、ちょっと飽きたので、ピアノ室を塗ってみた…。(笑)ここは森のイメージなんです。暗い森の中のような色にしたかったのです。










そして先日、買ったランナーを敷いた廊下。ここから、不思議な赤の部屋へ、いざなうように…。コッチコッチって(笑)!





なので、さらに飽きたので、このランナーの先にもっと色の洪水みたいなbohemianな部屋をひとつ作りたいのです。エスニック、ボヘミアンに和を足したようなアジアンのような、そんな自由な面白いインテリアにしたくて…。







~画像拝借致しました。



で、素敵なキリムの敷物に、自由な色とりどりのたくさんのクッション。こんな風なソファは置くスペースがありませんので、小さなお炬燵を置きます。だから、一瞬でクッションを片付ければ純和風になるはず!!


で、床まで、濃い色にしたくないので、絨毯は少し引き算の色合いにして…。






ターコイズとラベンダー色とを指し色に愉しい色合いにします。




ここにエレクターを組んで、着物収納を作ります。そして全身の映る大きな鏡を置いて着付けができるように。
さらに、アイロンや、ミシン、お裁縫箱を置いてお手入れもできるようにしたいんです。
私はテレビは見ないので、必要なし。
和の調度品をここに収めてしまいたいのです。





赤の壁に映えるこんな無垢の箪笥を置きたくて…。これなら、和風の生け花もしっくりきそうですね。
和のものを飾るときは、ボヘミアンなクッションは片付けて、和風のお座布団にしたら、それなりに落ち着くと思います。












こんなのも愉しいよ。







エレクターはそのままだと着物に埃がたかるので、何かコンパネなどで覆ってしまうか、それとも、すだれを掛けるか…。そして、大きな窓はよしずを下げて…。



お炬燵、照明器具、ホットカーペット、すだれ、よしず、そして絨毯、和箪笥、エレクター、そしてゴミ箱に時計。そして全身の見える鏡。結構、たくさん揃えなくっちゃ!!
だんだんイメージが固まってきましたよーー。

愉しみです。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/23 11:43] | 和のしつらえとお花 | トラックバック(0) | コメント(2)
白ちゃんうっかり阪神に入団


こんな真っ白で可愛かった白ちゃん。
この子は人懐こくて、初めて見たとき、にゃーって鳴いてそばにきたんですよ。



後ろからゾロゾロ出てくる仔猫ちゃんに、びっくりしました。








嗚呼、今日もキャットマシンの上で寝ています。
今日は一匹。でもボンネットにあと二匹…(笑)
うほほ。
立派になりました🐈


そして、こんなに色が変っちゃったんですよ。肉球は黒だね!


まるで…、



このユニフォームにそっくり!🤣💦

あはは。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/21 09:21] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(2)
強烈パワハラおやじ
弟は、常に不機嫌である。毒母が施設に入るために色々連絡を取らねばならないのだが、もう、私も限界。彼は、一体何に怒っているのだろう。

仕事が大変。毒母の毒が凄い。煩雑な父の死後の役所や保険会社への手続き。大変なのはわかるけれど、普通の人は「忙しい」って理由で怒鳴ったり、訳の分からないことで人を罵ったりはしない。



そんな人を俗に「パワハラオヤジ」というんだなぁ。
今、流行りの職場などで嫌がられるパワハラオヤジ。



特徴その1、基本人の話は全く聞かない


特徴その2、ひとの説明を聞けない。「どうでもいいことをいちいち言うな!」「俺は忙しいのに時間の無駄なんだよ!」「結果だけ言って!!」という答えが返ってくる。


特徴その3、自分の理論以外は絶対受け入れない。


特徴その4、根拠のない謎の自信がある(笑)






弟はパートナーを殴ったことがあるそうだ…。聞いた時にはもう絶句。私なら即離婚。






こちらから事務連絡をしても、何故か最後は喧嘩腰口調。


「かいつまんで結果だけ言って!!!!💢」
とひどく叫ぶ。






母と、施設を決めるための色々を進めているが、弟は母にも、常に説教をしていると弟は、誇らしげに大いばりで言っていた。
『この前は、二時間もレストランで説教してやったよ!』
『お母さんは、金のことばかりで、頭に来る!!!』




そりゃ、入院先に通帳や債権を持参するわけにはいかないけれど、年寄りはお金に執着があるのだよ。
だから、多少の現金を握らせて、
『お母さん、コレ、渡しとくから、安心して😃🖐またなくなったらおろしてくるから大丈夫だよ』
とかなんとかいってニコって笑って適当にやっていれば、毒母は気が済むのだよ。それを、真正面から、まともにやり合うから、火に油を注いじゃうんだよ。
どんどんおかしくなる二人。話がまとまる訳もない。
~ワタクシならばそうする。







「お母さまと弟さんの二人でやっていくとうまくいきませんよ、dolceさんとダダさんが入った方が良いですよ」と、私は信頼している方にそうアドバイスをいただいていた。

でも、私ばかりか、ダダにも最近は声を荒らげるようになり、ダダは、もうあまり話をしなくなった。『なんだかいつも怒っていて、めんどくさい(笑)』って。

この母と息子はまるで双子のようだ(笑)






空き家にしてある実家の色々なことを報告するだけでも、折り返し電話が来て不機嫌全開モードの意味不明な罵声。
「草はむしっておいて!!」
「郵便物は!?」
~母にそっくり…。






ふーん。



でも、そんな大いばりの強烈パワハラおやじの弟も最近は、「泣き言」が出てきた。忙しい、お金がかかる、母といると精神的にもたない…。そんなことは、最初から折り込み済みです。

『はっきりいってお姉さんのことはあてにはしてないから💢もう全部俺がやるから』


元気そうな大きな声だこと。だったら黙ってしっかりやれば良いのだ。



けれども、ひとはね、全部ひとりでなんか出来ないのだよ。みんなに相談して、力を借りてやっていくのがひとなのだ。そうしてみんなとうまくやって学んでいくのがひとの道。五十を越えてそんなことも分からないなんて、お気の毒。










母は、最近、弟の九州からの交通費やタクシー代などを出してくれなくなったそうだ。

「コッチはお金をたくさん立て替えているんだよ。いちいちめんどくさいからさ、お姉さん、お母さんから預かっている現金を全部俺に渡してくんない?」


「九州と何度も行き来して、交通費もたまんないよ!」


めんどくせぇヤツ。









~コレ、きっと、毒母とすっごくうまくいっていないのだ。



『もうこれ以上変なこと言ったら俺は全てから手を引くからと、お母さんに怒鳴ってやったよ。』
と言ったとか(笑)断片的に、色々キナ臭いことを話していた。

こういうことから、相続のトラブルって起きるんだね。こんな強烈なアホとお金のトラブルなんてまっぴらごめん。
ワタクシは、そうだね、そうだねと、相槌を打っていたが、コイツの頭の悪さや心の弱さやわがままさに辟易としているのだ。






『dolceに連絡どうしようかな?』

と毒母が言ったという。結局、可愛がっていた弟は自分の思うようにならないのでやっぱり私を頼りたいのだ。

勘弁だわ

お馬鹿な強烈パワハラ弟は、
『もう少ししたらお姉さんも落ち着くからそうしたら、電話してみたら?』


『うん、そうする。なんだかんだ言っても、dolceは、私の娘なんだからね!』






って、お前らアホなの??
馬鹿なの??




二人とも一回病院で

お脳の検査を

してもらった方が良いですよ。




私は一世一代の決断をしたんだよ。
その場の思いつきで生半可な思いで決めたことではない。

甘いんだよ。





結局、自分がされたことでなければ、ヒトの本当の心の痛みはわからないのだなと思った。お馬鹿な方々は「想像力」というものがない。ヒトの立場になって考えることができない。残念。(笑)


ばっくり言えば、

テメーらとは、

縁を切ったんだよ!





なめんなよ💢







「パワハラオヤジ」をググってみた。
衝撃の記述が…。


パワハラオヤジになる原因は、「幼少期の不安定な家庭環境。または、溺愛されて育って思うようにいかないことに対応できないから」だそうだ。
また、ここに戻るのかよ…。


毒母、自業自得(笑)

あはは。




そりゃ虐待されている姉を毎日見て育ち、両親は不仲。そして自分は砂糖に蜂蜜をかけられたようにベタベタに甘やかされて育った男。欲しいものは全て手に入り、なんでも言うがままの母。学校の成績も常に一番。国立一流大学を卒業し、誰もが知っている会社に就職。~この世の春を生きてきた。








けれども…。
弟と話していて感じる奇妙な共感性のなさ。自分のロジック以外を全く認めない感性。なんというか、「こう思うのよね~」「ふーん、そうなんだ」という心が通じる感覚が全くないのだ。

これは、私との関係性で、嫌いとか、好きとかそういうものではなく、人として、心を汲み取るという感性がない。心の幅が全くない。心が触れ合う感覚が全くしないのである。これは、私は大人になるまでわからなかった。
要するに「心」が育っていない。そして、弱い。
根性が座っていない。


弟は、筋金入りのお馬鹿な強烈パワハラ男になっていた。








社会の中では、そんなに全て自分の思うようにはいかない。
コイツの闇はもしかしたら私より深いかも。







~~~~~~~~

どうでも良い話だが、弟は、「こころよく」という言葉を漢字で『心良く』と表記する。
ねえ、今までその間違えを誰ひとり指摘してくれる人がいなかったのだね…。

これは悲劇だよ。




そして私は、どうしようか迷った挙句、悪いけれど、
教えてあげるのは、

やめた…。


一生その漢字の間違いに気づかず、陰で笑われるが良い。麻生太郎ちゃんのように…。

かっこわりィ~。




ワタクシは、何か間違いをしても
『奥さん、それ、違ってますよ!』って言われるようなひとでいたいと、心の底から思った。
だって、私なんて間違いだらけの人生ですもの。
何かあったら、ひとに聞いて回っても良いではないか?
ねえ、どうしたら良いかなぁ?って。


それができないひとは、不幸の沼にはまって出て来れない。







私は、実家の家族にはナメられて、怒鳴られて、馬鹿にされ、利用され、感情のはけ口にされる。
コレは、ワタクシの育った家庭では、「ワタクシをこのようにひどく扱っても良いのだ」と常日頃から母が見本を見せていたから、この上下関係は変わらないそうだ。


~虐待って怖いですね~






でもね、弟よ、お前さんはそんなに立派なのかい?
そんなに偉いのかい?


「裸の王様」や、「酸っぱい葡萄」なんかをもう一度読んでみたら?って、言いたいが、
ブチ切れられそうだからやめた(笑)🤣🖐


でもね、あと二年でこれは終わると、私は希望を持っているのだ!
みなさん、さようなら。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/20 18:53] | Orange・ribonn | トラックバック(0) | コメント(2)
暇の結晶




♪ あー、テレビも(つまん)ねえ
ラジオも( あんまり聞か)ねえ
~~
おまわり毎日ぐーるぐる
朝起きてセントバーナード連れで (もういないよー😭)
二時間ちょっとの散歩道


俺らこんな村いやだ ~俺らこんな村いやだ~
東京へ出るだぁ~あ~♪
~~
吉幾三って天才よね🤣


名曲よねぇ~。




私はといえば、コロナでもありますし、なんだか心の底から五十年間の疲れが出てしまって(笑)どこにもいきたくない。
そして何より心の声が「休め」と言っている。






で、途中になっていたコレを思い出してチクチク…。




菱形の模様は、菱刺しと言ってこぎん刺しとはちょっと違う刺し方。



コレは何故、途中でほっておいたのかというと、綿の刺繍用の布に刺していたらなんだかヘロヘロしてきて、これ、帯にしたらみすぼらしいんでは?と麻の布を探していたら、忘れてしまって、そのままに…。あはは。



私は、記憶喪失じゃないかと、本気で心配(笑)



でもね、刺していくうちにどんどん生地がしっかりしてきて、それなりに厚みが出てなんとかなってきました。


こぎん刺しって元々、「補強」からきているんですものね。

寒くて麻しか採れない東北で、ほつれた麻布の衣類をこうして補強して使っていたのですよね。

で、どこかで読んだのですが、これが急速の廃れたのがなんと、東北本線の開通によってだそうですよ!



びっくり!!👀


東京に行くことができるようになって、こぎん刺しをすることもなく、温かい衣類が手に入ったのですね。







サンプラーとして、色々な刺し方をしてみましたが、これを繋いで前柄にしようと思います。~手抜き(笑)



こぎん刺しの帯は人気でヤフオクなどでもすごい値段になっちゃうんですが、別に暇なら、案外簡単です。



これは、暇で、数が数えられる人ならできます🤣💦

あはははは。



テーブルセンターなどを買って転用しようかとも思いましたが、なんだか、気に入ったものがなくて…。






お太鼓にはどんな柄が良いかな~。すっごく悩む…。今でも悩んでいて決まらない。。。
そして、裏の生地も探さなくっちゃ!何色が良いかなぁ~。

↑あ、今、ここで悩んで止まってます。



♪ あー、喫茶もねぇ、バーもねぇ、たまにくるのは回覧板、
いや、たまにくるのは、キャットちゃん…🐈 





みんな、玉ねぎの上に寝とる。
酷いことになっとる…。



オラの小屋には、七匹も…♪




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/17 18:30] | ✂️手仕事色々🧵 | トラックバック(0) | コメント(2)
リボンのお袖 🎀



これは、ウイリアム・モリスのインテリアファブリックで作った軽いコート。


綿で、ちょっと羽織るのに便利です。お袖のリボンがかわいいんです💕
詐欺の様に細く見える肩のラインがカッコいいんです(笑)


裏がついてないので簡単です。







でかいジュエリーをつけると、細く見える(笑)
あははは😆




今日は試着。この型紙を使ってコートを仕立てようと思います。
中にもう少しカーディガンなどを着込んでも平気な様に型紙を少し大きくしましょ。

ゴブラン織りの可愛い生地でコート作ります💕




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/16 09:36] | outfit of the day | トラックバック(0) | コメント(2)
お素麺で作るビビン麺
お素麺を茹でて、温泉卵を作る間に、タレを作るよ。


ひとり分の材料だよ~。


コチュジャン、ごま油、白いりごま、酢 ~ 各大匙1
しょうゆ、砂糖 ~ 各大匙半分









トッピングを準備。
温泉卵、のり、きゅうりの短冊切り、蒸し鶏、(ハムでも茹で豚でもなんでも可)
キムチ、ニラ、…なんでも可!





お素麺ときゅうりをボウルに入れてタレを絡めて、盛り付けます。
トッピングをして、上に温泉卵を…。お素麺は硬めに茹でましょね。



そして、

梨!!

これがポイント!

秋ならば、梨を千切りにして入れますよー。
美味しいですよ!
韓国料理にお梨を使うのってありますよね✨
味にアクセントがついて美味しいです。



ごちそうさまです🐿
~来春に、ひとり暮らしをする息子へ😃👍


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/15 12:08] | おいしい生活 | トラックバック(0) | コメント(0)
フモレスケ 🎹
シューマンのピアノ曲が好きです。
畳みかける様なリズムに、夢のような和音。



トロイメライだけが有名なのは謎(笑)
あの曲よりずっと素敵なのがいっぱいあるのに…。
「ああ、あれがシューマンか」って思われたら、ちょっと悲しい…。

有名なあの a moll のピアノコンチェルト。アベック変奏曲、クライスレリアーナ、眠る子、パピヨン、森の情景、などなどなど。

フモレスケ、これは傑作。





微かな光を感じる和音は、独特。淡い色が滲んでこんがらがったような和音。
久々にシューマンを弾く。知らない間に、気がついたら、日が暮れていた…(笑)


深い緑色に塗った壁。
小さな北向きの窓。




名前も知らない雑草のつるが窓に絡む。たまに猫が通る。





茶色に、ブロンズ色のアラベスク模様のカーテン。何もかもが私の好みのこの部屋。



この環境を当たり前と思ってはいけない。多くの方々に支えていただいて、ここまでできてきたのだから。たくさんの援助を口添えと、協力があっての今である。ピアノは育てていくものだから…。

このわがままピアノさんは、なかなか手強くて、正直、やっぱり、国産ピアノを買えば良かったかなと、思った時もありました。日本の気候には合わないです。でも、「惚れた弱み」と、申しましょうか…。至福の時間が過ごせる時もあります(笑)

もう一台の古いヤマハよりも格段に魅力的…。
ああ、楽器なんてこういうものなのでしょうね…。





この小さな鏡は、秘密の鏡なんです。うふふ。
レッスン中に私はこの鏡で自分の顔をチェックするのです。
丁度私の椅子の正面にあるのです。が、誰からも見えない位置なんです。


これで自分が怒った顔をしていないか、たまにチェックするんです(笑)
怖い先生になっていないか…。愉しいレッスンのできる魔法の鏡です✨






そろそろ、と思い、先日からフモレスケに挑戦。
60になる前に、今世のうちに弾きたい一曲。
弾きたい曲はいっぱいあるのです。
人生の愉しい宿題。

やり終わらないかもしれない、宿題が、

いっぱい…🍂🐿





励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/14 14:55] | 🎼 PIano 🎹 | トラックバック(0) | コメント(0)
ミラノ
ずっと昔のお話。
~~写真に残らない外国生活や旅の思い出を、忘れないように、自分の為に老後の楽しみに書いております。どうか読み飛ばして下さいまし。お目こぼし下さいませ~~


ミラノのドゥオモの前。
鳩がたくさん。



階段を上がったところで、ひと休みしていると、可愛らしい草色のフェルトの帽子をかぶったおじさんが寄ってきた。



「エサはいかが?」

鳩のエサ…。ありがとう…。結構です。

と、おじさんは声を潜めて私にこう言った。


『ちょっと、アナタ、ただでいいから、鳩にエサあげて!ご主人は奥さんの写真撮って!ささ、ーどうぞ!』

は?

怪しい?

でもおじさん良さげな人そうよ。ま、鳩のエサくらいぼったくられても大したことないだろう…。
おじさんは、私の手をとって、丁寧にご挨拶をして、掌にエサを乗せた。
『ほら、エサをあげてごらん!~早く早く…!』ささやくおじさん(笑)

ありがとう…。と戸惑いながら、鳩にエサやり…🤣
いっぱい来るよ。うーーー、結構楽しい(笑)







と、おじさんは、突然に明るい声で周りに叫び始めた。
「さぁ!鳩のエサはいかが?」
ああ、なるほど、私はサクラなのねーー💦💦
「ほら、鳩のエサだよーー。」
おじさんは振り向いて私に小声で言う。~『なくなったら、言って!ハイ、ご主人、写真写真。』
わーーーーっと観光客が来る。
エサ、突然売れる(笑)

大繁盛。




と、おじさん小声で言った。
~『グラッツェ、グラッツェ、もういいよ。チャオ~!!』

え??
「さ、みなさん、鳩のエサーー、いかがかなー??」
おじさん…💦



商売上手なのね…。でもイタリアってこんな感じの国。

泥棒いっぱい。でも「盗まれるなんて、なんてあなたはマヌケなの?」って、笑われるだけ、らしいよ(笑)
盗む方より盗まれる方が馬鹿なのよ!ってお国柄。

ひと月近い長い旅行を二回しましたが、うーーーん、本当にそんな感じ(笑)
ミラノは、暗い重厚な街だった。南イタリアとは違う国のよう。
きっちり大きな石で作られたびくともしない街。そんなイメージだった。南がトマトソースなら、ミラノはホワイトソース。







ミラノは、男性のビジネスマンのお洒落を見に行くのは愉しいかもしれません。~私の勝手な意見です(笑)ミラノでは、一番愉しかったのが、男の人のファッションでした(笑)まあそれはそれは、お洒落な事…。どこも似たり寄ったりの教会などに目の色変えていくよりも、ずっと愉しいですよ。🤣🖐💦ああ、宗教のことは、よく知りませんが…。

くわえタバコのお洒落な紺のスーツ。吸い殻を踏み消す堅牢な茶の革靴。ビジネスバッグも素敵。縞のスーツもこっくりした色合いがたまらない。みんな、カッコいい。ビシッと決まった伊達男。でもビジネススーツ。決まってます!



~画像拝借致しました。かっこよすぎ。太っているのは当たり前。シワやシミと同じ。でもそれでも、お洒落ができるノウハウが、あるみたい!!それがかえってかっこよくて、日がな一日、人を見る…。

ニューヨークなどの様に自由さはなく、クラシック。紺、グレーの伝統的なスーツ姿が多くて、でも堅苦しさは全くない。イメージしていた「イタリア男」のチャラさもなく、ああ、どっしりした、でも、なんとも色気のあるスーツ姿。とにかく、男性が素敵。

気候風土も、明るくはない様子で、肌を思い切り出して、ゴールドのジュエリーをたっぷりつけた熟した様な女性の闊歩する南イタリアの雰囲気とは全く違う。







ローマや、ナポリとは雰囲気が全く違います。
陽気なイタリアらしさを味わいたいならば、南イタリアをおススメかなぁ…。

私は、ヨーロッパには、夏ではなくて、他の季節に行くのがおススメと思います。夏はバカンスでみんなどこかへ行っちゃいます。街にいるのは外国人観光客ばかり。私の趣味のマン・ウォッチングには、適さないんです(笑)





ニュースでテレビに偶然映ったミラノのドゥオモ。
いまだにたくさん鳩がいて、ふと、切なく、こんなこと思い出しました。


「海外の電車で寝ている人はいません」なんて嘘ですよ。ベネチアから帰る特急では、ビジネスマンが結構居眠りしていました。ただし、一等のチケットを取る事。安全は、お金でどうにかする(笑)寝たかったらお金を払う。安いチケットで乗ったら、荷物の管理も自分でしっかり。階級社会というのはこういう事です。きっと。


がんばれ、世界中の人びと。




ずっと昔に書いてアップし忘れた記事…(笑)
今日は、お休みの日。

素敵な秋の始まりです。
愉しい休日を…。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/13 10:59] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(0)
お香


ガンジス川のほとりの街で買ってきた、練り香を焚きます。味わいのあるパッケージ✨





秋なので、こんなガザゴソした萩焼。
少し甘い香り。








雪柳に絡めた胡瓜。

昨日見つけたでっかい胡瓜!
大きくなりすぎて、食べられないので、そのまま、ならせておきます。
生け垣のあちこちにぶら下がる大きな胡瓜。
ダイナミックで面白い風情です。

うーん、今日は雨。一日雨かなぁ。
夏の終わりっぽい…。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/12 11:20] | 和のしつらえとお花 | トラックバック(0) | コメント(0)
ごきげん
辛い時には、「わたくしの愛した男たち」🤣の写真を見るのが1番。



~巨摩郡✨カッコいいのよね。藤原拓海くんも。何度読み返しても、惚れ惚れする。


人生は、自分をごきげんにできたら、それで、もう充分。

大きなピンチの時も、落ち込んでもいいけれど、人に嫉妬したり、ましてや、八つ当たり(!)なんてせずに、自分の機嫌を自分で取れれば、充分。そういう時は、無理に笑顔にならなくてよし。でも、嫉妬、やっかみ、八つ当たりはなし。普通に生きていたら、皆が助けてくれます。

人生には、小さな鏡があってね、これは、その人のしたことが全部記録されているのです。人にした意地悪。嫉妬。ズルいこと。悪口。それは、全部返ってきます。私はそんなのをいっぱい見ました。今も見ています。





~右がハイジさん✨と息子


私は思うのです。いつも何かに怒ってる人、意地悪や嫉妬したくなる人って自分がしあわせじゃないからなんですよね。事故にあってしまった、店が倒産したとかそういうことじゃなくて。心の奥底に感じる「しあわせ感」が不足してるんです。

そして自分はこんなはずじゃない、というおごり。ひとは、どんだけ欲張りなのか…。でも、そんな不幸そうな状況でも、探せば小さなしあわせって転がっていて、それを見ていないだけなのですよね。

どんな小さなしあわせだって良いのです。ああ、今日は洗濯物がいい匂い、これで百点です。ああ、今日は歩夢くんがTwitterで呟いたわ💕これで百点。もう二百点よ!!✨

薔薇が咲きそうで、百点。そしてその百点は貯金します。チャリーン✨✨









~今永昇太✨

ただここにひとの存在を巻き込んだら、ダメ。
ひとの評価。良いね!って言ってくださったら、すっごくうれしいです。そのうれしいお点は、努力賞として、貯金はしません。感謝する。

そこを貯金すると、人生苦しくなってしまいます。
ひとの評価を受けたいことに躍起になる人生は、自分らしさをひとに譲る事になります。
↑ここ大事!









~平野歩夢✨


ピンチの時は、もう、ひとに嫉妬や意地悪する暇もないくらい夢中で生きてますから…。「不幸」なんて思う暇すらない。だから、そういう時が不幸か?っていったら、案外そうでもなかったりする。本当です。だって悲しんでいる暇さえないから。

そういう時は、次の事態に備えて頭はフル回転していますから結構充実していたりします。私の場合はそうでした。そして人の温かさに触れて、毎日嬉しくてワーワー泣いていました。不思議です。孤独と思い込んでいた自分がどれだけ人に支えられていたか、私はそれを勉強させられていたのでしょう。私はひとりぼっちじゃなかった。










~セバスチャン・ロウブ✨一回、シトロンのワークスから離れて、引退したもののそれでもまだ走っている。この人の職人気質。

私は、家を建てて引っ越す二ヶ月前に、ダダが大事故で、クルマは廃車、相手が頭を打って集中治療室という憂き目にもあっています(笑)病も色々。自身も生死も彷徨いました。余命も言われました。息子が生まれる時、心音低下で大騒ぎになったこともあります。ああ、「死産か…」と、覚悟しました。意識の遠のく分娩台で、「死んだ赤ちゃんを見たくないなぁ…」って、思いました。乗っていた飛行機のエンジンが止まったこともあります。あまりの恐怖で吐きました。

そんな時はもう夢中です。

でも、人生って長いんです。カムバックできます。








子育てに疲れてどうしようもない時、自分の主張が理解してもらえない時、言葉を尽くしても理解してもらえない時、どうしたらよいかと、袋小路に入ってしまった時、しばらくそこで佇んで、そして、無理ならば、すっかり諦めましょう。子供も当然自我があります。親の思い通りが正しいなんて幻想かも…。

相手には相手の都合があるのです。相手自身さえもわからない何かがあったりするのです。
諦めるって、すっごく大事なこと。







~辰吉丈一郎✨この人のほんとの姿は、表向きの発言や服装とは違います。ものすごく素敵なひと。もし、逢えたら、私は抱きついて泣く。



実際、私には人のために何かするなんて力はありません。なので自分の始末さえしっかりしていたらそれで及第点です。

お庭の花を、部屋に飾って、お花から良い気をもらって自分自身が笑顔でいて、せめて、すれ違った人が嫌な気持ちにならないようにする。

自分は、清潔にして、髪をきちんと手入れして、そうして、少しお化粧してきれいに洗ったものを着ていればよし。で、自分が気に入って気分よくいられる服なら、なお、よし。

そうして、小さな子供が笑顔になるように、ピアノをしていけば、それで良いのです。それには、対価は少しいただきます。セブンのバイトくらい(笑)そこに責任ができるからです。お金は、責任。







~✨柴田竜拓。華麗な守備。努力のひと。最近好き(笑)うふふ。

奥田民生、矢沢永吉、写真、載せられなさそうですが、大好きです。


私の心がけているのは、『ごきげん』✨🌼

人生、それができれば、もう、充分です。



励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/10 19:03] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
古いイカット
ストールや、羽織る布が大好きです。何故なんだろう。

カンタ、インドのブロックプリント、タイシルク、インドネシアのイカット…。


これは、祭儀に使われたアンティーク。古いものだそうだ。



インドネシアのRaindey さんのお店から購入。

ここは、カーター大統領もお買物に来たようですよ。



で…、あまりにも私が見ているので先方からemailが。色々やりとりをして、仲良しに…!!✨✨✨
「私、昔、TOKYOの伊勢丹で見たイカットが忘れられなくて、十年も探していたの。だから、セールがあったら教えて…。」


「レイバーデイにセールをするけれど、あなたの欲しいイカットはセールしないの。でも、あなたがそんなに気に入ってくれたのなら、今日の午後、一瞬だけ値段を下げるから、その時メールするわ!」

これは何人かがお気に入りに入れていて、カートに入れているひともいる…。





「他のお客様の事もあるから、dolceさんが購入ボタンを押したら、すぐ商品を消すから!」

「わかった!!」

「がんばってね!」

で、私は、昨日の午後は、iPadに張り付いていた。



キタキタキタ!!!




Raindey!ありがとう。買えたよ。






インドネシアの不思議な草の匂いのするおおらかなイカットに包まれて、野趣溢れる自由な編み地の籠に、金のサンダルを履けば、ワタクシもっと自由な気分のひとになれる。…様な気がする(笑)






手持ちのアクセサリー、どれにだって合いそう✨









私は、素敵な人からその人が選び抜いた大事なものを買いたいのです。~特に通販は。だから、どんなひとから買うかって言うのは、とても大事に思っています。

お金だけ儲かればいいって言うひとから買いたくないのです。特にアンティークのものは、こんな風なやりとりから、人となりを理解して、好きなひとから買いたいのです。
とんでもないガラクタもあるかもしれないので…。


いえ、ガラクタでも良いんです。私が気に入れば!でも、ガラクタをたいそうなウンチクをつけて売るようなひとから買いたくないだけです。

共通の好きな物に関して話をしてくれて、しかも、「気が合う」ひと。お金の匂いのしないひと。そういうひとから買いたいんです。



「一枚布で継ぎなく手織りでできているんです!」てのがすごくウリだった様なので、切ったりしたら、すっごく勿体ないんだろうと思います。怒るだろうなぁ~😆

話を聞いていて、半分を帯にするのは諦めました…。






女性たちの手仕事。遠い国の女性たちが、チクチク刺繍したもの。
カタカタと織ったもの。ざぶんとたらいで染めたもの。
叩いて染めて、太陽に晒す。
裸足で、繊維を踏んで色を染めたもの。
大きなタライ。
大地の匂い。
風の音。
土の肌触り。






イカットの模様には意味があるそうだ。


生命の木:悪い物から身を守る
海老:転生、進歩…脱皮することから
龍:スンバ王のパワー
鳥:守護神、見張り番、知らせ
馬:勇気、転生への道案内、戦の大きなパワー


こちらもどうぞ →♣️



根気のいる、ひとの手仕事。色々な気持ちが織り込まれている気がする。











古いイカット…。ゆるゆるとした、おおらかな自由なひと。そんなひとになれる気がする。

~愉しいお洒落


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/09 20:10] | outfit of the day | トラックバック(0) | コメント(2)
「でぶっちょ」と呼ばれて…
最近ダダに『でぶっちょ』と呼ばれて悲しい。






そりゃ、私は、太りましたよ。この夏で。
だってね息子がお昼ガッツリ食べるんだもの。ワタクシも一緒に食べていた…。
で、ワタクシのことを『ふとっちょ』呼ばわり😅









でも、ダダは、先日、乗馬に行き、モエレさんに足を踏まれた!

モエレさんは、ワタクシのお友達なんでね…。

馬の体重は500kgくらいあるんだよ。それであの小さな蹄鉄にその四分の一がかかってるんだから、たーいへん!!


ダダの足は腫れていた!真っ青になっている。革靴が履けなくて、サンダルで会社行こうかな?って悩んでる…。お気の毒に…。

クールビズとはいえ、ワイシャツにサマーウールのボトムに、サンダルで、横浜駅を歩く勇気、生半可じゃねーよ!🤣👍

アタクシは思いっきり笑いましたよ。

え??横浜から午後は、六本木?

あはははは。

良いかも~。


そして、同じ日、レッスンが終わって降りる時にも、モエレさんに太ももを蹴られたそうだ。これもアザになってるよ。

踏んだり蹴ったりとは、まさにこのこと!


あははは。モエレさん、やるぅ~。






いっそのこと、このムスリム風スタイルで出社ってのはどーよ。
サンダルOKだし👳🏻‍♂️





ワタクシのこと、『ふとっちょ』なんて呼ぶからだよ💢😆
バチが当たったのさ(笑)🤣🖐




持つべき物は友!!


いいぞ。モエレさん!





励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/09 10:55] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
真っ黒お茶漬け
今日のお昼当番は私!



真っ黒お茶漬けです。

お出汁をじっくりとって、少し濃い目のおすましみたいなのを作ります。
そして、そこに、海苔をたくさんいっぱいちぎって、ふわりとのせて、おネギと胡麻。わさび。

お海苔はいっぱいいっぱいです。


木綿豆腐にキムチ。
焼いた椎茸。
もずく。


ごちそうさま 🦗🍂


ああ、最近、お昼ごはん終わると、眠くなっちゃうんですよね…(笑)
あはは🤣


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/08 10:39] | おいしい生活 | トラックバック(0) | コメント(0)
アベちゃん
政治には詳しくありません。でも、あまりにもエモーショナルな報道に、少し言いたくなりました(笑)


~勝手な個人的な意見です。でも、言論の自由あっての民主主義です。こんな意見の人もいるんだな、程度にお考えくださいませ。たかがお洒落ブログBBAの意見です。コメントでの政治的議論は、恐れ入りますがご辞退申し上げますね✨~







~~~~~~~~

アベちゃん、次からは自分のお金でお花見はしましょう。気持ちよく。誰の迷惑にもなりませんよ。招待客だって誰を呼んでも自由だし。手越だって呼べちゃうよ。


戦後の教科書みたいな黒塗りの文書を見た時の驚愕。

大事な書類の改ざんの罪を押し付け、命を絶った閣僚。その裁判も行われている。

憲法改正は、おじいちゃんの代からの悲願。そりゃ、名前が残るよね、憲法改正したら。

でもさ、自衛隊が派兵できることになったら今の若い子は、自衛隊に入るかね?そしたら徴兵制かなぁ。
それで、「瑞穂の国」とか銘打って、あの学校を作って教育からやっていこうと、そういうこっちゃね。~よく知らんけど。

~けれど、憲法改正を強行にしなかったことは、評価に値すると思います。




『日本にはこういう憲法があるので、紛争地帯での武力での協力はできません。』でいいんですよ。

世界の人はふーん、そうなの…。くらいにしか、思いません。欧米諸国は日本のことなんてハッキリ言って全く興味もないし、どこにある国かも知らないんですから…。

「日本?どこにある国?ああ、忍者と侍がいる国ね。アニメ?アキハバラ?」くらいにしか思ってません。経済大国だなんて知っているのは一部の知識人だけです。

そこを逆手にとって、行けるとこまで、しらばっくれているのも手なんです。そのくらいしたたかで良いと思います。





うんとお金をかけてマスクをみんなにあげても、みんないらないっていってるよ(笑)


高級和牛業者に日和った和牛券、配らなくて良かったね。

ロシアや慰安婦にお金あげたけど、北方領土は戻らなかった。慰安婦も、なんだか迷走。相手がある外交は、いくら意味不明でも相手には相手の論理があるのだから、コッチの常識を振りかざして批判だけしていても解決にならぬ。そこをうまくやるのが外交。


雇用統計を改ざんしてまで成果を虚飾した経済政策。経済って、気分ってのもあるからね。それもアリですが。


TPPや、拉致問題はどうなったんだっけ?





マスクやGOTOの批判が高まった辺りから、雲行きは怪しくなってきた。

自分はオリンピックで花道を飾りたかったが、それは無理と読んだんだね。

で、そのオリンピック前に問題が山積。道を誤ると、大変な事になるって分かっている。




そして、あの夫妻の裁判が、始まった。アンリちゃんの方はもう青息吐息で、闘う気力は見えない。あのアンリちゃんの対抗馬はあなたの大っ嫌いなおじさんだったんでしょ。ぶっちゃけ、アレやばいよね。バレる前に、ばっくれた方がいいかも!






慶應病院ってのは、著名人、芸能人とかいっぱい受け入れてるから、何もあんな車列を組んで、大名行列みたいに入らなくたって裏口からささっと行けば良かったんじゃね?


あたかも、「病気です!!再検査です!!大変なんです!!!」って、アピールがバレバレよ。って私は思ったよ。


そして、後釜だって、早くから根回ししてて、党員投票もせずに、決まっちゃうんでしょう。うううん、早くていいね😊👍って。←ここ、前回と違うんですアピールよ。




これから、行く先はヤバイ地雷がゴロゴロ。少しでも間違えたら即死だわ。日本国民もろとも即死です。






で、アベちゃん、頭をひねって考えた。「あの手があった!」でも、前回と同じ轍は踏まないように、お膳立てをしっかりして、病気アピールも万全。そして、「ぶっ倒れる前に」というシナリオで、お友達に相談して仲良しさん同志で派閥の数合わせをしてもらって、後継も早くもバッチリ決まりましたよーーー。


そして、モリトモ、カケ学園、アンリちゃん夫妻、桜、自殺した官僚、マスク、GOTO、みんなもう忘れてねーー!ってことよ。



今頃ホッとしているでしょう。だって私は、国民のために休みなく身を粉にして働いて身体を壊してしまった立派な総理だったんだんだイメージ作戦が成功したんだもの。頑張ったのよーーー。ってイメージで退陣が成功した。

あとは、お友達にやってもらおう!!
って、よーーーくみると前回の放り出しとあんま変わらず。





民主主義の総裁にカリスマ性など要らぬ。そんなのがあったら逆に困るのだ。昭和の汚職まみれの大物政治家の二世はそろそろ出尽くしたかなぁ…。


小泉元総理は、「この激務、任期が終わったら死ぬかもしれない」と思っていたそう。総理は激務、なんだろうね。
でもそれだけのお給料はもらっている。ただで総理をしてもらっているわけじゃないです。

一般企業のトップだって、ものすごいスケジュール。大きな決断を毎日のように迫られる。ひとつ判断を間違ったらすぐに責任問題。だからたくさんのお給料をもらっているの。分刻みのスケジュールなんて、当たり前。厳しいかもしれませんが、そんなの当たり前なんです。

飛行機で着いたらスーツを着てすぐに大事な会議。それも、絶対に判断ミスは許されない。当たり前なんです。相手の趣味、性格、立場を頭に入れて上手く話をしていく。当たり前なんです。

昼間の会議が終わったら、夜のディナー。クタクタでも明日もまた朝から報告書書いてランチでの会議。
論文や著書には全て目を通して、技術的な話もしないといけない、帰国したらそのまま出社して仕事です。当たり前。

その合間をぬって人事のこと、些末な問題も片付け、執筆も。



お給料ってのは、責任の重さ。そして、時間を売るってこと。薄給の若い人は、責任がありません。高給取りが、その責任を取る。給料に応じた仕事と責任。
ただでボランティアでやっていたわけじゃないのだから。仕事ってそういうもの。






ご苦労様と言いたいのは、人間としてわかるけれど、でも、仕事として考えたら当たり前。
健康管理も仕事のうち。それだけもらっているのだから。






総理ってこんなにお給料やお手当をもらってるの?って思うかもしれませんが、もらって当たり前の仕事なんです。その分の仕事はドライにしてもらわないと困ります。


ああ、これは、おばさんの戯言です。あ、でも、ワタクシはリベラルな政党の支持者ではありません。



ただ強行採決や、根回しや、お金の問題や、スキャンダルのない政治をしてほしいだけです。
地方創生って言って何年経ちますか?それも、箱ものを作ったりお金を配るだけも無策な政治を何年見てきたことか…。






政治には詳しくありません。でも、あまりにもエモーショナルな報道に、少し言いたくなりました(笑)
騙されてるのかもよって(笑)


~勝手な個人的な意見です。でも、言論の自由あっての民主主義です。こんな意見の人もいるんだな、程度にお考えくださいませ。たかがお洒落ブログBBAの意見です。コメントでの政治的議論は、恐れ入りますがご辞退申し上げますね✨~


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/07 20:27] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
おみなえし、けいとう、やまごぼう…
おみなえし、けいとう、ツルウメモドキ、八重の向日葵、赤銅色のカンナ、百合の種、ヤマゴボウ…。



わー、もう、心躍る秋のお花の共演です。







ブロンズ色のカンナの葉っぱ。まるで、まるで、お洒落な縞のスカーフ。自然の色って素晴らしいですね…。
大きな花瓶に、わさわさといける。

大きい枝が面白いので、それをそのまま入れてみました。






おみなえし、白い鶏頭、ツルウメモドキ、八重の向日葵、赤銅色のカンナ、百合の種、ヤマゴボウ…。枯れてしまった畑のフェンネルやひまわりも入れてみよう!こう見ると、地味なのだけれど、組んでみると、きっと素敵よ🍂

この濃い臙脂色のお花は、なんていうのだろう?菊ではないようだ。
大きく豊かに、たっぷり束ねてみます。





緑のツルウメモドキは、活けて少し経ったら皮がパカっと割れて華やかな橙色になりました🍂









農協の帰り道には秋がいっぱいだった。
とんぼのスイスイ泳ぐ秋の空。

田んぼの稲が実っている。淡い黄金色の稲穂が風に豊かに揺れる。

これが、当たり前だって思ったらいけない。





毎日、生きられるのが当たり前なんて思ったらいけない。
来年もこの景色が見られるなんて誰も約束できない。




まるで、辺りは奇跡の様に秋になり、稲が実るのだ。
滑るように行き交うとんぼ。
夕方の空。





もう、こんな季節なんだね。


息子とダダが今日も無事でいられますように✨
私の望みはそれだけ😃🍂

ワクワクの秋の始まりです。


~ •・🍂🌾めざせおうちリゾート🍂🌾・•~





励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/07 09:47] | bouquet and interior | トラックバック(0) | コメント(3)
稲穂の亀さん
稲穂で作った亀さん。数年前に、どこかのサイトで見たことがある。まあ、なんてかわいいんでしょ!
と思って、スクリーンショットしてあったんです。




で、その時どうしても欲しくて、ネットを検索し、それらしき物を発見しましたが、いつ見ても『ただ今制作しておりません』『品切れ』と出ていた…。


でも、心に残る一品でした。






で、これが、今私の手元に…✨
あるんですよ!!こんなことが…すごいでしょう!!


仲良しのNちゃんのブログ記事。
毎日愉しみに読むブログ。
今日は何かなぁ?ってワクワク開くと、Nちゃんちの壁には私が長年探していた亀さんが小さな鶴さんと一緒に仲良く飾ってありました。
びっくり!これは、あの亀さん。






うわぁ~、素敵…。
Nちゃん好みですね!



そして、私が以前見たのよりも進化していて(笑)
Nちゃんのは黒米の穂を使っているんですよ。
紫色のお米がたわわについています。素敵だな~。





で、早速、ワタクシ、Nちゃんがブログで紹介してくれていた制作者のサイトへ。ところが、残念ながら、やっぱり、『品切れ』
残念ね。やっぱりワタクシにはご縁がないのかなって思っていましたら、


なんと、Nちゃんから『手配して送りました!』とのご連絡が…。

きゃー

ひゃー

うひょー

もう、こんな風なすごいことってあるんですね。



Nちゃん、もう一回日本橋に足を運んでくださったんですぅー。





Nちゃんは、このお細工を見たときに、ふと私を思い出して下さったそうです…。ドラマだよーー。以心伝心だよ~。でもね、鶴と亀のおめでたい意匠なので、父を亡くしたばかりの私に贈るのは…と思われたそうです。





ありがとうだよ~。
大きなしあわせがビョーンとやってきた様な気持ちです。





長いこと思い続けた亀さん。薄紙をそっと開けると、たっぷりの亀さんの尻尾が稲穂の香り。ふさふさで、たっぷり。本当に豊かな秋を感じさせてくれます。藁を丁寧に丁寧にきれいに編んであります。

キッパリとした気持ちの良い手仕事。

ワタクシ、何故かホロリとする。
BBAは最近涙腺が弱い🤣🖐


今日は病院です。何度しても検査って嫌なものですね(笑)一回詳しく調べておきましょうって言うことで、結果が出るまで、なんと三週間もかかるそうです。

気の進まないお出かけ前に、こんな縁起物が届くなんて…。


これは、神さまの仕業ね!!✨✨(爆笑)

🌾🍂Nちゃん、ありがとう~だよ~。



励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/05 10:44] | 和のしつらえとお花 | トラックバック(0) | コメント(0)
布団カバーワンピース、着てみた。


思ったより、かわいいかも。ワンピース。
ボタンを二つ開けても大丈夫な様に、ボタンホールを計算。うん、結構いいかも…。


っつうか、最近マスクのお陰でメイクもせず。BBAは、お化粧すらしない。
髪も汗と湿気で、いくらブローしてもクネクネなのよ~。




手作り鳥さんのカゴバッグ。これもかわいいかも。









ベルトをして、ウエストマークのワンピース。
でも今日は、どこも行かないから、試着のみ。








前ボタンを開けて、ロング丈の軽いコートに。



フランスっぽい生地にフランスのバッグ、似合いますよ、きっと✨




もちろん、前ボタンを全部はめて、ベルト無しで、ストンとそのまま着ても。








初夏ならば、こんなブレスレットもね!袖は七分丈なのでブレスレットが映えます…多分(笑)シルバーのバッグで。



✂️ チクチクソーイング 🧵




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/04 09:03] | ✂️手仕事色々🧵 | トラックバック(0) | コメント(2)
布団カバーでワンピース✨
先日、天袋から出土した(笑)布団カバー…。

→ ★

まずこれに手をつけますよーー!



🦋~~~~~~~🦋

18~19世紀にかけ、パリやヴェルサイユから数キロ程離れた清流に近いこのオベルカンフ製作所で作られた柄の綿織物全般を、「トワル・ド・ジュイ」と呼んでいたそうです。

この製作所で作られる生地のモチーフの種類はとても多く、模様化された花や植物、ひし形、円形、ストライプ etc...、そして、もちろん、人物の模様もありました。



人物の模様の中にも多くの種類があって、 有名な田園風景に加えて、神話、文学、その時代の出来事に着想を得た生地も作られていたそうですよ。
~調べた事は残しておきます!





ワタクシは、この生地で、ワンピースが作りたくて、良さげなのを探しておりました。でも、なかなか…気に入ったのがなくて…。できたら、麻が良いのだけれど…、なんて思っていたら、ちっとも買えなくて…。
でもね、天袋を開けて色々見ていたら、使わなくなった布団カバーが出てきまして、その中にこんなのが…。
ダブルの布団用なので、大きな布団カバーです。




これ、
なんちゃってトワル・ド・ジュイぃー!?


でも布団カバーなので柔らかくヨリの甘い綿です。ああ、そういえばこれ夏にたまに使っていました。紺のシーツで、涼しげに…。でも、真夏が暑くなり出して、専らタオルケットになってしまい、出番がなく天袋にしまわれていたのですネ!そして化石の様になっていた…。




では、作戦会議!

これは、前あきのワンピースにします。あまり生地が良くないので、ふわっとさせて、ダーツなど全くない簡単な型紙で、ユルッとした感じのものでないと。

接着芯は生地に合わせて柔らかいものを使う。

ノースリーブだと着れる季節が限られるので、袖をつけます。

ワンピースの時は、下に何か着ないと透けそうなので、ヒップラインで切り替えてギャザーを入れる。

そして、ウエストマークする時の為にベルトを作ります。




ベルトのバックルはこんなの。220円✨うひょ!

このバックルが使いたくて…。


そのまま着てナチュラルな可愛いワンピース、ウエストマークしたクラシックなワンピースとして、そして、羽織り物としての3wayに着られる様に。


袖は七分袖にして、ブレスレットが見える様に。

小さなスタンドカラーをつけます。

🦋~~~作戦会議終了!~~~🦋





数年前に作ったこのチュニックの型紙を使います!



  1. 型紙取る

  2. 布団カバーのお洗濯、アイロンなど下準備

  3. 裁断~柄合わせを注意

  4. 襟と前中心に接着芯

  5. 肩をはぐ→アイロン、ロック

  6. 襟仕上げ、つける

  7. 袖をつける→ロック

  8. 脇を縫う→アイロン、ロック

  9. スカート部分ギャザー寄せる

  10. スカート部分仮縫い→はいでアイロン、ロック

  11. 襟かがる

  12. ヘム三つ折り仕上げ

  13. 前中心接着芯をスカート部分に貼る

  14. ボタンホール

  15. ボタンつけ

  16. 袖口始末

  17. ベルトを作る






かわいいかも。







鳥さんのバロックパールのペンダント。これもかわいいかも。


どんなボタンにしようかしら?金色のボタンもかわいいかも…。
でも柔らかい生地なので、重さが問題…。



ボタンは、軽い小さな貝ボタンにしました。




週末、暑かったので、こんな事していました。
試着は後日…。

✂️ チクチクソーイング 🧵




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/03 10:20] | ✂️手仕事色々🧵 | トラックバック(0) | コメント(2)
重い石
仕事がうまくいかないのか、はたまた家庭がうまくいかないのか、弟はいつも怒っている。
たまに、実家の管理のことでやりとりをしなければならないが、思わぬところで声を荒らげる。
理解不能。



「いい加減にしなさいよ。私が何か失礼なことをしたのなら謝るから言って。何故、私にそんな態度をとるの?」

と言ったら、五十過ぎの男が、突然に声を上げて泣いた。
「どうせ、俺は人の気持ちがわからないよ!俺はダメな奴なんだよ!どうせ俺は…。」


????


この人は何に向かって泣いているのだろう…。私は、そんな事言っていない。
誰のことで泣いているのだろう。

泣きじゃくりながら、ひとりにしてくれと言った。
何故、話をしないのだろう。





私は思わず、弟を抱きしめた。


弟は、泣きながら私にすがりついた。
何故そんなに強がるのだろう。


~許可を得て拝借させて頂いております。








そして、ひとしきり経ってから、彼はこう言った。


『お姉さんは、お母さんから得られなかった愛情を、「酸っぱい葡萄」だと思えばいいんじゃない?あんなものは価値のない物だと考え方を変えたらいいんじゃないの?』

『でも俺は、俺は…。』

『俺はなんなの?泣いてないで答えてよ。』


俺はなんなのよ!









しばらくの沈黙の後、出てきた言葉は、
『俺は…四面楚歌だ。』だった。






『あれだけ反抗していつも自分の考えを通すお姉さんが、羨ましかった。なんでもかんでも思う通りに生きるお姉さんが、羨ましかった。』


え???

『だから、手に入らない物は、全部酸っぱい葡萄だと思って生きて来た…。』

ええええ?
そんな…。





それは、無理。絶対その葡萄は甘いって「自分が」知ってるから。根底を覆す様な自分の心を自分で騙す様なそんな事はできない。

そもそも、その寓話は、どうしても手が届かなかった葡萄に、『あの葡萄は酸っぱいんだ』と、そう自分に嘘をついた狐の言い訳が、不正直で、なんだか、自分の力不足を、自分を騙すことで収めてしまおうとする狐の自分に対する卑怯さの様な物を感じる寓話だった気がするけれど…。





負け惜しみ…。
”Sour Grapes” は、「負け惜しみ」という意味だったと思う…。

そんなものが人生の土台なんて、悲惨すぎる。

『酸っぱい葡萄』は『縁がなかった』とは全く違う。。。



「届かなかった」という事をまともに受け入れない卑怯さ。あの寓話は自分に嘘をついてでも体面を保つ愚かさを表現しているものと、思っていたけれど…。

葡萄が取れなかったら、台を持ってきて取れば良いではないか。網で突けば良いではないか。狐はジャンプしかしてないんだよ!!恥をしのんで、なりふり構わず誰かに頼めば良いではないか。お願い、私を助けて!!って。







いや、待てよ。そういう風に葡萄を酸っぱい事にして生きる方が良いのかもしれない。「葡萄を食べられない」という苦しさを、横に置いて、それに関わらない生き方もあるかもしれない…。別のところにエネルギーを使った方が賢いのかもしれない。実際、私の人生は、楽だったのは言えないのだから…。













確かに、私たち兄弟は、甘い葡萄を食べたことがなかった。



でも…。
私は、弟の生き方に、愕然とした。自らの根底を否定してまで、「体面を繕う」そんな風に私には見える。そんな風に生きてきたのか…。
そして、もがき苦しみながら生きてきた私を見て『羨ましい』とは…。弟は何を見て生きてきたのか…。




彼を抱きしめながら、この人は誰とも触れ合っていない人。そんな気がした。彼の家庭もうまくいっていないことを私は感じている。きっと仕事もね…。


母の私への暴言暴力を見て育った人。ひとつ間違ったらあんな風にひっぱだかれる、外に出されて、怒鳴られる。失敗は許されないと、思って育ったのだろう。心の傷は一緒だった。







ダダはこう言った。

『彼は、かあたんにもの凄く甘えているんだよ。あの家では、かあたんは、嫌な感情の吐きダメだったんだよ。その役割からもう離れても良いんじゃないの?但し、フェイドアウトで。ハッキリ切るのは良くないから、心の中で彼とはもう離れたら?あとのことは全部ダダがやるから…。しばらく話さない方がいいよ。』




たくさんの高価なおもちゃに囲まれながらも、一方で恐怖していた弟。一体、何を信じたら良いかわから
なかったのかもしれない。
私のように完全に愛されなかった方が良かったという事なのか…。


でも人生の心の据え方が彼と私は真逆。

どちらが良いかわからないけれど。






私の腕の中で泣く弟。
まるで、まるで、冷たい重い石を抱いている様だった。




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/02 10:53] | Orange・ribonn | トラックバック(0) | コメント(0)
黒の紗羽織
ひとつ紋…。
地模様。
二千円。
素晴らしい🍂✨


秋なので、もう出番はありません。






これは、カッコいい。
でもね、丈が七十cmしかないのですよ…。






けれどもよく見たら、これは、長い丈をざっくり折って短くしてありました!!
丈だしは、このマチの部分がめんどくさいのですが、これは、簡単!!
15cmは、出せます。裾の始末は、三つ折りでOK👍


なので、簡単に丈を出せます。





この羽織、何度も何度も、丈を直して着たものなんですね…。
この透ける生地に細かな葉っぱの地模様が素敵ですものね…。


早速、すぐ直しちゃおう!置いておくと、忘れちゃうので…(笑)


午後から、ひと仕事。
目一杯、丈を出しました。



仕上がりました。

今、筋消しのために、霧をふいて養生中。終わったら、丁寧にアイロンをかけて数日間、風を通して、しまっておきましょう✨

来年の夏…。
どんな世の中になっているかなぁ。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/02 08:03] | 🎲 お茶目におきもの | トラックバック(0) | コメント(0)
ストライプにストライプ


夏の普段着。ストライプにストライプを。結構かわい💕… なーんて、思った、曇の日。

今年の夏は、家で過ごすことが多く、ほとんど、こんな格好で、おりました。
ちょっと動くと汗だくで、シャワー浴びても、汗が引かない。





でも、今日は、お庭に出ると、少しだけ涼しくて、ホッとしました。



クネクネの茎がかわいい🌼





さすがに、いよいよ、退屈😆
大学の後期の授業もやっぱり、ネットになりました。
家に二人でいるのも、息子には限界ですね…。





レストランや、避暑地のホテルや、大好きなお蕎麦屋さんや、ケーキ屋さん、ピアノのコンサート…。美術館。お山をお散歩しながらのたわいのないお喋り。こんな何気ない毎日の事が、いかに私たちを慰めてくれていたかよく分かりました。



『お昼、どこかに食べにいかない?』
って、あんなに私との外出を嫌がっていた息子からのお誘い🤣💦
かわいそー。

良いよ良いよ。
と、嬉しい私。
どこに行こうかな?

短い時間で、サッと出てくるお店がいいね。
ストライプにストライプで、かわいい帽子をかぶって。






サンダルはもうこれでおしまいかなぁ。







これは、しまむらで購入したのですよ。家から五分のしまむら。今は、ドラッグストアになってしまって、しまむらもご無沙汰ですが、これ、かわいいんです。ずっと愛用。



畑に寄って行きましょう。



私の畑リビング。とりきれないルドベキア。
ダリアももうおしまいです。


ぽつぽつぽつ…。
大粒の雨が、降ってきましたよ。あらら。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/09/01 11:20] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
リスさんなワタクシ🐿
リスさんは、冬眠前に色々美味しそうな木の実を集めて、それを土に埋めて冬に備えるそうです。
でもね、結局どこへ埋めたのか忘れてしまって大半がそのままになるそうですよ…。
そうして、春になると、そのどんぐりから芽が出てきて、木が育つそうですよ…。


なんて素敵なことでしょう!









~🐿🍂~🐿🍂~🐿🍂~🐿🍂~🐿🍂~



天袋って、開けたこと滅多に無いのですが、夏休みで暇なので、掃除を🧹…ということで、久しぶりに開けてみました。

大した物は入れていないのですが、忘れていた色々が、出てきました…。


ひゃー!!!





これ、もう絶対捨てちゃったかと思っていました~。
洋裁学校に行っていた頃に作ったスカート…。


ウエストは…😭💦絶対に入るわけないんですけれど、あはは…🤣でも、奇跡的に余りギレがあるので、ウエスト直せば、着れるじゃん!!!



これは、すっごくカッコいいんですよねー。フェイクスェード。綿です。これ、捨ててしまったかと諦めて、もうひとつ作ろうっと思っていたので、すっごくうれしい。






ワタクシって

記憶喪失なのかしら?

って思うくらい、ひどい物忘れ…。あははは。



いやいやいや、病気とか、実家の事とか、たまに色々ありまして、大きな事が起こると、忘れてしまうんですね(笑)いろんなこと…。

こちらもどうぞ(ものすごいですよ😭)→え?????





その天袋には、材料用にとっておきたいと思ったらしき穴の空いたダダのツイードのジャケットや、捨てるには勿体ない素敵な色のセーター、流行遅れになった毛皮の付け襟、かわいい柄の布団カバーなど、色々と入っていました。きっちり畳んで、きれいに(笑)しまってありました…(笑)





これは布団カバーです。








まるで、これは宝箱ですね(笑)
掃除ってしてみるものですねー✨✨✨🧹
天袋って、いちいち椅子を持ってこなきゃ開けられないので、滅多に開けませんものね。


草色のセーターはフエルト化して、面白い生地とパッチワークして軽いジャケットにしたいのですが、合う生地を探そうと思ってそのまま忘れてしまったのですね…。



これって、まるで、秋のリスさんですね  ~ 🐿 🍂🍂


ワタクシも、これらをゴミにしない様に、埋めたどんぐりの芽を出してあげましょう(笑)っと。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/31 09:00] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
黒のスタイル
不祝儀で久々に会う叔母や親戚。

髪や肌の衰えにそこはかとない哀愁が…。長く会っていない間に、「〇〇おばちゃん、昔はきれいだったのに…」なんてコッチが思ってたら、向こうも絶対思ってます(笑)😃🖐✨


絶対!(笑)








大往生の葬儀の場合の装い。叔母たちを見て、少し思う事がありました。

久しぶりに会うひとを見て、「その長いブランクの間の生き様が、装いに現れる。」そんな風に思いました。





タクシーを降りる姿、きれいな脚。手入れのされた靴。そして、きちんと整えた髪に、光を少し差す真珠は必要。顔や体型の美醜はこの際どうでも良いのです(笑)こっくりした漆黒の喪服を選びましょう。黒は年齢の坂を転げ落ちたBBAにはものすごくみすぼらしく見える場合もあるものです…。ウール、レーヨンはい要注意。ポリエステルは、案外黒が深くきれいです。







「お昼ご飯の支度が終わってそのまま顔だけ洗って出てきました」みたいな生活感溢れる髪振り乱した姿でうっかりガサガサと現れてしまってはいけません(笑)毎日、昼間っから、お菓子をポリポリかじりながら、テレビみてます(笑)みたいなのが透けて見えてしまってはいけません。

「ああ、素敵な生き方をされて生きてきたんだな。そして、心を尽くしてきてくれたんだな」って思ってもらえたら、嬉しい。








居心地が悪いくらい華やかでもおかしなものですし、居心地が悪いくらいみすぼらしい格好でも困ります。



いえいえそれは、逆ですね。


おかしな身なりでも、居心地が悪くない、
という

ズレた人にならない様に…。←これな!ここ大事!







黒を着ると、そのひとの品格がくっきり出てしまいます。どっしりした仕立ての良い華やかな総レースのスーツでも、その方の貫禄と、品格で葬儀でも許される雰囲気の方もいらっしゃいます。葬儀にレースはふさわしくありません。けれども、その人の生き様と、貫禄と、オーラで、なんとかなっちゃう時もある。





叔母の中には、とびきりお洒落さんたちがおるのですが、その装いは、地味な中にも少しのエレガントさが漂い、年相応の美しさがあった。





とろんとしたゆったり目のパンツスーツ。足元が不安だということで、ゆるやかなワイドパンツ。正式な布の靴に布のバッグ。大ぶりの黒真珠。白髪をシニヨンにまとめて、同じ黒真珠のピアス。シルバーヘアに黒真珠は大人のお洒落。そして、バルベットとシフォンのストール。冷房対策だと思うけれど、違う素材を組み合わせた、揺れるストールが、貫禄のエレガンス。



もうひとりの叔母は、ジーン ・セバーグみたいなベリーショートに、ノーアクセサリー。ロング丈のストレートな長袖のスキニーな厚地の生地のワンピースに、大きな透ける素材のコサージュ。小さなクラッチバッグ。黒の手袋。…おばちゃんは、手足を上手く隠した装い。血管に浮腫があるので、その為なのです…。



髪が整わないのならば、レースの小さな帽子もアリです。首のシワが気になるならば、目くらましの真珠を。手の血管が目立つならば手袋を。そして足が辛いならばゆったりのパンツスーツで。目がしょぼしょぼするなら、サングラスも大丈夫。老いを逆手にとって、着慣れた装いをしたら良いのです。

若いお嬢さんが、葬儀にレースや花のついた皇室のような帽子をかぶるのとは訳が違いましょう。歳を取っての装いは、自由で良いのだと思いました。


お洒落の先輩を見習って勉強になりました。









これは、お手洗いで偶然見かけた見知らぬ方ですが、五つ紋の着物をワンピースに仕立てているのだが、凝った形の襟のアバンギャルドなデザインでタイツに靴はローヒール。すっごくかっこよかった。その方も、銀髪で、自由なデザインを飄々と着こなしていらっしゃいました。



それらにはいくつものマナー指南書に書いてあることから外れたものがありましたが、『自分なりに、心を尽くして丁寧に支度をしてきました』という雰囲気でした。








それは、非日常のハレの装いの『目立ちたいお洒落』ではなくて、そのひとの日常の『スタイル』を貫いた「確立されたそのひとそのもの」なのです。着慣れた、まるでそのひとの肌のように染み付いた「自然な装い」なのです。






そして今の葬儀は、天寿を全うされた方の葬儀ならば、「笑顔で愉しく送ってあげましょう」という感じも多い。そんな雰囲気を汲んで、親族ならば、故人への敬意を尽くした上で、少しの華を添えるのもありかな、と思いました。


~土地柄によっても、雰囲気は違うと思いますが、私の親戚は全て県内なので、私はそんな考えでも良いと思います。






ある年齢を超えると、女性は、少しの華が必要。衰えたものを何かの工夫で補うことは、たとえ不祝儀の席でも必要です。それはシルバーの髪だったり、黒真珠だったり、大きなふんわりしたコサージュだったり…。異素材のストールだったり…。それが不自然でなく居心地がよくいられるくらいの『スタイル』を持ったひとならば、華を添えても良いのかもしれない、と、思ったりしました。









大きなストールに、ジャガードのスーツ。パールのネックレス。布のバッグには手袋が見えます。私はこのくらいの華やかさは必要と思います。~この方が、もし、日本のフォーマルサロンに吊るしてあるような『ごくごく普通』の喪服だったら…。バッグから手袋が見えなかったら…。マントのようなコートでなかったら…。スーツの地模様がなかったら…。

どうでしょう。









最期の時を前に、父は私にこう言った。
『うんときれいにしてきてくれ…。』


私が、ワンワン泣くのがわかっているから、キチンとして来い!という意味だと、解釈しました。




私は、黒の絽の喪服に、涼しげな粗く組んだ帯締めで。キラリと水晶のかんざしをひっそりとさして…。父は私がお洒落をするのを嬉しそうにしていたひとだった。







「守破離」です。若い頃は、きっちりセオリーを守る。そして、そこを破って、セオリーを離れても常識を超えないで自由にできるのは、人生経験ですね…。





~~~~~~~~~

でも、ね…。当たり前ですけれど、よほどの親しい関係か、大往生か、親族でもない葬儀では、絶対に「華やか」は封印。絶対…。声も出せず、顔をあげられない葬儀もあります。

「出席を遠慮して欲しい」と言われた会社関係の葬儀もありました。自死をされた若い方でした。葬儀も、装いも、立場や、出欠さえも、状況で臨機応変に、です。総務も、電報やお花も遠慮致しました。社名を見たくないという遺族の気持ちを慮って。




「どんな場面でも程よい塩梅で装える」という事が、洗練なんでしょうね…✨




これは、父の時だけ…。





で、手ぬかりなくきちんと見えるには、よく言われる様に「先端を整える」ことです。髪、爪、靴、足元に、ハンカチ、バッグ。
これは絶対…。



まだまだ修行。

~個人的な意見です。お目こぼしくださいまし。何年か経ったら全く別の事を言っているかもしれません(笑)ップ!


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/28 19:36] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
リリリリ🍂🌕
うほほ。
大好きなグラスに、氷をたっぷり入れて、強めの炭酸水を入れて飲む涼やかさよ。



まだまだ昼間は暑いですね。でも、ずいぶんと、楽な気がします。




でもね、一時期よりもずっと過ごしやすいです。少しテラスの扉を開け放して、空を眺めながら、晩夏のひとときです。
炭酸水に、庭の葡萄を手でぎゅーっと絞って、おろした生姜を入れてみました。
プクプク泡が弾けて、良い香り。

カランカランと氷の音。
甘い葡萄の実は、皮もそのまま入れて香りを愉しみます!






本日のおやつは、なんと、復活した西洋無花果です。



甘くてまるで和菓子のようです。皮がうすいので、皮ごと食べられるんです。
佐賀で買った唐津の器。

お日さまの光をいっぱい浴びてこっくりと色づく秋の味。とっても甘くて、おいしいぃ~。







ああ、カミキリ虫よ。今年は、殺虫剤を買ったのよー😆✨秋には、シューってやるからね!(笑)悪いね👎!ふふッ。。。


今日は、二つしか採れませんでしたが、まだ、小さな青い実がてっぺんまで可愛く並んで付いていました。



無花果は、瀕死の状態からの奇跡の復活(笑)


そして、琉球雀瓜さんが、もう、緑の小さな実をいっぱいつけています。
日が落ちると、一昨日あたりから、秋の虫が鳴いています。

リリリ、リリリリ…🦗🌕


🦗🍂dolceおばさんの畑から🍂🦗





励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/28 09:02] | 🐛 dolceおばさんの畑とお庭 🐝 | トラックバック(0) | コメント(0)
お誕生日🎂
今日は、息子のお誕生日。
でもね、家にいる。


彼女にふられたらしい🤣💦🖐


あははは。


いやいや、色々なことが起こりますね~。
世の中一寸先は闇ですね~。


甘いものを食べた後、すっぱいものが来た感じはどうだい?人生はそううまくはいかんのじゃよ(笑)







窓を開けると、ものすごい熱風。
部屋が寒いと思うが、買ったばかりのエアコン、設定温度がおかしいのかと、温度計を持ってくると、室内温度は三十度。

え?


私の感覚がおかしいのかしら…。
三十度はもはや寒い…。



マスクで外出は、厳しい…。



試しに、外気温を測ったら、
39.5度だった…。
気象庁の発表とは大分違うねぇ。
アスファルトに囲まれた狭い住宅街。気温はグングン上がる。まだ、そばに山の緑がある分、都内よりもマシなのかしら…。どうだろうか分からない。



今年は、ずっとこんな夏だったね。


焦げる様なアスファルト。





キャットちゃんたちの笹のおうちには、ウチの大容量エアコンの室外機の排気が直撃…ごめんよ~💦そして半分は、笹は刈られてしまった。



ここが半分に刈られた笹のおうち。
西日もカンカンだ。







裏の駐車場は、にいちゃんが草を刈って、さらに除草剤をまいてしまった。






あらぁ~…

数日後の様子…。
お気の毒…。





みなさんは、こんなところに…。








ああ、一日中日が当たる我が家よ~(涙)
この北の窓に蝉が止まると、もう秋なんだよ。



命の消える少し前、何故かみんなここにくるんだね。

もう鳴かない蝉。





励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/27 16:40] | 今日のダダ & 息子 | トラックバック(0) | コメント(0)
夢で逢いましょう✨
昨日はお昼寝をしました。

私の寝室は、西向き…。
午後の時間に、涼しいと思って、エアコンをかけてずに、ベッドに横になっていたら、知らない間に、眠ってしまっていました。


そしてワタクシはそのお昼寝で、「人生最高の夢」を見たのです✨うふふ…。




~~~~~~~~~~~


着物を着て暑い中、ひとりで歩いているワタクシ。
暑いわ~、でも、待ち合わせ時間まで少しあるのよね…。
と思ったら、少し坂を登ったところに神社があるらしくて、ううう、ちょっと行ってみようと坂を登る。




坂の上には、スターマンがいた。そして何故か神社はなく、グランドで誰かが草野球をしている。
ううん、ここはものすごく暑いわね…。
倒れない様に、お茶でも買って…。と思っていたら、
ベイスターズのユニフォームの人がたくさん歩いている。



『あの…、あの…、何かあるんですか?』

『あ、今日は、選手が、来ているんですよ。あのボックス席に行ったら、みんないますよ。』
『これから出て来るんで、待ってるんです。』


わー✨✨✨






ワタクシは、そのボックス席に急ぐと、今永くんがいた。うわぁ~✨
『握手してください』って、今永くんのそばに行ったら、ヤスアキと話しながら、握手してくれた。




あああ。今永くん…。


ああ、やっぱり左ピッチャーは右手で握手するんだね…。あああああ。今永くんだ。本物だ…。やっと会えた…。日に焼けた今永くん。近くで見れた、しあわせだ~。

何か忙しそうにスタッフと打ち合わせしている。邪魔しないように…。なんて思いながら、もう、図々しいワタクシ、ヤスアキの隣に座って(笑)草野球を見る。








で、場面変わって、坂の道で、皆と一緒に選手を待つ。ワクワク。
野手陣が来る。とりあえず、周りが大騒ぎになる。
が、こういう有名人が通る時って、ある種の近付き難いオーラがあり、弾かれそう。
ソワソワ。ワクワク。





キャッチャー陣が来た。嶺井選手が誰かと喋っている。
誰だろう、あの背の低い人…って思ったら、

歩夢くんだった🏂✨


(ああああああああ。なんで嶺井選手といるのか、笑っちゃいますが、…。)


歩夢くん。
誰もそばに行かない。周りはベイスターズファンばかりなので…。気がつかないのかなぁ…。でも、ワタクシ図々しいものですから、しゅるりとそばに行く(笑)

『平野選手、身体に気をつけて頑張ってください。』
と言ったら、手を出してくれた。
Hi Five!!🖐✨🖐…、の手を握ってしまうBBA(笑)
『すみません、歩夢くん、サインしてくださいますか?』
『あ、ここっすか?…。』
『はい、ここに…。』


ああ、

歩夢くんの声だ…

歩夢くんが、ワタクシの背中に、サインペンで、書いてる書いてる!!
『ありがとうございました✨✨わー✨✨』







あああああ。
こんな、夢のような事が、あるのだろうか?!
〜夢ですものね🤣💦🖐😆あははは。








『嶺井選手、サインお願いします。すみません。足を止めてしまって…。』
『あ、いいですよ。』
『ああ、ありがとうございます!』



それにしても、暑いわねー。これじゃ、具合悪くなっちゃうわよ…。なんて思いながら…。


で、次、ピッチャー陣というところで、目が覚めた。
あちゃー!残念…。






あったまイターーい!!!クラクラするわ…。
暑かったのだ(笑)


危ない危ない。

急いで北極のようにエアコンの効いた息子の部屋で、氷の入った麦茶を飲みながら、たらたら勉強している息子にこの夢のお話をしました。

ワタクシの21番のユニフォームには、歩夢くんとベイスターズ選手のたくさん のサインが…。
今永くんにも会えたんだよ。



歩夢くんの手はとても繊細で、スっとしていました。
手の感触が掌にしっかりと残っている様な気がしていました。


ああ、
だって、ワタクシが実際にハイタッチできたのは、
つば九郎くらいですもの…。
あはは。




ああ今日の夢はなんてしあわせ!
今永くんと歩夢くん、夢で会えただけでも、すっごくうれしいです。

なんだか、こんな夢見ようと思っても、見れるもんじゃねーんじゃね!?と、ホクホクするBBA。

東京2020。愉しみにしていた夢の舞台。



もう、歩夢くんたちは次を見ている🏂本当です。

今永くんはラッキーだった。もしオリンピックしてたら、今、無理して出ていたよね。
現在、彼は肩の違和感で登録抹消😭

オリンピックだったら、休めるかなぁ…。
休めないよね…。


今永くん、焦らずに、肩、治してください。
応援しています。



今回わかったこと。

神社って、見つけたら、
とりあえず行ってみること!!🤣✨←これな。





励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/27 09:47] | ⚾️ GO!BAYSTARS !! 💫⭐️ | トラックバック(0) | コメント(2)
草のブーケ
ワイヤープランツ、熟す前のトマト、山ごぼう、赤紫蘇の葉っぱ、名前も知らない雑草。後ろには葉蘭を。








白いのはオーニソガラムみたいですが、ニラのお花です(笑)うふふ。





トマトかわいい。



この中にも百円ショップの造花が潜んでおります(笑)
涼しげです。



あのね、実の事言うと、


赤いのは、

百円ショップの

造花ザンスよ~ぉ


ワクワク。葉っぱだけでも、すっごく可愛いね。



🦜🌿めざせおうちリゾート🌿🦜


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/26 09:44] | bouquet and interior | トラックバック(0) | コメント(0)
秋に紗紬を
秋の気配。
紗紬。
透ける着物は前から大好きだったけれど、一張羅ではなくて気軽に着られる紬。




これは、upし損っていた春のお買物。



焦げた様な八寸の帯に、それとも、更紗の帯に。思う存分に秋の色を詰め込んで、「秋ですよぅ、みなさん秋なのですよ!」って着て歩きたい(笑)

無理かも…。暑くて…(笑)

それが、これは一回、失敗しておりまして、2000円の損失なので我慢なのですが、こげ茶の絽を買ったのです。確かにこげ茶。写真の通り…でも光が透けると、少し裏の桃色が透けて見えるのです。うーーー、これはちょっと、と思いましたが、一部の帯にはとても良く合うのでとってありますけれど、もしかしたら、そのこげ茶の絽は、羽織りか、帯にしちゃうかもしれません。もちろん、ミシンで!(笑)
帯ならば、透けないから桃色は封印されますものね。


これも、色の不安があったのですが、お店の方にメールでしつこく色々聞いてから購入。



そして、450円の帯もついでに。





みやび…とありますが、前柄はちょい微妙。でも、後ろはいいかなぁ。前は、工夫して。折り筋も入っちゃっていますし…。

もうずっとずっと秋に着物が着られなくて困っていたのです。

暑くて九月に単衣なんてきたら死んじゃいます。そうしてもう涼しげな意匠のものは、ちょっと…ですよね。






なので、思い切り掟破りで、9月に秋色の紗紬を。



これ重厚そうですが、実際は軽い作りで良さげ。生地もパリっと薄いのです。これを十五夜近くに無理は承知で締めたいんです(笑)でも、暑くて暑くて、汗びっしょりにはなりたくないんです。なので紗紬…。



これも秋早く黄金色の田んぼの時期に、先取りして締めたいんです、ワタクシ。
稲刈り前に締めるとすると、こんな紗紬にはピッタリ。








これは八寸の軽い帯。是非9月に。







これも、エキゾチックに透ける帯。でも、合わせる着物がなかったので出番なし。インドのベージュの光るストールに…。面白いと思います。




で、最近、ワタクシ気がついたのですが、季節柄の具象柄の帯は気分が上がる。ワタクシなど若輩は、着物はコスプレ感覚なので、季節のモチーフがやっぱり心惹かれちゃうんですよね~うふふ。
まさか、カエルのワッペンの付いたジャケットを着るわけにもいきませんが、着物ならばそれも酔狂。(笑)


すがれた雰囲気の古い更紗や、リボンのような琉球花織、粋な板目絞り、久米島紬に宮古上布に越後上布、結城紬に、誂えの江戸小紋…そんな伝統の素晴らしい風合いを愉しむならば別ですが…。あああ、ここにハマると、(少しハマっていますが💦)…かなりの出費…。

で、やはりお手頃な季節の意匠って上記の物とはまた違う愉しみがあるのです…。
洋服にはない愉しみが、そこにはありますものね!


~お茶目にお着物~




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/25 10:58] | 🎲 お茶目におきもの | トラックバック(0) | コメント(0)
納骨式


納骨式は、このドレスで。
屋外なので、暑さ厳しい折、倒れても困るので。


そして、肌を出してはいけないとは、わかっておるのですが、マスク+喪服は、無理(笑)!
着物でも、スーツでも無理!
コロナなので、家族だけです。
『BBA、なんかコウモリみたい🦇爆笑。』と、息子…。






ここは富士山の軽石が敷いてあって、とても歩きにくいので、舗装されたところで、記念に写真を撮りました。次行くときは、ローヒールにしよっと。すっごく歩きにくいです。お寺じゃないからとなめてましたが、ヒールがズボズボ入って歩けたもんじゃありません(笑)

お天気は不安定で、雷さんが鳴っていました。
早く済ましてしまった方が良さそう。








で、納骨をして、
お花をお供えして「take the “A”train 」を二人で吹きました。
なんだか、ちょっと感無量でした(笑)






「カッコいいジャズを聴きたかったら、Aの書いてある地下鉄に乗るんだよ。」
「ハーレムのアポロシアターに着くには、Aの表示のある地下鉄に乗って行くんだ。」


少ししたら、父は、A trainに乗って、ジャズを聴きに行くかなぁ…(笑)
喜んでくれたかなぁ?



息子、練習に付き合ってくれてありがとう。


私の作ったお花も、弟のパートナーが、すっごく気に入ってくれました。
『ダイソーなのに、高島屋で買ったみたいに見えるぅ~』と言っていただきました!!あははは。爆笑です。
お墓には、苗字がローマ字で書いてあるだけ。
そんなシンプルさも父らしい。





『お父さん、愉しかった人生でしょ!』
って声をかけてきました。




お墓のお掃除をして、クルマに乗ったら、パラパラとフロントガラスに大粒の雨…。





~この日、私の人生のひとつの大きなものが終わりました。

これで、私のあの実家は、奇跡のように消えました。苦しかったです。
けれど、これで、お終いです~


母のことはダダと弟の二人にしてもらうことになりました。感謝です。





 ♬ また来るね、おとうさん~🎵✨




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/23 10:09] | Orange・ribonn | トラックバック(0) | コメント(4)
クレマチス、満開


これは、薔薇のアーチに絡めたクレマチス。
二番花が、満開です。


これは、光が好きで、日当たりにいても、とても元気。





この白い部分のフリルが、たまらなくかわいい💕

でも、根元は適度に日陰になるように、適度にドクタミを茂らせてあります。きれいに除草してしまうと、土が剥き出しになり、暑いんじゃないかなと思って…。








花が終わると、こんな種がつくんだよ!









時計草。紫色だったのに…。暑いから?今年は白なんすっ…。







枯れてます…。
でも、我慢してこの枯れた葉っぱをとらないでおきます。
これが日傘がわりになって下の葉っぱを守ってくれているような気がするので…。



すずらん、
コニファーのブルーアイス、
オリーブ、
ナスタチウムなどのコンテナのお花様々、
ほとんど枯れてしまいました。


お庭は、大損害です…。




残念ながらこの小さいきゅうりはこのまま、枯れるでしょう。
お野菜は暑すぎて採れません。







今日の朝、初ものを食べました。

小さいし、種もあるし、色も均一ではないけれど、ものすごく甘くて、美味しいです。
毎年の愉しみ、朝は、お庭で葡萄狩りです✨


🌿🍇めざせおうちリゾート🍇🌿


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/22 09:51] | 🐛 dolceおばさんの畑とお庭 🐝 | トラックバック(0) | コメント(0)
おしあわせで何よりです
息子やダダはまるきり本なんて読まない。

ダダが読むのは仕事の専門書くらい。




息子は漫画は読むけれど、本なんかからっきし…。漫画も面白いものいっぱいありますよね。でもたまには、本を…。読んで欲しい。




息子は流行りの小説をたまに買ってきて読んでたりもするが、うーーーん。





で、聞いてみた。
『なんで本読まないの?色々、愉しいのに。ひとの人生も、色々わかるよ。』
『え?人生なんて、自分の人生だけでいいじゃん。別に他のひとの生き方を知ったところで、なんにもならないじゃん。』
…。





『迷ったりしたときに、心の支えにもなるよ』
『別に、僕、そこまで人生なんか深く考えね~もん。めんどくせぇ。』






ああ、なるほど、生きるってことが苦しくて苦しくてなんだか答えが欲しくて、現実が怖くて、…とか思っている人が、本を読みあさって真理を求めるのか…。ひとの意見を知りたくて、摩訶不思議な世を解明したくて本を読むのか…。

悩みが大きくて押しつぶされそうな青春を送った人間が、本に救いを求めるのか。本に共感を求めるのか。
そうして妙に理屈っぽくなっていくのか(笑)







息子に方丈記を勧めた。一冊買って渡した。
でこれからの人生にきっと役に立つからと。


現代語訳の部分を読んだそうだが、ちっともピンとこなかったという。




そうか…。





それは、息子がしあわせだからだ、と、無理矢理に自分を慰める。
そうね、二十歳そこそこで、方丈記がしみじみ来るなんて、そんな老長けたひとはいないのかもしれません💦





けれども、ダダに昔、方丈記を勧めた時に、『で、これ、あらすじってないの?お話の展開があまりないよね…。』と、困惑顔だった。



ちなみにダダが好きなのは、

地図や、図鑑です…



(爆笑)







ひゃー!
ちなみにワタクシの目の黒いうちは、ダダは自転車といえども二輪は禁止です。あぶねーあぶねー。

お二人ともおしあわせで何よりです🤣💦


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/21 08:34] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
ランバンのストッキング!
若い頃は結婚式が多かった。が、歳を取ると不祝儀が…。そして、結婚式は準備ができるけれど、不祝儀は突然にやってくるのです。



絶対に常備しておけないといけない物…。書いてみました。
お香典袋。これは、もう、中身によって立派さが変わりますので(笑)2、3種類。



そしてハンカチ。
麻の素敵なハンカチにはアイロンをかけてしまっておく。慌ててアイロンかけるのは嫌なんです。













そしてストッキング。これは、こだわりがあって…。絶対、ランバンです。色は「ソワレ」という色が漆黒です。通販で買うと、黒って書いていないので、分かりづらくて…。



でも、透明感が秀逸。繊細なストッキングは脚にパウダーをはたいた様にきれいです。黒の柔らかい影が脚をものすごくきれいに見せてくれますよ!お値段も、770円、常備しておくといざという時に便利です。







ウエストも緩めで、長時間座っていても楽。







なにより素晴らしいのが、このヒップ部分のしっかりとした編み地。履く時には、この部分に指をかけますが、絶対爪をひかっけたりしませんし、ゆったりのマチが入っていて、素晴らしい!!









そして、喪服用のバッグに、リボンをつけておくこと。

何故ならば、そうしょっちゅう持たないバッグなので、ひとのバッグと見分けがつかないのです。みんな同じバッグに見えます。ちょこっと椅子に置いていたら、誰かが持っていってしまった、などということが、ありました。すぐ気がついたのでよかったですが、そういう経験が二回(!)ありますので、ワタクシは、持ち手のところに、印のリボン結んでおくことにしています。






励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/20 16:23] | ✏️ 家のこと覚え書き 📙 | トラックバック(0) | コメント(0)
ダイソーの造花をちょっとお洒落にする方法


納骨式の準備です。
生花が良いのですが、この暑さでは…と、思い、百円ショップへ。

こんなお花を買ってきました。




ザックリまとめるとこんな感じ…。うううううう。安っぽいです。







で、ピンとまっすぐ直立した不自然な枝を、少したわめて自然の花の様に曲げてみました。これだけ見ても、本物っぽいし、かわいいですね!!









多少、自然になりました。
案外かわいい感じになりました。生花の様にはならないけれど、お供えのお花ならば、これでも素敵だと思いましたよ。






左右対称に二つ作って、前に枝垂れる枝を足して黒のベルベットのリボンを結んでみました。




ひとつ気をつけないといけないのは、造花の種類によって曲げられない物もあります。それは、フローラルワイヤーを斜めに巻いて添わせる様にして曲げるしかないので、面倒です。茎の中にワイヤーの入っている物を多めにすると良いと思います。


写真は、素敵な写真立てに入れて、お香は、インドのヴァラナシの物を用意しました。


靴を磨いて、喪服を出して風に当てておきます。
お骨、写真、お花、お香、楽譜、フルート、日傘に、水筒、ストッキングの替え、タオル、お供え用のお酒、書類関係一式。

忘れ物がない様に…。




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/20 07:28] | bouquet and interior | トラックバック(0) | コメント(2)
A列車で行こう
息子と一緒にフルートで、『A列車で行こう』を練習しています。

デューク・エリントンのジャズのスタンダード。父の好きだった曲。
ビッグバンドならば、ベニー・グットマンのステージを、父に連れられて私も聴きに行きました。高校の頃。ピアノの前に座る巨匠はすっごくおじいちゃんだったけれど、父は嬉しそうに聴いていましたよ。

すっごく太い指に、マフィアみたいな(笑)金のゴツい指輪。ピカピカの靴を履いて、黒のスーツ。カッコいいおじいちゃんだ。グランドピアノの上には、バーボン。ピアノで旋律をたどり指で合図をすると、ビッグバンドの演奏が始まる。








ハーレムの有名な黒人ミュージシャンの聖地、アポロ・シアター。ここを通る列車が、ニューヨークのブルックリン東地区からハーレムを経てマンハッタン北部を結ぶ地下鉄、案内記号はA系統、「"A" Train」
名曲『A列車で行こう』の意味は

「ハーレムに行くなら『A』って書いてある列車に乗ろうぜ。早く着くぜ」

「ナイスな音楽を聞くならアポロシアターへ急げ」そんな感じです。







父の納骨にこの曲を、私と息子で吹こうということになりました。

私は、フルートを、四十年ぶりに手に取ってみました。

テキトーにアレンジして…。ジャズは和音があると断然お洒落なんですが、ピアノを持っていくわけにもいかず…。フルート二本で(笑)



特訓です。四十年も吹いてないと、ヘロヘロです。でもね、息子と毎日、練習できるのも愉しい!






息子のジャズ、若いね…(笑)青いね…。やっぱり、歳ってあるのですね…。色気も素っ気味ない。音程はびっちり、そして縦線ぴったりの、演奏です。

お父さん、これが、若さってやつなんですね~。
お洒落じゃないですね…。グルーブ感ってやつが、なんもない。いやジャズだからスィングか…(笑)もっと色っぽいのがジャズなんですけれどね…。二十二歳の若造です(笑)



ワタクシにも、わかってきましたよ。こんなこと。






うう、でもさ、いいんだ。それなりの感じで…。下手っぴ楽団は、今日も練習です(笑) ♬✨~♪





~Take the  “A “ train 🚃 !


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/19 10:41] | Orange・ribonn | トラックバック(0) | コメント(2)
ドライトマトと…🍅
今年も、この季節になりました。



ドライトマト🍅です。

アクアパッツァに入れると、美味しいんです。
レーズンの様に甘くなるので、お茶受けにも…。
ただし、完熟のトマトでないと、上手にできません。畑で採りたてのミニトマトの真っ赤な子を選んで半分に切って、干します。

トマトは、今年は不作です。雨が多すぎたのですね。






お茄子は、剪定して、秋に備えます。ピーマンは、うまくいけば、十月まで採れます。







この白い実はトマトです。
アレンジに使っても可愛いです。








真ん中の白いお花は、ニラの花です。可愛いです。野菜のお花は、個性的で、可愛いんです。今年はにんじんの芽が雨で溶けてしまったのですが、にんじんのお花は、すっごくかわいいですよ。








とりきれないほどのひまわり。畑はひまわり一色です。







シソの葉っぱは、良いアクセントになります。右の大きな葉っぱは、百円ショップで。脇役は、本物よりも便利です。



ああ!!百円ショップといえば…、
お友達に送っていただいたアイシャドウ✨



使い易そうな色ばかり。うれしい。マスクをするので、口紅がつけられないので、目のお化粧をポイントになりますものね✨
うれしいです~。ありがとうだよ~。






たまにひっくり返すのよ~ん!



励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/18 07:04] | ✏️ 家のこと覚え書き 📙 | トラックバック(0) | コメント(4)
新盆
真夏になった。


いきなり。





ワタクシは、まだ気分的には四月くらいで止まっている。
お馬さんもピアノもずっとお休みだし、色々…。
でもずっと駆け回っていたし、ずっと停滞していた。今も停滞している。


まるで、
じっと石の下に隠れる沢蟹。

私は、涼しい山の沢に生きる小さな黒いカニのように、隠れている。








息子の練習するギターの音が聞こえる。彼もずっと家にいる。
飲み会、友との雑談はネットだ。大学は後期もネット授業が濃厚だそうだ。






晴れた朝、鳥の声で目が覚める贅沢さよ。
蝉が鳴き始めた。
猫がいなくなった。
日陰に隠れる猫たち。







幼い頃には、よく沢蟹をとりにいった。弟と父と。
おばあちゃんの家から、すぐの沢だ。
山の道を曲がると、急に霧と冷たい空気に包まれる。
顔に飛沫が飛ぶ。
ズック靴を脱いで裸足になる。
『滑るからゆっくりな。』

岩の上は柔らかい足の裏には痛い。我慢して水の中に入る。
冷たい水。透明な水。

ミズスマシ。どこからかわからないけれど、水が、上からも霧のように落ちてくる。
蝉時雨。
薄暗い林。







沢蟹をとろう。
岩の下に手を入れる。







ざーっという川のせせらぎの音が絶え間なく聞こえる。
岩に砕ける透明の水。しぶきが光に透けて落ちる先は、緑を反射した水面(みなも)。
せせらぎは、素敵。




雷。
大雨。
そしてギラギラの日射し。
霧雨。
魚の影。







でも岩の下は、何もかも関係ない。


いつでも静かで薄暗く、淡い光に揺られている。ゼリーのような光の膜の中にゆらゆらと揺らいでいる。






嗚呼、
いかん。うちがリゾートすぎる(笑)まるで岩の下だ。

取り替えた新しいダイキンのエアコンは、快適すぎる。家中すっかりリゾートすぎる。冷えすぎず、程よくからりとして、全くストレスがない。

すっかりここが山の沢のような涼やかな世界になってしまった。





お布団も、ふわふわ。
去年買った羽毛布団は、天国。結婚した時に買った羽毛布団がダメになってしまったので、布団を買い換えたのだ。
日本に輸入している羽毛のうち中国からの輸入が一番多いのに販売の表示はフランス製が多いと新聞で読んでから、ワタクシ、有名な布団会社のものを購入した。それが、ものすごく気持ちが良くて、よく息子が昼寝に来る(笑)


『この布団、どこで買ったの?』
ふふふ…。




浴槽に、エメラルドグリーンのホームセンターのミントのお湯がキラキラとゆらゆらとたまっている。


ローズウォーターをシュッと噴いて、ああ、ここは、どこ??


いつの間にか、部屋の中には嫌なものがひとつもない。


これはいかん。







ワタクシは、かさぶたが塞がるまで家にじっとしていてくださいって、せんせーに言われている。


心のかさぶたが塞がるまで。


心のかさぶた。






父が亡くなったことは、充実感さえある。自分の力で看取ることができた。そして父は、人生を生き切ったように思うからだ。本当に苦しんだのは最期の二日くらい。


なので父の写真を笑顔で見ることができる。
朝は『おっはよーー!』って言いながら好きだったお酒を供える。古いお酒は、家の周りに厄除けのためにまいて捨てる。



ゆっくり、していよう。


納骨式は、22日に決まった。もうそれで全てが終わる。




良いではないか、人生の長いバケーション。





秋が来るまで、家にいよう。
『焦ることなんかないよ。だって、母が休んでいても誰も困る人なんかいないんだもん』
と、息子に言われ、心が決まった。



素敵な日陰…。

父と一緒に遊んだ沢。あの沢は、昔から雨が降ると鉄砲水が出る危険な沢だったそうだ。そこにバブルの頃、造成がされて家がどんどん建ち並んだ。


『あそこは危ないんだ。』


よく父は言っていた。

父は現役を退いて、役所のアドバイザーのような活動をする様になった。高校の後輩が選挙に出る際に父にアドバイスを求めてきたからだ。

『当選したらすぐにあそこの補強工事を…』
父はそう言っていた。


予算をそこに注ぎ込んで、命を守れ。
いやいやそんな地味な公約では勝てない。
もっとひとが浮き立つような誘致や、道路の整備を…と言うひともいたが、当選し、すぐにその工事は行われた。

沢は、強固なコンクリートで囲まれ、風情も何もなくなった。私は、いやだなーと思った。自然のままが美しいのに。あそこは午後になると虹が出るのに…。沢蟹はおばあちゃんが油で揚げてくれて、お塩で食べる。生きたまま油に入れるのにはものすごく驚いたけれど…。美味しかった。愉しかったのに。…お父さんったら!!

父は、黙っていた。








でも、ここ最近の雨の多さ…。

弔問にいらした方が、安心して住めるのは、父のおかげだ、と、涙ながらに言ってくださったのを、私は、一生忘れることはないだろうと思う。


ごめんね、お父さん。

実家に窓開けに行ったら、お盆の色々な光るグルグル回るのやら、お菓子やら、お手紙やら、たくさんの心尽くしの物が玄関先に置いてあった。

こんなにしていただいて…。うれしいね。お父さん。
私の実家の家族は父だけ。心が通じたのは父だけだ。

おうちリゾートしましょう。




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/17 07:11] | Orange・ribonn | トラックバック(0) | コメント(0)
晩夏の色
夏のしつらえ



貝殻🐚を、チェコガラスに入れるのは、定番なんだけれど、今年も同じしつらえで。






あ、初夏はこんな風に、真夏のアジアン風。






初夏のダリア。これは、私は持て余してしまうお花。何が合うのか分からず、ダリアのみをばっさり活ける。それでも、ダリアは初夏を告げるお花。






今はこれ。


どんどん季節は巡るのです。


寝室の前の掃き出し窓に、きゅうりの支柱を立ててデラウエアを植えてもう三年目。
今年もたくさん実がつきました。


葡萄は、夏の日差しにも元気です。あまりお水をあげずに育てると、とてもとても甘い葡萄ができます。









秋が、そろそろと近づいています。本当なのですよ。
しおからトンボが、しゅーしゅーと糸を引く様に飛び交っています。
駐車場の柿も小さな青い実がつき始めましたよ。




毎日暑い日が続いて、家の中で過ごすことが多いですけれど、よく見ると秋は夏の扉の向こうで、静かに微笑んでいます。


今日も雷は来るかなぁ。
遠いお山の雲を探す。入道雲。濃い緑の林。




見て見て!!




葡萄が色づき始めました。




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/16 09:43] | bouquet and interior | トラックバック(0) | コメント(2)
花のイヤリング





この指輪があまりにも良かったので、ピアスも、買ってしまったワタクシ。





ものすごく安かったので、パールは偽物と、思っていたら…、

本物だった…🤣🖐

しかもテリもすっごく良い…。
商品説明にはなにも書いていないのに…。
こすり合わせてもザラザラするし、ラスターカラーが見えるし、バロックなので、いびつだし、絶対これは本物。




マスクが危険なほど暑いですね。




ソフィーディガールのバッグで。このバッグ写真写りが悪いです。本物はもっと可愛いのにね💕




昨日は緊張していたのか、身体が筋肉痛です。



家族が元気ならば…それに勝るしあわせはありません。
本当にそう思います。
昨日の結果が悪かったら、今日はきっとこんな笑顔ではいられません。

本当に、感謝です。そして、こんな風にしあわせでいられることを当たり前だって思わないこと。


ちょいそこまで、野暮用です。

父の写真に、挨拶して、行ってきまーす。




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/15 15:56] | outfit of the day | トラックバック(0) | コメント(0)
ほぼ、問題ない…
大学病院の検査から帰宅したダダと息子。
エコーと血液検査をしてきたという。帰宅は3時だった。


で、結果、このエコーの形から見て、ただの良性の小さな腫瘍です。
全然心配ないです。血液検査でも悪いものは出ていません。
ただ、甲状腺の機能面での血液検査の結果は来週出てきますので、来週また来てくださいとのこのでした。
ほぼ癌ではないそうです。


「で、この疲れはなんでしょうか?」
と聞いたらわからないという。


「こういう「できものみたいなの」たまにあるんです…。」って言われても、まだ心配なワタクシ。


整体にも行ったり、本人も辛いのでしょう。


みなさまご心配をおかけしまして、申し訳ありません。
どの方も、ご家族がおありなので、自分のことのように心配してくださって、たくさんたくさん、励ましていただきました。
なんと温かいこと。
それを見るたびに、私は、本当に勇気をいただきました。


今日は、緊張で疲れてしまいました。


病気よ!


来るなら来い!!




っていう根性が座った高齢者になりたいです。



今回は息子だったので、
健康に産んであげられなくて申し訳ないという気持ちが頭をグルグル…。





こういうことに、慣れて強く生きねば。人生つまらないですものね…。


みなさま、今日は、
心から感謝いたします。



励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/14 19:04] | 今日のダダ & 息子 | トラックバック(0) | コメント(4)
アヴァンギャルドにしてください
ドアを開けると、痩せた私より少し年上の女性が、奥から出てきた。



家から少し離れた花屋。


薄暗い店内。ここ一番の時は、必ずここでお花を作ってもらう。
外観は、普通の古くさいお花屋。だが、一歩入ってみると実ものや葉ものの充実ぶりに、この店がただならぬ店だと予感させるものがある。





「どんな風にお作り致しましょう…。」


「少しアバンギャルドにしたいんです。
実物や葉ものを多くして。」




『ふむふむ、面白いデスね…。(笑)』


あはは。
ご予算は?
用途は?
「ピアノの先生へご挨拶の花束です。」




「わかりました。任せていただけますか?」

はい。~ご存知の方も多いと思いますが、私は、花束を買うときに、この方以外にはお任せにはしない(笑)






わかりました…と言って、そのひとは少し考えながら…ベージュの薔薇を一本手に取る。

そこに、かすみ草の茎を麻紐でギュッと縛って一本の薔薇の上だけにベールのようにかすみ草をかける。他の薔薇には、細い紐のような草を面白くまわりに配する。ひとつひとつの薔薇に様々な味付けをする。そのセンスには舌を巻く!
そして、その周りに、実ものをたくさん。



ラウンド型の不思議な南国の葉物と枝垂れる実もののたっぷり入ったベージュの花束が出来上がった。









で、最後に、彼女はブーケを持ちながら店を出て、なんと裏手の駐車場で、ツルの草を切ってそれを素敵にブーケに入れこみました。
『気になるようでしたら外します。』
~いいえ、とっても素敵です。そのままで…。
私と同じ匂いのする方。





黒のワックスペーパーで包んで、端っこを手のひらでギュッと握ってシワを作ると、とんがり帽子のように見える。
さてリボンはどうするのかなって思ったら、ベージュと、若草色と、ラフィアと、散々迷った挙句、どれが、お好みでしょう?と。
ベージュのリボンとラフィアを重ねて。と言ったら、ニコッと笑った。



花束はずっしりと重かった。
ラフィアをぐるぐる巻くのも大変そう。







ベージュのシールに、ローマ字で私の名前を…。


キマッタわ!!


痩せた身体に、麻の黒のマキシのワンピース。それにオーガンジーのエプロン。
素足に先の尖ったかっこいい靴を履いていらっしゃいました。
でも、『朝は長靴でお仕事です』っておっしゃっていました。
グレイの髪をぐるぐるに夜会巻きにして、黒のリボンで止めていました。



みとれてしまう店員さん。




「こんなので、いかがでしょうか…。どうですか?」


「ああ、素晴らしいです…。」


私は、シルクの金茶のラップスカートに、白い麻のシャツ。金色のサンダル。





なんか似たもの同士の「気」が、通じたのですね。


「どこからいらしたの?」
「〇〇です。」
「まあ…。」


と言ったきり、奥に消えてしまった。蒸し暑い季節、奥で、カランカランとグラスに入った氷の音がした。炭酸水をガラスに満たして、ほっとひと息…。


カランカラン…。





お会計はお若い別の方が…。







「どうも、ありがとうございました。」
と店を出る時に背中から聞こえたその方の声。

小さな声だけれど、低い落ち着きのある心の強い、柔らかな穏やかな声でした。




お店自体は古く、外観はちっともお洒落じゃないんです。でも、名店。




青い鳥探そう!


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/14 13:00] | bouquet and interior | トラックバック(0) | コメント(0)
甲状腺腫瘍
息子が、なんだか身体がだるいと言い始めて半月。
思い切って病院へ行ってみた。


『ちょっとこれ、気になるね…。紹介状を書きますから、大きな病院へ行ってください。君の場合残念ながら片方だけ腫れているので、心配です。甲状腺の腫瘍ですね。』

という事で、大学病院へ行って診てもらう運びに。





明日、ダダと三人で病院に行きます。きっとエコーと血液検査、場合によっては細胞診。
でも、思うのです。







なんだか、人生ってこんな事の繰り返し。
息子が…っていうのはちょっとキツいけれど。


でも、なんにもない人なんていませんもの。
みんな色々あるんです。




おうちに帰って、チョコレートのかかったおいしいドーナツに自家製ミントティーでおやつにしようよ。
こういう風に小さなしあわせをほじくり出して生きる(笑)



帰宅すると、お庭の日陰で白ちゃんがねんねしていました。
のびのび。



励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/13 08:48] | 今日のダダ & 息子 | トラックバック(0) | コメント(6)
今日のお仕事三つ。


あのね、お手洗いのペーパーホルダーが、昔、ハイジさんによって破壊されて、我慢して使っていたのだけれど、思い切って取り替えましたらば、センスのない男が取り付けたので、こんな感じに…。どひゃ(笑)







この穴にひっつき虫を詰めて、グレーのカットビーズを付けてみました。
これは電気をつけるとキラキラして、うーーーん、ちょっと素敵になった。








大きくなった庭のスモークツリーを剪定して、薔薇やクレマチスに日が当たるようにしました。
ああ、よかった。
その剪定枝を乾燥させて、こんなのを作りました。




あら、かわいい!


中はキムチのプラスティック容器。これ、小さなブーケ用にちょうど良いんです。
きっとかわいいよ。まだ枝があるので、大きいのも作ります。


すっかりドライになったひまわりをさっそく活け替えてみました。







うーーーん、素敵じゃん。
そして今日は、父の写真を飾る写真立てを注文しました。




お葬式のグレーのリボンのかかった写真立てでは嫌なので、少し素敵な写真立てを選びました。無宗教なので、写真立ての前に毎朝好きだったお酒を供えています👍✨


今日はダダの普段着を全部洗って、片付けました。




さて、お布団を片付けますよ。干してカラカラにしたので(笑)ホームセンターで、収納袋を買ってきて、小さくして防虫剤を入れてしまいます。
キューって空気を抜くヤツでしまえば、湿気も寄せ付けないので良いですものね!





ああ、忙しい夏休みです。ダダは、8月頭からずっとお休みです。
お盆も暇だ~。


でも、お盆が終わったら、夏も終わりです。
秋の服を出さなきゃならないのかしら…。
あああああああああああ。



今年は、夏の着物は着られなかったですね…。

とにかく、どこにも行かない夏休み、雨の降り続いた梅雨、留守にしていて、とっ散らかった家が気持ちよく片づいて、うれしいです。
家が気持ちが良いのは、なによりですもの…。

人生の休暇。。。

🐚🦞めざせおうちリゾート🦞🐚


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/13 08:25] | bouquet and interior | トラックバック(0) | コメント(0)
鹿と川魚




山の緑は日に日に濃くなってきている。強い日差しに生き生きと緑が膨らんでいく。
母は、弟に一切連絡をせずに、弟はイラついている。8月中に、施設を決めて母を入れるからと言っていたが、思うようにはなるまいと私は思っていた。

老婆は、躁鬱ではなく、アルツハイマーでもなく、診断的には『普通』なのだから。「自立の生活もできます」と、主治医が面接で余計なことを言ったばかりに、母は家で一人暮らしをすると言い始めた。
うまくいっていた弟と母は、険悪になりつつある…。結婚してから、うちにほとんど寄り付かず、大人になってから初めてまともに母親と対峙した弟は、蓋を開けてみたらあまりにも理不尽なことを言う母親にイラついているのだ。
ね、弟よ、私の苦労がわかったでしょう。



あのひとは「竹を折ったような」ひと🤣🌀💦


施設に入るのが嫌でひねくれて、連絡をしてこない。まるで、幼児だ。でもそれはヤツの常套手段なのよ。そして、入院中なので、こちらからは連絡ができないのだ。病院が事情を汲んでくれて三ヶ月入院させてくれるそうだが、期限までに決まるとは思えない。


でも、そうなれば、その精神科にずっと入院なのに…。




半沢直樹、私は見ていないけれど、番組宣伝のCMで『倍返しだ』といっているのを聞くたび、私は、心が曇る(笑)
私は、幼い頃から『100倍にして返してやる』って常時言われていました(笑)「人間っていうのは恐ろしい」と、魂の奥深くにしっかりと釘を刺されて生きてきました。でもね、やったことが100倍になって返って来たのはなんと老婆自身だったという…。人生って恐ろしい。
この浮世に半世紀生きていますけれど、みんな、ちゃんと謝れば、許してくれます。仕返しをするひとなんかに会ったことありません(笑)




私があの老婆に仕返し?しません。そんな価値もない。彼女は充分裁かれています。神さまに。






最後に彼女を見た日、大雨だった。息子が傘をさしかける。階段で、腕にすがりつこうとした老婆の手を息子は、なんと、振り払ったのだ…。


わかるよ、息子の気持ち。










林を分けて入った小川の汚いにごり水に、2匹の川魚の黒い影がある。神経質で、臆病そうに川底を泳ぐ暗い岩陰に住んでいる川魚たち。




枯れ葉がぽちゃりと落ちただけで、大騒ぎになってしまうほど、川魚たちは、臆病だった。
その川に、春になって久しぶりに大きな鹿がやってきてチャポンと顔を突っ込んだら、みんな驚いた。
大きな鹿はただ喉が乾いただけ。水を飲みにやってきただけなのだ。
川魚をとろうなんて、考えてもいなかった。




川魚たちは声を殺して相談する。アイツは、勝手気ままで、なにをしでかすか、わかったものではない。この静かな水辺をかき回す。そうして、知らん顔して去って行く。礼儀知らずだ。そんな権利がどこにあるんだ。どうにか、ここにアイツが来ない方法はないか…。



猟師に相談して、撃ってもらおう。いや、猟師は信用できない。漁師のやつだって俺たちを、捕まえて食ってしまうかもしれない。


じゃ、良い考えがある。
鹿のヤツがこの水が飲めないようにしてやろう。上の流れを堰き止めるんだ。
それは。いい案だ。
熊に頼んで、川の水を堰き止めた。




川は干上がり、鹿は二度と来なくなった。

けれども、魚どもも、居場所がない。濁った川はいよいよ暗く、沼のようになった。落ち葉が腐り、饐えた(すえた)澱の淀んだ泥の溜り水になった。





すると、2匹は、大きな喧嘩を始めた。
何故、水が来ないんだ!熊のやつめ、やりすぎだ。
俺たちの居場所がないじゃないか。
こんな暗いぬかるみじゃ、ヌルヌルして住めやしないじゃないか。
誰が熊なんかに頼んだのだ。








いや、鹿が…、鹿が悪いのだ…。
そうか、無神経な鹿のヤツ…。




鹿は、もうその淀みには近づかない。山の奥に行けば、美しい静かな場所があるよ、と、野ウサギさんに聞いたからだ。

「奥にはもっときれいな泉があるよ。
鹿さん、あなたは、もう、あそこへ行く必要はないんですよ。
さあ、こっちへ。どうぞ。」



「鹿さんのお父様はお星さまになられますよ。
これからは、いつでもお空にいらっしゃいます。どこにいても会えるんです」








そこは、きれいな水がこんこんと湧き出ていて、
泉の向こうには良い香りの大きな山百合が
むせるようにいくつもいくつも咲いていたそうです。

→小鹿と私



励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2020/08/12 08:25] | Orange・ribonn | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
プロフィール

Dolce

Author:Dolce
青い鳥を探す為につけている日記です
愉しいこと
好きなもの
愉しみでしている畑や着物
小さな手仕事
ピアノの練習
家族のこと
こつこつ、書いています

お知らせ

 
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福

リンク

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

カテゴリ

FC2拍手ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

<