FC2ブログ
Dolce
*** hana
dolceおばさんのクリスマスコーデ
ちょっとかわいいクリスマスの🎄コーデ。



このフリンジのたくさん付いたカーディガンは、もうずっと昔に編んだ物。
これからピアノレッスンです。








ダダのお土産のタペストリーでエプロンを作ってみました。
スカートはソニープラザ。






(笑)



クリスマス🎄みたいなのが着たくなって…。
たまにはこんなかわいいので。







ドアリースは、毎年変わらないこれ…。思い出がいっぱい。
🎄 Merry Christmas 🎄



どうか、素敵なクリスマスをお過ごしください❄️




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/12/23 20:54] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
蜂の巣バングル、到着!
これは、一か月ほど前に注文したバングル。

こちらもどうぞ→ ★








レースのような軽い、繊細な感じで、蜂がキラキラ。蜂の巣の所々に、思ったよりもラインストーンがたくさんついています。
しかもかなりカッコよかった✨



でも、これで、送料込みでもかなりのお得感。うれしい😃
でも、寒い今の時期にする雰囲気ではなくて、眺めて過ごす…。





夏が待ち遠しいような、そんな素敵さんでした。



~愉しいお洒落



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/11/28 08:01] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(2)
魅惑の網タイツ(笑)
これ、伊勢丹で、イタリア製の同じようなのが、一足3000円だったんです。
とてもかっこよかったけれど、さすがに、躊躇して、やめました。


で、ネットで探すと、あったんです✨




三足千円。でも、これ耐久性は、どうかなってところですが、でも、3000円あったら、九足買えるので、こっちでいいや。ふふふ…。
でも、案外セクシー過ぎず、少しピリっと、大人っぽく、カッコいいですよね。





私は、あまりピリっとした顔ではないので、どんなに頑張っても、セクシーには見えないと思います。





TOCCAのスカートにも、可愛いよ、きっと。






この靴はヤフオク。激安でした。



黒のちょっとカッコいいジャッキーみたいなAラインのジャケットに。

スカイブルーの、丈の長いタイトスカートのスーツに。

ふわっと広がったフォクシーみたいなスカートにもかわいいよ。フォクシーじゃないよ。自作(笑)




リボンのバレエシューズで。

三種の神器、リボン、赤口紅、パールで。


これならすごく私らしい。
千円のタイツひとつで、結構、愉しいです✨

~愉しいお洒落




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/11/06 07:48] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(4)
蜂のバングル 🐝  ポチッ!


ネットサーフィンしてたら良さげなものがあって、たどっていったら、
お店にアクセスできた。






レースのような繊細な感じの蜂の巣です。いいかも…!✨あちこち欠けている巣の感じがちょっと良いかも…。
ラインストーンが入っているので、キラキラ系です。





手持ちのものと被らないです…よね。



~若干かぶる(笑)ははは。
実は私、昆虫フェチなので…。欲しいんです。






送料も、激安。
値段相応とすると、ちょっと賭けです。
柔らかいので、サイズは曲げれば大丈夫だって(笑)
結構、ザックリな感じですw 🐝



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/10/31 07:52] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(2)
民族衣装


なぜか心惹かれる民族衣装
私がこんなエプロンを好きなのも、手仕事いっぱいの服が好きなのも、こんなのがルーツなんです。






昔よく行っていたニセコスキー場。
飛行機が着くと、スェードや、チロルテープや、フリンジをたくさんつけたこんなコートを着ていたお洒落さんがいた。
中はなんと、色味の良く合ったイカットのワンピース。なんてかっこいいのでしょう!
髪はおかっぱで、緑のアイラインをグググってひいて、ものすごいお洒落さんだった。今でも覚えています…。
男の子二人のお母さんでした。




かわいい三角帽子。






ビロード?のコート。こんなの好きだなぁ。






嗚呼、コンチャベルト、カッコいいんだけれど、ものすごいお値段なんだよねー。でも、いいですねー。






手仕事いっぱいの民族衣装。私は、大好きなんです。こんなの。
手芸が好きって言うのもあるけれど、お花や、植物のモチーフや、伝統的ななにかに惹かれるんですねー。
繊細なレースや、今ではユニークな形。



私は、家でこんな服を着て、庭から草花を切ってきて花瓶にいける。



こんな楽しいエプロンをして籠を持ってトマトや葡萄を摘んでくる。
帽子をかぶって、ハサミを持って。
それが私のしあわせ。







激安のアンクルブーツに色々付けて!
大好きな一足です。






最近、ショパンもね、マズルカなんかが好き。豪華絢爛なバラードもいいけれど、土の匂いがするマズルカ、ホロビッツの弾くマズルカも、すごいよ。


あああああああ、
でも、ちょっと思うよ、
巨匠って好き勝手弾いてもいいんだねーー🌀💦

YouTubeは楽しい。聞き比べができる。



私は何故か、こんな民族衣装にとても惹かれる。自分でもこんなのをよく作る。
あ、こんな変な服はどこにも売っていないので(笑)

紺ブレに、ミハマの靴の浜トラ(笑)、ブルーのアイシャドウで、サーファーっぽい服も散々着ました。バブリーなミニスカートの原色スーツにエルメス。トサカ前髪にピンヒールで、ディスコへ…(笑)ヴィントンも持ちましたよ(笑)

そして、黒のアシンメトリーのアヴァンギャルドな服も着ました。コム・デ・ギャルソンの重い服で、ノーメイクで、バッサリ切ったおかっぱ頭で歩いていた時期もあります。

でも、商業ベースの流行の服の99%は、自分には似合いません。

どれも、さぞかし似合わなかっただろうと思いますよ。





自分に似合う服。心に寄り添う服って何だろう…。
今の自分ってどんな人だろう、と、考える。



今、私は、自分が、好きな服を自分のために着る。

心に寄り添う服。
とても自由だ。






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/10/18 14:55] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(2)
ひとつ間違えたら朝青龍
自分の長所と短所を客観視できるかどうか、これは、生きることにも、お洒落にも大事なことです。

さらさらと光る砂のようなプラチナのブレスレット。
憧れますが、私には似合いません。いくら憧れても、このゴツいシミだらけの腕には、似合いません。
肌の白いすうっとした腕にはプラチナの華奢なブレスレットが似合うでしょう。

~友人のピアニストの先生。華奢な身体に美しい肌。和菓子のようなきめ細やかな肌。お母さまから譲っていただいたというダイヤモンドの付いたプラチナがよく似合います。

キラリと光る華奢なピアス。儚いアクセサリー、私には、これも似合いません。




いくら憧れても、無い物ねだりはしない(笑)


私に似合うのはボリュームのあるゴールド。







そして、私の数少ない長所は、首が長いことです。なので、スカーフや、大振りのネックレスを。
なので、お洒落のポイントはいつも首回り。

身体の中心部デブなので、トップスの服選びは慎重に。で、スカーフやネックレスをすると、目くらましになって中心部のデブが目立たないという理由もあります。






もう一つ、良いところは髪の艶です。なので、絶対にシャギーを入れたり、色々しません。艶が生きるようにボブです。






そして肘から先と、膝下の筋っぽさ。でも、ね、歩き方が汚いので、ヒールは履きません。諦めています。

そして自分の中のスポーティさが、なんだかヒールを受け付けない。

そこを生かす為に、ランバンのストッキングを。薄手で、まるでまるでうっすらとパウダーをかけたように脚がきれいに見えます。黒のランバンのストッキングは秀逸です。必ず、クロゼットにストックしておきます。






肩はシミだらけ。膝は、日焼けで皺だらけ。なので、出しません。
うーむ、少ない長所を生かさなきゃ!

そして、指が短く太いので、リングの重ねづけも諦めています。大きなものをひとつだけ。



お脳の量が少ないのか(笑)頭が小さめなので、大きなヘアアクセサリーは似合いません。なので、和装かんざしのかわいいのも諦める。


顎のラインがたるんできましたので、誤魔化すために赤い口紅は必須。


でも、すっごくシミだらけの顔ですが、ファンデーションでは、シミは隠しません。ファンデーションの厚塗りと、シミを天秤にかけると、シミを見せる方に軍配が上がります。



ひでぇ…。BBA。



あーあ。「相撲取り」「どすこい」「朝青龍」「オンナ筒香」と言われたこの写真。

バサっと着ただけじゃ、BBAはもうダメって事です(笑)

BBA、気をつけていないと、こんななんで、写真を撮る時のポーズも、
デブは注意が必要🤣🌀あははは。






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/09/03 09:57] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(2)
憧れの写真


憧れの一枚。なんで自転車乗ってるだけで、こんなカッコいいんだろう(笑)






なんで、ひっくり返って座っているだけなのに、こんなにカッコいいんだろう(笑)







晩年のジャッキー。







メイ首相。メタリックなガラスのネックレスの先っぽのピンクと、爪の色が密かにリンク✨只者ではない。(笑)



服は、作れば、うんと上等の生地を買っても、既製品よりもとてもお得です。サイズもぴったり。で、丈やシルエットは少しずつマイナーチェンジできるように、縫い代に工夫もしてあります。
全ての服は、マイナーチェンジしながら、十年、いや二十年以上も着ています。



瑞々しいお花との色合わせ。アナ・ウインターみたいなアクセサリー遣い。






こんなのが、私の憧れです。





シルバーヘアに黒リボン。







ああ、いくつになっても、気分はこんな感じ(笑)アハッハ。


「これを着ないとお洒落じゃない」とか、「今流行りの〇〇」とか、あまり考えません。
少し今の気分を感じたい時もありますが、どんなに流行っていても自分に似合わないものは着ません。流行を取り入れるのはすごく遅くて…🌀

めんどくさがりやなんです。



私のお洒落の軸は、今まで書いてきたこんな物たちです。

この目で、たくさん見てきた外国のおばちゃん。
それが、私の憧れです。




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/08/29 10:12] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
アニマルプリントのお手本


あああああ、ため息の出るような、かっこよさ。こりゃ、今月のMVPだわね!!✨
これは、もう真似できないですね。ゴールドのアクセサリー遣いの妙。
このネックレス。サングラス。思わず追いかけたくなるお洒落な人。





私には左のモデルよりも、鳥居ユキさんの方が素敵に見える。赤い靴が素敵。これが、お洒落の愉しさ。








この方の定番の、パイソンのパンツ。ひとくせあるお洒落なアクセサリーはこのコーディネートには、必需品。「ちょっとそこらにあるのを着てきました」的に見えないように着るのがキモ。






アニマルプリントって、自然の中でも馴染むカムフラージュの色なんですよね。派手なようですが、サバンナでも、遠くから見たら、馴染んじゃうという不思議な柄。派手なようで、実は何にでも合うんです。









商店街でアニマルプリントの服を売ってるおばちゃん。ちょいと間違うと、こんな感じになってしまうのでは、という危惧もある。
この紙一重のところをかっこよくするのは、どうやったら良いのだろうか?





この赤いマニキュア。
シンプルなデザインのリング。若い清潔感。

アニマルプリントは、基本的に、ベージュ、焦げたようなブラウン、ベージュ、モカ色、黒、などのミックスされたもの。ベーシックカラーの集合体なので、なんでも合わせて大丈夫。

トマトレッド、ビリジアン、ベージュ、グレー、黄色、オレンジ、白、良く合うと思います。でも唯一、黒を合わせるならば、素材に注意。下品に安っぽくなる危険が…(笑)

そして、あのさっきのおばちゃんの売ってるシャツは、多分、レーヨンか、綿。洗ったら、でろーんってなる要注意の素材。

アニマルプリントを着るらば、まずは素材に注意。

そして、ゴツンと効くアクセサリーを。形の崩れないしっかりとした素材のものを。サイズのビシッと合っている事。

そして清潔感。





「普段着」にしない事が大事かもですねー。アクセサリーを足して、お洒落して着る事。でも、このアクセサリー選びが難しいんですよね。お金の匂いのしないアクセサリー。品のあるもの。自分に似合ってるもの。大きなものでゴツンとした存在感のあるもの。




細いチェーンのペンダントや、喜平のネックレスは、あぶないです。カラーリングした手入れをしていないボサボサの髪に、キラキラのピンクのケータイ。デコラティブな長い爪。派手なドロップイアリング。突っかけサンダルも、?になっちゃいますよね🤣🖐それで、ノーメイクでベンツから降りてきたら…。黒のレクサスだったら…。ひーーー。

あ、そうそう、週末に首都高を走っていたら、驚く事がありました。誰一人として無駄な車線変更しない。東名でも…。あの報道の所為でしょうか…。クルマに乗っていても恐ろしいですねー。いつどんな人にいわれなく絡まれるかわからない…。




話は戻ってアニマルプリント…。
手強いキワモノアイテム。




かくいう私も、カーディガン、手袋、ストール、シューズ、ワンピースなど、いっぱい持ってます!
アニマルプリント、大好きです。





愉しいお洒落






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/08/27 09:19] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(2)
キャレ使いのお手本


私は、首が長いので、デコルテ周りのアクセサリーを、多用します。なのでスカーフも定番。





エルメスのキャレは、王道のスカーフ。
でも選び方には、私なりのコツがあります。



例えばこれ…。なんだ、つまんない柄!「絶対なしだわ」って、思うでしょう。私も、ヤフオク見て、こりゃダメだなぁ~って思いました。



でもいかがでしょう。



あり!ですね!!✨





スカーフはすごく縁の色が大事です。
真ん中は、大概、どうでも良いのです。バイアスに折って結ぶと、真ん中は、大概、首の後ろに隠れてます。これだったら、首に巻く部分が緑で、カラフルな縁がリボンの様に出るでしょう。


このスカーフ、真ん中の柄が、気に入ったとしても…


ごく簡単に結ぶと、縁のオレンジがこんなに主張します。真ん中の柄はほとんど見えませんし、色しかわかりません。





この対角線の白の部分。ここが一番大事。三角に折って、スーツの中からチラ見せ。さらにバイアス方向に細く折って結ぶなどが多いですよね。





お洒落番長の名を持つ、メイ元首相。このチラ見せも、赤の部分は首の後ろに隠れてしまい、見えるのは白い部分。





このスカーフも、緑と思って買ってみても、使うと、このブルーがかなり目立ちますよ。
真ん中のお馬さんは、残念ながら「茶色の何か」と化します。余程上手くここを出して結ばないと、「お馬さんのスカーフ」とはなりません。



~~~~~~~~


ではでは…、下の三枚についての考察。テーマはマリンルック。


大きな帆船に手旗信号。波も見えます。白の太い縁。





錨と、シート。赤の細い縁。





色こそブルーだけれど、漫画みたいなユーモラスな動物柄。少しオレンジも入っています。縁なし。




この三枚の中から、マリンルックに合わせるスカーフを選ぶとすると、

上は、実は、多分、普通に結ぶと、ちと寂しい。旗もかわいいですがあまり出せないところにあります。大きく真ん中を見せてブラウスの様に広げて結んでも、船が大きすぎて、なんだかわからないと思います。真ん中部分の色数が少ない。
縁がこれ…。


普通に結ぶと、主にここが出ます。うーー。

このスカーフの名前は、手信号。だったかな?縁は、ほぼ白です。スカーフを広げて見ると、これはマリンルックに最適に見えますが、冷静に見ると、少し物足りない。⭐️





では、真ん中、これのポイントの高いところは、赤の狭い縁です。これは、結びかたで、すっごく可愛くなります。


例えば、こんな風に…。(昔流行った柄と結び方ですが…。最近ではあまりしませんけれど。)


この縁の矢印の黒を描きたしてみました。細い縁があると、こんな効果もあります。

で、シルクデシンならではの素晴らしい発色。でもともすると、ゴージャス過ぎて若い人には老けてしまいそうですが、今の私はこれを選びます。ただし、色数が少ないのであまり応用は効きません。⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️





そして下。縁なし。柄はマリンではありません。でも、色はマリンルックに使えそう。これ、結んでも柄は小さいので、なんとなくモチーフがわかりそうです。なので、ほかの季節にも使えそう。そしてポップで、カジュアルで愉しいですね。赤と白も入っていますし、外し色のバランスも良い。赤い口紅に赤靴でいかがでしょう?マリンにもいけそう。使い勝手は良さそう。⭐️⭐️⭐️


~~~~~~~~

では、次、下の三枚の写真は、真ん中の柄の出る使い方の考察です(笑)


ブラウスの様にするとシルクの輝きが迫力満点になるので、フォーマルなどに…。


鳥居ユキさん。このアクセサリー遣い✨アンティークのリングも多いそうです。



この場合も、真ん中は内側から少し縛ってウエストがもたつかない様にします。





かわいいですね💕この方。

この場合も柄で選んでも、無駄です(笑)畳んでしまったら何が描いてあるかは、わかりません。
色のバランスと、面白さ。部分的に、魚の鱗で水玉になっていたり、椰子の葉っぱで、縞々になっていたりと、面白い模様がある方が、効果的です。



色数が多い方が、全体がまとまって見える様に思います。いくら柄が気に入っても、色数が少ないと使い勝手が悪いです。

~私がスカーフを選ぶ時のポイント~

⑴  縁の色
⑵   対角線エリアの色の配置
⑶  縁の幅の狭いもの
⑷  柄より、色。何の柄かは二の次。
⑸  なるべく多くの色を使っているもの
⑹  できれば、出す場所によって変化がある柄付け

バッグや、首にちょっと結ぶなら、プチキャレも、カジュアルでかわいいですよね。

はっきり言ってこのスカーフは、娘の代まで使えます。とっても丈夫。退色もしませんし、へたりません。考えて買えば、損はないです。

~勝手な意見です。お目こぼしください✨画像拝借致しました。




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/08/24 09:44] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
ファー使いのお手本
ファーというのは、素材そのものに、パワーがすごくて、着こなすっていう事が出来るのは至難の業です。ああ、毛皮着てるのね、じゃなくって、素敵だけど、どうしてかしら?ってよく見たら毛皮だったっていうのが、理想的(笑)
こりゃ、大変な険しい道です。




私、ファー好き。






なんて品格。素敵ですが、ファーの襟よりも、本人の方が先に目に入るという、流石の方です。この襟に負けない存在感。
これに、ガーリーな、プリントのスカート!!ああ、参りましたっていう感じですね。






ともすると、歌舞伎町臭のしてしまいそうなこんなコートも、なんのそのです。
『プラダを着た悪魔』モデルになった人。アナ・ウインター。この髪型も、変わらないトレードマーク。







どうしてもほしくて、ヤフオクで探した、チンチラ。心配なほどの激安でしたが、すっごくラッキーなことに、ものすごく品の良いものでした😆

他に叔母や、親の着なくなったファーコートを自分でリフォームしたストールなどがクロゼットにあります…。
毛皮って、案外簡単にミシンで縫えます。裏打ちとかしないでも、大丈夫。びっくりするほど、毛皮のリフォームって簡単ですよ!~でも、ミシンは、工業用、もしくはそれに準ずるくらいのミシンが良いかもです。必ず試し縫いをしてみてくださいね。






このバッグも、100円ショップのカゴに、色々付けて作ったもの。取っ手は壊れちゃったヴィトンのものを転用(笑)ファーも、コートをリフォームした残りです。このバッグも、あ、あのブランドのパクりです(笑)



~毛皮、色々、ございますことは、存じ上げております。たくさんは持っていませんし、全て譲り受けたものです。今後増やすつもりもありません。今後、新品は、買えません(笑)…どうか、お目こぼしください。


続く…



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/08/23 08:14] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(2)
パール使いのお手本
パールのネックレスの達人。そしてコンサバティブなお洒落のお手本を…。



ジャッキー。





パール、一番好きなジュエリー。
若いうちは、フェイクパールと本物の見分けがつかかった私。
でもね、色々勉強がてら、デパートやら、宝石店やらに、用もないのにふらふら入って、散々見て、見尽くしてみると、ものすごい輝きの違いがあります。

伊達や酔狂で、お買物へ行っては損です。デパートは、色々なものが入っていますから、「間違えて来ちゃった風」を装って、ぜひ、宝飾品売り場へ忍び込みましょう。どうせ、ガランとしていて店員も暇にしていますので、冷やかしOKですよ。

私は、ちょっとお勉強させてくださいと、言って、散々見てきます。
あ、でも、常連さんや、ガチで来たお客さんが来たら、退散します!🤣🖐






フェイクパールとあこや真珠は、カップ麺と老舗蕎麦屋くらい違う(笑)

こんなにロマンティックな、かわいらしいジェリーは、他にないかもです。
良いものは、虹色のオーラがゆらゆらと立ち昇ってくるよう。






パールコレクターの私は、真似をして三連のパールを手に入れました。女王さまは、若い頃からこのネックレスを常にお付けです。
女王さまは、歳を重ねると共にブローチを重ね付け。
私もよくします。










さて、コンサバティブなの装いと言えば、この方も。前田義子さん。ニューヨークのお蕎麦屋で、ばったり会ったことがあるのですが、光り輝くようでした。

私が、頭を下げたら、笑顔で、会釈してくださって、素敵な方だなぁって思いました。このまんまの姿でしたよ(笑)



傍らには、ナンタゲットバスケット…。







私物のバロックパール。ずっと探していました。ようやく手に入れて…。でもこれも、若い人には似合いません。



これはフォクシーのパクリで自作のワンピース。
前田サンは、もちろん全身フォクシーで、本物のナンタゲットバスケットもきっと何十万円…。



でも、私は、

ワンピース : シルクの服地にレース、五千円もしません😃🖐✨
カーディガン  : UNIQLO の men's  (笑)生地がしっかりしてます!
お帽子 : 横浜のどっかのデパート
バッグ :なんちゃってバスケット…パチもんですよ 😆
鳥のブローチ :トリファリのアンティーク~個人輸入

すっごい節約コーデです!










女王さま、こんな色使いだってしちゃうのよ。


このコートドレス、体型も気にならないし、きちんと感もあって優秀。私もいつか真似しようッと。
愉しいお洒落

お洒落のお手本、続きます…





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/08/22 10:14] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(4)
ボブのお手本
私が髪をボブにしているのは、この人の影響。
言わずと知れた、アナ・ウインター。



もうずっと変わらないヘアスタイルの人。

和装をしたいので、私は、少し長めのセミロングですけれど、同じようななボブにしています。
どんなに流行が変わっても、土台はこのヘアスタイル。






~!全然違ってすみません。髪型はこんなですって写真ですね。これは…(笑)はは、は。

私は、案外髪に艶がある方なので、今、流行りの髪型にすると、艶が半減しちゃうんです。この髪は美容師さんもびっくりの艶。髪用のゴムがスルリととれてしまうほど…。数少ない長所(笑)

そして、染めるのは面倒なんです…。はっきり言って(笑)あははは。なので、この真っ黒なんですが、たまに、パーマをかけて、癖毛風にしたりもしてみたりしますが、基本、このボブ。

カチューシャで、耳を出したり、後ろでひとつにまとめて、リボンで結んだりすればイヤリングが効果的です。和装にも便利です。







さて、アナ・ウインター、American Vogue社から、被服費を年間二千万円支給されるそうですよ。
これを参考にしない手はないと思いませんかッ?!
永遠のファッションアイコンなのですから…ね✨

そして、私が、リントンの生地で服を作るのも、この方のCHANELの着こなしがカッコいいから。

CHANELは買えないけれど、お店に行って、お客さまが、誰もいない時には、店員さんに、あれこれ聞いて勉強。
似たものを作るんです。(笑)






そしてアナ・ウインターの定番はネックレスです。
首に沿うような長さのトレンドの雰囲気を持ったネックレスを必ず。

自作の服の一部。これらは全部スーツです。









このオレンジのスーツは、結婚してから行った洋裁学校で作ったスーツ第1号。懐かしいです。これは、ユザワヤの全国の作品展で、賞を頂いた記念すべき作品(笑)



ため息のリントン社のツイード✨

アナは、バッグは持ちません。きっと運転手が持っているんでしょう。ね!

お洒落のお手本、続きます…。






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/08/20 09:53] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(4)
キャロリン・べセットのようにはいきませんよ。



私が、若くて、彼女のような容姿だったら、私は、絶対こんな服を選ぶ。




何も足さない。でもそれでも充分なひと。
シンプルなアクセサリーなしの、潔い装い。若い人はこれで良い…。
若く美しく、上品。憧れの人。



隣は、ケネディの息子。二十年前、嵐の夜にプライベートジェットが、ナンタゲット島の沖で墜落。二人とも、もうこの世にはいない。


でも、私は、キャロリン・ベゼットではない。美しくもないし、若くもない。細くもない(笑)
なので、足さなきゃいけないものが、私には色々必要。



とっても憧れるけれど、
私のお洒落のミューズは、彼女ではない。
目指す頂は別の山(笑)
自分の雰囲気に合ったものを。



大きなブローチの重ね付け、大きなアクセサリー。スカーフ。
これは、「色々な都合」の忍法目くらまし(笑)
皺シミたるみ、体型の変化、目元も下がる、艶もない、アイ・シャドウだって、皺に入り込んできれいに見えないんですよ。色々なことがあるんですねー(笑)






わ✨愉しそうですね。




私の場合は、パール、ゴールドジュエリー、赤い口紅、
束ねた髪にグログランか、ビロードのリボン。これは必須。
パール・赤口紅・リボンは、私の三種の神器(笑)
歳をとると、性別が不明になるので(笑)
「女のおじさん」にならない為に。



私は、こんな女性も憧れ。
歳をとったら、何も足さないって訳にはいかない「事情」があるんです。



はちみつ色のサングラスや、ゴールドの大きなピアス、この珊瑚のリングをみて!ポイントのグリーンのブレス。これに、下はラップスカートです。カッコいい。







こちらは、繊細なお洒落ですね。良いわ…。ため息…。このピンクの口紅よ。





こちらは、堂々と!この方の爪の色…。ピスタチオグリーンが、バッチリ!




キャロリン・ベゼットの歳重ねた時のお洒落を見てみたかったですね。

お洒落は、これから。
私のお洒落のお手本。



「シンプルの罠」にはまらないように!

研ぎ澄まされた様なシンプルな服が似合うのは、裸でいても素敵な人だけ。
そして上等の素材の素晴らしいカッティングの服である事が絶対。
自分が、ヨレヨレなのに、服までヨレヨレを選ぶ必要はありません。

続きます…。





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/08/19 21:13] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
透ける小物


ルーサイトのアンティークバッグ。




ガラスのグラスに、チェリーのビール。



このグラス、素敵!
ベイスターズ負けてる。。。。






氷のようなピアスにブレスレット。


熱帯夜。どこかでひぐらしが鳴く。



リビングの灯りを蛍光灯の光に。青っぽい光にすると少し涼しく感じます。
私は夜は、照明を薄暗くするのが習わし。ダウンライトを消しますね。



吹きガラスの泡のようなネックレス。
明日、着ていくもの、決まらない…。

涼しそうなものを選んでみるが、食指が動かない。
いっそ、エスニックにしてみましょうか?でも暑い色は着たくない。


要はね、BBA、出掛けたくないのだ。

暑いから(笑)



ぬるいお湯に入れたミントグラスの香りの入浴剤を入れてみましょうか?
苦い香り。森の匂い。色々あるんですがね…。
でも、シャワーで済ませようか…。



外は、手の切れるような薄い三日月。
月明りで、レモンの鉢植えに水をやる。滴る水が、サンダルの足にかかる。
ホースの生温い水。濡れた足が気持ち悪い。


あ、そうだ、歩夢くんの動画を見ようっと!


涼しいよ。



シャーベットのような雪上を滑る音。雪煙。



BBA、この隣に座りたいなぁ…。



そうだ、歩夢くんもきっとがんばっているんだよね。BBAも、がんばる。

こんな時、私を助けてくれるのはやっぱり歩夢くん(笑)うふふ…。


あゝこの気温…。
生きる気力が奪われていく…(笑)

私は余生…。





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/08/07 07:33] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
夏の定番


インテリアファブリックで作った麻のスカート





湯河原のお土産屋で、買った貝に穴をあけて作ったブレスレット。これはワイヤーが切れてしまって、作り直したほどのお気に入りです。






ジュネーブの安売り靴屋で買ったサンダル。よく履いてます。





シルクシャンタン  で作ったスカート。涼しいよ。二代目(笑)






フィレンツェで買ったブレスレット







鉢植えのハイビスカス。素敵✨





ナポリで買った枝珊瑚。





安いラフィアのバッグに、ホームセンターで買った貝をくっ付ける。


白い麻のブラウス。革のミサンガ。緑色のマスカラ。





これは、若い頃よりも今の方が似合うよ。






黒の、ノースリーブのワンピース。丈も、襟ぐりも、その時々でサイズの合ったものに、仕立て直します。



砂色の細身のパンツ。ゴールドのバレエシューズ。


この夏も、こんな代わり映えしない服を着て過ごすのでしょう。


私の夏の定番。





この暑さを、少しでも、愉しんで…。
でも、湿度が高くて…。

ピアノの部屋は、エアコンと除湿機をかけっぱなし。でも、こうすることが一番大事だとわかったので…。調律を何度も入れるよりも、経済的です。

愉しいお洒落





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/08/01 10:43] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
余生だなぁ…(笑)
夏はいつしか、苦痛な季節になった。
あんなに楽しみな季節だったのに、夏が辛い。



人生は、変化するのだなぁと思いました。

夏は、畑や庭に出るだけでも汗が噴き出す。昨今のこの異常な暑さ。熱中症も怖く無理は禁物。
でも、毎日エアコンの部屋で過ごすのも、良くない…。だから、ウォーキングは空調の効いた大きなモールや、デパートの中を歩くのが一番良いかもしれないですね。


今年も暑いのだろうか。

自分は老いたのだなぁ、と思う。

ピアノの練習して、それから、歩夢くんと今永くんのSNSのチェック。お昼に少しテレビを見て、図書館で借りた本を読む。お昼寝(笑)夕方花を摘んでアレンジをする。写真を撮ってみて、今日思った事を日記の様にここに書く。畑の野菜をとってきて、献立を考える。居心地の良い家。今日はお洗濯がよく乾いたよ。
夕方からは、ピアノのお友達がやってくる。自分もレッスンに行く。
ピアノのない日は、野球中継を観て、大騒ぎして、ご飯食べて寝ます。
金曜日にはお馬さんへ行ってひと汗かいてきます。




季節に変わり目には、次の季節に着る着物を干して風を入れる。

絹や、上布に、気持ちよく、風を通して、これは、どんな風に着ようかなって考える愉しさよ。



クロゼットの中を入れ替える事ももはや無い。定番の服は、細かなシルエットをリフォームしながら20年以上も現役。叔父に譲ってもらったサンローランのコート。これはなんと50年前のもの。カッコいい…。

普段着で、面白いものを買ってワンシーズンだけ愉しんだりもするけれど、基本の服は、頑固に譲れない服がクロゼットにあるのだ。







この中で、出番のないアクセサリーは無い。ソリッドカラーが多いので、いくつも重ねてつけて、工夫して…。何年経っても私の「好き」は、もう、変わらない。流行には乗り遅れています。

私の人生はあまり開かれた人生ではありませんでした。我が道を行く人。頑固で、変わり者で、人付き合いが下手。そんな自分の服には、頑固な決まり事がある(笑)





思う様にならない自分との闘いの半生。

でももう、余生ですね。
気持ちの良い家。おうちリゾート(笑)日が当たる明るい部屋。
ようやくここまでやってこれた。長い道のりでした。
ダダもあと一年半で定年退職。
もう欲しいものはあまり無い。





若い頃、「安いから」という理由だけで、ものを買うのは、すごく勿体無い事です。ひとは安い物は、絶対に大事にしません。決断も、安易にしてしまいます。安い物は、真剣に選びません。

そして、粗悪品に囲まれて生きる事は、危険。いつしか、自分も粗悪品の空気をまとってしまうのです。でも、若さはそれを凌駕してしまう。若ければ、粗悪品もなんのそのです。

でも、歳をとったら、そうはいきません。だから、たくさんは要らないのです。シーズンに服は一着買えば良いのです。安くて良いものを見つけるには、相当の眼力と年季が必要です。



その眼力を育てるのは、良いものを見ることです。一流店で、見せてもらいましょう。色々教えてくださいます。手に取ると、縫製の良さ、素材の素晴らしさに驚愕します。ランバンの服も、ものすごく大人っぽく、カッコいいです。パクりは作りますが、一着も持っていません(笑)




私は、もう、買物にはあまり興味がない。

お金もそんなに使わない。今は、自分の居心地の良いものにお金を使う様になりました。(お布団や、ルームフレグランス、音の良いスピーカーなど)そして、そんなにあちこちに行かなくても、自然がいっぱいのこの街。林の中をクルマでドライブできるし、海も近いし、畑もできる。




私は、こんな生活が、したかったんです。

若い頃は、入れる時代。どんどん吸収しましょう。そして歳をとったそれを自分の中で発酵させて、出していく時代。素敵な、おばあちゃんになるには一生の努力です。

素敵になりたいと思う若い頃。その時期にしっかり「素敵貯金」をしておくことです。お金が無い時期にどう過ごすか。これが大事。



人生は、膨大な量の決断の連続です。その小さな膨大な決断が、将来の自分を作ります。







写真に写る自分の顔。今も、ふと、何かに怯えたような悲しそうな顔をする時がある。毒親育ち(笑)でも、人のせいにしない。自分の生き様。もう、それでもいいじゃない、って、思える様にようやくなりました。たくさんの、方々に、感謝して✨



54歳。
そんな顔。これが自分の人生だったんだから。


今、この時間を大切にして、愉しもうと思います。








 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/07/27 10:34] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(4)
いつも愉しみなテリーさん!その2
続き…。
テリー伊藤さんの、冬のお洒落です。



ああ、パリのおじさんみたい。どこを目指しているのか、よくわかる。






これは、ショウのランウェイです。きっと、スタイリストのコーディネート。でもね、ここでも、ボーダーのシャツ。赤をポイントに、襟元だけのカウチンセーターかな?それに合わせたニットのベレー。奇天烈に見えるかもしれませんが、定番の服をアレンジ。



コーデュロイに洋裁でよく使う木綿の伸びどめテープを縫い付けてあるジャケット。よく見えませんけれど、ボタンもお洒落。





靴はトリッカーズかなぁ…。かっこよ。
こんなカジュアルなコート。よくサーフショップで売ってますよね。少しチクチクするような粗っぽい織のなんていうんだろう?このジャケットの素材。膝掛けや、ストールなどによく使われていますよね。
似合っちゃうんだなぁ~。少し海っぽいのもお好きなのでしょうか…。







これは、プロのコーディネートしたファッションショー。着こなしは、うわぁ、圧巻。こんなの着こなせる?





ロンドンのパンク風。似合う。








ベルベットはお好きなのか、よく着ていらっしゃいますね。
冬には、よく見る気がします。







うわぁ、とても仕立ての良い帽子。だから、安っぽくはならないのですネ。







ビートルズや、往年のグループ・サウンズ風の、フラノのジャケットに、黒のタートル。
こんなものは、仕立ての素晴らしく良い物でないと、古着でこんな格好良くいきませんよね。古着屋さんなどで手に入れた物かもしれませんが、もうお洒落を極めちゃってますよね。
こんなピンクのチェックのウールのハンチングを、どうしたら選べるんでしょう…。





でもね、よーーーく見ると、トラッドの風味のベーシックなアイテムを要所要所でしっかりと使って、味付けをしてることも分かります。
実はご自身の絶対的なベーシックなアイテムがおありになるんです。
何年も何十年も着てきたベーシックなアイテムが…。自分の身体の一部になるくらいまで着倒してきたものがあるんです、きっと。

きっと、頭の柔らかな、いっぱい遊んだ人。何十年も着込んだ服。読んだ本、聴いた音楽、乗ったクルマ、食べたもの、交流のあった人、見た映画、痛かったこと、楽しかったこと、そんなもので、出来ているこのお洒落さん。
この歳になると、どうやって生きてきたか、は、着こなしに出てきますよね。

~~これは何度も書いていて、ウンザリされる方もいらっしゃると思いますが、過去の記事を引っ張ってくるのも、もうどこにあるのやらわからないので、仕方なく今日もしつこく書いています(笑)
読み飛ばしてくださいませ。っていうか、そんなに大勢読者なんていらっしゃいませんから、いいんですけれど…(笑)~~


ただお金をかければカッコいいかっていったら、それが、そうじゃないってところが、人生タノシイところ。

いくらこれをそっくりそのまま着ても、全員に似合うわけではなく、バッグボーンがないと、借り物みたいになってしまうものね。残念だけどね、若い子には無理よ。ええ、本当に。





本当に素敵な人は、家でブランド物を集めている訳ではありません。
(笑)そんな風に「お金をたくさんかけても、ちっともかっこよくない人」など、掃いて捨てるほどいます。



逆にね、なんでもないものをささっと着ていても、深みのある存在感のあるお洒落さんもいらっしゃいます。ごく普通の服を着ていても、素敵な人はいらっしゃいます。



こちらもどうぞ   → テリーさんのクリスマスコーディネート


こんな服が似合うのは、只者ではない!

~個人的な意見です。お目こぼしください。ただ単に、自分が、画像をまとめて保存しておきたいだけです。お写真、拝借致しました。





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/06/26 13:19] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
いつも愉しみなテリーさん!
テリー伊藤
若い頃は、大変だったみたいだけど、今は本当にすっかり丸くなってね…(笑)
でも、彼のファッションの基本にあるのは、きっとアイビールックと、プレッピーです。



これがベース。

若い頃から原宿のお洒落なお店の常連で、とんがったお洒落にはうるさいおじさん。意外や意外。よく観察すると、すごくスタンダードです。奇天烈な、印象がありますが…。







張りのあるコットンのコードレーンのジャケットに、白のボタンダウン。ネイビーのドットのタイ。アメリカのカジュアルシーンのお洒落の基本。こんなのを着こなすおじさん。確かこれにはカッコいいダイバーズウオッチを。

定番中の定番なのに、なかなかこんなのを着こなす人ってあまりいません。このコットンのカジュアル感で、抜け感のある軽い季節を感じさせます。








初夏の定番。クレイジーマドラス。これも定番中の定番。どんなに時代が変わっても、ずっと生き残っている物。この季節、海っぽい感じでコーディネートされた帽子と伊達メガネ!







パンツと帽子の色を外したマリンルック。ボーダーのシャツも、定番。白のボタンのマリンジャケット。マリンルックだからと、「ネイビーとホワイト、そして赤」のトリコロールにこだわるのは、つまんないでしょ、って、少しひねってパステルカラーを入れる達人。後ろのセットに、赤が使われていますのね…。これで、バランスはバッチリ👌






愉しいプライベートの装い。





私は、装いで、素材という要素はとても大事と思います。


花だって、天鵞絨のような花びらの、どっしりした真紅の薔薇と、タフタのような軽い雰囲気の花びらに、明るい黄色の薔薇では、全く雰囲気が違います。

同じ白でも、霞のような雪柳、スノードロップの肉厚の花びら、カジュアルなかわいい木綿のデイジーや野ばらの雰囲気はまるで違います。花びらの素材感。
ひらひらのローンのようなスイートピーや、羽二重の絹のような薄手の花びらのうす紅の桜と、たっぷりした厚地の花びらのチューリップや、百合では、同じ色であっても全く雰囲気が違いますよね。使う生地の大きさや、顔からの距離、そんな事が、お洒落には大事なことかなぁ、って思ったりします。

かさかさした矢車草、針のようなあざみ。いかにも初夏ですよね。これらが、ぼってりとした肉厚の花びらでは、初夏の雰囲気は出ません。

そして秋には、もこもこの鶏頭。どんぐりの温かな質感。毛糸のようなすすきの穂。ベルベットの秋薔薇。

色だけではない季節感。花びらにだってあります。私は、お花のアレンジでも、そんな感覚って大事にしています。




素材のマッチング…。

素材を間違えると、意図したシルエットが出ないこともありますよね。素敵にデザインされた服でも、適切な素材選びがされていないと、残念なことになる場合もあります。

なので、テリーさんの様に素材を味わい尽くしたようなコーディネートは上級かなぁ、と思います。
木綿のブラウスに、ゴージャスなオーガンジーやモアレのスカートでは、おかしいですよね。
でも、テリー伊藤さんはこれをあえてやってのけるお洒落の達人。

夏にスウェードの革の茶色のフリンジのついたスカートを履いたり…。
白の綿ローンのレースの儚いスカートに、わざと迫力あるターコイズのインディアンジュエリーとか…。
よくやる手ですけれど、何かもっと新しい着こなしを、いつも考えているお洒落さん!


次回は、テリーさん、冬バージョンです。長くなりました。
続く…。




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/06/26 08:33] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
お洒落好き



このお洒落さんとは、このブログを通じて、お友達になりました。
長いお付き合いの名古屋のお友達です✨



とにかく、アンティーク好きのお洒落さんです。
私は、たまに相談にも乗っていただいたり、色々送りっこしたり…。
ほんの少し人生の先輩でもあり、すっごく目利きの方でもあります。


週末は、こんなメールが…。
『クラッチを求めたのですが、使いにくく、持ち手に茶色のベルベットをつけてみました。他にどんな色が合うと思いますか?』





よく見ると、そのクラッチは、ラフィアのような軽い素材に、凝った刺繍のしてあるもの。ここに、ベルベットを合わせるという、一見、禁じ手のような意表を突く組み合わせ。思わず、うなってしまいました。


うわー✨


お洒落さん。ゴージャス!

ユナイテッドアローズのバッグだそうです。




これね、朱色の細いリボンも素敵だはないかなぁと思うんです。



こんな砂色のワンピースに、



もっと、細い朱色のリボンでも、針金を通した毛糸の鎖編みでも。太い紫のリボンでも!!ちょっとキッチュな感じで。~写真は真っ赤ですけれど…。
針金に、渋い色のビーズを通してみたら??
妄想は広がります。お友だちのバッグなんですが、愉しい妄想!うふふ。



かわいいかもです。





色々取り替えて愉しむこともできそうですね!こんな事を一緒に考えるのも、愉しいんです✨

こんな風に、素敵な方は、思いもよらない、お洒落なものを発掘して見せてくださるんです。距離は離れておりますが、お洒落好き、アンティーク好きのお友達。もうかれこれ、長いお付き合いをさせていただいております。

愉しい時間をありがとうございございます🌼




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/05/19 16:49] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
真珠のピアス
日常の一番の定番は、フープのピアス。

そして、もうひとつの定番は真珠のひと粒のもの。





ひと粒の真珠のピアス。耳たぶに、ひとつ。
虹色のてりてりです。






おおおお、緊張してる、緊張してる(笑)モーツァルト連弾の公開レッスン。

こんな風にね、赤い口紅に、カチューシャ。もう、若い頃からずっと変わらない。老眼なので、公開レッスンはメガネ必須。これ、Tホウ音大のT田先生。w先生のコネで!!スゴいよね~。もう一生こんなの無理だわ~。ラッキーだわ。感謝だわ。




女子の三種の神器、パール、リボン、赤い口紅。✨






これは、普段、常につけているフープのピアス。いつもは、こんなの。



スタージュエリーで見つけて、もう二十年くらい愛用。ゴツンとボリュームのあるピアスです。

私の普段着は、ジーンズに、白いシャツ、紺と白のネイビーのボーダーのカットソー、もしくは、紺のパーカー。紺のセーター。生成り色のコンバース、カーキか、ネイビーのコート。もう、常に変わらず。
真夏には、細い大きなフープのピアスをすることもあります。でもこれは、引っかかって落としてしまう事が多いので、プチプラです。


さ、今日は、白のブラウスに、ベージュのパンツ、金茶色のシルクのジャケットで。



ジャケットには、トリファリのベビーパールの鳥のブローチ。
ジャケットにはポンと付けると、可愛らしいですね。




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/05/10 08:20] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
籠のメイクボックス
愛用のメイクボックスが壊れてしまって、困っていました。




とにかく、物を買う時は、まず、百均で探す。そして、良いのがなかったらヤフオクを探す。で、なかったら、ネットで使い勝手のレビューを見ながら、参考にして…、さらにに無かったら実店舗へ行く。(笑)あらあら…。
お買物は、ネットが中心になってしまっています。だって、すぐに届けてくれるし!



私は、お買物は、横浜が一番楽です。でも、お昼食べたり、お茶したり、うーむ、帰りに夜ご飯のシウマイ弁当三つ買って。なんてしてたら、結構かかるのですよね。ふふふ。で、余計なものまで買っちゃう。結局すごく散財しちゃうんですよねー💦

都内は、ダダが学生時代、バイクに乗っていたので、もうタクシードライバーのように、道が詳しい(笑)ここへ、行きたい!って言うと、どこでも大丈夫。でも、最近はナビもありますしね(笑)
ただし、ダダは、食いしん坊なのです🤣💦


ナノデ、ケッコウ、ご飯代が、カカルンデス…(笑)




でもネットショッピングは、良いですよね。比較検討も自分のペースでゆっくりできるし。

手持ちの物とのコーディネートがどうかな?、という「一番大事な問題」が色々検討しやすいのです。家の物をゴソゴソすれば、バッチリの物がゲットできちゃうものね!





で、メイクボックス(笑)ね。



ヤフオクで。





平べったいので、すっごく整理しやすいですよ。
重ねない収納ができます。並べちゃえるんです。







気に入ったのは、蓋が大小あること。大きな方はこんな感じです✨
バッチリ👍






全部きれいに入りました✨何より大事なのは、ぎゅうぎゅうに入れる事。ひとつ何かを取り出しても、横の物が倒れないって大事なんです。




小さな蓋の反対側には、



基礎化粧品と、ブラシと、ぱっちんどめと、髪のリボン。そしてニベア!!
このまま、クルマに乗せて旅行にも。
ホテルでは、この籠のメイクボックスと、小さなバッグでチェックインできます。





前に愛用していたもの



残念ながら、歪んで壊れちゃったのです。畑グッズを入れて使おうと思います。捨てない捨てない(笑)
で、籠のメイクボックスって、良いのです。


第一、パウダーなどで汚れない!手垢が付かない!少しくらいくたびれても、味わいになる!部屋に置いてあっても、馴染む!そして、何より良いのは、このまま持って歩けるので、クルマで行く小旅行には色々荷造りしなくって良いのです。

洋服にも合うでしょう。
普通に売っているメイクボックスを持って歩くより、素敵かもと思います。

~~   今日は、持病の薬を連休で切らしてしまって、具合が悪くなってしまいました。
で、ダダが、病院に行ってくれました。
ベッドで、寝ていて、申し訳なくて申し訳なくて…。
本当に感謝しないといけません。
今日は、ゆっくりお休みの日です。


愉しいおしゃれ 🎀   ~~





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/05/07 13:14] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(5)
美容室へ
最近は本当に便利ですねー。
ネット予約で、美容室へ。



春なので、若草色のコートで。生きてる証拠で、たまには顔出し(笑)ちょい色のあるネックレスを。お揃いの粘土で作ったピアス。






お袖がかわいいのです。本当はもっときれいな色のコートなんですが…ね!
美容師さんに、いたく褒められたバッグ。





あの…美容室へは、絶対にちょっとお洒落して行きます。
『私はこんな服をこんな風に着る人なんですよー』ってアピールしないと、イメージ通りのヘアスタイルにならないのです。

たかがボブなんですが、少し前下がりで、内巻きにコロンとなる様に、そして着物のヘアスタイルにするのに、襟足は短くしないで欲しいし、白髪を生かして欲しいし…。

白髪を染めないでね、と言ったら、色々わかってくれたみたいで、だったら、ちょいゴージャスな感じでいきますね!✨って。本人が貧相なんで…あはは🤣





今は「切りっぱなしボブ」とか、「くせ毛風ボブ」とか、色々あって、口で説明するよりも、見てもらった方が早いのです。白髪を染めて、明るい色だったら切りっぱなしボブでもくせ毛ボブでもいいんですが、白髪があったら、ものすごく貧相になっちゃうんで、ここはどうするかとても大事。







色々おしゃべりしていて、私はね、平野歩夢くんみたいなのがタイプで…と言ったら、
あーーーーー!
私も大好きーーー!って、
美容師さん。


お客さま、なんか意外です、とおっしゃる。え?そうですか?
お客さまは、なんだか、安住さんとか好きそうな感じ…。え?そう?




人となりをわかってもらうのって大事なんです。
だって、髪だって、自分らしくして欲しいから…。



美容師さん、カットしながら、
「歩夢くんって、『プーさんが好き』とか、あざといことを言わないところがいいですね!」だって。笑いました。
わかるわ~~。


でもね…
コレ言うと、かなりのひとを敵に回すという(笑)あはは~。






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/03/14 08:04] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(2)
黒なの?
息子のリクルートスーツを買いに横浜へ。


サイズの確認が終わって、試着が終わったところで、店員さんが私にこう言った。
『色は、ネイビーにされるのですか?黒ですよね。リクルートですから。』

は?
『黒のスーツ?会社訪問へ黒のスーツで行くのですか?』

『今は、ほとんどの方が黒のスーツをお選びになります。紺では、大変目立ちます。黒をおススメ致します。黒ならば、冠婚葬祭にもお召しになれますので…。』



って????
う~???
それ、オカシイんじゃない?






私は、就活スーツは、安価なものを用意しようと思っていた。スーツの扱いも下手な息子、汚すだろうし、汗もかくだろう、とにかく、使い捨てで良いのだ。で、なので、高価なものでなくてよいのだ…。安い生地の黒。これは最悪。しかも、胸板の薄い息子が、黒の安物のスーツなど着たら、それこそみすぼらしいに違いないのだ。

ちなみにこの様な色を、おススメです。と、持って来たスーツは、お世辞にも黒とは言えない、すすけた様な「黒の様な色」だった(笑)
黒こそは、素材がものを言う。
息子に羽織らせたらば、レストランのアルバイトの様だった。

黒のスーツはビジネス向きの色ではありません。黒スーツは、海外でも、リムジン運転手や夜のパーティー用。ビジネス用のスーツカラーとしては、チャコールグレーやネイビーが一般的です。っていうか日本でも、会社に黒のスーツを着ていくなんてありえない。
洋裁学校でもそう習ったはず。








ダダは面接をする事もある。でも、学生さんのスーツの色は?と聞いたら、
「うーー、どうだっけなぁ…。見ていない」と言う!!

もーーー、


お前もどっかオカシイだろ



ダダをバックヤードに呼んで
回し蹴りをかましたくなった(笑)






でもね、面接する方は、「常識ある色ならば、そんなところは見ていない」という事なのだ!!
受ける方が過剰に反応しているだけなのですよね…。
私は、頭を抱えてしまった。

フレッシュな、活動的な、若者が、何故に、黒??黒は、汚れも目立つ。ほんの少しのホコリも目立つし、とにかく若いのに、会社に黒なんて!!
黒のスーツに、白のワイシャツ、そして淡い色のレジメのタイで、黒の靴で、靴下も黒で…。
…。どうしてなの?

今は、こんな感じの襟のワイシャツが流行りです。って、持ってきてくれたワイシャツを着てみると、小さな襟で、ネクタイを締めると、襟がめくれる。
『ごめんなさいね、似合わないと思うんです。なので、少し考えさせてください。流行りでないものでいいんです。似合うものを探したいので…。』
息子も、
『僕も、これは、ちょっと…すみません。』
というと、店員さんは







『目立たないのが一番大事です、紺のスーツに、番手の低いワイドスプレッドの襟のワイシャツなんて、すごく浮きますよ。誰もいませんよ…。』




このおかしな風習に、迎合することが、必要なのだろうか?入社してから、好きなスーツを着れば良いのだろうか?個性を殺す、ということが、そんなにまで重視されるのか。パンツの裾仕上げは、シングルで…。ダブルにしたらカジュアルなので…。わかるけど、これじゃ、ほんとの喪服。なんだか、可愛そうになってしまう就職活動。
自由と個性が、最も嫌われるワード。こんなお葬式みたいな格好で、緊張して会社説明会へ行くなんて。ちっとも、ワクワクしない。

無難に…と、黒を着れば良いのだろうか。それとも、彼に似合って明るく見えるネイビーのスーツを選ぶ方が良いのだろうか。リクルートスーツなど、その場限りのもの、長いものに巻かれていれば良いのだろうか…。そんなところで、個性を出す必要はないのだろう…。でも…。でも。




企業は、こんなに馬鹿みたいなところで、本当に人を評価するのだろうか?
自分の爽やかさや若さに相応しい色のスーツを選べるひとの方が良くないかしら…。個性を消して、どんな人かわからない方が、選びにくいのではないかと思うのは私だけ??
ダークグレーのスーツに、織柄のネイビーのタイ。ネイビーのスーツに、小紋のタイ。そのくらいの個性も許されないのだろうか?自分によく似合うものを選べて、自分のフレッシュさを表現できるスーツを選べる人の方が良くはないだろうか…??





常識、ドレスコード、そんなものから外れているおかしな風習。
『お母さまの時代とは違うんですよ…。』
『なるほど…。そうなんですね…』
店員さんが悪いわけではない(笑)何も言うまい。でも、服は、中身の写し鏡。真っ黒のスーツだらけでは、企業の方も、選びにくかろう。嫌な世の中になったものだ。









結局、黒は、高校を卒業した時に作った喪服があるので、今回は紺のスーツを選ぶ事にした。
家に帰って調べたら、服飾研究家などは、黒のリクルートスーツには異論を唱えているが、官公庁や、公務員、銀行などは、黒一択だそうだ。息子は理系なのでそこら辺は関係ない。

メーカーは、多少幅があると言う。なるほど、外資系のメーカーのダダが、スーツの色を気にしていないのはそういう事だったのね。
また不景気故に冠婚葬祭に併用できる黒が流行りだした、という記述もあった。

『常識ある服装』と、定義したならば、黒はありえない。ビジネスの色ではないからだ。





そしてもうひとつ。面接は、少なくとも最終採取面接官は、私たちバブル世代。紺のスーツに好感を持つだろう。きっと。
でも、黒と紺、スーツは両方あるのであとは息子の判断に任せる事にした。




はみ出したくない、という事だけで、『黒』を選ぶ事に、私は違和感を感じる。







 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/03/11 13:15] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(4)
ブリジット・トロニューのスタイル
ブリジット・トロニュー。
マクロン大統領の、パートナー。フランスのファーストレディ。

大統領とのドラマティックな馴れ初めも、びっくりですが、ちょっと素敵な方です。






なんて素敵!フランス人ってこのサックスブルー、好きですよね。このアラベスク模様のようなストールも、リラックス感が出て、素敵。



マクロン大統領も、紺のスーツに紺のタイが定番。ダダもそうだよ!
ブリジットさんもこの色がきっと定番!
二人、素敵。
~政治的には、分かりませんけれども。





いい笑顔。



スカートの丈も、必ず、この膝上。に、ピンヒール。
皺が…、とか、なんとか言っているのがアホらしくなるくらいカッコいい。






厚地で、ピシッと決まったシルエット。身体の線を拾わないもの。テラコッタがかった珊瑚色。プリントではなく、ソリッドカラー。髪型も、ナチュラルな雰囲気で、こなれていますよね。
多分、この人は鏡の前で、何時間も色々こねくり回したお洒落をしない人。心の中を写すお洒落です。
今、これが流行っている、とか、これはもう古いとか、そんな事よりも、「自分に似合う服を選ぶのが大事だよ」って、教えてくれているようです。

長い手足を出して、縦長のシルエットに、首は出さないのが定番のようです。
お洒落の年季が違いますね…(笑)






服を着る時、私も必ずどこか肌を出すようにしています。ここは皺があるから、とか、ここは、太いから、とか、言っていると、いつしか全部隠す事になります。すると、あっという間にもっさりしたおばさんに一直線です。

肌を出すという事は、華やかさにつながります。

どんなに太っていても、皺があっても。夜の服は、肌を出すこと。午前中の服は、肌を出さないこと。これは決まりごと。








そして、ナチュラルで、作りこまないのって素敵ですよね。ブリジット・トロニューさんのスタイル。
フランス人って、長い爪とか、嫌いですよね。アメリカと違って…人工的なものを嫌います。
ファンデーションを必死で塗って隠したシミは、そんなに恥ずかしいものでしょうか?

私は、その「自分を認めない感じ」が、お洒落じゃない(笑)気がする。






そして流行との付き合い方。
「今の雰囲気」や「若さ」って、そんなに大事でしょうか?

テレビの通販CMで、出てくる、70歳のおばさん。「えええ、こんなにつるつるの肌!!で、まさかの70歳!?」って驚いているけれど、ちっとも素敵じゃないと思うのは、私だけでしょうか?

「ウエストマイナス7cm!!娘と同じ服。着られます!」って、全く素敵じゃないと思うのは、私だけでしょうか?(笑)その服では、なおさら老いが際立つような気がするのは私だけでしょうか?




若い人とは、頭の中身が違います。文化が違います。好きな音楽が違います。見てきたものが違います。その時代の空気を知らないのに、格好だけ今の時代のものを着ても、借り物にしか見えないのではないでしょうか?と、思います。

~~お友達と、クラブとか行って「まじ卍」とか言ってるなら別ですが…(笑)
それは彼女たちの文化。

早く、「自分の定番」を見つける事です。そして、それを着倒して、自分なりのお洒落を見つける事です。
自分は、どんなシルエットが似合うのか?どこがチャームポイントなのか?

流行のものを取り入れる時は、自分に似合うものだけを!

そして、定番を持ちながらも、常に進化する事も大事ですよね。自分がどんどん変わっていくから。つい最近までよく似合っていた服が、あらら…という事もあります。どんどんマイナーチェンジしていく事も大事ですよね。
頭の柔らかさ。大事です。




さあ、この、定番のスーツ、どこを変えていくか。そこが大問題(笑)




見て!日に焼けたこの笑顔!



素敵✨
~画像拝借致しました。
個人的な意見です。お目こぼしくださいまし~🌼






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/02/14 07:44] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
デザイナーの哲学


かなり前の朝日新聞、タケオ  キクチ  のインタビュー記事。



男性のお洒落についてのデザイナーの哲学。
このデザイナーは『お洒落は、知性と、やってきた事と人間性、独自のものを持っている事」と言う。
「自分は、この色のこの素材のジャケットを、この時間に、この場所で、誰と会う時に着るか?」というジャッジに、その人の全てが表れると…。

たかがジャケット、されどジャケットなのだ。









知性のある人は、古い自分をどんどん書き替えていくこともできるし、変えずにこだわる部分もきちんと持っている。そのバランスの見極めがしっかりできている。
「知識がある」と言うことが知性ではなく、「考えることができる」ということが知性なのではないかと思ったりする。

それは、今までどうやって生きてきたか、何を考えて。何を食べて、どんな人と付き合って、どんな音楽を聴いて、どんな本を読んで、どんな映画をみてきたか。そんな事が、選び取る一枚のジャケットに出る…のかもしれません。





そして私がすごいと思ったのは、

『自分独自の考えを、周りを巻き込まずに、やり通す』

コレ難しいよねー。とかく、なんだかんだと、周りに自分の意見を主張して回る人。人の気持ちを、自由にさせない人。なんでもべったりくっついてきて、「一緒にやろうよ。仲間じゃん」っていうのは、めんどくさい人。ひとりでやれない人を友達にしたら面倒。ネットでは意見はいくら言ってもOK!見なきゃいいんだから。でもリアルの世界では、そういう人と付き合うと、私は、面倒くさい。







さあ、ここに書いてある『知性』とは、なんぞや…。

それは、ここにも書いてあるけれど、自分を知っていること、かなぁ。と、思う。

自分の良いところ、イケてないところを知っている事。見た目だけじゃなくて、中身も。客観視できる力。感情抜きで。
これ見よがしの人は、キラキラのこれ見よがしの物を選ぶ。例えば会話の中にこれ見よがしに学歴なぞをひけらかす人。認められたいんだなぁ…。と思われるだけなのに…。
例えばこの強烈な「キンチョールのひと」。初対面の私に、なぜ、農薬の化学式を説明するのか???🖐→私、無農薬の人なの

そして頭の柔らかさ、かな。頭が柔らかな人は面白い。








もうひとつ、このインタビューに書いてあるのは『人間性』…。

意地悪な人??腹黒い人??背比べする人??そんなの、何を着ても似合うわけがない。だって、そんなギラギラしたドロドロした感情を内に秘めてたら、何を着たって似合わないと思う…。それらは全部、弱くて哀しい人のする事だから。

付け加えるとするならば、哀しい人は、人の服と自分の服を比べるという、とても面倒くさい事をする(笑)

そして、そういう人は、無駄に闘う(笑)人と意見が違うことに、耐えられない。個人で立っていられないからだ。







賢い人は、自分に合わない人を近づけない。

でも、それでいて、まわりの人を自由にする柔らかな頭。
そして、自分のゴールをしっかりと持っている。
私は、そこを目指している(笑)


こんな強い人、友達になれそうにない??



すっくと、ひとりで雪面に立つ人。誰も見たことのない場所に行こうとしている人。この人のこんなところが、好きだったりする。





でも、私自身も、そんなのが理想。

~~個人的な意見です。お目こぼしくださいませ。






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/01/05 10:32] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
お遣い物セレクション


先生のイメージにぴったりと思って、暮れのご挨拶に、こんな傘を選びました。


攻めてます!(笑)





木製の持ち手。
サイズはかなり小さめ。ココ大事!
日傘にもなりますよ。


悪質タックル事件の被害者の選手がMVPになりましたね。
宮川くんも復帰しているし、あの監督とコーチは相応の処分。良かった!





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2018/12/17 07:56] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
手作りペットボトルカバー


お外に行くのに、お水やお茶をいつも買っていたら大変!
なので、飲んだ後のペットボトルに三分の一お水を入れて、キャップを外して、冷凍庫へ立てて凍らせて…~~キャップをしたままだと破裂しますので(笑)~~…節約節約。


このペットボトルはプラスチックが厚めでちょっと丈夫で、良いんですよ!!ぺこぺこしない硬い素材なので、愛用。何度も使っても大丈夫。

そして、持って行く時に、お水を満タンまで足してGO!…なんですが、ここで問題発生!!そのままだと、氷が溶けてバッグがびっしょりになっちゃうんです。
そこで…。





こんなのを作って、カバーにしています。これも年季物です(笑)

荷物紐を使って適当に編んで、リボンをつけたんです。
それ、ニスを塗っているので、防水機能があります。




缶ジュースなら、すっぽり入りますよ。
ちょっとかわいいし。愛用です。




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2018/10/08 13:59] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(2)
秋ものを…
秋ものを出さなきゃ。
衣替え。



刺繍いっぱいしたスカート。出番ですよ。巻きスカートを作って、フリーハンドで、チャコペンでお花を描いてチクチク刺繍。これには、伸びちゃったモヘアのセーターを熱いお湯で洗ってサイズダウンしたのを合わせよっかなって思ってます。いい感じに、ジャストフィットしたんです。ふふふ…。


下には、レースの付いた丸い襟のリフォームしたブラウスを着たら良いかな。



で、かわいいバッグを。このブラウスだって三十年前の物をリフォーム。

あ、これに、草色の綿のコートはどうかしらね?!ふんわりした軽いコート!かわいいよ。きっと。





バッグは、アンティークです。私よりもお姉さま✨








上海のZaraで、買ったワンピース。たまにはカッコよく?!

インコース、スライダーでバシッと攻めてみました(笑)直球に飽きた方へ。
五連の翠のネックレスにケイトスペードの蝶と、アンティークの、蜂のブローチをくっつけてみました。
アニマルプリントには、鮮やかなごっついアクセサリーをすると、ヤンキーっぽく見えないよ!これで、華奢な細いチェーンとか、ダイヤの一粒ネックレスとかだと、老ける気がして!(笑)だから私は、アニマルプリントには、がっつり色を効かせるのが好きです。ターコイズとか、紫っぽいピンク、オレンジとか、合わせると、かっこいいよ。

あぁ、雨ばかりで、夏物をスッキリ洗えないですねー。



ここで、くたびれたものを捨てて、繕うものは繕って、シミはキレイに落として、ピシッとしまいたいのです。
でも、お天気が…。
そうして、秋晴れの日に、スーツを干したり、したいのです。
また、台風が来るの???

秋ものを出して、お洒落しよ!
待ちに待った秋だもの 🍄



数年前に、作ったバッグ。ちょっと早いかな?

これはね、100円ショップのカゴに、ハリスツイードの端切れ…。ボタンで付けたのは、取れちゃったヴィトンの持ち手なのです(笑)赤い、刺繍。そして、自分でリフォームしたファーコートの残りをくっつけて!






この大好きなストールも、出番ですネ!横浜のバーニーズで、もう15年くらい前に買った物。
かわいいよ。🍄



新しいモノ、なんて、なんにもないか…あははー。
全て定番化してる(笑)





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2018/10/01 12:53] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
憧れの人…樹木希林


若い頃はとても尖っていたんだと思うよ。内田裕也に惚れるんだもの。(笑)うふふ…。




うなっちゃうわ。この着こなし。



若いひとが着ても似合わないわよ。カッコいい。




私のミューズ。憧れ。



私がハッとしたのは、昔樹木希林が、モッくんなどと、家族でコム・デ・ギャルソンを着て写っていた写真。カッコよかった。あぁ、コムデって、こういう風に着るんだなぁ、って、衝撃だった。
普通の人がお金だけ出して着たって似合わないんだね。そういうブランドは。よくホストとかが着ているけれど…。やっぱり、違うもの。全く。



憧れ。

おしゃれは、滲み出るもの。
生き方そのもの。





素敵。



粋な半襟をこんなにも可愛らしく、着こなせるひと。




私は、乳がん再発の時の病気との付き合い方も、度胸の決め方も、このひとがお手本。



黒の長羽織。白の羽織紐。こんな半襟。この写真を見て、必死で探したものでした。




着物を緩く着る。

歳を重ねてからの方が豊かで、華やかで、自由で、素敵だった。
花開くように。匂い立つように、個性が開いていく。それは、中身があるから。
美しいものを見て、骨董が好きで、着物を着たおして、お洒落を極めた感がある。そして、酸いも甘いも噛み分けて、度重なる病も受け入れて、恐怖も受け入れて、それでも、深みを増す樹木希林の演技。

歳をとって、折れてしまう人もいる。
でも樹木希林は、強いひとだったんだと思う。


私たち五十路に勇気をくれるこの着こなし。




~~ゆっくりお休み下さい。素晴らしい人生を見せてくださって、ありがとうございました。



好きだったわ。







 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2018/09/17 12:00] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
今日は柿色のリネンシャツで



昨日はヤボ用で、お出かけ。長袖にします。
柿色のリネンシャツに、珊瑚のペンダント。このシャツは、独身時代からずっと着ているんです。もう、30年(笑)イタリアのブランドのもの。







珊瑚のペンダントは、バーニーズNYで、一目惚れです。これは、珊瑚好きの私の心の友。バーニーズって横浜店が一番しっくりくるラインナップです。お店によって品揃え、違いますよね、絶対。





輪っかのピアスは、セリアのもの。こういう大きな輪のピアス、柔らかな軽いピアスなので、すぐに落としちゃうんです。指にひかっけたりして…。なので、お手頃価格で、落としても大騒ぎしないものを常備(笑)

細いベルベットのリボンできゅっと髪をまとめて。



サンダルは、ZARAのセールで、購入。金に、綿のフサフサがついていて、カッコいいのです。すっごく安かった…えへへ。





今日は、立ち寄ったお店がセールだったので、パレオを二枚購入。





白地に、ブルーの椰子の葉っぱ模様。これ にはガツンとこんな雰囲気で。








あー、これは絶対にカッコいいです。ストライクゾーンだわ(笑)日に焼けてたら、すっごくカッコいいだろうけれど…。



こんなのにバッチリです👍



素朴な革のミサンガとか、木製や、貝などの自然派アクセサリーが…。
来年まで、しまっとこ(笑)



一枚800円ちょい!ひゃー!!



ストールにしても、スカートにもなるし、ブラウスにもなります。バッグに結んでもいいよ。
すっごくかわいいよ。
巻きものは、色々できるので、便利にしています。

愉しいお洒落









 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2018/08/25 09:00] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
枝珊瑚のスカート


海外通販のサイトで見つけたインテリアファブリックで作ったラップスカート。







厚地の綿で、枝珊瑚のプリント。巻きスカートなので、横幅いっぱいを使って、ダーツを取って…。138cm幅なので、丈分あれば、充分。
1ヤードあれば充分。
ウエストはボタンホールを開けて、ボタンで留める形、かぶせはこの綿の紐で、結ぶだけ。
多少のサイズ変動はボタンをずらせば大丈夫。あはは…。





サンダルで。




さ、ちょこっと畑に、ひまわりをとりに…。






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2018/07/01 20:36] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(4)
新しいバッグ
どうしても、バッグフェチ。

何か買ったの、久しぶりです。


ピアノも、最近、ジャズとか弾いてる。







あの、何も気にしないで良いから。色々面倒なこと考えないで、和音の響きだけ聴いてるのって、気楽で、癒される。


矢野アッ子ちゃんのコピー。

すごいスパイスの効いたおしゃれな和音。究極メロディはどうでもいい私。
和音フェチ。



パワーのある低音の効いたトロっとしたいい音のボストンくんにはもってこい(笑)



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2018/06/27 10:55] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(2)
白髪
白髪…。
なぜ染めないのか、と、聞かれる。





好きなんです。
でも、髪、艶々でいるようにしています。できる範囲で(笑)
ありのままの自分を認めることです。
あ、よく見ると目尻にも皺が。
でもね、嫌なところばかり数えても、つまらないから、良いところだけ見て(笑)

それにしても、写真を撮るって大事ですね。あ、お化粧でこんなシミって消えるんだ(笑)とか、かんざしの大きさと頭のバランス結構いいね!とか、色々わかるもの!





赤いボブのウイッグが欲しいんです。草間彌生みたいな。
ベリーショートの銀髪のウイッグもいいですよね。ウイッグって、すごく便利です。病気の時に一年間ウイッグ修行しましたので(笑)私、使いこなせますよ。



髪型はきっとずっと変えないと思います。
これが自分のスタイル。ーこういうのが、頑固な流行おくれのBBAの論理なのよね(笑)でも、若くないと体型や、その他のせいで、流行の8割は似合わない。あとの気が向いたら2割をハメてみる(笑)
私が目指しているのは、藤田ニコルちゃんじゃなくって椎名林檎だから(笑)矢野顕子や樹木希林だから(笑)それでいいんです。この道は間違ってはいない、と、思うんです。



白髪じゃなきゃ似合わない服や着物もあるんです(笑)



白髪じゃないと、チンチラの毛皮やエメラルド、宮古上布なんて借り物競争みたいに見えちゃうですよ。
よーい、ドン!で、借りてきましたよーって、感じです。



バロックパール、カシミア、リントンのツイードジャケット、トロトロのシルクサテンのブラウス、エルメス、そして、コンバースだって、白髪だとすっごくカッコいいよー。歳をとることを怖がらないで大丈夫。それって、畳とナントカは新しい方がいいっていうこの国特有の謎の文化だから(笑)


私が数年見たおよその国では、歳をとっているお洒落さんは、とても大事に扱われる。「あぁ、マダム、あなたは宝石のようだ」とか、言われちゃってるし(笑)BBAは好きなものが着られる。若い子は、タブーがいっぱいある。洋装の決まりも着物と同じように厳しくあります。海外で華やかなのは圧倒的にBBAです!あ、商業ベースではなく、一般人ですけれど…。
若い頃、それを見られたのは、私にとって大きな意味があったと、思う。





うーーむ、

白髪で、ウエットスーツ、次なる目標。カッコいいかも。
ダダが定年になったら…。再開するの。海通い。




追伸…話はとびますが…、

日大アメフト部員の声明を読んで、愕然。こんな声明ならば出す必要はなかった。日大ってのは、全く言いたいことが言えない場所なんだね。これは膿を出すなんて無理。いい?これでは、廃部だよ。

実はダダの学生時代の友人は、今、アメフトの解説などをしているひとなんです。宮川くんは、きっと、有名チームの練習生として二年した後、企業チームへの道もあるという。海外留学の方向もあるという。良かった。大丈夫だよ!でも、本人が、落ち着いたら、の話ですよね…。陰ながら、応援してるだよ。

がんばれ、宮川くん!応援してるよ。







 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2018/05/30 09:30] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
色と素材
自分に似合う色…。
むむむ…。
それは難しい。


この、若くない五十路を過ぎた自分に似合う色…。


まず、もう、若くはないので黒は、綿は難しい。黒こそは絹か、カシミア、こっくりしたウール、又は質の良い麻。黒い綿は、どうしても深い色味が出ません。そのかわり、案外良いのはポリエステル。

喪服を作る時に、軽いウールで、と思い生地を探しましたが、生地屋さんのアドバイスで、ポリエステルにしました。ポリエステルは、色がくっきり出ます。そしてシワになりにくい。仕立ては断然天然素材がきれいに仕上がりますが、喪服が並んだ時に、漆黒の美しさは、案外上等のポリエステルのことも…(笑)。上等といってもね、生地を買うのだから、大したことはありませんよ(笑)あははー。



こっくり、真っ黒(笑)!ポリエステル(笑)




仕立て易いということは、伸ばしたりいせ込んだりし易いということなので、着込むとクタって来ます。ポリエステルは、そんな心配もなし。案外良い素材です。仕立てにくいですけれど。お洗濯も楽。いつまでもピシッとしてます(笑)同じ化学繊維でもレーヨンは、結構気難しい。私は、レーヨンの混紡も、ちょっと気をつけます。

ポリエステルのお着物もたくさん出ていますよね。お手入れも簡単で、気楽で良いです。が、結構、お値段が高い!!白緑の鮫小紋と、黒のトランプ柄のかわいいのを持っておりますが、快適です~!

ついでですが、ダダのスーツなど、ヘビーユースのものは、本当は、少し化繊が入っていると、型崩れせずにビシッとしています。カシミアのとろりとしたコートなど、あっという間にクタクタです。忙しいビジネスシーンでは、いくら良い素材でも、消耗品と覚悟。飛行機に乗ったり、脱いでも手に持っていたり、おじさんは案外ぞんざいな扱いなので…(笑)







黒の次に大好きな、絹色…。これも良い素材でないと、貧相です。シックと言われるグレーや、ベージュ、などもたっぷりとした天然素材ですとうっとりです…。



麻の白いブラウスと、シルクのラップスカート。両方自作です。でも、麻のこの味わいって、好きなのです。このブラウスは、色違いで茶も作りました。







でもね(笑)いつもカシミアや絹を着ているわけにもいかないので(笑)、例えば、綿。これは、厚地のしっかりとした綿ならば、輝くような色も出ますよね。例えば、白やサックスブルー!パリっとした清潔感ある目の詰んだ綿の白いシャツ、素敵ですよね。

麻は、オレンジ色、オリーブ色、ベージュ、茶などのくすんだアースカラーなど、こなれていて魅力的です。

コットンのブルーや白いシャツに紺のセーターに、カーキ色のパンツに、コンバース。これは定番。どこへ行くにもこの服だわ。(笑)

オレンジ色のクタっとした麻のシャツに、ジーンズ、素足にスエードのモカシン。

黒のワンピースはシルクシャンタンで。ランバンのストッキングで、黒のミュール。

淡いグレーのカーディガンに、ツイードのスカート。ベージュの網タイツ。グレーバロックパールのネックレス。黒のリボンのついたバレエシューズ。

ガサっとしたシルクツイードの金茶のタイトスカートに、白のトップス。プレーンなパンプス、金のブレスレット。







なんだ、つまんないの。





もう、二十年変わらない服。





思いつくコーディネイトは、まだまだあるけれど、本当に、ずっと変わらないんです。私、基本的に着回しもしません。セットで。ズボラです。

でも、着られなくなったら、サイズを治して、履けなくなったら、同じ靴を探す。そんな感じなので、本当に変わらない服を着ているのです。








さて、さて、ううーむ。このおばちゃまに…、似合う色??
それは、素材とセットで考える。


アースカラーなら、麻。ブルーや白ならスポーティにコットン、紺や黒やグレーや絹色はシルクか、上等のウール。(あ、上等の、と言っても、生地を買って作るので、大したことはないのです。コート着分でも、大したことありません。)

それ以外は絶対に無しとは言えませんけれど…。気に入れば買いますけれど…。
普段着ならどんな色も着ます。こだわらずに。自分が、愉しければよし。








海で、日に焼けた若い子が色あせたシャツにジーンズを履いてビーチサンダルを突っかけて…。そんなお洒落が似合うのは、もう最高です。かっこよくて、楽しげで…。永遠のスタイル。それは命の輝きのあるパンっとハリのある肌や筋肉の持ち主でないと…。




もう、そういう歳ではないので、もう、素材を吟味して、ジュエリーやシルクのスカーフやブローチで、華やかさを足す以外に、方法がないのです。




厚地のシルクデシンのスカーフ。





なので、何も付けずに素敵ならば、つけない方がきっと、お洒落です。
このシワだらけの顔には、色々、目くらましを足さないと、いけないので。

~~お目こぼしくださいまし~~








 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2018/04/12 07:55] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(4)
メイ首相、ドレスアップする


愛用アイテム、アニマルプリントのオープントゥのハイヒール。





お洒落すぎて、アナ・ウィンターかと思いましたよ!






さすがの番長。今日はゴールドのイヤリング。靴もゴールドかなぁ?エスニック系のファッションは、白人女性のものって、私思います。これは、ファッショナブルに着るのは至難の業。エスニックな人がエスニックな服を着ても、こんな感じにはならないかなぁと、個人的に思うのです。






このバイオレットのワンピース、上手に着回していらっしゃる。で、ここで、外しのバレエシューズ。これは、上級者。





おーマイがー✨





ここでも、アニマルプリントのハイヒール!!大振りのネックレス、ネイビー。このバッグの色の抜け感。好き。







うわぁ、ニーハイのブーツ!エナメルかなぁ。さすがすぎる。頭が柔らかそう。楽しげな方なのでしょうね!黒のタイトスカートに、どっしりした素材のプリント柄のコート。わかりにくいけれど、何やらマルニっぽいクラッチを。






かわいい。何着てるの??コートの中、のぞいてみたい!







素晴らしい!!これは、サークルの入った、バロック真珠ね。マルチカラー。真珠は、最強アイテム。







シルクのドレス。シルエットは、完璧。これに、シルバーの透ける様な細工のアクセサリーは、軽さが出てかっこいい。今どきのアクセサリー使い!



決して細くもないし、シワもたくさん。でも、カッコいい!


シルエットは、タイト。大きなネックレス。ネイビーのスーツ、ジャケット。バロックパール。ポインテッドトゥのお靴。アニマルプリント。同じ服があちこちに出てくる。
決してたくさんは持っていないと思う。スタイルを持っている人。




今日も、大事に生きよう!

愉しいお洒落。
~~画像お借り致しました。









 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2018/03/16 07:39] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(4)
メイ首相のお洒落番長ぶり


お洒落すぎる。






この方のベーシックカラーは、ネイビーと、拝察したしましたよ。







そして、大きなネックレスは、ツボのアイテム!!






バロックパールのネックレスに、エルメスのキャレを、




キャレを…。うーむ。お洒落すぎる。








素敵すぎる。チラリと金のブローチ。お茶目なピンク色のマニキュア。






パールも定番みたいですね。行事には、お帽子。







ベーシックな赤のワンピースに、ネイビーのコート。でも、この袖のシルエットを見て!!




同じコートを着回すツワモノ。ポインテッドトゥのお靴に、彩度の高いバイオレットのスカート。




ここら辺で、日本のお洒落な元防衛大臣のお写真も
貼っとこっと  →   あなたは防衛大臣
あーーー。





髪とリンクしたバッグの色!



このお洒落なスーツ。ネイビーの革の手袋。ここで、このブリーフケースの外した色。このバッグが、黒だったら👎でもお洒落番長は、この明るい茶を選ぶ。
大振りなコットンパールのネックレス。この大きさが、秀逸。





ネイビーのスーツやジャケット、大ぶりのネックレス、お茶目なアニマルプリントのハイヒール、永遠のエルメスのキャレ。
メイ首相、大好きで、画像を見ていますが、定番のお洋服を着回す着回す!
きっと、クロゼットは、スカスカのお洒落番長だよ。




~全て検索画像です。お借り致しました。

次回はもっと攻めた投球を…(笑)
続く…だよぉ。







 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2018/03/14 08:15] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(6)
春の草色コート

春らしいコートです。
髪を切りに行きました。お天気が悪いのでピンボケ。

こんなブラウスで。
両方ともジャーナルスタンダードのアウトレットのお洋服。
赤のバレエシューズで。
今日は、歩いて行きます。
春の街。



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2018/03/09 12:37] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
テリーさんのクリスマスコーディネート
お洒落すぎる。
クリスマスって、反対色の赤と緑のメインカラーなので、お洋服にそのまま取り入れると難しいんですよね。

でも、見て見て!!



黒のベルベットのジャケットは、艶やかなサテン襟が…。このジャケットで、ロマンティックな夜の正装感を出している。黒の素材違いのジャケット。ベルベットの光を吸い込むような漆黒と、サテンの光。こんな風に素材でお洒落をするのは最高に素敵ですよね。ドラマティックな光の手品。

シャツはゴールドが少しくすんだような濃いめのベージュ色に茶系のプリント柄。これをクリスマスカラーの赤にすると、ハマりすぎるのよね。かと言って、奇をてらってブルーなどを持ってきても、クリスマスのクラシックな感じが台無し。やっぱり伝統の雰囲気を出したい。ここで微妙な外しワザ。ひとひねり。

スタイリストは、絶対に、セットやまわりのゲストが赤を着てくる可能性を計算していたに違いない。借景ですね(笑)

ここで唯一ののクリスマスカラーの永遠の繁栄を象徴するグリーンのリボンタイ。ネクタイや、蝶ネクタイではなく、このちょいワルおやじに、このリボンというのがすっごく心憎いお洒落。

で、ここも外してネイビーのベレー帽。この色もこれ以外は絶対あり得ないほどのセレクション。写真の色が良く出ていないので、今ひとつ説得力に欠けるけれども。(笑)



で、多分コーデュロイの赤茶のパンツ。シャツをつなぐようななセレクションなのだろうと思う。
あ、ジャケットはサテンのくるみボタン。袖の折り返しもいいな。
テリーさん、靴は、金のルブタンとか履いてるかもね。うーむ。あのスタッドのついた…。それとも、クラシックな、昔流行ったようなツートンのウイングチップ。




最近、テリー伊藤さんのファッションから目が離せない(笑)ひねってひねって一周回ってカッコいいという離れ技(笑)?これを緩く着るこのおやじ。只者じゃない(笑)若くないからいいんだねー。誰にでも似合うものではありませんよね。彼のスタイルがあってこそ。

     ~~個人のお好みですので、お目こぼしくださいまし。
Merry Christmas 🎄 




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2017/12/25 12:07] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
「大っ嫌いです!」


下は、黄色のフレアスカート。みどり色の石を使ったセットジュエリー。只者ではないチョイス。
お靴、どんなの??ベージュかなぁ。それとも…。黒のエアリーなエナメルのピンヒールでもすてきかも。濃いグリーンのサテンの靴でもすてきかも!
松井さん、お洋服、いつも、すてきですよね。いつもファッショナブルでいらっしゃいます。


そして、船越さんへのお気持ち、


「大っ嫌いです!」





これ、最高!笑えた。
お洋服見たいので、たまに出てきてください!




亡くなってしまいましたが、野村沙知代さんも、お洋服、いつもすてきでしたね。



バロックの黒真珠。
すてきです。
いつもゴージャスなスーツにすてきななせなセットジュエリーを付けて、しかもそのチョイスが素敵でした。ファンではないけど(笑)
ご発言や、人となりなどは、ここでは触れませんが、ゴージャスな方々(笑)





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2017/12/20 07:47] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
触りたいひとに…
触りたいと思うようなひとって、いませんか?
髪がつやつやなひと。
そう、髪は、絶対つやつやでなくっちゃ。
そして、歯が真っ白でなくっちゃ。
そして、良い素材のジャケット、柔そうなブラウス。
小さな声で話すひと。ここ大事(笑)
そして、柔らかそうな肌。
シミがあっても、シワだらけでもいいから、柔らかそうにふわふわな感じでいたいのです。





そしてね、清潔感のある手。どうしても歳をとると、あちこちたくましくなっちゃうものです。
長い間、お鍋を洗ったり、大きなお布団を干したり、畑をしたり、そういう力仕事で、おばちゃまの手はがっつりたくましくなってしまいますものね。
そこで、必要なのが、ジュエリー!!✨
五十代には、生活感のないジュエリーは、絶対に、必要。
美しいとは言えない、この私の手。
お出かけの時だけでも、そんな日常を感じさせないような優雅なジュエリーが、絶対必要。






「私は、女です」って、言ってくれるような優雅なジュエリー✨
「女のおじさん」みたいになっちゃいけないのです。
尾木ママは「男のおばさん」ですが、「女のおじさん」にならないようにね。
いっぱい働いてきたしっかりしたこの手に、馴染むボリュームのあるジュエリー。若いひとには無理よ(笑)この手だからこそ、似合うのです。
たくましい手が、変身します(笑)触りたい手に。やわらかそうで、素敵な手に。
顔には色々塗ったり、つけたりできても、手にはお化粧はできませんものね。





だから、手には、清潔感と、知性と、品格が出ます。そしてそれは、生まれ持ったものはなくって、作り上げた品格です。あ、あの…がんばって生きればなんとかなります。そう信じて。(笑)
自分を作りあげる。人生の仕上げをしっかりする。この手を愛おしく思うこと。




最後まで、女性でいること。
果てしない道のように感じます。
でも、諦めたらそこでおしまい。
いつだって笑顔で、心をしっかり。
そして…。
自分らしいジュエリーをひとつ。

大事なリボンの指輪をひとつ。


愉しいお洒落









 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2017/11/28 09:36] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
ゆるいジャズの中で
雨上がり、
コンバーチブルの紺のBMW
ドアに雫が光っている。
静かに流れるのはゆるいジャズなんだよね…。
助手席には、茶色のブリーフケースに、革のドライビンググローブ。
ドアにもたれる腕にはお洒落な時計。
ひと目であつらえとわかる白のボタンダウンのシャツ。
首まわりや、肩のあたりの色香。
目の詰んだしなやかな輝くようなコットン。
厚みのある貝ボタン。
少し緩めた紺のネクタイ。
知的な額に、かかる髪。
シンプルなオーソドックスなファッション。



今でも覚えている見惚れてしまったひと。
季節も場所も、覚えてはいる…。
その時の光の感じや、空気の肌ざわりも、覚えてる。
なんて素敵なんだろう…。
渋滞の間、見つめてしまった。
隣の車線。
あぁ、この世にこんなすてきなひとがいるのね…。
男で(笑)…。
ここを曲がるとMIT。
歳は四十代前半。





なんでもない物、何の飾り気もない物、を選び取る潔さ。
余計なものは一切ない。
でもとろけるような質の良い物ばかり。
あぁ、静かに流れるジャズ。
かっこいい。
大人なんだ。




実際極めてシンプルな物を身につけるのは勇気がいる。少しでも華やかに、カッコ良く、ひとと違う自分を演出したくなっちゃうもの。そして、高価な物ならば、「これだけお金を払うのだから、もっとカッコ良くなきゃ」って余計な気持ちがギラリとよぎったりして…「チョット、変わっているでしょ」「他にはないでしょう」みたいな物を選んでしまいがち。




その、ピアス、ネックレス、お化粧、オーデコロン、バッグ、デザイン過剰のブラウスに、ベルトにスカート、お洒落なタイツにお靴、そしてデコラティブな髪。全部外して、バスルームで裸になってみる。
引き立てるのはその裸の自分。自分が一番引き立つ物だけを身につける。ゼロから足していくと、そんなに色々必要ないんだってことがわかるかもしれない。
そこで何を選び取るのか、は、そのひとの価値感や生き様が出る。自分の良さを客観視できる力なのかなぁ。





いい歳をして、「ひとの目」を基準に服を選ぶ必要はないでしょう。




「流行に乗り遅れないかっこいい私に」なりたいのならば、それはそれで良いでしょう。でも、流行と言うのは、お金儲けの為に作られる物なので、かっこいい若いモデルに着せてかっこ良い所で売る為のもの。お金儲けのワナなのです。そして、実は個性的ではないのです。個性的では売れないので、チョットだけ一般より上に飛び出た物。チョットだけ、なのです。いっぱい飛び出したらいけない。皆と一緒の制服のようなもの。
そこにワザワザ乗る必要はありません。
~~でも新しい気分を味わうのは新鮮で楽しいものですよね。そこは、上手にお付き合いしていきましょう。ふふふ~。





シンプルな物を選び取るひとの生き様は、潔く、みとれるくらい素敵でした。
若い頃は取り替えひっかえ、さんざん色々着てみるといいでしょう。若ければ、なんでもにあうでしょう。でも、歳をとってきたら本当に自分に似合う物を。

自分は自分で、作るもの。

ゆるいジャズの流れる中で見たひと。
飾る必要のないひと。でも、とてもお洒落なのは、わかる。ギラギラの成金趣味でもなく、余裕のあるお洒落。全てが心地よい。
あぁ…。
後にも先にも、今まで見た中で一番すてきな男のひとでした。



でもわたくしは、面食いではないので、大丈夫(笑)
ふふふ…。




~~五十路の思い出話です(笑)雨なので…。老後の楽しみに書いております。写真に残らない古い思い出話です。個人の意見です。お目こぼし下さい~~







 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2017/10/17 12:09] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
心の香り
香りは、パーソナルなもの。自分そのもの。自分のイメージをきちんと持っていないと選べない。そんな気がします。



茶のツイードのジャケットに、温かい雰囲気のフレグランス。

キリリとしたグレーのスーツに、ウッディの香り。でも、その中にもふっと香る苔の様なもしくは隠し味みたいにこっくりした香りにハッとする。あたかも、キリリとだけじゃないですよ、少し柔らかなお茶目なところもあるんです、ってお話ししている様に。

女性らしい美しいワンピースに、フローラルベースの香り。でも、ラストノートは、ひとひねりのオリエンタル。こんな意外性のあるフレグランスを選べるお洒落さん。

テニス帰りには、フレッシュな柑橘系の香り。ミントも香る。





こんな感じに装いによってフレグランスを選んでも良いのかもしれませんが、わたしは、あまりそうはしません。
定番を一本。
わたしは、草の香りの中に甘く少しひねったいちじくが香るラルチザンが、一番自分らしい気がして…。それは、パーソナルな一本です。専らお出掛けにするならこれ。
濃厚で華やかな薔薇は、わたしに似合わないのです。 なので心の栄養に。リラックスしたい時に。寝る前など。あとは、キリリとさせたい時様に、ウッディにオレンジやレモンが隠れているもの。それから、懐かしのディオリッシモ。すずらんの香りです。これらも、心の栄養。自分のための香り。専ら、おウチ香水。
そして、伽羅のお香、これも、落ち着く香り。クラシックで、静かで、でも、濃厚で、着物にはぴったり。

でも、自分の中身とぴったりなのは、薔薇でも木の香りでもなく、草といちじくの香り。なので外出にしていくならばこれのみ。




夕方のデート、これは要注意。お鮨屋さんでは、嫌がられますし、あんまり主張した香りは、誤解の元。男性の多い会には、要らぬお誘いなど受けない様に要注意(笑)その辺は、場数を踏んでくださいませ~。あははー。
つけるのは、ほんのすこしで良いんです。湿気のある日は特に。





固いイメージの技術者の女性、ふっとした瞬間に、ガーデニアの清楚な香り、これは、効果的ですね~(笑)白衣の実験室から出てすれ違いざまに、香るほんのりとした花の香り。あ、こんな方なんだって、思ったりする。

会社に、いらっしゃいました。十分前に通った後にずっとポワゾンが香るひと。歩いた後にずっと(笑)会社にポワゾン??外資系でしたが、うーむ。昔、流行ったんです。ディオールの少し攻めた感じのポワゾン。きちんとした方でしたが、イメージは、ポワゾン…直訳で、毒。違うな。と、誰もが思っていました。
あれは毒を使いこなせるひとの香り。~~意味深ですね~。若いひとの香りでは、ないのです。修羅場をくぐって来たひとの香り。



好きと似合うは、違います。心の中を映す香りの世界。




人の心が複雑なようにフレグランスも複雑。色々な香りが顔を出します。~中にはシングルノートと言って、ひとつの香りだけのものもありますけれども。

だから、香りは、難しいのですね。






私は、暇な午後、お店のサイトの香りのイメージのコンセプトを読むのが好きです。
トップノートからミドル、ラストノートまでの香りの移り変わりのお話しは、一瞬にして、その世界に入り込んでしまうようで、疲れている時、(最近、疲れてるんです。(笑))  読んでいて楽しいです。



アニック・グタールは、この瓶のデザインが、素敵でしょ。前は、リボンが付いていたのだけれど、変わってしまいましたね。
フローラル、お菓子のような香りや、古いパリのようなおしろいの香り。フレッシュな可愛らしい香り。







ハンペリガン



ハンペリガンは、香りによってボトルデザインが違う。これは、石鹸の香り。リネンの清潔感あるリボンが素敵です。



ラベンダーかな…。違ってたらごめんなさい。





オリエンタルな、ボトルデザイン。どれもみな、香りに寄り添った雰囲気です。
ウットリ…。
地中海のたわわに実ったオレンジやレモンの香り。
甘いバニラに、燻んだ煙の香りが、顔を出します。
アイリスの爽やかさに、ほんのりと、苦味のある草の香り。
すずらんの清掃な香り。
船のイメージ。
ウッディな中、ミントにオリエンタルなムスクが漂って来る辛口の香り。
夕暮れの海のイメージ。
雨上がりの細い路地のイメージ。庭の薔薇の香る道。
読んでいて飽きません。





ラルチザン。
これは逆に薬瓶のように無機質なデザインにして、ボトルを開けた時の意外性を感じて欲しいというコンセプト。前は、少しデザインしてありました。

意地悪おおかみ。
春を告げるミモザのイメージ。
ブルガリアの薔薇のイメージ。
私は、ここのいちじくの香りを愛用。



クールなイメージのクリード。シルバー・マウンテン・ウォーター



フランスの山をイメージした香りらしいですよ。



黒い雫のガガの香水、冬につけたくて…。濃厚な香りです。冬のイメージ。
買いに行こうかな?
~~画像、お借り致しました~~


お洒落って愉しい。









 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2017/09/26 07:09] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(6)
お洒落のクライマックス
何故キレイな人が大事にされるか?


「キレイなヒト」とはね、若くて美しいヒトではなくて、
五十代以降、七十、八十で、髪をきちんとセットして、清潔感があり、いつも丁寧にきちんと白粉をはたいた肌に、丁寧に口紅が、ひいてあり、爪もきちんと清潔感があり、磨いた靴を履いて、きちんと自分に合った服を選んで着ている、そんなヒト。
別に、流行の最先端の服ではなくても、アイロンのかかったブラウスにスカート、ワンピース、そして美しいストッキングを履いている女性。







そんな女性が大事にされて、尊敬されるのは、その年齢で、そこまで自分に手をかけることができるっていうことは案外と難しいことだから。それが、最近よくわかる。
更年期や、親の介護や、その他いろいろで、大変なのよ。(笑)一日中、割れるように頭が痛かったり(昨日(笑))、そんなに食べないのに太ってしまったり、鏡を見ると、げっそりの日があったり…。若い頃はないですもの。そんなこと。
自分の老いも、軽やかに(笑)受け入れなくては…。いろいろ思っていたようにはいかない。しわやシミやたるみや体型の変化は誰にでも訪れる。でも、そこを受け入れて愛でてやる。「良いのよ、それで」って自分に言い聞かせて、似合うものを探す。目指すのは、「自分」。若いタレントではなくて、「自分」です。


自分に似合うものを見つけられるのは、自分のスタイルを持った人だけ。









ずっと、美しくいるのはね、並大抵のことではない。
きちんと生きていないと、そうはうまくいかない。下品でなく、これ見よがしでもなく、柔らかくいるには、それなりの努力が必要。

孤独でもいけないし、女ばかりで群れてばかりもいけないの。そして、べったりのおつきあい、どこへ行くにも誰かと一緒も、いけないの。

そして、行き過ぎた若作りは、頭の中身を疑われる(笑)
ひとに媚びた装いでもなく、完全に全て自分のためのお洒落。
ホッとするような笑顔で、優しくいるのは結構難しいことです。
キリキリ怒ってばかりで文句ばかり並べるカサカサしたおばあちゃんにはなりたくないですが、難しいこと。
人生の集大成、実りの時期に、花を咲かせるには、しあわせでいることが大事。しあわせでいること。今迄の生き様が、すっかり今現在の自分を作るのです。







そうして、その先には、またお洒落の大きなひと山がやって来ます。大きなバロックパールのネックレスや、どっしりとしたシルクのスーツ、カシミア、柔らかいプルンとしたチンチラのストール。白いものが混ざった髪にゴージャスなイタリアの珊瑚。古い受け継いだエメラルドの指輪。若いひとには似合わないのです。






若くないからこそ、良いのです。
本当のお洒落は、これから…✨







 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2017/08/30 09:12] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
旋律が好き?それとも和音?それとも…
ピアノの先生に聞かれました。
『曲を選ぶ時、旋律で選びますか?それとも、リズム?和音?』



私は、即答。和音です。ええ??と、お思いでしょうか?旋律はあまり重視しないです。そうです。(笑)今流行っている音楽シーンでも、ラップやレゲエは完璧に旋律が最後の要素ですよね…。多分。







着物でいうと、素材、柄ゆき、色などなどの要素のうち、私は、素材に一番興味がある。

なので、夏キモノはとても楽しい。
他の季節にも、素材の楽しみはあります。ぼってりした縮緬、とろとろとした艶やかな流れるような綸子、楽しい髭紬、大島の光とパリパリ感、優しく品のある結城紬、ポップでレトロな銘仙…などなど。愉しいですね。
そこに、さらに夏キモノは、『透ける』という要素が加わります。ヨリをかけたちぢみ。シュルシュルした紗。裏に柄が描かれていて、それが動くたびに光に沿って透ける…✨。風に吹かれて透ける…✨。紗合わせという洒落たものもあります。あー、ため息の世界。

柄で選ぶ着物を着るのもまた、楽しいものですね。色々な季節の意匠で、細かい部分にも凝って…ちらりと見える襦袢や鼻緒にまで行き届いたお洒落も楽しいです。花火の柄の浴衣に、きらめくガラスの帯飾り。火の様な色の鼻緒の軽い下駄。そんなお洒落も楽しいですね。…妄想(笑)

でも、もう、お祭り、花火などなど行っていたのも遠い昔(笑)息子が小さかった頃。屋台のお面を買ったり、色とりどりのにぎやかな夜道を歩いたのは、遠い昔の思い出です。







さてさて、洋服だと…、素材、色や柄、それに形、シルエットという厄介なものが加わります。
体型に合わせたシルエット選び、これは難題ですね(笑)
でも洋服でも、やっぱり素材が一番の興味。



シルエット…。五十半ば。もう自由自在に選べませんもの。似合うものは限られています。若くはないので、なんでも来い!とは言えません(笑)流行していると言って簡単に手を出すと、イタいおばさんになります。流行は、取り入れるかどうか、よくよく吟味してから…。
私、結局は、布が好きなのです✨ね…。


愉しいお洒落  







 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2017/08/18 15:02] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
うきうきクロゼット
クロゼットを開けると、好きなものが並ぶしあわせは、格別です。



家の中で、開けるとうんざりするところがあると、どんよりしますよね。気運が下がる(笑)クロゼットを開けると、気に入っているスーツや、ワンピース、コートが揃いのハンガーにかかって、過不足ない量で、しかも、今のサイズにぴったり。いつでも出かけられます。「今度あそこに行くのにどうしましょ」なんてストレスはなし。


引き出しを開けると、気に入っているアクセサリー。



選ぶのも愉しく。…三十年も集めると、こうなる(笑)ごっちゃり…。






引き出しには、ベージュの下着がきれいに並んでいて、ストッキングのストックも大丈夫。
ストッキングは、ランヴァンの薄くて、儚いストッキング(笑)ちょっと濃いめで。ぎっちり固そうなストッキングは、嫌いなのです。女としての矜持!?触ったら、柔らかそうな、パウダーがかかったような足にしたいので、なーんて、『ババアが、言ってんなよ!』って、聞こえてきそうですが、これは…ね。



髪に結わくリボンも、引き出しに。ジャガードの紺色の太いリボン。グログランの黒い細いの。紫色。ベージュの毛足の長いベルベットは、チョーカーにも。この引き出しも、開けると、しあわせ。




普段着のクロゼットには、ジーンズ3本と、しましまのシャツ。白のボタンダウン。半袖シャツの定番。紺色のパーカーと、ベージュのスプリングコート。汚れても平気な普段着。ここは気がつくと全てUNIQLO(笑)しかも、セールを狙って買います。くたびれたら買い換える。



タオルもベージュの同じものが12枚。それだけ。おかげさまで、洗濯物も、ベージュを基調に、白、紺、黒!(笑)干してあっても、落ち着く色合い(笑)




雑巾布巾も、ベージュです。




本棚には愛読書が、並ぶ。でも、これも断捨離が必要。おかしなもので、その時の気持ちに沿ったものがあるのですね。でも、ずっとずっとある本もあります。これは、ソウル・メイトね。




着物も、訳もわからずに最初の頃に買った『あちゃー???』っていうのは寄付してしまった。気に入っているものしかありません。たくさんはいらないのです。




クロゼットを開けると、ワクワクしちゃう✨!それって、しあわせです。









女子のパラダイス、それは、自分だけの好きなものが詰まった引き出しとクロゼット!~~映っているのは、ほとんど自作で思い出深いものばかり。もう、みなすごい年代物…。私は、けちんぼさんです。ここはスーツのクロゼット。黒いものにはカバーを掛けておきます。

豊田議員みたいな白いスーツ欲しいのですが、アレは、もしかしてCHANELですかねー。ああいった凝ったものは、きっとね…。でも、お金さえ出せば、着れるんですねCHANEL。…失礼!!でも、イメージダウンですね。私は、お金ないんで、服は作るのですが(笑)仕事に着たらクリーニング代もかかりそうですね。

でも年をとると、白いスーツ、レフ板効果で、良いかもですねー。ブローチも映えて✨


あの方が、小池さんや蓮舫みたいなキリッとしたスーツではなくて、CHANEL(多分)っていうところに、私は、女性としてのコンプレックスを感じるんだわ…。注目を浴びたらおしゃれしたくなっちゃうっていう心理。アレはプライベートで、どうぞ。歌手や、タレントさんじゃないのです。飾り立てて何故国会へ???仕事をする服ではありません。『網タイツ大臣』と同じですね。あの、関西の秘書の実家にお泊まりした『維新の』議員も、そうですよね。坂本龍馬が、泣きますね。仕事にあの付けまつげ、必要でしょうか???『なりふり構わずに来い』とは言いませんが、バランスの良い服を選んで欲しいですよね。彼女は今度、映画で主演するそうですよ…。もう、比例で出たんだから、議員やめ!って思いますが…。

さらに、三年B組、なんとか先生に出ていた元アイドルの方の入閣が囁かれていたと聞いて、クラクラしてきましたよ。
だって、あの方は、お若い時は超売れっ子。学校へは行っていたんでしょうか?大丈夫でしょうか???当選回数が少ないから今回は見送られた、と。恐ろしいですね…。


と、ひとのことは、このくらいにして…(笑)



わたし、山のようにあるバッグ。整理しなきゃいけないの(笑)カオスになっているので、風邪が治ったら、片付けよっと✨


目指せ!おうちリゾート✨






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2017/08/09 10:03] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(4)
素敵なミステリー
土曜日、テレビも、淋しいですがね…。(笑)
土曜日ひとりのときには、楽しみに見ます。
名探偵ポアロや、アガサ・クリスティーのミステリー。
別に、話の筋はどうだっていいんです(笑)
。。。?



古いイギリスのファッションが、味わい深く、見入ってしまいます。
白髪の老いた女性の、枯れた首にかかる真珠✨
若い女性の花のようなドレス姿。
伝統の佇まい。ふーむ。
震える手でオペラグラスを覗く。
苔の生えた石畳の道。
きらめくようなテーブルセッティング。
深緑のツイードのジャケットから取り出す金の懐中時計。
磨きこまれたウイングチップの茶の革靴。
薔薇のティーカップ。
窓の外のイングリッシュガーデン。
黒いクラシックカー。
花のいっぱい付いた大きなつばの帽子。
革の手袋。
殺人現場の金の指輪。
刈り込まれた芝生。
灰色の海。
決してスカッと晴れない空の色(笑)
筋足に華奢なハイヒール。
若くない女性の白い背中。




ひとりのときの楽しみ。






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2017/08/08 07:58] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(2)
バッグの中身
私のバッグの中身…。

  • お財布    (免許、カード含む)

  • 車のキー

  • 麻のハンカチ

  • お薬色々

  • 携帯お電話

  • 五十路御用達の真っ赤な口紅

  • 小さなコンパクト


いたって普通です。でも、バッグフェチなのですもの。色々大変。



小さなすてきなバッグの時は、お財布はナシで、お札とカードをクリップでとめて持って行きます。紳士服売り場に売っているあのクリップですね。お財布は一番かさばるので…。





携帯のおかげで、荷物は減ったわよね。携帯は時計、手帳、ペン、計算機にもなるし、地図にもなるし、時刻表にもなるし、便利になりました。~~生地を買いに行く時には計算機機能便利に使ってます。素敵な時計や、ゴージャスな太めの金のペンや、茶色の革の手帳など、揃える楽しみもありますけれど、便利さには勝てないということでしょうか。






あぁ、お札と言えば、思い出す人がいます(笑)昭和一桁の父。父は、小銭を出さない人です。お支払いは、お札のみ。男性でこういう人いますよね。柔らかい革のお札入れに、ピシッと入ったお札。そして、お釣りのコインは、小さいコインケースに。家に帰ると缶の中にじゃらって入れて貯めておく。そのお金は、たまに出して、「ジュース買っていらっしゃい」と、誰かに渡す。家の前の自販機で、何か買って来いと言う。父は、今でもそう。カードでのお支払いも、しない。日本銀行券のみ(笑)
昔、私が、カードを使うのを見て父は「怖いからヤメナサイ」と言った(笑)
はははー。昭和ひと桁。健在です。未だにお札らしい。カード払いは、借金と思っているらしい。ふふふ…。キッチリ来月にお支払いですよ~(笑)





さてさて、ポーチは昔に作ったもの。




麻のハンカチと、お財布。バナナの革の小物入れには、わたくしの心臓の薬(笑)。ハイジの薬。






大きなポーチの内側のチャックの中には車のキーや、外したピアスなどの細かい大事なものをも入ります。



小さなお揃いの袋には、コンパクトと口紅。






全部この中に入りま~す。和風の透けるバッグの時は大きなこのポーチをそっくり黒の巾着に入れてしまいます。透けるバッグも結構好きなので。透けても良い様に色々…。



こんなに小さくまとまります。こんなのを自分の荷物に合わせて作っておくと、すっきり、きっちりできます。
このポーチには、さらに、場合によって、替えのストッキング、老眼鏡、サングラス、コンタクトレンズ、マスク、くらいは入りま~す。



そう!!
忘れちゃいけないのは…、




昔飼っていた45キロ!(笑)の大きな大きなゴールデンレトリバーのナッシュくんの牙。骨を拾った時に見つけて取っておいたものです。御守りです。やんちゃ君でした。




バッグフェチは、結構タイヘン(笑)!
愉しいお洒落。







 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2017/06/19 11:43] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
モデルの服
かなり前から、ファッション雑誌の「一分の隙もないモデルの着こなし」に全く魅力を感じなくなった。



陶器のような滑らかな肌。ナチュラルに見えるような実は何時間もかけてこねくり回したヘアスタイル。エステで磨き上げた美しいウエスト。
ファッション誌のグラビアの中、モデルが最新のファッションに身を包む。でも、最新ではあるが、巧みに、読者の一般の女性が街で着られる価格と、無難さを取り入れてある。「このくらいなら受け入れられそう…。」の線引きをされたニセ最新ファッション。

あれは、一般の平均値からちょっと上に設定された、ただのステレオタイプのメーカーの作戦。つるんとしたモデルが着ているが、過度に健全で、過度に清潔で、手が入り込みすぎていて、不自然ですらある。麻のワンピースには、皺一つない(笑)お面のようなメイク。どれもこれもみな同じに見える。みなが好きなモデル。尖ってはいけない。平均値で!



「美しさ」とは?なんだろう。




「息詰まるようなスキのないお洒落」な写真。



うーむ。
モデルはまるで、生きていないようだ。(笑)




私は、枯れてしまった皺だらけの手を美しいと思う。  何かをするヒトの姿が美しいと思う。
私のピアノの先生の、皺やシミの浮き出た手。短い爪。なんてすてきなのだろうと思う。昔からのご愛用のウールのワンピース。ストッキングを履いて、美しいグログランの室内ばき。ふんわり香るコティーの香水。すべてが、先生らしさの魅力。

かなわない。








裏の豪邸にお住まいの「紫さん」。九十は超えていらっしゃる。
が、美智子さまと同じシルバーのアップのヘアスタイルで、毎日、おしろいをはたき、眉毛を描いて口紅をつけていらっしゃる。お出かけには杖をついてお嫁さんが付き添うが、すてきなスーツ。大きなルビーの指輪。革の靴を履いて。
崩れた体型など、ものともしない貫禄のスーツ姿。
「お食事に行ってくるわ」って。

これにはかなわない。
~~~~たまにね、主婦のゴールデンタイムにお電話かけてきて「あなた、今ね、お相撲いいのやってるからご覧なさい」には閉口するけれど…(笑)







 ボーイッシュなショートヘアで、白の麻のシャツの襟を立てて、茶のシルクのパンツ。大きなネックレスをつけてお買い物の帰りの「薔薇のお母様」~~息子のピアノの先生のお母様。薔薇を愛でる生き生きした目は、少女のよう。
「イギリス文学…、そして私、アーサー王が好きなんです。」
お茶目な笑顔。

かなわない。



何かをしてきたヒトの美しさ。これは、雑誌のモデルさんには出せない。
女優さんとモデルさん、着こなしは前者に軍配があがる。
夏木マリや樹木希林の着こなしは、天才的。それには、彼女たちの美学、生き様がくっきりあらわれているから。骨董を愛し、着物を愛し、ダンスや歌を愛して、映画を愛した蜜のような濃い人生。長年、女性として生きてきたヒトの貫禄。




そんな方々は、たとえ、そこらへんの新聞紙やバスタオルをまとっても、若いモデルには決して負けないと、オモイマス。

愉しいお洒落






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2017/06/10 14:16] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(2)
帽子についての考察!?
みなさんは、お山を歩く時にお帽子をかぶりますか?



帽子って難しいですよね。特に、カジュアルシーンでのお帽子。若い男子のお帽子。あぁ、『お洒落、頑張ってます』感が漂ってしまいますー。遊園地や、野外のバーベキュー、海などで、お洒落初心者の男子のお帽子は、結構イタい感じがしませんか…。どんな男子でもいきなり『チャラ男』くんになってしまう危険をはらんでいるのが、そう、このお帽子というアイテム。



ビーサンに帽子が許されるのは、高田純次先生くらいかしら…あはははははー😃




昔のひとですがね、沢田研二、帽子、似合いましたね。

若い方はご存知ないですしょうが、まぁ、今見ると本当に素敵。このスーツのラペルにマーガレットのコサージュを!!!





キャー。火のついたタバコを持つ仕草の色っぽさ。これ、今だったら、日本嫌煙団体の皆様からクレームですね。こんなのが似合う彼は稀有な存在!昔はおおらかでよかった…。






あぁ、検索したらもうカッコ良すぎて…。でもこれも、今だったら、イスラエル大使館からクレームですね。
もうギリギリのとこですね。ギリギリ。誰がプロデュースしたんだろ??
このアンニュイで退廃的な雰囲気は、今のアイドルにはないですよ。大人ですね。子供は引っ込んでなさいって感じですね。ガキ相手ではないですよ。オトナ。
当時は、小さかったので分からなかったけど、ジュリーは、私よりも少し年上のお姉様方から絶大な人気でした。今見ると、すごくカッコいいわぁ~~。





あと、前田義子さん。この人の帽子も、とってもすてきですよね。

私のミューズ







私は、結構、麻生太郎の帽子も悪くはないと思うのですが…。黒のコートに、帽子で、マフィアのようですが、あの人なりのスタイルがあるような気がします。いつもホテルのバーで、ちょっとひっかけて帰ると、よく言っていましたから…。

手袋、白の襟巻きに、ものすごくゴージャスなコート。ヌメヌメ光るのはカシミヤ。ダブルカフスのワイシャツ。良いかも。葉巻はキューバ産かしら?(笑)





これらとはシチュエーションが、全然違うのですが、妙齢の女性のお帽子、これは、微妙ですねー。拙宅の近くに都内から気楽に来られるハイキング的なお山があるのですが、たまに、まあ、なんともものすごい装備でいらっしゃる方がいて驚くのです。

「もしもし、マダム、剣岳や、槍ヶ岳ではないので、そこまでの装備は必要ないですよ」

って言ってあげたくなっちゃう(笑)で、そのほとんどがお帽子を…。

それが、なんとも…微妙な感じです。畳んでリュックにしまいたいのでみなさん布製です。カジュアルに小さなお帽子。カーキ色が多いようです。ベージュ系のカーキからグリーンがかったカーキまで様々に。そしてなぜか、布の綿の手袋。白です。日焼け防止なのかナ。すごい方は、帽子にサングラス、そして鼻から下を覆う布のようなものを付けて、紫外線対策をしていらっしゃいます。




息子は、いつも『有毒ガスの除染隊』と揶揄しております。


~~全て画像お借りしました。~~




『そんなにしてまで守った肌をどこで出すんだよー』って、息子は辛口。
うぅ…。でも、そうかも…。どこかで、出すのかしら(笑)
みなさん、街では、お洒落して日傘などさしてシャランと素敵に歩いていらっしゃるのでしょうが、お山となると、途端にあの例のお帽子なんですねぇ~~(笑)

気持ちの良いはずのお山でのハイキングでは、UVカットのクリームでもキッチリ塗って、気持ち良い風や日差しを思い切り楽しんで欲しいです。毒ガス光線の中を歩くみたいな格好は、なんだか、見ていても…ねェ…。(笑)






昔、三十年前…。ハワイのホテルを歩いていたら、白の良い香りのプルメリアの花を見知らぬ男性に髪にさしてもらったことがあります。ホテルのロビーの大きな鉢植えからポキって折って、さしてくれました。外国人のおじいちゃんでしたけれど。あらら、こんなすてきなことってあるんですね…なんて思いました。



黒の本当にシンプルなワンピースにサンダルの私。ふとエレベーターの鏡に映った姿に、ビックリ⁉️すっごく非日常❗️お花一輪、耳の上にちょっとさしただけで、ものすごいこの非日常感。結婚式ですか?っていう感じでした。一緒にいた友人にはよく似合う。大変美しいひとですし。でも、友人も「なんか、〇〇、すっごく、フォーマル!」って私のこと(笑)~。うーむ、ほんとだね~。(笑)なぜか、難しい。私も同感。




それから私は、「頭に何かのせる時はすごく気をつけよう」って思いました。


私には大きな髪飾りが似合わない。プルメリアサイズでも、危ない(笑)頭の形が悪いのかなぁ。


そういえば、自分の結婚式では、髪をリボンの形にまとめてもらって、そこにブーケのデザイナーが、つけたのは、小さな野の花でした。キュってまとめたグリーンと、デイジーみたいな素朴なお花でした。あぁ、やっぱり、薔薇や百合などのゴージャスな花は私には似合わないのです…。

華やかな薔薇や百合が似合う方もいらっしゃいます。でも、自分の気持ちには何だか気恥ずかしく、野の花の方がしっくりくるのです。和装でも持っているかんざしなども、それぞれはみな小ぶりで、丸とか、小さな簡単な細工のものなどを選んでいます。




あゝ…、脱線しましたが、頭に付けるもの、かぶるものは、真剣に選びましょう。似合うものを探しましょう。自分も含めて。



愉しいお洒落


あの…これは…、私見です。お目こぼし下さい~~!











 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2017/06/09 01:59] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(2)
お洒落さん、みっけ!
電車の中で見つけたお洒落さん。


大胆な色使いのストライプのボリュームのあるつんだ木綿のギャザースカート。オレンジと、ブルー、グレーにライラック色、ブラウンなどのストライプ。



そうそう、こんなストライプ!上級編の色合いです。これはフランスのなんとかという老舗が定番で出しているストライプの見本。こんな縞のギャザースカート。

それに、抜け感のあるエアリーな雰囲気に着こなしている白いシャツ。前をインして後ろを出し、後ろ襟ぐりを少し抜いて着るという今の着こなしスタイルですね。



そして大きなゴロンとしたイヤリング。このストライプにミス・マッチに見えるけれど、まさしくこんなイヤリングをして…かっこよく…(笑)



丸い大きな女優サングラスをシャツに引っ掛けて。あぁ、こんな風に着るのね。お洒落なシャツの着こなし。上手に着ている人は初めて見ました。これは、難しいのです。誰でもモデルさんみたいにかっこよくなんて、無理無理(笑)

うっかり真似するとエライ目に合うわよ(笑)

ボリュームあるストライプのギャザースカートに、ふわりとはおったシャツという難しい組み合わせがかっこいいのは、胸のない平べったいスリムな体型だからですね。(私のように、胸があって、上半身にボリュームがあると、この感じはだせません~~涙!なので、私はこれは取り入れない。残念!)ただでさえ風船みたいな上半身。ふわっとさせたら、ふなっしーですよ。(最近、ふなっしー見ませんね。大好きだったのにな(笑))




バッグはクラッチ。辛子色!さすがのチョイス!!



サンダルは、シックエッジの効いた尖った感じ。かっこいい~。髪は大きくカールしたレイヤーのロングヘア。でも、三時間もドライヤーでいじくり回した様な感じではないナチュラル感。きっと、カットがうまいのでしょう。日に焼けた肌はそんなに若くはない。






〜〜〜〜〜〜


あ、こちらは、窓ぎわで立って素敵な男性とおしゃべりしているお洒落さん。

七分丈のゴブラン織りの様なジャガードの洒落た織り柄の複雑な色合いのペイズリーの紫とグリーンの混ざったパンツに、素足にサンダル。モロッコ風のなめした革のバブーシュがお洒落。



彼女のトップスはシンプルな白のタイトなカットソー。力の抜けた上級者と見た!流れるような光が連なるドロップ型のイヤリング。





バッグは軽い籠。Évianのペットボトルがかっこいいわね。白髪の髪をひとつにまとめてモスグリーンの細いベルベットのリボンで結んでいる。





主役はパンツの生地と、グリーンね。ステキな生地だわー。


喋るたびにひらひらと動くマニキュアは真っ白で。ここがかっこいいの。うっすらと日に焼けて、白が似合う。今時の軽さがある。ここで力が抜ける感じがする。







お洒落さんね。腕には革のブレスレット。少し薄いボーイッシュな唇にはうっすらゴールドの口紅だわ。あぁ、、素敵ね…。 目が釘付け状態で、観察しちゃう(笑)




こういうひとはだいたい一人でいるか、パートナーといます。女性同士でワイワイしているタイプに、こういう感じの方はあまりいません。不思議。でも、本当。ここで見つけた素敵さんもそうでした。「 群れない」ひと。
でも、愉しいわ。素敵なひと見るの。…。うっとり。








『次は~~、〇〇、〇〇~~』
あ、おります~~!!!💦




~~一部は私の私物、一部検索画像お借りいたしました。~~

愉しいお洒落






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2017/05/24 07:19] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
プロフィール

Dolce

Author:Dolce
青い鳥を探す為につけている日記です
愉しいこと
好きなもの
愉しみでしている畑や着物
小さな手仕事
ピアノの練習
家族のこと
こつこつ、書いています

お知らせ

 
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福

リンク

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

カテゴリ

FC2拍手ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

<