FC2ブログ
Dolce
*** hana
また、ふり出し
久しぶりにお散歩に行ったね
ハイジ
ほんの少し歩いて
10メートルくらい


隣の相原さんちの前で
うんちをして
戻って来ちゃったね
去年の秋に
具合が悪くなったとき
体力が落ちて
ちょっとしか歩けなくなっちゃったけど
体が戻るのに結構かかったね



また、ふり出しに戻っちゃった



今度はあんよが悪いから
無理はできないね
ハイジ、また少し
ずつだね
一緒に頑張ろう
夏が来る前に
体力が戻るといいな


暑い夏が
くる前に。



私の病気の後
ハイジ、一緒に歩いてくれたよね
だから今度は
私が一緒に歩くよ
今日はすぐ近くの公園に


桜を見に行きたかったんだ
どのくらい咲いたかなぁって
ハイジと行きたかったんだ。
でもほんとにちょっとしか
歩けないハイジを見て
ちょっと怖くなってしまいました


また頑張ろう
私たち、がんばってばっかりだね。



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/31 23:07] | 🇨🇭 のっそりハイジ 🐾 | トラックバック(0) | コメント(0)
インディアンジュエリーの魂
アメリカ、モニュメントバレーのお土産屋さん。駐車場へ入る道の両側にあるバラックのようなお店。うわ~!思わず目が釘付けに。時間が遅かったのですでに片付けモードに入っていて、もう半分ぐらいは片付けられてしまっているのだけれども、そのお店に置いてある素晴らしいインディアンジュエリーたちは、圧倒的。ターコイズの美しい色がシルバーの繊細な細工に囲まれた厚みのあるたっぷりした本物の貫録。でも、おばさんたちは、革の大きな袋にザクザク放り込んで、お店も、パタパタと木の枠を外して、トヨタのピックアップトラックに載せて、はい、今日は、おしまい。



モニュメントバレーは聖地。観光客は歓迎されていない感じがした。ガイドをつけて中に入ってみたら、遠くの小高い丘の上で、馬に乗ったひとがひとり静かに私たちを眺めていた。浅黒い肌で、黒い髪をひとつに縛った男の人。サッと、馬を操ってどこかへ消えてしまった。



インディアンの人たちはそんなゴージャスなジュエリーはつけていない。でも、そのお店で見たジュエリーたちは、本物の貫録や誇りに満ちて、どこやらから来た東洋の女が、ちゃらちゃらとつけるのが憚られるような、ひとりでスクッと立っているひとのもののような、そんな感じがした。
残影ながら、レンタカーを駐車している間にお店は跡形もなく魔法のように消えていた。見るだけでも、見てみたかったのです!どんなひとが売っているのかも…。

東京のお店でたまに見かけるインディアンジュエリーは、もっと薄っぺらで、軽い感じ。女のもの。というサイズとパワー。もしくはある種の男性が好むドクロなどのジャンクな雰囲気のアクセサリー屋さんにあるもの。
でも、彼の地で売っているものは、がっしりした体の人でないと付けられないような「魂の入ったジュエリー」でした。もっと、シルバーに細かい彫りが入っていて、ゴロゴロとした貫録のターコイズ。大胆で繊細。
「見せて!!!」と、おばさんたちに懇願したいくらいでした。残念。ボストンへ帰ってからも、ニューヨークなどでそういうお店を探して行きましたが、縁はなく、インディアンジュエリーは私のところへはやって来なかった。



それから、時が流れて、場所は、バンコク。気の利いたおしゃれなお店に「ターコイズとシルバー色」のアクセサリーがありました。~インディアンジュエリーとは呼ばない~ちょっとすてきで、そのお姉さんが手作りしたというアクセサリーを、手にとってみました。きっと値段的にも、ターコイズ風、シルバー風であると思っている。何年たっても黒くならないシルバーであるので…!

玉の連なったゴムのブレスレットは近所のスーパーで。
そして一緒に写っているペンダントトップは、姑のアメリカ土産である。これはきっと本物のターコイズ。トルコ石。内包物のないきれいなもの。姑らしい控えめな、デザイン。私のために買ってきてくれたもの。見るたびに、姑を思う。これは心がこもっている感じがするもの。合わせて付ける。

きっといつか、本物のインディアンジュエリーを身につけてみたいと思うのです。スェードのスカートにフリンジのついたブーツ。きっと、ずっと昔に雑誌か何かで見た定番コーディネートです。あぁ、コンチャベルトも、ね!

もっと、地に足のついた自分でありたいと、思った。そして、本物の魂の入ったインディアンジュエリーが、わたしを選んで来てくれるのを、わたしは待っています。この遠く離れた国で、毎日お味噌汁を飲みながら。えぇ、頑張りますよ!


そして、いつか、もう一度、行ってみたいな。モニュメントバレーに。



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/31 08:34] | outfit of the day | トラックバック(0) | コメント(0)
楽しいブローチ
スーツの襟元にブローチ。何ともおばさんぽい、と、若い時は敬遠していたアイテム。今考えると若い時は、誰でも顔が華やかで、必要ないのよ、ブローチなんて!(笑)ない方がすっきり、スポーティで、軽やか。
でもね、ふふふ…おばちゃまは、違うのよ。スーツに真珠か何かのネックレス、あらら、まだ足りない!?では、とっておきのブローチを…。どっしりと腰の据わった重い雰囲気があるブローチというアイテム。野暮ったい!?それとも、やりすぎ!?とにかく、若い人には、似合わないアイテムであるかもしれないです。昔は一切興味なしのアイテム。今は、大好きな、ブローチ。
わたしは、ごちゃごちゃしたツイードジャケットにもブローチ、付けるのです。うるさいくらい、付けちゃう!ふふふ…。もっとおばあちゃんになったら、重ね付けも、アリかも!?
ほとんどがアンティークのもの。
たしか、コロ。古いもの。泡のようなベビーパールが連なるかわいい鳥さん。ベビーパールっていうのも、また 渋い素材(笑)でも、何とも言えなく可愛いらしいデザインです。春先などにいかがかしらん?羽の細工や脚の部分の枝など実物はすごく繊細で可憐な作りです。


虫。これも、アンティーク。唯一、キラキラ光るので、レストランなどではよくこれを使います。

カメオ。結婚前に、横浜でダダに買ってもらったものです。
~まあ、何ともコンサバティブな…。もう、当然、当時は、借り物のように似合いませんで…(笑)何しろ、ツインニットの胸元に付けていたのですから!!そして、エルメスのキャレなどをして…。あらあら、といった感じで、出番は少なし。
でも、ここ十年くらいは、こうしてリボンをつけてチョーカーにして使っています。リボンは、黒のグログランにしたり、茶の細いオーガンジーのリボンでも素敵です。大好きなアイテムです。今年は、ゴールドのチェーン を通して、パールのネックレスに重ね付けしてみたら良いかもと、思っております。黒のワンピースの首元の真ん中に、ネオクラシック!!いいかもです。元気になったら…。ね。

また、虫(笑)これは、歯医者さんの待合室で雑誌で 見て、どうしても欲しくなり、巻末の連絡先をメモして…、電話をかけて通販していただいたという執念のものです。確か、ケイトスペード。お姉さんがとても親切に対応してくださいました。虫、ターコイズ、と言うハマりの要素がたっぷりのストライクのブローチです。

一緒に置いてあるのは「おばちゃまからいただいたイヤリング」ずっと前にどこかに書いたので重複を避けます。必ず一緒に付けます。

アンティーク。トリファリだったかなぁ?そこの定番の品だと思います。間違えていたら、ごめんなさい。えんどう豆のセットのアクセサリー。 セット使いしても案外地味めです。なので、これを使い時には、結構華やかなフェイクパールの大玉の二連のネックレスなぞをがっつりしたり、カチューシャで、イヤリングを見せるように耳を出したりします。どこかで 見て、恋い焦がれて、ネットで探しまくったアイテム(笑)ネット、万歳です!おばちゃま、細かい細工にしびれます。
いっぱい持っていると思いきや、あらら…。案外少なかったですね。でも、必要充分な量です。
愉しいおしゃれ



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/30 10:27] | outfit of the day | トラックバック(0) | コメント(0)
藍色の夏ブレス
最近はハイジがそばにいて欲しいと鳴くのでハイジのそばにいます
うちはリビングが二階なので下にいると、やることがありません!!なので、アクセサリーの整理をしてみます写真をとっていろいろ思い出など、書いてみようと思います



~藍色の夏ブレス

これを手に入れたのは25年くらい前です。藤沢にいた時に、湘南台の駅前のスーパーの二階のアクセサリー売り場で(笑)夏ブレスと、言っていますけれどチェーンは18金ではないので汗をかくと、かぶれます(笑)それでも、お気に入りで、今に至ります。
合わせるのは

このスカートです

夏限定の定番のスカート

バッグはこんな感じか、軽くしたかったら籠バッグ白のカットソーに合わせて。
このブレスレットはかなり存在感があるので重ねるとしたらゴールドの細いチェーンのネックレスとフープのピアスくらいで他はあっさりとしたほうが良いかな…。
実は、手持ちの時計と合わないのが難点ですが、夏のお出かけは時間を気にせずにゆっくりバカンスしましょ!
と言うことで、時計はしません。


海。
もう行かないかなぁ~!
藍色とチョコレートみたいな赤味の茶とよく合います。エスニックな模様が、海。です!



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/29 13:12] | outfit of the day | トラックバック(0) | コメント(0)
歩ける様になったよ。
ステロイドがよく効いて
ハイジ、歩ける様になりました
絶望していたのに
なんともあっさりと回復して、歩ける様になっています
前足は完全にかいふくしていますが
まだ、後ろ足は完全ではなくて、かなりびっこを引いています
このびっこを引くのは、足をくじいてしまったのか
それともウォブラー症候群のためかわからない
けれど、もう片方の後ろ足もあまり動きが良くない
それが、切なくて、切なくて



大型犬は我慢強いです
野生では弱いところを見せるとすぐにやられてしまうので
体の大きな犬はたいていのことは我慢して
隠れて舐めて治すそうです
こんなにびっこを引いているのは
相当痛いのか、麻痺しているのか…。
とにかく犬は前向きです
何とかしようとする
すごいよ、ハイジ




先生が、
首をチェーンカラーで思いっきり引っ張ったり
しませんでしたか?
と、言われて
思い当たる太郎はしょげていた
夜中に、誰もいないところでハイジに
涙声で謝っていた。
「ごめんな…。」



なんとも言えない気持ちになった。




けれど、足は本当に良くなり、
段差は少し苦労しているけれど
おしっこもうんちも大丈夫
庭に出て行くのは不自由しない
寝る場所を決める時にはくるくる回ることもできる
良かった…
ホッとしている



ステロイドはあと三年飲める様に計画して
いきましょうと先生はおっしゃていた。
三年、大丈夫なのね。
足のマッサージ
暖かくしていること
そして、体重を落とすこと
これは、難題だ。


そして
今は急性期なのでお散歩は禁止
でも、行きたがっているのは、嬉しいこと。
ダダのセーターを着て
滑り止めのゴムのお靴を履いているよ。
これはすごく良い。
足が滑らないので立つのが楽だよ。




あぁ!?吠えている!(笑)





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/29 11:11] | 🇨🇭 のっそりハイジ 🐾 | トラックバック(0) | コメント(0)
三月のお買物
お伊勢参りの帯
紬の軽い帯です


文字の入った着物に目がないわたくしであります



縞のお召し

オークションですが
とうとう手に入りました


こんな感じに…



瓶覗色の帯締め



ぴたりと予算内で!(笑)



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/28 14:56] | ✨. 今月のget. ✨ | トラックバック(0) | コメント(0)
セントジェームスのボーダー
ずっと、欲しかったセントジェームスの
ボーダーのカットソーをポチしました

ネットショップもおしゃれなこと…
ボートネックで太めのボーダーにしました
ネイビーと白のしましまです
今年の春はジーンズがもう膝が抜けてしまったから
ジーンズを買い足そうかと思っています


初夏のマリンスタイルは、
これに綿の細身のくるぶしの出る丈の
カーキ色のパンツ
もちろんジーンズでも。

愉しいおしゃれ…



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/28 08:27] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
教えてくれているんだね。
立て続けに色々なことが起こる
太郎とハイジの心配ばかりしていたら
いけない。


長丁場になるのだから。
そしてハイジは、犬
おばあちゃん犬は、ひとりでいたい時もある様だ
そしてわたしは今、ゆっくり頑張ることを練習しています


思いつめないで、自分の時間も持って、上手に気分転換して
でも、ほどほどに辛い時は休んで、やっていくんだよ。
ハイジが教えてくれているんだよ。





今日、おしっこができた時
大きな声で思いっきり褒めた
「すごいね~、おりこうさん。よくできたね~、
おしっこできたね~」
ハイジは、少しびっくりしていたけれど
わたしの目を見て、嬉しそうにした。
その時思ったのだ
ハイジは、突然歩けなくなってしまったフラフラの自分に
戸惑っているんだ。
ハイジなりに不安なんだって。
話せないからって、思いが伝わらないとは限らない。

「え?!褒めてくれるの!?」って

顔をしたよ。



えらいぞ!ハイジ
お昼過ぎにもおしっこできたよ



さてさて、今日は
お友達とお約束がある日
みんなが来るよ
楽しみだけれど、その反面
みんなにハイジのことを話さなきゃいけないのが
辛いです
歩けないハイジの姿を見たらみんなびっくりするだろうな。
などと、心配している自分がいる


ハイジ、わたしは、泣かないことにします
ハイジが心配するからね。
ハイジ。


ハイジは明日のことはわからない。
ハイジは今日を、今を、一瞬一瞬、頑張っているだけ。
私に教えてくれているんだよね。



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/24 16:13] | 🇨🇭 のっそりハイジ 🐾 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハイジ、歩けなくなる
ハイジがお散歩から戻って少したって
突然、歩けなくなってしまった
四肢に力が入らない
翌日、病院へ行くと
ヴォブラー症候群の診断
セントバーナードに多いと言われているそうです
「歩けなくなると、一気に弱っていきます」
と、覚悟を促す先生の言葉


でも、秋に調子が悪くなって熱が下がらなかった時よりも
わたしの気持ちはしっかりしていた
覚悟が少しはできてきたのかな。
玄関に毛布を敷いてハイジを寝かせる
わたしはと言うと狭い廊下にコタツを持ってきて
そばにいる

たまに
マッサージしたり、お水をあげたり
話しかけてみたり
おやつをあげたり
ドアを開けると、庭が見えるよ
カラスがないたり、配達の人が来たりしているのを
見ているよ
ハイジとわたしの息が白い
今日は寒いね。


やっと減薬したステロイドを1日10錠飲むんだって
でも、ステロイドを注射してもらったら
昨日はよく寝ていたよ
痛みが取れたんだね。良かった。
今日からハイジの介護生活が始まります
これはわたしの役目なのですね。
姑と舅は施設にいます
わたしはダダの両親を介護はしていません
だから、ハイジを看るのですね、神様。
良い経験になる様か、辛いばかりの経験になるかは
わたし次第なのですね。
正直、不安でいっぱいです。
どうなるのか、心配です。
でも、これは、大事な勉強なのでしょう


今朝、8時~~朝ご飯
卵と、お豆腐、食パンを一枚
ヨーグルトとブロッコリーの芯を茹でたもの
美味しそうによく食べて
お水を飲みました


11時~~
なんとか立ち上がりる
お水を飲んだので、おやつを見せて庭に出る様に促すと
よろよろだけど自分で歩いて庭に出る
そして、ホースでお水をチョロチョロ流して音を聴かせると
おしっこをしました!!
良かった!!!
それから、なんと、お散歩に行こうとするハイジ
道路へは階段が数段ある
降りるのは良いが降りたら最後登れない
でも、お散歩に行きたいのだと思うと
嬉しくなった
そしてもう一度おやつを見せて庭の奥へ誘って
草を食べさせたら
うんちもできました。
玄関の外を見るのが、少し刺激になって良さそうです
風は冷たいけれど
大丈夫
外の音や匂いに反応しています
ステロイドが効いているので
容体は随分と良いです
気分も良い様です


大丈夫、なんとかなると、自分に言い聞かせて…
いろいろ工夫してやってみましょう。
ハイジは、文句も嫌味も、言わないよ
意地悪もしないし、わたしの事を好きでいてくれる
それならば、やれる。
何よりもここで二人で過ごせるよ
わたしを見るハイジの目は、いつもと同じ


昨日みんなで話したのです
「家族四人で頑張ろうね」
わたし一人じゃない。
みんながいる



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/24 11:44] | 🇨🇭 のっそりハイジ 🐾 | トラックバック(0) | コメント(0)
予備校を決めてきました
昨日、予備校の説明会に行き
予備校を決めてきました


心持ち気落ちした様に見える息子は
あまり積極的に質問もせず。


う~ん、なんだかようやく
「浪人ということはどういうことなのか」
理解しははじめた様子

部活の仲間15人中5人が浪人
仲間もいるではないか。
しっかりせい!!
お前が落ち込んでどうする
勉強せずに臨んだお前にに落ち込む権利はないのだよ。



「受験勉強を本格的に始めたのはセンター試験でこけてから」
と、聞いて、正直、わたしは、ひっくり返りましたよ。



こんなバカ息子に付き合っていたら
わたしのココロが持たん…。
「もう、嫌だ」っと心から思った

なんとかなると思うにもほどがある

息子のことが嫌いになった日でした。

幼い頃から、こんなだった。
超楽天家。

わたしの育て方が…っと、自分を追い詰めるのは
や~めた!
小学校の頃から、ずっとずっと、嫌になる程言ってきた。
わたしは、ちゃんとやってきたつもり



この先どうなるのやら


帰りぎわに塾の方に言われました
「センター試験まであと9ヶ月です」
疲れきったわたしはきつすぎるセリフ
お尻を叩くのはバカ息子にだけにしてほしい。
わたしにはもう無理…。


帰りに、駅近くのトイレで嘔吐。



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/22 11:32] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
わたしの定番服
一年を通じてトップスは長袖または半袖の白のカットソーが定番です。襟は、スクープネックで、デコルテを出します。そしてそこにネックレスか、スカーフをつけるのが定番です。トップスは基本的は完全に背景とします。わたしにとって鎖骨の出るデコルテと、長い首は唯一のチャームポイントです。そこはいつもポイントにします。
肌を出すと、華やかさが出ますし!

ボトムスはカーキの細身のパンツ、黒の薄地のウールのタイトスカート、茶色のシルクのタイトスカート。これは一年中着らるベーシックアイテムです。

白のカットソーに黒のタイトスカートに真珠のネックレスをすれば大抵のところには出て行けます。ジュエリーはゴールドのチェーンを三本、ブルーグレーのバロックパールが今のところのスタンバイ
寒かったら、ハイゲージの黒のカーディガン、スーティングされた黒のタイトスカートの上のジャケット~黒のスーツを上下で着るということですね

更に寒い場合はそのジャケットの上から着られる羽織るようなシルエットの黒のコート
黒のカットソーを持っていれば喪の席にも対応できます。カットソーは、ほんの少ししか見えませんのでOKとしています~本当はいけないのですがね…。
これらは絶対ないと困る!わたしの最小限アイテムです。



~~必要最小限のアイテム

白のカットソー長袖、半袖~数枚

黒のスーツ~上下別々にも着られるもの
ジャッキーみたいに襟が大きくてクラシックなスーツジャケットをパンツに合わせたり、色物のタイトスカートの上にまたはタイトなワンピースに羽織ったりできます


茶色のスーツ~上下別々にも着られるもの
ジャケットの下はジーンズでも、カーキのパンツでも
シルクでがさがさとした素材でカジュアル感があります


黒のカーディガン

黒の羽織る感じのコート



カーキの細身のパンツ、夏物と冬物

バレエシューズ

脚の色に馴染んで脚が長く見えます

茶、黒、ベージュが入っています〜何にでも合う最強アイテム!!



黒のサンダル~ドレッシーなもの


しっかりとしたバッグ数個~黒、茶、ベージュ


以上が必要最小限のアイテム




~~更にカジュアルダウンできる様に

ジーンズ
白のボートネックのカットソー
白と紺のボーダーのカットソー
たたんでもシワにならないダウンコート
軽いスプリングコート
革のジャケット


カジュアルなジョギングシューズ
ブーツ
ニットカーディガン色々~ローゲージニットで丈が長かったり、カウチンセーターだったり色々多数




~~フォーマルに対応できる様に~
基本のアイテムに加えてピアノの発表会やフォーマルの席に

黒のレースのタイトスカート


タイシルクの変形ブラウス


シルクの長めのふんわりした黒のスカート


エナメルのヴァラ


黒のバニティケース


リトルブラックドレス

黒のカットソー


これらは何があっても対応できる様にきちんとメンテナンスして
サイズが合わなくなったら直しておく。シルエットが古くなったら作り直す。





そして、更に、楽しみで着るもの
これらは思いっきり個性的なものでもOKです。作るのも着るのもお楽しみなので…
カラフルな色のスーツ~バラしても着られて便利、自分でデザインして縫います



個性的なスカートやエプロン~これは、刺繍したり色々して、楽しみで縫います


バッグ~アンティークなどで楽しいものを探したりしています


靴~これは消耗品なので、唯一流行の気配を感じらるものを!

スカーフ、アクセサリー~今の気分に合うものを!

ジュエリー~厳選して、少しづつ揃えています

はおりもの~大きなストールとか、ファーのもの

凝ったニットのカーディガン~これは楽しみで編んでいます


カーディガン~ボトムスに合わせた色のものを流行のシルエットで!

わたしはブラウスやシャツは着ません.
それは唯一のチャームポイントのデコルテを隠してしまうからです。
諦めています~涙
なので、上に着るのは自然とセーターよりもカーディガンになります。

カーディガンというのは、着方によって表情が出せます。ウエストのボタン二つだけはめて、ブラウジングさせるとか全開にするとか、暑かったら、ストールの様に肩にかけるとか、ボタン好きずらしてとめてくしゅくしゅにとか、袖を通さないで肩にかけるとか。色々できるので、愛用しております。
以上がわたしのワードローブです




もう、いらないものは入っていないです。
洋服はもうあまり買いません~いつも同じ服でおりますが
自分の気持ちに寄り添っているので、飽きることも今のところありません。
毎年、新鮮な気分で着られます。
そして安心していられる自分そのもののような服です

今、断捨離、流行っていますけれど
五十にもなれば、自然とそうなります
焦らなくても大丈夫です。
いくら捨ててもダメです。と、思います。
自分に似合うシルエット、生地、色がわかれば
自分を理解すれば自然と次々と服を買うことは無くなります

これっという最強の数枚に出会えば、もうそれ以上むやみに服は要らないです。
と、思うです~

愉しいお洒落



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/17 15:32] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
きもの。色合わせの法則~わたしの場合
~これらは、あくまでも、「今の」私見です。また、これから着ていくうちに変わるかもしれませんし、まだまだ初心者、思い違ひもたくさんあるやもしれません。これはちょっとの覚書きです(笑)





❶   淡い色はすてき!!
淡い色にはマジックがあります。わたしは五十路のおばちゃまですが、それでもなるたけ淡い透明感のある色を使うようにしています。渋い色、くすんだ色は、お洋服に任せて、「きもの色」を使うようにしています。日本の美意識には、新しいおろしたてのものを尊ぶという感覚があります。パキッとしたおろしたての色!は、断然美しく若々しく、初々しく、きもの姿を引き立てます。黄味がかった臙脂色や、くすんだからし色、赤味がかったまたは黄味がかった濃い緑などはおばちゃま感を一気に加速させます。

高校の卒業式で、何人かのきもの姿の方を拝見しましたけれど、場所が鎌倉なので、「さすがッ!!」の着こなしの方もいらっしゃいました。中でもすべて、象牙色でまとめた方。絹色のひと。白い半襟。全身に絹のオーラが出るかのようでした。





❷   さし色は、ほどほどに!!
きものを着はじめたころは、なぜかマリンブルーの帯締めが欲しくて欲しく仕方がありませんでした。(笑)そして、濃い紫や、濃い緑の帯揚げに恋い焦がれたものでした。帯の中の色の一色を取り出して、さし色に、とか、反対色を持ってくるなど、よくあるアドバイスに従って、あれやこれやと考えることの楽しいこと!!けれども、「良いナ!」と思ったそれらの小物は老舗の手組み。相当に値段が良かったので、手にとって身につけることはありませんでした。~あぁ、危なかったぁ(笑)「個性的」の罠にはまっていたのです。
そして「洋服的」ですよね。紺のスーツにはっきりとした踊るような華やかな色のスカーフや、はたまた菫のくすんだ紫のアンティークのコサージュ、あるいは珊瑚のネックレスを!みたいな感じでしょうか。
案外、帯の柄の一色や、反対色では、面白みがないことが多いのです。わたしは何も考えずに、すべての帯締めをおいてみます。
意外性があって、どんな帯にでもあって、出番が多いのは

珊瑚色

瓶覗色~引き算の色使いです。
そして、紅白の細い古い帯締め

そして案外これも便利です。





❸   小さいことは、美しいこと
確か清少納言の枕草子の中にあったような美意識。そうなのです。まだこの平成の世でも、この美意識は、どっこい生きています。そして、「小さい」ということはそれだけで可愛く、美しいんです!
着物でも洋服でも同じですけれど大きなバッグより小さなバッグの方がググッと女子度が上がります。小さなバッグは贅沢なひとしか持てない。なので夜の装いには、小さな美しいバッグが定番です。
そして、きものに大きなバッグはありえません。~今のわたし的には。草履も、より小さくより細いものが美しいです。下駄などは、粋で、華奢な軽い雰囲気にこだわるお店があります。

先ほど出てきたウルトラマリンブルーの帯締めなどのように、「え!?」そんな色を持ってくるの?っと言うような色を使いたい時は、「小さく」使うことです。そして、一箇所だけにします。もしくは、帯留めでします。ポチりと、きれいな色の小さな丸い帯留め、なんて、気が利いています。そしてその時の三分紐は淡い色でまとめるとすてきです~❶の法則で。



❹  隙間を空けると、なんでも来い!!
もしもどうしても、ウルトラマリンブルーを帯締めで使いたいなら、今ならば細いものにします。ごろんとした丸組などではなく三分紐くらいの華奢なものにしましょうか…。面積を少なくします。ほどほどにします。詰め込みすぎないで、少し間を空けるように装います。隙間を空けておく。すると、こってり、ゴッチャリではないかっこよさが出てきます。難しいけれども…、そうそう、高級店で商品が広い空間に1点づつ、丁寧に並べてある感じです。量販店はいっぱい隙間なく商品が開いてあります。あんな感じです。ひとつひとつが、より丁寧にひきたつ感じがします。

粘土で作った筍の帯留め。小さく、色も少し、と思って作りました。




❺  さし色は季節の色を使う
同じ着物と帯でも、ほんのりと桜色の帯締めで春を表現できますし、新緑の季節には新芽の先っぽの柔らかい緑。冷たいグレーや黒の透けるように組んであるものならば、涼しげで夏らしいでしょう。秋には、いち早く枯葉の色でおしゃれしたくなります。冬、紅白の水引きのようなものなら、お正月らしく。二月は雪のような色や、クリスマスには、ゴージャスに絹の光る象牙色。そんな風に考えると、楽しくて仕方ありませんね!



❻   触ってみた感じを大事に
紬のざくざくとした帯にぷるんとした絹が光る帯締めはおかしいですし、金の入った豪華なものもおかしいでしょう…。ざくざくとした帯やきものには、がさっとした帯締めが合うように思います。逆に柔らかものに、野趣あふれる感じのおおらかな作りの帯まわりもおかしいでしょう。帯ときものだけではなく、帯締めや帯揚げの質感に着目してみると、帯まわりの感じがぐっとすてきになってきます!約束事というより、自分の好きな組み合わせで良いのです(笑)
質感というのも、また、きものの楽しさです。秋にはガサゴソの紬が着てみたくなりますし、春は綸子など着てみたくなったりします。冬はどっしりしたちりめん、そして初夏には白大島。夏には麻のツヤツヤ感や透ける楽しさがあります。生地の質感でも季節の雰囲気を感じることができます。



~これらは、あくまでも、「今の」私見です。また、着ていくうちに変わるかもしれませんし、まだまだ初心者、思い違ひもたくさんあるやもしれません。これはちょっとの覚書きです(笑)





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/16 20:39] | 🎲 お茶目におきもの | トラックバック(0) | コメント(0)
ついに、細い縞のお召し
ついに、ついに茶色の縞のきもの

オークションでしたが、結構なお値段でした(涙)
こんな感じです
これなら紬の帯はもちろん
少しアンティーク風の刺繍の繻子の黒い帯などとも合うと
思いました
季節も問わないし、かなり便利に使えそう

このお召しは
紬と柔らかものの中間のような雰囲気を持っています
少ししっかりした素材感で着やすそうです
また、この茶は、少し海老茶がかっているので落ち着いています
軽い雰囲気で、すてきです

細かいけれどもはっきりした縞
結構守備範囲は広いよ、多分



そして、なんとも今まで持っていた着物の中の
縞の大島とベージュの細い格子柄の紬と藍の縞の着物が
売れました!
ちょっとしたというか予想外の臨時収入です~

ちょっと嬉しい (笑)
たまにはいいコトあったぁ~



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/16 09:40] | 🎲 お茶目におきもの | トラックバック(0) | コメント(0)
お伊勢参りのお支度
こんな文字の入った帯は
ついつい手に入れたくなってしまいます
粋な雰囲気がたまりません


「お伊勢参りに石部の茶屋であったとさ」
と書いてあります
今はまだ、着ていく気力、体力はありませんけれど(笑)


こうして並べてみると少しはココロが
うきうきするものです




春らしい色と言い、紬のシャリ感と言い
なんともストライクです
縞のお召しに合わせて。




こんな事が出来るようになったなんて
少しは元気になりましたね、ワタシ
帯締めは素朴なこの三つが良さそう

帯揚げはえび茶か、草書の書いてある端切れで





道明の茶と緑の帯締め





紅白の細い帯締め





紺の幾何学模様の入った帯締めに




抜け感のある一番上かな?
合わせすぎないのがコツですね。


ダダとどこへ行きましょう
ココロの体操はしておかないとね!
準備運動をしています
そんなつもりでやっている。こんなこと。



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/16 09:02] | 着物のお支度 | トラックバック(0) | コメント(0)
亀田大毅というひと
昨晩テレビで、亀田大毅というひとが
出ていました。

~~検索画像です
わずか二十何年かしか生きていない若者の人生は、
圧倒的
あの「調子に乗った」姿は
半分はマスコミの作った姿
他に表現する術を知らない若者はまんまと乗せられて
いたのでしょう




話を聞くと
ものすごく純粋
チャンピオンになった後で
最後に、負けても良いから
ファンのために良い試合をしようと思い立ち、
再び練習を始める
すると…
ものすごい手応えがあったという
嫌いだったボクシングが楽しくて楽しくて
仕方がなかったという





「ひとのために」
と、思ったところから、彼の人生が変わり始めたように
思えました
今は、恩返しをしたいと
指導者への道を選んだそうです



「本当に強いひとは、弱い自分を受け入れられるひとです」



あの(笑)亀田大毅からそんな言葉が出るなんて
思ってもいなかった…!
彼の人柄に
ぐいぐい引き込まれていく
ひとことで表現すれば純粋
あの振る舞いは若さというコトです(笑)
ひとはこうして成長するのだと
思いました



彼は、天才ではなく
努力の人
あっちにゴツン
こっちにゴツンと
ひとつひとつ失敗しながら
真面目にやってきたひとでした




左の薬指にはひっそりと指輪がありました
結婚しているのかどうか
わかりませんけれど…
きっと、良い人生が待っているでしょう
まだまだ若い
彼にはこれから素晴らしい役割が
あるのです



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/15 11:39] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
下り坂
今日はいいお天気
良かった



朝、起きると嫌な気分
でも
ずいぶんと良くなってきた
デパスを半錠飲む
少し落ち着く
デパスはすぐには効いてこないはずなのに
飲むとすぐに落ち着く
気の持ちようということ(笑)



でも、ベッドの横で
薬を探している私に
「大丈夫だよ」
と、声をかけてくれるダダ
このひとの優しさはどっしりと
私を支えてくれている
ハイジがベッドに入ってくる!
あぁ、今日も寒いのだとわかる(笑)
けれども起きてみると良いお天気
コーヒーを飲み、漢方薬をお白湯に溶いてゆっくり飲む
病院処方の漢方薬は市販の同じ銘柄のものより
効くような気がする
これも気の持ちよう(笑)



うすうすそうではないかと
思っていたけれど
私は、「子離れが嫌」なのだ
息子が大学に入ってもし下宿したら…
ハイジもいなくなって、ダダは仕事が忙しい
私はひとりではないか!?
っと思ったときの何とも言えない不安、寂しさ
この先、どうやって生きていこう…
この家はもう、機能を終えておしまいっ!と、
思った時の寂しさ
この不調の陰にこんな思いが隠れているのだ

前のおうちの同い年の奥さんが
ちょうどご長男の就職くらいの時期に
同じようなことを言っていたのを思い出す
「空の巣症候群」と言われるものだ
~~ははぁ…、子煩悩な彼女のこと、お兄ちゃんが巣立つのが
寂しいんだな~~と、思ったが、
まさかまさか、自分がこんな気持ちになるなんて!
予想だにしていなかった


私は「自分」の事しか考えていない母親なのだな。
いつだって自分、自分。


何でも子供が第一とはしてこなかったはずなのに。
「息子は、母が疎ましいくらいで、子育ては成功だ」
それは良く分かっているはず。
いずれは出て行くひと
でも母親とは不思議。
しがみつこうとしている私は、母親。
みっともない自分がいる



何でも自分の身に起こってみないとわからないものだ
自分がこんな気持ちになるなんて!
びっくりしているし、
この先、こんな恐ろしい気持ちを抱えて、
この気持ちをねじ伏せていくことなんて
できるのかしらん…
「自分の人生」を生きていくことが
できるのかしらん




お向かいのお宅は
お兄ちゃんがニート
もう40半ばで、毎日おうちにいる
それもどんなに心配だろう
親は老いていく
もう、お二人共に歩くのがやっと
心中を察するに有り余る



贅沢な悩みだこと。



羽の生えた息子を飛ばせてやれずにどうする
自分は自分の人生を設計していかないと
えらいことになるぞと
思って、にわかに不安になっているのだ

お嫁さんにあれこれ老婆心を起こして
指図するような姑と言われる自分を想像する
老害を撒き散らして
疎まれ、蹴飛ばされて、
それでも息子、息子としがみつくのだろうか

病や孤独やそんなものに絡め取られずに
悠々と生きているひともいる
しっかりと立って生きること
それだけ。




字で書けば、簡単。
まさかと思っていたこんな気持ち
自分だけはそうなるまいと思っていたけれど
まんまとはまっていく、こんな気持ち




アァ、ワタシもヒトナミに母ってコトなのね。




これが普通
自然
それで、良いではないか…!?
だめ、じゃない
私は自分に厳しくしすぎるコトはやめたのでね!
今すぐに、できなくて良い!!
少しづつで良い
こんなカッコ悪い自分を認めあげよっと。
うつになる程、否定するコトもなかろう
良いのです。



前の奥さんの時には
「子煩悩なひとだったから」
「愛情深いひとだったから」
なのに
何故自分の時には
「これではいけない」
になっちゃうのだろう
そここそが、元凶なのに。
そんなに自分をいじめなくて良いでしょう
良しとしましょう





今までは人生登り坂
増えていく人生
これからは、下り坂がはっきり目の前に現れた
下り坂、色々なものが消えていく
受け止めて生きなければいけない
準備をしなければいけない
登り坂をひいひい言いながら登ると
急にぱっかり下り坂が現れるのは
誰だって恐ろしい気持ちがするものです
「怖いんだね。」
そう、認めてやるコトです



…洗濯物を干してしまおう
せっかくの良いお天気なのだから!



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/15 09:19] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
ダダのバッグ
通勤のバッグを買い替えました
何年かに一度、買い替えます


ダダはいつもこんな感じのバッグです
定番のバッグ
会社では黒の少しハイテク素材のバッグが
流行っているそうですけれど
ダダの雰囲気にはこのようなバッグが似合うと思います
ストラップもついていて肩にもかけられるタイプです

どんな格好にも合いますよ~。




 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/12 15:07] | 今日のダダ & 息子 | トラックバック(0) | コメント(0)
エクセルさんたち
南向のテラスにバードフィーダーを買ってその中に
野鳥の餌を朝に、入れてある
ブーンっという扇風機みたいな音が聞こえる
雀さんの羽の音
来たな!?




雀さんはだいたいつがいでやって来る
だから偶数である(笑)
そして、可愛い声が聞こえて
朝ごはんしてる
柵にとまった雀さんは寒いのか
まん丸になった寒雀
可愛い


たまに覗くと気配ですぐにみんな跡形もなく
いなくなる
写真に撮るのは難しいの。




エサの商品名はエクセルと言う
でもね、最初買ったのは小さなエサにどうも殻が付いているようで
雀さんたちはそれを剥いて食べるので
気がつくとテラスはその屑だらけ
細かい屑がいっぱいで家族に不評だった

ところが、エクセルには「殻なし」もあったのです!!
これは良かった(笑)
これならテラスは汚れないよ




こんな小さなお家だけれど
テラスに雀さんが来るのが楽しい

そして北側の窓の外には裏のお宅の大きな桃の木が
枝いっぱいに花芽を持っている
北側の窓からすぐのところに
もうすぐ夢のように桃が咲く

そして、裏のテラスからはわさわさと風に流れる
大きな竹林が
見える
裏のお宅は五百年ここに住んでいるそうだ
敷地は広大(笑)

リビングからは近くにハイキングコースの山が見える
もうすぐ山は起き出す季節
きっとうっすらと新緑の準備が始まっている

行き止まりの静かな道に隣家の梅や沈丁花の香りが
穏やかに香る



いつもの猫が歩く





昨日は午後はデパスを飲まないように我慢したら
少し疲れてしまった
それはいけない
ダメなら我慢しないで飲む



今日は、テレビはやめる
中学生の男の子の自殺の事件の報道を見たくないから…

私も良くなったり
悪くなったり
行ったり来たりです
まだ、無理は禁物
さてさて、窓を開けて
そうしてお庭で、少しゆっくりします



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/10 09:11] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
タイの言葉
バンコク
騙すひと
優しいひと
不思議なひと
混沌のバンコク(笑)


タイ人のお兄さんに聞かれた
「お小遣いはいくら?」
「わかんない」
小さい太郎
「私たちのお給料と同じくらいだったりするんですよ(笑)」
え…そうなの?
「お金持ちね」
と言われる、微妙な気持ち



ドラッグストアで飲み物を買っていたら
声をかけてくるひとがいる
「私は警察官。今、仕事が終わったばかりです。今日は日曜だから
王宮へ行く電車は動いていない。私の友人が連れて行ってくれるから、
一緒に来るとよい」
「王宮まで行ってあげる。ひとり二万円。7時間かかる」
?????
ここから王宮までは電車で数駅
タクシーでも30分あれば充分
でも、チャオプラヤ川を行く船でいけばもっとすてき
私たちは船で行くつもり
その船だってほんの少しのお金で行けるはず
いくらもかからないだろう
それをひとり二万円で、六万円とは、ふっかけて来たものだわ
日本へ帰れそうなお値段よ~
レジのおじさんに今日は電車は動いてないの?
と聞くと
口裏を合わせているのか、そうだと言う。
「ちょっとまって、もっと安くなるように交渉してあげる」
と、言うひともいて、エセ親切が止まらない(笑)
「残念だけれど、私たちは、王宮へは行かないから」
と言うと、たいそうながっかりの顔(笑)



到着してすぐにこれである
万事こんな感じかと思って、
少し疲れる



観光客に声を掛けるひとはほとんどが
怪しいと思って良い。
だって、例えば自分たちは
横浜で外国人に声なんてかけないもの(笑)
余程のことが無ければ…
しつこいおじさんたち
でもこんなことも旅のスパイス




王宮へ行く途中で三島由紀夫の小説に出てくるお寺へ
船が着く

大蛇を首に巻いて「お写真はいかが?!」
お猿もいるよ~


とうとうと流れるチャオプラヤ川
岸にはせり出した住宅
子供らが飛び込む
笑い転げる人びと
横ではお婆さんがお鍋や野菜を洗っている
包丁も洗ってる

その下ではお洗濯

たっぷりとうねる濁り水は全てを飲み込んで生き生きと流れている
船のエンジンの焦げたような匂い
タプタプと大きな水草が絡まる
止まるたびにお兄さんが長い棒でスクリューに絡んだ水草をほどいている

何箇所か止まって王宮が終点



王宮は圧倒的なパワフルな場所
肌を出してはいけないので
服装のチェックがある
タンクトップなどのひとはレンタルの
シャツを着る

黄金の建物が灼熱の太陽にギラギラ照らされて
湿気と熱気と何やらパワーが充満して
もう、すごいことになっている
長袖だし…暑い
でも、素晴らしかった

とにかく全て
黄金です




タイのひとは穏やかな話し方
ゆったり、気品さえ感じるタイ語
夜になると街に市が立つ
その入り口には少数民族の衣装をまとったひとが
何か物売りをしている
屋台の匂い
クラクラするような色の洪水
でも、一本入ると
シルクの生地屋さんが軒を連ねる静かな通りもある
色とりどりのタイシルク
良いものも、廉価版も様々に
薄暗くて色がわからない(笑)
中でも明るくて少し値段の良いお店で
ベージュのタイシルクを買う
こういう時は、少し値段の高いものを買うことにしている
値段は嘘をつかないものだ




次の日は調べておいたかごのお店に行く
糸のように細く裂いた竹を細く編んであるかごのバッグ
透けるくらいに細く裂いてある竹
凛とした気品ある籠

薄暗いお店
たくさんの籠に埋もれるように片隅に座る痩せた老人
サワディカー、と手を合わせくれる
私も同じように挨拶をする
言葉は通じない


半額になっているものが数点あったがそれでも覚悟がいるお値段


素晴らしい手仕事
タイという国にこんな繊細なイメージはなかったけれど
細く丁寧な仕事に驚く
何時間いても足りないくらいのすてきなお店
小さな籠を


私は、包んでもらった

「コップンカー」
おじいさんがゆっくり微笑む
うわぁ、すてきな言葉…
なんて繊細




タイ料理の繊細なハーブの香りや
銀細工の食器
美味しかった西瓜のジュース
寝転んだ黄金の大きな仏さま
足の裏に不思議な模様

橙色のころもをまとったお坊さん
「一緒に写真を撮って下さい」
と、お願い。

てんびん棒を担いでお豆をに煮た物を売っているおじいさん
すっごくたくさんオマケしてくれたよ
渡れない交差点

楽しくて、すてきな国でした。





 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/08 13:44] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(0)
のんびりなニューカレドニア
ハネムーンに行くなら、ニューカレドニアがおすすめです
時差も少ないし
ハワイのオアフ島のように疲れない


そして、旧フランス領だけあって
ちょっとお洒落
そして、田舎のリゾート
シトロン湾のすぐ前のホテルをとって
何日かそこら辺をうろつく
舗装のガタガタのメイン道路
バスに乗って街に出てみる
ハワイのように極彩色ではなく
どこかお洒落な色合いのパレオが風に吹かれて結んである
値段は、交渉(笑)
通りに面したテラス席のレストラン
クスクスのレストランやモロッコ料理が多かった
フランスパンを自転車のカゴに乗せて
おばさんが通る
貝殻のアクセサリー屋さん
ペタンクをするおじさん達
ボロいバスが交通手段
お店はたくさんはない
そしてブランド品や免税店もあまりなかった気がした
今はわかりませんけれど…(笑)
そして、そこらへんに飽きたら
イル・デ・パンへ小さい飛行機で行くといいです

できたらそこで二、三泊
何もない島ですけれど
夢のように海がきれい
何もないです
あ、ダイビングはいいみたいでしたけれど…
日帰りだったので
私たちはゆっくりするだけでした




そして船でアメデ灯台にも行ってみましたが
海蛇だらけで、蛇が怖い私は失神しそうでした。
海の中にもいます。波打際にもいます
あちこちから悲鳴が聞こえてきます(笑)
もう、すっと昔のお話です
今はどうなっているのかわかりませんけれど
少しお金はかかりますけれど
イル・デ・パン島は本当におすすめ

何もないですけれど
ゆっくり朝寝坊して、ビーチでのんびりして
お昼寝して…というじかんが過ごせます
ひともあまりいなくて、ゆっくりできました


あ、そうそう、ウインドサーフィンしたいなら、シトロン湾や
その近くに地中海クラブ~クラブ・メッドがあるので、
マリンアクティビティをしたいならそこへ行くといいです
いい風吹きます


二十年前のニューカレドニアはそんなところでした
ホテルのひとに聞いて
シーフードを食べに行きましたけれど
もう、とろけるような牡蠣やシュリンプカクテル
新鮮で、とても美味しかったです
あまり商売っ気のないホテルだったので
ホテルのレストランはイマイチでしたが


街のお店はどこも美味しかったです
とにかく、
ちょっとお洒落で、のんびりしていて
ひとが少なくって、な~んにもないリゾート


あ、シャワーの水が出ないと言う定番のトラブルは
健在でした。
でも、海は沖縄と同じくらいきれいだったです

そして、よくバリなどで聞くうるさいもの売りもないし
よかったです



飛行機はエコノミーがオーバーブッキングで
往復共にラッキーにビジネスクラスに乗れました
離陸と同時にグラスでシャンペンで、乾杯(笑)
チャっと閉められたカーテンの向こうは
私たちののるはずだったエコノミークラスのプラスチックの
カップが配られる…

たまには良いこともありました


帰りの空港までのバスの窓から見た星空は
星が降ってくるようでした。
周りは真っ暗
どこまでも真っ暗な道でした


あぁ、もう昔ムカシのおはなしです



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/07 11:22] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(0)
パブリックガーデンのお洒落教室(笑)
もう、昔のようにシュッとしてはいない(笑)
足だってぼってり
上半身はもっさり
お腹もふっくら


シンプルな服をそのまま着て素敵なはずはないの…。
すてきに足し算しなくっちゃ!ね…。


ボストンにいた頃
パブリックガーデンと言う有名な公園に
太郎を連れてよく行った。
目当ては、ヨーロッパからの観光客の
おばちゃまの観察(笑)

パブリックガーデンのすぐ側に
超高級ホテルがあって
そこへぴかぴかのBMWが横付けされて…
夢のような一家がこれから行くのは灯台のあるあの島かしらね…
私は通りを挟んで反対側から
その光景を見るのが楽しみだった
地下鉄を降りるとパブリックガーデン
反対側はエルメス
朝の時間
イタリア語が聞こえる
筋張った素足に茶のミュール
短い丈のカーキ色の細いパンツ
上には厚地の白のシャツ
そして皺のあるデコルテに
太いゴールドのチェーンを重ねて。
その光がなんともゴージャス
朝からきれいに整えたボブの髪
かわいらしいカゴのバッグ
なんでもない服装なのに
ど迫力のかっこよさ
若いひとにはこの迫力は無理
どんなに高級品をつけていても
借り物のようになるでしょう


年齢のいった人で
ジュエリーをしていない人はほとんどいない
初老の女性のきちんとした装いには
ジュエリーは必需品


そのひとの内面を映し出すような個性的なジュエリー
角ばったチェーンのマニッシュなネックレスは
知的な横顔に馴染んでかっこいいし

砂のように細い繊細なブレスレットは
繊細な目をした華奢なマダムにはぴったり

ジーンズにシルバーの太いバンクル
日に焼けたスポーティさんのセレクト

ふんわりした髪の小柄なマダムには
カボーションカットの半貴石のキャンディみたいな
リング
お揃いのバッグを持って

あゝ、スタイルのあるひとのお洒落は
様々で、本当に楽しい


若いひとには無理よ(笑)ふふふッ~




皺やシミのある肌に
少しでも華やかさを出すには
やはりアクセサリーの光や素材の良い服は必要
~~でも、昼間からエメラルドだの
ルビーだののものはしませんけれど(笑)~~
ヨーロッパからのお客様は
本当に素敵なひとが多かったです




今でもよく覚えているのは

白のコットンのワンピースのおばちゃま
コットンのワンピースは
かわいいレースが所々に入っていて
お袖はパフスリーブ
袖口にコットンでくるんだ小さなプチっとした玉が並んでついているのが
もう、とてもかわいい
カットワークの裾にも同じ玉がついている
若いテイストなのだけれども凝った作りのワンピース
ガーリーな、繊細なワンピース
きっとどこかのメゾンのものに違いない(笑)
そう、とても凝ったワンピース。
品物も良いので、もう若くないその人が着ても
よく似合っていて、
そのひとが、とても頭の柔らかな
クリエイティブな感じのひとなのだということがわかる
革のミサンガ
ベージュのスエードのフリンジのついたバッグ
そして素足に同じくベージュの華奢なサンダル
短い爪に白のマニキュアがきれいに塗られていた
なんて素敵なのでしょう
コットンというカジュアルな素材が
バカンスにぴったりな軽やかさで
お見事!!
と、言いたいくらい素敵だった
そう、多分、五十は回っている感じ
日に焼けた肌がとてもリッチ
決して痩せてもいないしすごく美人でもない
けれど
圧倒的に素敵だった




決して若いひとの真似ではなくて
そのひとらしくて…
その頃、刺繍やレースを使ったガーリーな服をよく見かけた
流行っていたのだろう
でも、こんなにすてきに着こなすなんて…。
流行と言うものはこうして取り入れるのだという
お手本のような人でした

後ろにいるパートナーは
ザックリとした紺の麻のジャケットで素足にデッキシューズ
今日は
どこへ行くのかしらん
車はNYのナンバー
きっと、ナンタゲットや
そちら方面へドライブかしらね。
まるでヨーロッパのリゾートみたいな島々

異次元の世界を見るようだった
そう、ここはボストン
ヨーロッパからの観光客が多いところ
そして、少しお洒落して来るところ
ガス灯のゆらゆら灯る石畳のバッグベイを歩く
夜はロブスターやオイスターバーで
サミュエルアダムスで乾杯ね!




眺めている私は、太郎とふたり。
短い夏のお楽しみ
ダダは大学へ通っていた
短いボストンの夏


たまに行ったパブリックガーデン
角のサンドイッチ屋さんのオープンテラス席で
エッグサラダサンドを食べながら
いつまでも眺めていた。
異国での心細かった日々が
今も、はっきりと思い出される。




夏と言っても肌寒く、ライラックが咲く頃。

ちっちゃい太郎とふたりで。



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/06 23:52] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
生きているだけで…
家にこもっている
色々なブログを覗いて
世の中、様々な人生があるなと思いながら
読んでいる
中には、家族と死別してしまったひとの
ブログなどもあり
自分など贅沢ものだと思ったりした
中でも息子さんの自死の悲しみを綴ったものなどは
読んでいて身につまされる
私は、今、こんな状態だけれど
専業主婦、さして経済的には困ってはいない
息子も大きく、充分に休んでいられる
焦らずに療養できるということは、大変恵まれているのだ
そして、息子が、ダダが生きているだけで
それだけでとてもありがたいこと
そう思っていた。
けれども…
今日、息子がちょっとした体調不良でかかりつけのお医者さんへ
診察が済むと先生に
大きな病院で検査を勧められ
14日に大学病院へ行くことになった
二次の後期試験が終わってすぐだ
次から次へと、ココロが潰れそうなことが重なる
一切皆苦
とは言ってみたものの
この今の状態はきついです…
そんなことを思うと
大学受験なんて、何だかどうでもよくなってきました…
そう、生きているだけで…ありがとうです
昔、息子が小学生の頃、インフルエンザの熱がぶり返して
やはりその大学病院に紹介状をもらって行った事がある
とても心配な気持ちで待合室にいると
「処置室」と書いてあるドアがフッと開いた。
何気なく目をやると、中にはベッドが何床も並んでいて
子供が点滴を受けている

帽子をかぶった子供もいる
抗がん剤の点滴だ…
私にはすぐにわかった
小児ガンの処置室だった
申し訳ないけれども…
ドア一枚向こうは、地獄だ、と思った
私も通った道
でも、子供の闘病は身を切られるような思いだろう
お母さんたちが、飲み物やおもちゃなどを取りにたまに出入りする
その顔は、一切何も考えていない顔。
思考を停止している顔。それってわかる。
そういう顔、わかる。必死の時はみんなそう。
私たち乳がん患者もあの時、そんな顔していたもの。
インフルエンザなんかの不安は吹っ飛んでしまった 私はそれ以来マクドナルドの
子供が重い病で遠い病院で治療を余儀なくされる家族への支援の
募金に賛同して、
たまにマクドナルドに行くときには
必ず一枚お札を入れる事にしている
気持ちがわかるから。
私の友でも、お嬢さんが世界で数例しかない膵臓がんにかかったひとがいる
辛かっただろう、想像を絶する。
幸いお嬢さんは今は元気にしている
けれど、友はどんなに辛かったか。
彼女は、長男がダウン症。そしてご主人も若年性糖尿病で、
インシュリンを打って生きている
そして何年か前に彼女も脳の血管の異常で手術をした
そのあとは、年賀状から彼女の名前が消えてしまった
退院はしたそうだけれど…
その血管の異常は30年前くらいからあっただろうと医者が言ったそうだ
ちょうど、お子さんの闘病と重なる
彼女から、子供の学校や進路の話を聞いた事がない
彼女自身はw大学、「都の西北…」であるが、
そんな話は一切興味がない
それは、彼女は「生きていることがどんなに大事かを知っているから」
私はそう思う
私は勉強させられている
きっとそうだ
もう、開き直って生きてみようかと
思う
与えられた条件の中で生きるしかない
その時少しでも楽しく生きなきゃ損ではないか。
人生これからだってきっと、山あり谷ありだろう
そして、私はペシミスト
もう、このままうつでもいいじゃないかと
開き直って生きてみようか
治さなきゃなんておこがましい
治らなくても大丈夫
もう、このままで、これ以上悪くならなければ
良いとしようか
もう、諦めるのだ
もう、私はこれでいいじゃないの。
でも、神さま、息子だけは幸せに生きさせてあげてください
ひとつだけのお願いです
息子だけは幸せに。



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/06 02:58] | 思うこと
クリスマスローズが咲く
いつの間にか咲く花
クリスマスローズ
うつむきかげんに咲くので
気がつかないことが多い

そばかすだらけのかわいいクリスマスローズは
今年は花数が少ないです

ハンギングバスケットのお花も賑やかになってきました
もうひとつありましたが、ハイジさんが食べてしまって
形がへんてこりんになっちゃったのです(笑)

色を塗ったハンギングに植えたマーガレットは
大きくなってきましたよ

玄関のハンギングバスケット
このバスケットはやけに赤っぽい紫が揃ってしまいましたね

お花屋さんで買ったイブピアッツェの枝を挿しておいたら
こんな風に葉っぱが出てきました(右上)
とてもすてきな薔薇ですよ。
冬の間、ずっとお水を切らさないでいたら
元気にいてくれてこんなになりました
そして、種を蒔いたニゲラやゲラニウムなども
大きくなってきました
今日は、調子が悪いので
朝一錠、そしてもう一錠
九時にもう一錠デパスを飲みました
我慢していても仕方がないので
しっかり飲みました。
とても楽です
このように辛い時は臨機応変に
薬を使っていこうと思います
一時、調子が良かったけれど
イベントが入るとストレスがかかるので
仕方がないですね。
抗うつ薬は飲まないで。
効かない気がするので…。
それと…、楽しみにしていたミモザが咲きません
きっと秋に花芽を切ってしまったからだと
思います
花芽は夏までにできるのでそれ以降に剪定をしてしまうと
花が咲かないそうです。~残念
でも、大きくしたくないので
花の時期が終わったら
四月に思い切って剪定をしておこうと思います
昨日、今日と少し薬を増やしています
快適にいるのが良いです
我慢しない
しばらくは良い
受験が終わって予備校へ行って
落ち着くまでそれで良いです
焦らないことですね!



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/03 10:50] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
卒業式のお洒落

Aラインのジャケットにタイトスカートのスーツ
襟が大きくクラシックな感じです
しまうついでに写真を撮っておきました

アンティークの蜂のブローチ



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/02 11:28] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(0)
卒業式の日
入学式の日に
「卒業式には自分で着付けをして
着物で来よう」
と、決めていた。
きものもあれこれ探して準備しておいた
入学式、何人かの和装の方がいらして
その頃着物をはじめた私は
三年後には、是非、きものでと、卒業式を楽しみにしていた
息子は、
「頼むから着物で来ないでね、目立つような事しないでね」
と、言っていた(笑)
昨晩まで、悩んでいたけれど
きものの準備をするのも難しかった
きものを着る日の前は半襟をつけたり
帯まわりをあれこれ出してみたり
何か準備をするというのを息子は知っているのだろう
何もしない私の様子に太郎が
「きもので来てもいいよ。別に。」
ありがとう。でも、ちょっと無理そうなの
「あれだけ楽しみにしていたのだから着なきゃ、!」っと思うのが、
とても気持ちの負担になっていた
夜になって、のろのろと支度を始める
黒のスーツを出してストッキング、ハンカチ
バッグは黒のバニティーケース、靴、

そしてどうしようかなぁ、…少し華やかに真珠のピアスにネックレス
それだけだと、少し淋しいので

そして蜂のブローチを出して襟に付けて
これで、良し
準備をして、心が落ち着く
「明日は洋服で」
と言ったら、少し息子の顔が曇った。
「いいのに、きものでさ。」
「いや、明日は寒そうだし、きものやめるよ。」
「体調、大変なら、来なくてもいいよ」
「這ってでも行くわよ(笑)」
洋服で行くと決めたらば…
あぁ、心がフッと軽くなった
洋服で行こう!
ダダは休暇をとってくれた
~案外、お父さんの出席は多かった。
さぁ、薬を飲んで今日はしっかり行かなきゃ
朝は、やっとこさ起きて
とにかくお化粧をしてスーツを着る
~大丈夫、三回手のひらになぞって飲み込む~
大船、横須賀線
あぁ、大船中央病院が見える
大丈夫~
大船のホームに立ったら必ずお顔を拝見することにしている
大船観音
ジンクスね。
北鎌倉駅を出て歩く
きもの姿もチラホラ
私は、黒のスーツ
でも、これで精一杯
これでいい。

卒業証書授与
名前を呼ばれて
大きな声で返事をして起立する息子を見ることが出来た。
中学の時の様にダラダラしている生徒はひとりもいない
みんな、すてき。
校歌斉唱は大太鼓の音から始まる
講堂にピアノはない(笑)
ドコドコドコドコと、独特の入場の足音
応援団だわ…!
「これから、辛い事、どうしようもない事に
ぶつかる事があるでしょう。でも、その時には
ここに来て欲しい。
ここで三年間過ごして学んだ事、仲間はみんなの財産です
迷った時には是非、ここに帰って来てください
そして、鎌学出身と言う事に誇りを持って
生きていって欲しい。
幸せな人生を送って欲しいと願っています」
と校長の祝辞はにジーンとしてしまうのは
私が今、辛いからかなぁ?


息子は今日は部活の仲間と焼肉屋さんへ行きました。
愉しんでいる
昨晩ハイジのお散歩で
「今年、大学入れなくて、明日、行きにくくない?」
と、言ったら
「明日は高校の卒業式だよ、受験とは関係ないよ」
「そうなの?親っていうのは、
飴ちゃんひとつでもみんなと同じ様に
あげたいっていうきがしちゃうのよね…。
かわいそうかなぁ?って
思っちゃうのよね…」
私がもっとしっかりと見ていればよかったよ。
~もう、18歳なのに、甘いわよね…私。?
息子はこう言った
「飴玉を受け取らなかったのは自分だからさ!」
「そうか…」
そうか、そうか。
馬鹿な質問をした自分が恥ずかしかった
ごめん、太郎。
よっぽど太郎の方がおとな。
浪人って、わかっていたはず
というか、最初から、今年は、二校しか受けていない
そのつもりだったのでしょう!!
それとも、心のどこかで受かると思い込んでいたのかしらん
きっとそうよね
馬鹿者めが

そして、今日はひとつ良い事が…
夕方ハイジの病院へダダが行ってくれたけれど
ハイジはリウマチか多発性間接症の
可能性が高いとの診断を受けました
急性悪性リンパ腫ではなかったらしいです
小さな獣医さんで検査が出来ないので
薬の効き具合から診断をしているのです
よかった
「抗がん剤はしなくて済む」
ハイジにがん治療をしないで良いのは
よかった。
年相応の体の状態らしいです
神様、ありがとう
これで、ゆっくり休める
ひどいことにはなるまい。
あと一回12日に試験があるけれど
その日はダダがいる。ひとりで待っていなくてもよい
だから、もう、受験のあれこれはもうお終い
終わったよ
大丈夫
ゆっくり休める。しっかりと休む
この先は、もう、ダダに任せる
子育て、終了。(多分…。(笑))



 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2016/03/01 21:27] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

Dolce

Author:Dolce
青い鳥を探す為につけている日記です
愉しいこと
好きなもの
愉しみでしている畑や着物
小さな手仕事
ピアノの練習
家族のこと
こつこつ、書いています

お知らせ

 
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福

リンク

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

カテゴリ

FC2拍手ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

<