FC2ブログ
Dolce
*** hana
ナバホの誇り
バーガーキングの扉を開ける。わっと私たちに痛いほどの視線が突き刺さる。みんな黙る。大きな目がみんな私たち三人を見る。店員さんも。すべてが止まる。

これは、なんなの?!夢なの、本当なの!?中には今まで見たこともないひとたちがいた。
ホンモノのインディアン。説明されなくてもわかる。ナバホインディアンだ。わぁ~。すごいところへ来てしまった。


ここはユタ州。砂漠の一本道の脇のバーガーキング。
中はとても混んでいる。老若男女、すべてナバホ族のインディアン。おばあちゃんのほっぺたにはバーコードみたいなタトゥ。肌はあさ黒く、褐色とも違うグレーがかった色をしている。黒髪を後ろでひとつに結んでいるピアスの男性。「誇り高い」という言葉がぴったりのスッと伸びた姿勢。 みな骨太の感じ。シルバーのジュエリー、ジーンズ、タトゥ、子供も大人も皆。外にはトヨタのピックアップトラック。白のシャツにジーンズ。かっこいいな。映画みたい。



ここのまわりはどこも平屋の家。どの家も地べたにアンテナがあるのを不思議に思って覚えている。馬に乗っているひともいる。ここは、冬はすごく寒く夏はものすごく暑い。インディアン居住地はみなそういう土地だ。こういうところに押し込められているといった感じがした。緑はない。厳しい環境。ここには白人も黒人もいない。ボストンのような陽気な笑顔もない。アメリカは、ひとつの国ではないと思った。ユナイテッド・ステイツ~州の集まり~なのだ。

昨日泊まったホテルではサボテンのステーキ、ラードを使ったパンの揚げ物。ラムのお肉。

一本道はずっとずっと続く。何時間も走ってもまだまっすぐ。まっすぐ過ぎて対向車がいるのが分からなくなる。道を見なくなる!!近づいているのかどうかもわからない。ので「ライトを点けよ」と、時々看板がある。砂漠の中をまっすぐ。ひたすら。たまにごくたまに対向車。交差点はもう何時間もない。地図を何度も確認する、国道何号線か、何度も確認する、たまに看板が出てくるので、その度に、少しホッとする。間違えていたら、何百キロも戻らなきゃならない。夜は怖い。街灯なんてないもの!明るいうちにホリデーインに着かなきゃ。アメリカのホテルチェーンのホリデーイン、なんだかすごくほっとする。大丈夫そうよ。普通の感じそうよ。そこにさえつけば、人がいそう(笑)
ここで車が壊れたら命はないと、思った。
だからか、日本車が多い。中西部はフォードも多いが日本車、多いなと思った。
ボストンは寒冷地で、BMW、サーブ、スバルのレガシーのワゴンが多かった。もちろんベンツなども。でも、ここは様子が違う。トヨタ車が多い。





長時間のドライブ。お腹が空いたのでバーガーキングへ。太郎は2歳。席をとって太郎と私が座る。ダダは注文の列に並ぶ。ジロジロジロジロ…。上から下までみんな遠慮なく私たちを見る。まるで不思議な生き物を見るように。東洋人とその子供。でも、敵意は感じない。あるのは、違和感とビックリ。
なんだか面白い。こういう東洋人の家族を見たことないんだわ、と、思った。私たちも、みんなみたいな人は見たことないわ!!
みんな、映画に出て来る人みたいよ。
みんなもびっくりで、すごく静かだったのが、しばらくしたら、また、さざ波のようにガヤガヤのおしゃべりが戻って来て、なんか、私たちも、ホッとした。それにしても、ここはすごい。




今度は私がみんなを観察。(笑)
かっこいいな。みんな姿勢がすごく良い。髪を伸ばして真ん中から分けている。そして歳をとった人の威厳、というか迫力は近づきがたいオーラで私を弾く。みんな誇りを持っているんだ、と、思った。気楽には生きていない、と、感じた。「ここは、自分たちの場所。ヘラヘラ歩き回るなよ」と思っているように感じる。ズカズカと入ってはいけないと、思った。そうよ、私の愛する(笑)建長寺などに若い外国人観光客がガムを噛みながら、LIMP BIZKIT を聴きながら、ヘラヘラ騒ぎながら参拝して欲しくないもの!!わかるわよ。大丈夫。 敬意を持って振舞わないといけない。

それにしてもみんなが一番穴のあくほど見ているのは太郎のこと。でもその視線は、冷たいものではない。小さな子供が座る椅子を、太郎を片手によいしょよいしょと運んでいたら、後ろから大きな腕がにゅっと出て、運んでくれたの!!おじさんが!!
ありがとうって言ったら、低いよく通る声で、「sure.」って。ニコリともしないでいたけれど、横には心配そうに見るおばさんやら、おじいさんやらの顔。みな、遠くから見ている。不器用な感じだけれど、伝わるよ。わかったよ(笑)
どうやって接したら良いかわからないって、顔に書いてあるよ(笑)

人って動物。こうして座っているだけで、すごい情報を得るんだと思った。みんなが、どう思っているのか、なんとなく感じる。ダダが注文できるか心配そうに見ている人もいる。何を食べるのか興味深々。メニューにはハンバーガーしかないのにね。




昔の思い出。たまに忘れないように書きとめておきます。自分の思い出のために。もう、すごく昔のこと。忘れかけていることもいっぱい。でも、こうやって書いていると思い出すことがある。旅行へ行って覚えているのは観光地の素晴らしさよりも、こうしたひととのやり取りやひとの様子、街の雰囲気などの方が面白く記憶している。それは、写真にも残らないし、ビデオにも残らない。なのでたまに書いて残しておくことにします。なので、適当に読み飛ばしてください(笑)!



それから、私たちはモニュメントバレーに行った。ここはインディアンの聖地。手の形の丘。ライトミトン、レフトミトン。もう、大昔から変わらぬ姿でここにあるその丘。ガイドを雇って中へ入る。こちらにも少し書きました。→インディアンジュエリーの魂
ここは圧巻の迫力。入ってはいけないところもあった。ここはアメリカのインディアンの聖地なのだ。時間の止まったような場所だった。

フロリダの先のあの遊園地へ行くならば、私は、ここをお勧めします。グランドキャニオンやタイムズスクエアやずっと小雨のシアトル~本当です(笑)やロッキーのトレッキングなどより、私はここがすてきと思いました。~ボストンも良いけれど、アメリカらしくはありません。あそこはヨーロッパの風情。あ、でも私は南部へは行っていません。ニューオリンズなどはまた良い感じなのでしょうね。
ザ・アメリカなのは、ここ。

ここには魂があります。赤い土に、夕陽が神々しいくらいでした。




遠くの丘の上から馬に乗った人がこちらをじっと見ている。遠くから静かに見ている。私が気付いたら、その人はサッと手綱を引いた。馬はたてがみをひるがえして、その姿は夕陽の中にまぼろしのように消えてしまった。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/31 08:51] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(0)
ヤフオクでドキドキ!?
この前、ちょっと書いた→ピンクのピアスに合うかなぁ~?と思ってヤフオクで落札したストール。
実はこの出品者は「非常に悪い」の評価が1800以上というツワモノ。

どうしようか悩んだ末、作戦を考えて落札してみました。どうせストールはプチプラさんですので。
まず、評価によると、一切連絡が来ないそうです。うーむ。これは…、面倒ね。で、落札の次の日にすぐに電話を入れました。同時に、連絡掲示板と出品者のアドレス両方に私の必要な情報をメールしておきました。
怖い人が出たらどうしようかっと、ドキドキしていましたが、あらら、可愛らしい若い女性でした(笑)そしてお名前を聞いて、次回からのメールにはお名前を入れることにしました。
〇〇様、こんにちは    から始まるようにメールを送り、電話でのやり取りは、日にちを入れて、「今日のお電話ではこのようになりましたので、ご確認ください」と、念押し!!
そして、お金を払っても商品が来ないとの評価もありましたので、300円の手数料がかかりますが、ここは代引きを指定しました。これで消費税と送料と代引手数料で千円もかかってしまいました~涙!





でも、でも、きちんとお取り引き出来ました!!!!ストールが、届きました。

じゃ~ん!!



届いたストールも、思っていたよりもずっとずっとすてきで、とっても嬉しいです。良かったぁ~。
色々心配でしたが、なんとかなって良かったです。
実はちょっと前に、あるセレクトショップで、これに似たストールを見つけて、良いなと思ったのですが、かなりの高額で、あきらめていたのです。
ベロアのようですが、薄い生地で透けるところがあったりしてニュアンスがあります。面白い素材で、すごくすてき!!たくさん色が入っているので便利に使えそうです。これは多分未使用です

検品がきちんとしていない
という評価も多かったのですが、これは、試用感のある中古品という記載でした!ラッキーです…。





フューチャーピンクのバッグとピアスにも、ばっちりです。
ちょこっとドキドキしていたので、うれしいです~。
けれども、なんだか疲れました。

ヤフオク戦利品のストールと、手作りピアスと、かわいいお値段のバッグで、


愉しくお洒落しましょ!!


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/30 09:18] | outfit of the day | トラックバック(0) | コメント(0)
栗、ひとつぶ
なんか、夏の疲れが出てしまったのか、日がら一日、横になっています。
湿気が多く、風はひんやり、暑いのだか寒いのだかわからない感じです。お掃除も片付けもお休みして今日はお休みしている。



今日も朝5時にハイジのお散歩に行った。
小さな栗をお散歩の道で拾う。普通の栗の半分くらいの大きさ。
小さくて可愛い。あぁ、そうだ、いいこと思いついた!



やってみました。このかわらしい栗の赤ちゃんに金具を付けてみました(笑)
ふふふッ…
自然はすてき。私は遊園地へ行くより、自然の中を歩く方が好きです。すてきなものがいっぱい見つかるもの。

野の花や、木の実や、面白い石や、思いもよらないものがいっぱいの森。野山はすてき。








よく似合いそう。
壊れちゃったらまた作れば良いのですから、気楽なものです(笑)作家もの、何万円などと、比べても引けをとらない精巧さね!!などと、笑っています。



もう、薄物を着る気はしない。暑くても秋のきものが着たいと思うのは、もう空気が秋だから。空も秋だもの。秋を楽しまなくちゃ。

お茶目にお着物


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/29 14:21] | 着物色々覚書き | トラックバック(0) | コメント(0)
十九歳、モヒート解禁!?
昨日は息子のお誕生日でした。十九歳。あぁ、あっという間の十九年。
リクエストのステーキと、畑サラダ。



いちじくに葡萄に、シャキシャキのレタスときゅうり。胡椒を効かせたドレッシングをかけて。あとはスープを作って、おしまい。ケーキがあるので、いつも一点豪華主義で量は少なめです(笑)



数えでは二十歳なので、モヒートとスミノフを。解禁。
ふふふッ。飲んでみたいと言っていたので、夏らしいモヒート。ミントとライムのキューバのカクテル、それからレモンの香りの飲みやすいスミノフを買ってきました。本当は、カンパリオレンジか、ソルティドックなどを作ってあげようかと思いましたが、彼は瓶のデザインなども好きなので、これを買って来ることにしました。
何故飲ませるのか!?というと、来年大学生になって、飲みに行く機会もあるでしょう。そこで何かあったら困るので、今から、少しずつ、お酒ってこういうものなんだよって、教えておきます。アルコールはあまり入っていないのでこんなのがちょうどよいでしょうと、思っています。
少し、おとな扱いしてもらったと感じたのか、喜んでいました。





最近は、反抗期も脱したようで、何か言っても「はーい。了解でーす。」と、聞く耳を持つようになって、話ができるようになりました。私としては、とても楽。まだまだ教えることもいっぱいあるので、こうなってもらって本当に楽です。






昨日、あるテレビで、料理研究家の土井善晴さんと若い俳優がちょっと外国に住むというのをやっていました。
身仕舞のだらしない若い俳優に土井善晴さん、怒っている。二人でひとつのコンドミニアムをシェアしての滞在です。


夜もふけて若者が切り出す。
「土井さん、僕に何を怒ってらっしゃるのですか?」

「あのな、はっきり言われなきゃ分からんようでは、損やで。感じなきゃ、損やで。考えて、感じて治せれば得や。人生そうや。」

「わかんないですよ。はっきり言ってくださいよ」

「じゃ、ひとつだけいうわ。自分が何か使ったあとは、ひとが使うんやなと意識せい」

バスルームは汚しっぱなし。片付けもできない、そんな若ものに土井さんはこう続けた。


「でもな、君みたいな若者が息子やったら楽しいなぁ、と、思うよ」
なんて、優しいひとなんだろう。


キューバのひとの奔放さに圧倒される土井さん、ところがこの俳優さんの明るさと、物怖じしない大らかさに土井さんも随分助けられている。そして、なんだか楽しそう。


でも、土井さん、叱り方に優しさがにじんでいる。すてきなひとだなと思った。


土井さんは料理研究家の土井勝という父の後継のサラブレッドだ。裕福に育っている。しかし、料理の世界での修行は厳しいものだったそう。二十歳で、パリに留学して下積みから経験している。若い頃はいっぱい叱られたという。幅のあるひとだな、と思った。




二人は、しばらくの滞在中にすっかり打ち解ける。土井さんの度量の深さだ。


そして、土井さんが一日早く帰ったあと、若者は、次のひとのために部屋を掃除する。そして土井さんに言う通りにゴミを処理して、気持ちよく部屋を出て行く!!


「土井さんみたいなひとが父だったらな、と思いました」


と言っていた。良いものを見たと思った。


私もこんなひとになりたいと思った。ただ感情的に怒っても通じなければ、ただの不愉快。嫌な思いが残るだけ。理解させて、考えさせて本人自ら改善してこそ、叱った意味があろう。勉強になった。


十九とはいえ、人生経験の少ない男子に、教えてあげることがある。私なりに、色々なことを教えたいのです。



海での遊び方、洋服の選び方、女の子のこと、旅行の楽しみ、マナーなど。この先、良いこともあるけれど、裏切られたり、行き違ったり、うまくいかないことばっかりだよ。それでも、大きく生きていってほしいと、願っている。ダダみたいに、優しく、健やかで、大らかで、少し鈍感で、ちょこっとうっかりさんで、でも、きちんと謝れるそんなひとになってほしい。








そして、話は戻って誕生日…。大きなケーキを買ってきました。

なんだこれは!?と、このあと爆笑する十九歳の息子

ケーキ屋さんも笑っていました。
~二浪は避けたいねぇ~ダダ
~うちらしいなぁ~と息子
十九になった息子を見られる幸せをかみしめるわたし!!



楽しいお誕生会でした、大変美味しゅうございました…。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/28 09:17] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
百合の刺繍の半襟
刺繍の半襟をずっと眺めていました。
かわいいの。でも、こんなおばさんで、今更、こんなかわいいぼってりの刺繍の半襟なんて、。どうなのかしら…。でも、どんなにおばさんでも、こんなかわいいのが好きなのです(笑)!アンティークの紋の入ったお袖の長い染めのきものに刺繍がいっぱいの半襟をのぞかせて、着てみたいのです。



あらあら、でもこれは、何万円もするのですよ。そして、半襟は汚れます。お手入れも心配ですよ。ダメダメ。正絹で、手刺繍なんて、数回で、よれよれになってしまったらもったいないもの…。ダメですよ。っと、諦めていましたが…

この度なんと、難あり品が出ていました。少しヤケありとのことでした。
お値段は半額以下で、プチプラとは言えませんが、充分手がとどく感じ!!
エイっと、買ってしまいました。



こんなのや




こんなお支度に!!


下駄は間違いなくこれで!!




百合はうまく隠してわからぬようにしてしまいましょう。百合にこだわると、また着る機会を逃してしまいます。どんどん着ますよ。

そして、ベンジンも購入。ベンジンって安いのですね。びっくりです。




あぁ、なんともかわいらしい刺繍です。手刺繍なので、厚みがあってぼってりしています。
心配していたヤケは、全く気になりません。
この夏、淡い翠の絽の端切れを半襟にしてみましたが、とても顔映りが良くて、この色の半襟、気に入っているのです。


これは数百円でヤフオクです。でも、かわいいの。



塩瀬なので、単衣からつけられます。紬にも大丈夫とお店の方がおっしゃっていましたので、鳥の子色の結城などにもイケちゃうですね。でも、やっぱり、どんぴしゃは柔らかものですね。
秋に、菊の刺繍の帯に色無地などに合わせて、建長寺でも行きましょうか?(笑)また、建長寺ですかッ!?でも、楽しみですね。




誰よりも秋を待っている、わたくしであります。
ハイジも楽です!!


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/27 22:30] | 🎲 お茶目におきもの | トラックバック(0) | コメント(0)
コッコちゃんをさわりに
秋になってきた!!



お散歩コースの栗。
こんなになったよ。



朝の5時半。車で出かける、この平らな道。リード無しでも歩けるからすごくいいんだ!



ハイジは夏を越したのだ!!神様ありがとう。
神様、ハイジはね、すごいんだよ。浪人の息子は、勉強の合間に
「コッコちゃんのとこ行ってこよ。」
って。コッコちゃんってね、ハイジの愛称。ハイジを撫でに行く。




ハイジはたまにやらかしてくれる。
「わぁ~!!!お前なにやってんの?!」

一日一回の息子の叫び(笑)
息子の部屋は汚くて色々なものが置いてあるのでハイジはいたずらに行く。ゴミ箱をひっくり返したり、お菓子の食べかけを狙って机の上もぐしゃぐしゃにするよ。
もうこの大人三人の生活では、こんなとんでもないことをするひとはいない。だから、すっごく楽しいよ。ハイジのおかげで、息子は頑張れてる。多分そうだと思う。

ハイジは、私の病気の時には私を支えてくれた。今は、息子を支えているんだよ。
ありがとう。って、耳を開けて言ってみる(笑)

聞いているのかどうなのか?犬は何も言わない。それが良い。

ありがとう。今日のご飯は豚肉と卵と、お豆腐。それにトマトといちじく。
美味しかったでしょ!

神様、もう少しハイジと一緒にいさせてください。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/26 10:41] | 🇨🇭 のっそりハイジ 🐾 | トラックバック(0) | コメント(0)
刺繍のブラウス
去年作ったブラウス
紺のZARAのジャガードの柄のパンツに合わせて




これに、ゴールドのフラットシューズで、行ってきまーす!


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/25 13:28] | outfit of the day | トラックバック(0) | コメント(0)
ピンクのピアスと心配なストール
いつもの形の粘土ピアス。今回はピンク色です!
五十のおばちゃまもうきうきする色。



大きめにして、少し下に金のラメを散らしてみました。



バッグに合わせて!
こういう時に黒のワンピースは活躍しますよ。


ピンク色の口紅で!



でもね、やりすぎは、禁物です。お靴やストールは少し外した感じのがいいなぁ。
あぁ、ピンクにリンクしたストールがあればすてきかなぁ~。バッグに合わせてアバンギャルドな雰囲気の、尖った感じのストールはいかがでしょうか?!
黒、金、フューシャピンク、そして唇のモチーフをつなぐピンクのストール。
面白いのがいいな。
と、考えながら、ヤフオクをふらふら。






すると良さそうなのがあったのです!!
すごくかわいい!!








このバッグの方が素敵そうです。
このストール、良いかも!!
アバンギャルドなスカートなどにもバッチリそうな雰囲気です~。もしヤブけていてもこれならばつぎはぎしても大丈夫そうです。




では、初めての業者は、評価を確認しなければね~…。すると、あらら、ものすごく評価が…、不安というか、残念。心配な感じ。悪い評価が四桁って、びっくり!どうしようかと、一週間考えると。質問を入れてみるが、返事はない。どうしよう。

トラブル、覚悟でも、欲しいなぁ~。
でも、良い評価もあるので、思い切ってエイッ!!と入札。
さてさて、キチンとお取り引きができるのでしょうか?プチプラさんなので、覚悟の賭けです~。さて、どうなりますでしょうか?


ちょっと、どきどきです。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/25 13:24] | ✂️手仕事色々🧵 | トラックバック(0) | コメント(0)
アンティーク、サイズ様々のシンプル着付け
最近思います。
着付け、って、カンタンです。あ、何事も、レベルというものがあって、そんなすごい素晴らしい着付けを目指さなければ、とりあえず、着られるレベルであれば、カンタンです。
私も思っていました、着付けってものすごく難しいのではないかって。そして、自分で着て外へ出て行くのは、最初はすごく勇気がいることでした。ルール違反がないかドキドキしてしまっていました。それは、私たちの上の世代が、良く言っていたのを、無意識のうちに憶えていたからです。




あぁ、あんな襟を抜いて、品がないわね~
おはしょりがぐずぐずで、だらしないわね~
何か人格まで否定されるような言葉。テレビを見ていても、
この人、水商売みたいな着付けね~





とか、親の世代は言っていた。あぁ、そうか、着物っていうのは、こういう面倒なもので、着方によって生き様まで出てきてしまう恐ろしいものなんだなぁ~と刷り込みが行われてしまっていたのですね。
あんな風に批判の目に晒されるのが怖かったのです。
けれど、ここをクリアしなければきものを着ることはできない。






さて、私は、結婚したばかりの時に、友人の付き合いで公民館でしている着付け教室へ数回行きました。
そこで、浴衣か、練習用の着物を持ってくるように言われて、三千円のワゴンセールのポリエステルの小紋を買って持って行ったのです。
あぁ、今日は汚れても良いきもので、着付けの練習ができるわ!!と、喜んで教室で新しいきものを広げると先生がやってきて、私の着物を触ってあからさまに顔をしかめる…。その嫌悪感いっぱいの顔を今でも覚えています。
「いい柄の着物ね」
友人がいうと、先生はひそひそ声で、早口で言った。
「ポリエステルよ。」





そんなにいけないことなのか!?そんな嫌なものなのか!?と、私は、悲しかった。

結局、そこでは、いろいろな着付け道具を斡旋し、さらに、着付け大会へ出場するということが強制されて、雰囲気はとても悪くなり、数回でやめてしまいました。
和装なんとかと、名前を付けた洗濯バサミ、ライフジャケットみたいな補正着、お太鼓に輪のついた道具、襦袢も誂えないといけません、紐は指定のものでないと滑りやすいのでダメです、そして、足袋を誂えましょう、何を誂えましょうと、いつも業者がやってくる…。

あっ、やめよう。逃げよう、と思った。しつこい電話。嫌な世界と思った。


私は、着物関係の業者には本当に縁がないのですね。とほほ…。
で、習ったことを書き留めておいて、とっておいた。







で、三十年後、その覚書きを見ながら、着てみる。ネットで、検索してみる。着付け、難しい…。チャックもボタンもなく巻いて紐でしばるだけ。ほどけて脱げてしまわないか!?と、とても不安になってお出かけに勇気がいる!!(笑)
帯も、お太鼓の形やら、タレの長さや、帯揚げや帯締めのしばり方など、不安だらけ。
そしてあの声が聞こえてくる



あぁ、あんな襟を抜いて、品がないわね~
おはしょりがぐずぐずで、だらしないわね~



とりあえず最初のお出かけは近くから始めようと思った。まず、選挙へ行った。よく覚えている。車に乗ってダダと、選挙。暮の寒い日の夕方。度胸試し。その時、「左前はいけない、」という言葉を覚えていて、襟合わせを右側を上に合わせて(笑)行った。でも、選挙会場は、わさわさしていて誰も気がつかなかった(と、思う)帰ってきてから、気がついた。あぁ、脱げずに帰ってこれた。これでよし。
もう場数をこなすしかない。きものを着たいのだから。着れば良い。

恐る恐る外へ出て行く。たまに家で練習。そして暇さえあれば、ネットで着付けの動画を見て勉強。
そして外へ出て行くと気がつくことがいっぱいあった。胸に変なシワがよる。きれいに襟が合わせられない。これは、着付けの手順やコツなどだけではなくて私の体型に由来することと気がついた。どこをどう補正するのか、どれだけ補正するのか、そしてその補正は、いつも簡単に同じようにできないといけない。「綿を入れます」などと、書いてあったりするけれど、そんなこといつもできるわけではない。結局和装ブラを買って着けてみたらあっけなく解決。胸はきれいに決まる!!やった!!
紐もしばると凸凹するし端の処理が面倒なので、すべてゴムのベルトで。私は腰紐と胸紐の二本の紐だけで大丈夫です。きものによってはコーリンベルトや、伊達締めもしますけれど、無くっても大丈夫。
そんな、いろいろ紐があったら面倒で、仕方がありません。着崩れを治すのにも体じゅう紐で縛り倒していたらどこがどうだかわからなくて治せません。なので、簡単に。
着付けは、数をこなせば、簡単です。






習わなくても大丈夫。サイズ様々のアンティークもイケます。テキトウ着付け行ってみよう!!

  1. 足袋を履きます。冬は、和装用のソックスを履きます。

  2. 和装ブラを着けます。

  3. 美容襟をつけて、襟を決めます。

  4. ユニクロの下着を着ます。襟は適当にカットしてあります。夏はベージュのエアリズム冬は赤の極暖ヒートテック

  5. 襟のない襦袢を着ます。~自作(笑)型紙は襦袢を着付けた時の理想の形にしてあります。裾線も前上りで、ズルして立体的に作成。裾も絞ってあるので、ウエストの紐をしばるだけ。暑くて汗が心配ならば伊達締めを。

  6. きものを羽織って背中心を決めて、後ろ襟に洗濯バサミ~取り忘れ防止に鈴を付けておきますよ。

  7. 前合わせをして腰紐を~ゴムです。裾つぼまりに、裾線は前が上がるように。

  8. そして襟とおはしょりを整えて胸紐を。かたい紬や、滑る綸子などの場合は、コーリンベルトを。太って見えるので、伊達締めはしませんよ。

  9. ウエストのシワをとって、脇にたたんで完成~後で、緩んだ時引っ張れるように美容襟の先を確認しておく。


きもの終了。簡単でしょ。おはしょり、なくても全然平気です。対丈、怖くないです。気にしない。気にし過ぎ!?自分で着られれば、着崩れも治せます。裄が足りなければ、合わせを浅く。簡単に5センチくらいは稼げます。着丈が長ければ、腰紐を二本で、固定。
さてさて次は、帯。アンティークも対応版!!

  1. 前がらがずれないように気をつけて前に据えて体に巻きつけて、しばります。ひと巻きでもふた巻きでも良いのです。しばれなかったらねじるか、たたんでKOKUYOのゼムクリップで留めるかすれば良いのです。アンティークの場合、長さが色々なので、こうして覚えるのが一番です。ねじってシワがよっても平気。後で隠れます。私はねじる派。

  2. お太鼓にしない方~手先~を、邪魔なので前に持ってきて洗濯バサミで仮にとめておきます。

  3. 鏡を見ながら枕を据えて、お太鼓を作ります~私はこの時お太鼓の下線に隠し紐をします。

  4. 手先をお太鼓の中に通してお太鼓の中のくしゃくしゃを隠して帯締めをして完成!~この時きちんと手先に帯締めがまっすぐかかっていない時が多いので注意しています。

  5. 再び、美容襟の先を帯の下のどこにあるか確認しておく!!出先で引っ張って形を治したい時にゴソゴソするのは嫌なので在りかを確認しておくのです。(笑)

  6. 左に末広を指して完成!!


帯の下線にを引き締めるとかっこいいとか、斜めに重ねて巻くとか、お太鼓大きさとか、布目を通してお太鼓を作るとか、硬い帯はたたむとか、透ける帯や柔らかい帯はねじるかとか、引き抜きはしばるとか、そういうことはやっていくうちにわかってきます。細かいことを考えてするときりがありません。最初は締めていれば良いのです(笑)そう思えばすぐにできるようになります。




簡単簡単と、言いながらすると良いですよ(笑)
とにかく巻いて固定してお太鼓を作って、帯揚げを始末して手先をお太鼓の中に通して帯締めをすれば良いのです。
手先は何センチとかなんとかやっているとアンティークでは対応できません。シンプルに考えてしたほうが早道です。と、思います。長かったら折り込みます。短かったら一周しか巻きません。臨機応変に。それで良いと思うのです。

以上、長々と、私の簡単、適当着付けの覚書きでした。アンティークも対応です!




ハードルを下げてがんばっております。(笑)勉強中です。






励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/24 10:24] | 着物色々覚書き | トラックバック(0) | コメント(0)
バランス感覚
友人に会った。
友人と言っても良いのか、ピアノの先生。私よりもずっと若い。お子さんを連れて畑に来てくださった。



ピアノスト。先生は都会育ちなのに、お子さんは見事な自然児に育っている。カエルも手づかみ。(笑)泥だらけの手でも平気。なっているトマトや、葡萄をそのまま食べさせる。伸び伸びした良い子を久しぶりに見た気がした。



ピアノもして、私立の小学校へ通っている。いろいろな経験をさせているのがわかる。バランスが取れているなぁと思った。いわゆるもやしっ子ではないのだ。

心が豊かっていいな。先生も、受験が終わって子育てに余裕がある感じ。とても良い子に育っています!本当の豊かさってこういうことなんだと、思いました。
豊かなひと。面白いことを知っているひと。本物を知っているひと。そんなひとの子育てだわ…。


すごい。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/23 17:29] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
虫かごの絹紅梅の襦袢には…



このきものはお袖が長いのですけれど、ガザガザしていますので、いつものローンリネンの襦袢に同じ素材の嘘つき袖で大丈夫でした。素材が引っかかって襦袢のお袖は収まっていました。
長さは少し違いますが、大丈夫でした。


そして広襟なので時間がある時にバチ襟に直しておくと良いです。

~覚書きでした。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/21 16:24] | 着物色々覚書き | トラックバック(0) | コメント(0)
蛍の帯留め~蛍のお支度
虫かごの夏きものに合わせたくて、作ってみました。こんなのです。


蛍。

すごく簡単な形にしてみました。作りやすいし、壊れにくいので。
色はパキッとした黄緑色で、紫のきものに映えるようにしてみました。蛍なので、お尻にラメをかけてみました。




最近、思うのですが、帯留め、細かい細工より、色が効く!かもしれないです。
細かい細工は自分がうっとりするために…。
小さなぽっちり。きれいな色を添えると、きものがググっと引き立つのです。


帯締めも太いものより頼りないくらいの細いものもすてきです。
大人っぽいです。これぞ、引き算の色香。わたくしなんぞババァですので、色香も何もさっぱりですけれども(笑)細い帯締めの「別に…。」っていう主張しないフリをする感じが、小洒落てるのです(笑)

そういえば、昔、いらっしゃいましたね、「別に。」と、発言なさって物議をかもした女優さんが(笑)

清少納言から脈々と続く、小さいものが美しい、儚いものが美しいという、独特の感性です。








虫かごの意匠、絹紅梅です。涼しいです。帯に置いてあるのは笠に蜻蛉の意匠のかんざし。水晶の笄。涼しげで、可愛いです。夏には欠かせない。半襟は絽のアンティークの端切れです。






三分紐、淡いブルーにしようかなと思いましたが、置いてみるとなにか寒々しいのです~。なので、枯れた緑で。
蛍、本当は初夏ですけれど、虫籠に、というコンセプトで!(笑)いっちゃいます。



着てみるときものは少し透け感があります。もう、透けるきものはおしまいかしら…。

この夏は、だいぶ着ました。夏きもの。すごく気分が上がる特別な感じがする夏のきもの。麻などのガザガザの素材の楽しさや、透ける風情などは他の季節にはないもの。すごく楽しかったです。来年は、梅雨の晴れ間には臆せず来てしまおうと思います。




日差しが強く、気温は32度でした。台風が来ているので湿気もあり、暑い日でした。車の移動ならば大丈夫。汗もかきませんでした。夏のきものは思ったより涼しいです。びっくりです。
来年は恐れずに、どんどん着ようと思いました。袖口や襟などから風が通って汗もかきませんので、このきものは日陰に干しただけで、しまっても大丈夫と思います。汗もかいていないし…。スーツと同じであまり洗うと生地は痛みますので。来年たくさん着て汗をかいたら悉皆デビューしようと思っています。ドキドキ!!

そして、このきものは、振りが長いので、可愛いです。気分が上がります!私は振りが長いきもの大好きです。このシルエット、可愛らしいですよね。



お茶目におきもの


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/21 16:04] | 着物のお支度 | トラックバック(0) | コメント(2)
茶色が気分


今日はすっごく暑かったです。
でも、気分は秋。
ノースリーブだけれど、栗色で。
でも、冷房がきついといけないので、ストールをがさごそ探す。う~ん、透けるのはもうやめよう。気分じゃない。綿ローンを買ってきてジャッと切っただけのこれを!!
あぁ、秋っぽいではないですかッ。



髪を切りに…。私ね、美容室にはお洒落して行くことに決めています。お洒落に切ってほしいので!ただのボブですが、いろいろ技を駆使して切ってくださいます。(笑)
今日はこのバングル→宜しければこちらのもどうぞ、イタリアのバングル
ゴツンと、迫力です。




暑いけれど、行ってきまーす!


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/19 15:50] | outfit of the day | トラックバック(0) | コメント(0)
待っていた秋
私は、正直言うと、今、出かけられない。怖いのだ。ハイジのことが心配なのだ。家中のエアコンをつけっぱなしでいる。ハイジのために。ハイジは一階のどの部屋へも行けるようになっている。少しでも、歩くように。外が見えるように。たまには、暗いところで休めるように。ピアノの部屋は調湿しているので閉めてあるけれど、その他はどこにいても涼しいようにしてある。二階はひとつの空間だから、これまた二台のエアコンで、ゆるゆるの28度の設定、もしくはドライをかけっぱなし。

でもね、うちは冬の暖房が要らないので、勘弁してもらおうと思っている。冬は朝少し暖房をつけるだけ。日が当たるので暖かい。





獣医さんが言っていたけど、熱中症というのは、太陽高度を自律神経が感じ取ってなるものだそうです。なので、案外夏至のあたりが一番多いのだそうです。そういえば、あまり、お盆過ぎにはニュースでも聞かないような気がします。



そして、体温を上げようと自律神経が暴走し始めると、治療が難しいそうです。とても難しいと言っていました。何をしても暴走が止められないそうです。恐ろしいことです。
ハイジは65kg。私はハイジが倒れたら連れて行くことはできない。怖いです。抱っこして車に乗せて行くことができないのです。
友人はマンションのドアを開けたら、パグさんが二匹泡を吹いて死んでいたそうです。他にもワイヤーファックステリアさんを死なせてしまったひともいました。
それだけは避けたい。




特に氷河の中でもへっちゃらなセントバーナード。暑さには弱いです。








昔飼っていた45kgの大きなゴールデンレトリバーのナッシュくん、スキー場で遊ばせたら、肉球の間に雪が挟まってそれが玉になってしまって、痛くて歩けなくなってしまいました。



ところが、ハイジさんは全然平気。雪、大好き!あぁ、これが雪の中の山岳救助犬の遺伝子なのね、とびっくりしました。
ハイジは泳ぎもすっごく上手。よく湖に行きました。何も教えなくても歩いて水に入って行って足がつかなくてもそのまま歩くように足を動かしてスーっと泳いで行きました。



小さな太郎にライジャケをして背中につかまらせても、ぐんぐん泳いで行きました。楽しかったなぁ。
ところが、水鳥回収犬のゴールデンレトリバーの毛はすぐ乾くのに、セントバーナードの毛は乾くのが遅いです。面白いものですね。
そして、セントバーナードは、ひとと一緒に寝るのが好き。こうやって遭難者を温めるのね~(笑)って、思ったものです。
お布団に入ってくるので、一緒に寝ます。
でも、ナッシュくんはそんなことはしてくれませんでした。
犬って色々です。個体差もあるしね!




ハイジは私のソウルメイト。




そして、今、体調も良くて、歩くのも、前よりもスタスタです。去年の秋は、歩けなかったのに。
でも9歳半というか年齢は、頭に入れておかなければ…。






そして、もうひとつ、気がかりは、浪人生の息子。今、必要なのは、彼の健康管理。食べ物や、睡眠に心を配る。黙っているけれど、様子を見ている。
あぁ、最近集中できていないな、と、思うと、何気なく声をかける。案外、くだらないことで行き詰まっていたりする。私は浪人したことがないのでわからないけれど、三十五年前に(笑)浪人した友人は、「精神的には、かなりタフな一年だった。神経性胃炎になった。」と言っていた。
でも、彼は逆なのだ。のんびりさんなのだ。たまに葉っぱをかけないとゆるゆるになる。ここがヤツの課題だなぁ、と思う。よく言えば、太っ腹。でも、わかっていないのだ。また冬になってあたふたするのは嫌なので、少しずつ覚悟していなきゃ。
でも、足りないところは、勉強もそうだけれど、「物事の進め方」。ツメが甘いし、楽観的すぎ。(笑)私とは正反対。今、ここでこれを学ばされているんだなと思う。そして、私も学んでいます。




はっきり言って受験は運もある。
行くべきところへ神様が進ませるのだろうと、思っている。人間が、ましてや親ごときがあたふた出る幕でもなく、ふさわしいところへ神様が進ませる。

中学時代の彼は、学級崩壊のクラスで、苦労していた。気の合う友達も少なかった。今でも、「ヤンキーに絡まれた時の対処の仕方はバッチリ」と言っている。はぁ~。鎌学に入ってから、横須賀で、友人と遊んでいて絡まれたことがあるけれど、息子が機転を利かせて対応して、ヤンキーのお兄さんは、「鎌学、いいね!俺はいつもここにいるから、また来いや」と言ったらしい。(爆!)




まぬけな息子は中学時代の進路調査票に志望校の欄に
「鎌倉楽園」と、書いてしまって、塾の先生の失笑を買った。塾でも大笑いだったそうだ。



~~正しくは鎌倉学園です(笑)



あぁ〜…。今となっては、懐かしい。




でも、受験が近づいたある晩、私は夢を見たのです。ある神社に行く夢を。
そして、受験の日に、そこへお参りに行った。階段を登って行くと、
「来たのね。」と、美しい鈴のような声が聞こえた。あぁ、鎌学に行くんだなと、思った。不思議でしょ。でも、本当の話。後で聞いたら、そこは海の女性の神様が祀られているそう。海の近くの神社です。
おかげさまで青春を謳歌することができました。今では私まで、鎌学ファン!!野球の応援は夏の楽しみ!!

だから、もう何処へ行こうが、それはもう縁だと思っている。息子にとって必要なところへ行くのだと思うのです。






ちなみに私は、受験のとき、前の日に寝る前に見たものすごく難しく、ひねくれた古典の問題が、次の日にそっくりそのまま出たというラッキーな体験をした者です。多分、そこは満点!!その問題は、見ていなかったら全くできなかったと思います。最後にここまで見て寝よう!っと思って、パラパラと見た問題でした。なんだ、こりゃと思って、答えもよく覚えていたのでしょう。奇問でした。

だから思うのです、運だと。

人生は、もう、どうしようもない力で動かされている物事があるのです。何をしてもダメな時、何をやってもうまくいく時。
開き直り、も大事ですね。




あぁ、
虫が鳴いています。
りんりん、りりり…。
もう、秋。待っていた、秋です。

~画像pinterestより





励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/18 20:56] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
たとう紙、ふふふ…。
たとう紙、何年か経つと、取り替えなければならないという…。紙はカビやすい…。で、手にとってみたいデザインのものは結構立派なお値段。すべてのきものに必要ならば、すごいコスト。



で、私は自作のカーテン生地のきもの収納袋です!



家を建てた時に誂えたカーテンのあまりぎれが大量にあって、それこそダンボールいっぱい。で、良い生地なので、捨てられず、たまにカフェカーテンや、パニエなどに使っていましたが、まだまだいっぱいあるのです。
天袋の奥底に二十年にわたって眠る資源(笑)
ついに、役立つ時が来たのです!!!!!
なんでも捨ててしまうわたくしが、なぜこんなにかさばるものをとっておいたのかは謎。けれど、このきものライフをはじめた数年で、大活躍です。


じゃん!!



カーテン生地は格子柄。これはもうもってこいの格子柄です。このツルツルの生地の裁断は結構難儀なのですが、これなら格子に沿って裁断。



縁はサテンの安い生地でくるみます。又は、面倒な時はロックミシンをかけても大丈夫。
じゃあ~ぁっと縫ってカンタン。暇な時にまとめて作っておきます。





柔らかもの、たたみにくい名古屋帯、一張羅のきものはこれに入れて収納しています。サイズは、プラスチックケースに入るサイズに。きもの三つ折りで、ぴったりです。ただ、絞りの着物はマチをつけないと入らないので、二枚だけマチを付けて作ってあります。
重ねてもスルスルと引き出せて、たたんだきものも崩れないでとり出せるので結構便利です。
透けるので、中身もバッチリわかりますし、何しろ紐無しなのが良いです。破けることも無し。そして、汚れはしませんが、気になったら洗えます!!




おかげさまで(笑)あのダンボールいっぱいの生地がもうあと残り少しになりました!
捨てないでとっておくと、たまには良いこともあるのですね~。(笑)
ふふふ…。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/18 08:37] | ✂️手仕事色々🧵 | トラックバック(0) | コメント(0)
粘土細工ぅ~!
粘土細工しました。昨日形を作って、乾いたので今日は色付け。

蛍の帯留めです。



目は橙色。お尻には金色のラメを付けてみました。よ~く見ると蛍っていう感じです(笑)



この虫かごのきものに、献上の帯で。



カランコロンの下駄で。




もうひとつはピンクのピアスです。金色で模様を入れるつもりです。



このバッグに合わせて、と思って。







今日は色付けして明日まで乾かしておきます。
明日、透明マニキュアを塗って、あさってに金具を瞬間接着剤でくっつけて完成ですよ。
少しづつの作業です。構想一年作業はちょこっとです!


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/17 14:23] | 🎲 お茶目におきもの | トラックバック(0) | コメント(0)
苔玉
母が市民教室で習った苔玉を持ってきた。ほとんど枯れていた(笑)ふぅ~。

ハイジのお散歩で見つけたアスファルトと側溝の間にみっちり生えていた苔を、少し引っぺがして来て…、枯れた苔玉の表面にはる。そしてくっつかないところは針金を短く切ってピンのように刺して固定して霧を吹いておきました。ちょっと体裁は整いました。

そして、ダダの友人からの虫のオブジェ。作家ものらしいです。これも、弁護士の友人が訳ありのものを引きとったもの。価値あるものらしいですが、難あり品なので、同窓会で、欲しいひとに、と、言ってもらって来たものです。


この何やら訳ありの二つで、秋の気配の玄関のしつらえを。(笑)




虫はガラス。
エナメルの羽が虹色に光る。ちょっとすてき。というか、かなりすてきな虫。




それから、苔玉、もう一つ。



苔を採って来て初めて知ったのですけれど、苔って色々種類があるのですね!発見!ビロードのような、しなやかなペルシャの絨毯のような肌触りの苔や、もふもふと毛足の長いものや、少し青みがかったもの。枝分かれしているもの。大きく盛り上がった鮮やかな緑がきれいでした。炎天下のアスファルトと側溝の間に育つ苔を優しく剥がして、そおっとビニール袋に入れました。こんな厳しい環境の中で育つなんて植物ってたくましいです。


空は台風一過の秋空。



お昼はダダのお山へ行った時のお土産の押し寿司とジャスミン茶で。
今日は、お洗濯がはかどります。




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/17 10:53] | 和のしつらえとお花 | トラックバック(0) | コメント(0)
道の蛇
昨日で、ダダの夏休みは終わりです。今年は勤続25年のお休みを足して、三週間の長いお休みでした。
でも、ハイジを預けて旅行する気にもならず、浪人の息子をほっておけず、畑と、ちょこっとしたお買物やら、何やらで、お家でのんびり過ごしました。
今日から、会社。太郎も予備校。通常運転が始まります。
年々、思い切り遊べなくなってしまっています。ダダはどんどん忙しく、責任も重くなって、気楽に休めない。息子にはどんどんお金がかかり、小さな頃のようにもう一緒には来ない。9才半のおばあちゃん犬のことも心配です。だんだんこうなっていってしまうのかしらね。若い時のように、フラフラと、スナフキンのように(笑)あてもない長い旅行などには行けなくなってしまっています。
ものを持ちすぎて、いるのかなぁ。
家、庭、畑、犬、ダダの仕事、責任、息子、年をとって、どうもがんじがらめの感がある。
ちょこっと美味しいものを食べに行く。そうそう、新宿に小籠包を食べに行きました。今は、そんなので充分。


家にいても、今月は色々なニュースが入ってきました。
天皇陛下のお気持ち、寂しい気持ちで見ました。美智子さまファンとしてはいつまでも美智子さまを見ていたい。けれど、ゆっくりお二人ですごさせてあげたい気持ちです。

そして、興味もそんなにないのですが、SMAPの解散。遅すぎるくらいと思いました。数年前から、いえいえもっともっとずっと前から、画面から垣間見える不機嫌や、嫌な緊張感が伝わり、気詰まりな雰囲気が苦手でした。解散は遅すぎるくらいです。大人の都合で、解散を避けてきたのでしょうが、音楽の素晴らしさや、楽しさ、ダンスの迫力、そして何より視聴者への感謝が、ちっとも伝わってきませんでした。…詳しくないのでわかりませんが。
ファンの方は心残りなのかもしれませんけれど、テレビには、もっと真摯な態度で出演してこその、タレントさんではないかと思いました。それとも、自由に去就を決められずに、あがきながらやってきた、やらされてきた結果なのでしょうか。あまり、テレビも見ませんので、知ったようなことは言えませんけれど、不機嫌が苦手な私は、苦手でした。~ファンの方、ごめんなさいね。でも、テレビから出る不機嫌オーラにはずっと、閉口していました。プロとして、どうかな?っと、思っていましたよ。簡単には言えないことがたくさんあったのでしょう。



イチローの涙も、とても印象的でした。孤高のヒトの涙。








そして、オリンピックを見ながら、こんなこと、思ったりしました。

変な例えですけれど…。

道のわきに蛇がいる。その蛇に気づかないで歩いていけば、蛇はいないのと同じ。それが一番良い歩き方。




その次、偶然に道のわきに蛇を見つけて、そこで、びっくりして道を引き返すか、誰かと一緒に歩く。これは次に良い歩き方。





最悪なのは、蛇がいるかもしれないと、いもしないのに、蛇がいないかといつも恐れながら、ビクビクと歩く。「蛇の幻」に恐怖しているのは、なんとつまらない歩き方だろうか。




人の生き方。あれやこれやと考える知恵はなんと恐ろしいことに、生きる邪魔になることが多い。年をとってくると、心配ごとが増えるなぁ。(笑)
若い選手は無欲です。ごく若い選手。10代半ばの選手などは、何も考えずに思い切りやるだけ。
これだけ練習したんだから…。とか、怪我に耐えてきたのだから…。とか、メダリストとしてのプライドだとか…。それは賢くなった経験のある選手の心の内。こうしなきゃ、ああしなきゃ、は、苦労すればするほど、頭にこびりつく。



でもね、そこを超えたところで勝負ができるのが、本物なのかしらね…。そういうあれこれを、心の中でコントロールして臨めるのが、超一流なのかしらね…。
ものすごい人がたくさんいます。
みなそれぞれの役割があって生きているのだなと、しみじみ思います。






私は、三つ目の歩き方で、人生を生きているバカもの。

蛇がいたらいたで、その時に対処すれば良いのです。でも、私は怖くて道が歩けないときがあります。それをダダに助けてもらって生きています。そして自分を責めています。

でもね、そうやって自分をいじめるのやめたのです。もう、怖いものは怖くてよいのです。怖くないと虚勢を張って生きるのこそ、もうやめるべきこと。
嫌なことや、うんと心を消耗することはやらなくて良いのです。できるだけ、楽に生きることです。
そうです、嫌な人とも付き合わなくて良い。義理も欠いてよし。自分がゆったり生きることが最優先です。
健康を損ねてまで、頑張る必要などないのです。できないことは、諦める。諦めることです。人よりうんとできない自分を許してみました。(笑)



好きなことをして生きて良い。もう、充分にやってきたから。良いのです。
私の使命は、朗らかに生きることです。このペシミストを脱却することが、私の今世の課題なのでしょうか。不平不満を言わずに。そして何よりダダに感謝をして。


起こることはすべて自分のせいですから。

夏休み、雑感でした…。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/16 09:03] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(4)
「上がる」きもの
気分が上がるきものがある。着るだけで、広げてみるだけで気分が上がるきもの。
どんなんかっていうとね、紋が付いているのは気分が上がる。紋ってかっこいいんだもの。好きなのです。
そして、柔らか物で、裾の模様。…色留袖ですね。袖を長くしたりして。そして、細い三分紐に帯留め。クラシックな髪。
どこ行くんですか!?ってのが辛いところ(笑)行く場所が限られてる。でも、着ちゃう(笑)着ちゃえばなんとかなっちゃう。そんなもの。誰も私なんか見ていないって、思っちゃえば大丈夫。
まず、気分が上がるのが、唐子のお支度



こっくりした紫にぼかしの模様。唐子の意匠。お袖はもちろん長く。



梅のお支度。真冬のきもの。黒の羽織の裏は鮮やかな紫。レッドフォックスの襟巻きで暖かく。



カナダのアンティーク屋さんで買ったラインストーンの古いブローチを帯留めに。









定番の簡単なウイッグをはめるだけの髪。






この鷺のお支度も上がる!




ここらあたりから、グレーに目覚めました。




買ってよかった狆の帯。好きだわ。





そして、限りなく気分が上がる(笑)夏の透けるきもの。



間違えなく上がるだろうこのきもの…ふふふ…。
上級者さんになると、こういうのにも飽きて、江戸小紋などを誂えちゃったりする世界にいってしまうのかしらね。
私は洋服感覚の渋い「紬派」になるのではと思っていましたが、予想に反して、
な、な、なんと、今はどちらかといえば「アンティーク派」。
わからないものです。(笑)
紬で唸るようなよいきものは、めちゃくちゃお値段もよいのです。そりゃ、紬、好きですけれど、紬は、素材で勝負的なところがあって、宮古上布とか、結城の素晴らしいのや、小津安二郎のきもののひとなどの紬は、もう素晴らしい!!でも、お値段も立派さん!
なので、手頃な紬を普段着に。でも最初の頃好きだった濃い色の紬は、帯合わせがなかなか手ごわくて、淡い色合いの無地のものが、品があって、なんでもあって重宝です。



ヘビーローテーションの結城。



いい味わい。着付けも決まる。





と、お盆で暇なのでネットサーフィン。
良さげな紬を発見。



こんな生地の雰囲気、大好きです。



優等生の秋の紬。栗の色。モンブランみたい。枯れ葉の色。狐さんの色。
満月の色。どんぐりの色。
ポチですね!!
黒の大きな銀の丸の入った月のような意匠の帯に、~もってないんですけど(笑)ぴったり!!
もっていないなら、作る!?
今、考えています。どうしようかなぁって。
これも気分が上がりそう!!

お茶目にお着物


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/14 18:02] | 🎲 お茶目におきもの | トラックバック(0) | コメント(0)
残暑
今日は少し日が出ている。
けれども、そんなに暑くないよ。今年はよかった。すごく暑い日はあまりないよ。ハイジも楽で助かりました。



朝のお散歩で、畑に寄ってきました。いちじくと葡萄。いじちく、タイミングによってたくさん採れる日、一個の日、いろいろです。今年は実が大きく、大味です。日が照らないからかなぁ。

お茄子がたくさん採れたので、オリーブオイルで炒めて、マリネにしておきました。
花おくら、茹でて、三杯酢で。今日は夜は頂き物の干物を焼いて~すごく美味しいの!~お味噌汁と、お茄子と花おくらで、いいかなぁ。


庭はこんな風になってしまいました。



スモークツリーが茂って、それに琉球雀瓜が絡んで涼しい日陰を作ってくれています。琉球雀瓜、薔薇のアーチにも絡んでどんどん茂っています。ちょっと薔薇が陰になってしまって心配です。



残暑。夏の終わり。


~畑の仕事の覚書き~

ひまわりも片付けて、そろそろお茄子を切り詰めて秋に備えます。
そして、なんと、なんとフランボワーズの花が咲き始めました。年に二回採れるのでしょうか?そうだと嬉しいな。
白菜やキャベツなどを植える準備をしなくちゃ。そして、ブラックベリーを日の当たるところに移植しましょうっと。トレリスを作ってあげないとね。
ジャガイモ、ネギ、玉ねぎ、らっきょうの準備。
ダリアも切り詰めます。
秋の作業の開始です
鶏頭の花を探して、秋らしく活けようと思います。秋の実ものが出てきました。

今年は、ダリアがラベンダーの上にかぶさってしまってラベンダーが不調になってしまいました。来年は梅雨の時期気をつけなくっちゃ!です。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/13 09:58] | 🐛 dolceおばさんの畑とお庭 🐝 | トラックバック(0) | コメント(0)
ちぃおばちゃんに、逢いに。
お見舞いに行ってきた。


お礼が言いたかったから。小さい頃、ちぃおばちゃんちによく泊まりに行った。楽しかった。おばちゃんは、とっても大らかなひとで、みんなに優しかった。
「ちぃおばちゃんちに行くよ」っと、言われるとわくわくした。
すごく楽しい夏の思い出。
子供がいっぱいで、たくさん遊んだ。
ありがとうと言いたかった。
「jちゃんと、mちゃんと、tちゃんと、みんなで遊んで、楽しかった。」
と、ちぃおばちゃんの子供の名前を出したらニッコリと笑ってくれた。







シックな蘭のかご盛り。今日はとにかくシックにしたかったのです。
おばちゃんのイメージです。髪をベリーショートにして細い体に、真っ赤な口紅。素敵だった。シックなひとだった。

お花は写真よりもずっと素敵だったのにな…。
蘭はお見舞いには良いです。すごく長持ちしますし、花びらが厚いので花も傷みにくいのです。ブラウンのリボンで。素敵な蘭がありました。
テーブルには、叔父と、わんちゃんの写真がありました。
太郎と二人で行きました。懐かしい小田原。富士屋ホテルのレストランで、お食事をしましたが、悲しくてあまり味がわからなかった。
でも、太郎も、悲しそうだった。




太郎、ひとはいつか老いていくの。そうして、お別れが来る。きっと心細いに違いありません。あまり、意識ははっきりしていませんでしたが、勇気づけてあげたかったです。
ありがとうが言えてよかった。

おばちゃん、ありがとう。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/12 15:50] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
小千谷チヂミ洗いました~その後
バスタブにアクロンを入れてじゃぶじゃぶ。洗剤は少しで大丈夫です。
アルカリ性の洗剤は時間が経つと黄ばむことがあるので、中性洗剤が良いようです。



水を取り替えて二回すすぎをして、軽く絞り、洗濯機へ!3分脱水。でも、3分の途中で止めました。滴らない程度に脱水できていれば、と、思いました。
「水がポタポタする程度で干します」と、どこかに書いてありましたが、部屋に干したいので、もう少し脱水して干しました。おと、あまりポタポタだと、型くずれしそうです。水を含むと着物はかなり重いです。袖や裾はあっという間に乾きますが、襟がなかなか乾かないので、襟だけタオルで水気を叩いて取りました。




そして、たまにぱんぱんと、手で叩いて伸ばします。場所によって縮んで、ワカメみたいになっちゃって(笑)そのまま乾くと、アイロンもかけられないので。




襦袢の方は、日向で、小千谷チヂミの着物は、エアコンの効いた部屋の中で干しました。半日くらいでパキッと乾いて、気持ち良いです。
あの特有のシワが戻って少しキュッとしました。気になるサイズですが縮んだりもなく、成功でした。
さっぱりしました



お天気の良い日にすると良いです!
来年も気持ちよく着られそうです。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/12 07:00] | 着物色々覚書き | トラックバック(0) | コメント(0)
貝のラップスカート



インテリアファブリックで作ったスカート。タイトのラップスカート。枝珊瑚に貝のプリント柄。
ちょっとそこまで…。





行ってきまーす!

暑い日に。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/11 07:14] | ✂️手仕事色々🧵 | トラックバック(0) | コメント(0)
小千谷チヂミ洗いました
小千谷チヂミ洗いました。もうお盆なので、もう着ないかなぁっと、思いました。一回しか着られませんでした。でも、涼しくて、真夏でもきものが楽しめるって少し自信がつきました。



来年は、怖がらずに梅雨の晴れ間を選んで六月からでも、夏の気分の日にはいっぱい着ましょうっと。晴れていて、きものでお出かけできる日で、っというと、なかなかチャンスがないのです。色々決まり通りにしていたら着る機会を逸してしまうので!三十度過ぎたら薄物で、っと横浜の呉服屋さんが言っていました。私も普段着はそれで良いと思います。
まさか冬に絽の着物を着たりしなければ、襦袢だってその時々で、自分の都合で良いと思います。

ちなみに私は襦袢は一年中麻です。冬は厚地の麻。夏は薄いローンワッシャーの麻です。サッパリ洗えて快適です。袖は嘘つき袖を付け替えます。肌着はUNIQLOのハイテク素材で、バッチリよ~。
「あの人、まだ五月なのに絽の襦袢よ!!」なんて、思う人いるのかしら?!気にしないでいきましょう!(笑)




小千谷チヂミはバスタブにお水をいっぱい張って、アクロンを入れてザブザブ洗いました。麻の襦袢と一緒に洗って、三分脱水して日陰に干しました。ついでに短くなっているお袖を解きました。お袖は少しでも長いのが好きなので!!乾いたらちょこっと縫っておきましょう。




空を見ると秋のいわし雲。なんとなく光が秋っぽいと感じるのは私だけでしょうか?


今年も金魚のお支度を一回は着たいと思っています。



淡い翠の半襟で、着ようかなっと思っています。




夏のきものっていいな。他の季節にはない素材の楽しみがあります。蝉の羽のようなふわっとした透けるちぢみや、ごそごそ固い帯、するすると二重の透ける紗。こんな世界があったのね…。



昔のひとはこんな風に夏を楽しんだのですね。

来年は、夏のきもの、たくさん着たいと思います!



さてさて、秋は何を着ようかなぁ?楽しみです。

お茶目にお着物


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/10 09:05] | 🎲 お茶目におきもの | トラックバック(0) | コメント(0)
ようこそ、リオへ
北京五輪、乳がんの治療が終わってすぐ。



素晴らしい衣装の踊り手が並ぶのを、闇の中から見ていた。確か日本人デザイナーのデザインの衣装。素材が素晴らしい。国力を思い知るその何百人もの揃いの衣装。紙の様なバリバリの白の衣装を着た人が踊る。



羅針盤、紙、中国の発明。ぼかしの染めがオリエンタルでなんとも言えない幻想的な雰囲気。
あぁ、北京のオリンピックを見ることができた。そう思って、闇の中にいた。「次のロンドンは、見ることができるだろうか。」そんな思いで、画面を見ていたら、次々と出てくる入場行進の皆の健やかな笑顔に、涙が溢れて仕方がなかった。



その一年前に、家族で北京と上海へ行った。紫禁城。北京ダッグ。朝のお粥。上海の夜景。人、人、人…。活気があった。パワーが溢れている街。あの頃は、しあわせだった。しあわせということに、気がつかなかったくらい、しあわせだった。

そのあとの一年間の闘病は長い様で短かった。濃厚な時間。闘病は、人生の中で一番辛くもあり、また、一番、人のあたたかさが身にしみた一年でもあった。

今、あそこで、オリンピックやってるんだ。鳥の巣みたいなスタジアム。紫禁城の上から、中国の国旗が晴ればれとはためいて、そうして、天安門広場を一望。五月の晴れた日。どこまでもしあわせが続くと信じて疑わなかった。紙でできた中国風の日傘を買って、息子と笑い転げる。紫禁城の中のスタバのコーヒーを飲みながら、いつまでも薫風に吹かれて、笑っていた。兵隊さんがいっぱい。若い中国の兵隊さんは、微動だにしない。こちらもどうぞ→中国大好き






やがて、ロンドンのオリンピックが巡って来た。



四年間、生きられたんだ、と、思った。こんな風に時間は経つんだと思った。時間は薬。辛いことを少しづつ溶かしていってくれるのだ。でも、心の中から病気のことが消えることはなかった。

ジェームズボンドとエリザベス女王がスカイダイビング!お茶目なエリザベス女王。



あの、おしゃれなテーマカラーは、さすが。イギリス好み。次のリオまで生きられるのだろうか?次、見られるのだろうか…。常に心の底辺に流れる苦いものを我慢して飲み込んでいる日々。そうやって、やはり一歩踏み外せば地獄、という気分で生きていた。
恐ろしかった。

私は、検診へ行くのが恐ろしく、鬱になってしまった。検診。ここで、再発が見つかれば、まず、私のがんのタイプならあっという間に命は尽きる。そして何より再び闘病する気力はもうなかった。また、抗ガン剤、放射線。今度は、体にがんが悪さをしてくるだろう。そう思うといてもたってもいられなかった。

息子が、ダダがどんなに悲しむか考えただけで、恐ろしかった。息子を一人にできない。置いてはいけない。そんなことばかり思っていた。生きた心地がしなかった。
なので、話し合った末に、思い切って検診へ行くことをやめた。がんから離れることにした。がんを忘れて生きることにした。
どうせ再発したら、助かるまい。見つけたところで、どうにもならない。

やがて、そのかいあってか、毎日のあれこれにがんは紛れてしまうことができる様になってきた。がんから離れることができる様になってきた。病院から離れてよかった。






そして、リオのオリンピック。あれから9年がたった。感慨深い。今日の開会式は、楽しんで見ることができた。



次は東京。心から楽しみにしてる。
私は東京オリンピックの年に生まれた。もう、五十一年前。

様々な民族衣装をまとった選手団。見るのはとても楽しみ。

今回も、いっぱいの色。人の洪水。






お洒落なボサノヴァ。かっこいい…。

情熱的な国の様だけれど、繊細な味わいの大人の国なのでしょう。セクシーなリズム。大人の雰囲気。
行ってみたことはないのですが、おじさんやお年寄り、おとなが楽しそうに生きている国という感じがしました。日本のおじさんよりみんな楽しそう。リオデジャネイロ。大人の国。「子供はサッサと寝ちゃいなさい!」って感じがしました。

野菜籠を載せた自転車にくくりつけた国の名前のプラカードを載せて、とても可愛い!!!お姉さんのブローキッス!!最高。聖火の周りを囲むオブジェも今までにないもの。明日から強い陽射しに輝いて聖火を彩ることでしょう。才能のある人が世界にはいっぱい。そんなものを見られるのはとても楽しい。



オリンピックの節目節目に、生きることを考えている。

感謝しなさい。

私は、生きている。



励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/08 09:41] | 🎀ピンクりぼん🎀 | トラックバック(0) | コメント(0)
小千谷チヂミ、イケちゃう!!
今日は東京は、快晴。真夏です。多分、猛暑日です。
荻窪のお蕎麦やさんへ出掛けましょうと、きものを準備。
ふふふッ~。小千谷チヂミで行きます。
リネンワッシャーの薄地で自分で縫った「なんちゃって襦袢」に同じ生地の袖を付けて、暑そうなのでエアリズムも帯板も伊達締めも無し。きものブラに襦袢のみ。胸紐と腰紐二本と、きものにコーリンベルトを。この三本で、着付ける。



なぜきものにコーリンベルトをしたのかというと、このきものはがさがさしているので襟は生地同士が引っかかってキチッと決まります。詰まってくることはない。でも、胸元がぶわぶわしてすっごく太って見えるので、それを抑えるためにコーリンベルトをきものにしました。すっきりと着ることができました。~私は柔らかものにはコーリンベルトしません。襟が詰まってきてしまうので。でも、ガサガサの固い紬などは襟が詰まりにくいし使うと胸元がすっきりするので、今回も使ってみました。結構すっきり!



この前の教訓を生かして今回は、キリっと紺色の帯締めで!!ワントーンのお支度はこの着物に限ってNG。他の方の着姿をお勉強して、濃い色でググッと引き締めることにしました。

そして体にぴったりと沿わせる様に前を合わせました。この着物、太って見えるので(笑)
先回と比べるとだいぶすっきり見える様な…。





でも、失敗その一、おはしょりの、処理です。船底をって一枚にしてすっきりさせたつもりでしたが、どうも収まりが悪い。
次回は、腰紐をもっと上にして、おはしょりを少なくすること。もしかしたら、洗ったら少し短くなるかもしれませんね。

でも、先回の教訓を生かして、二階の大きな鏡のある部屋を24度設定で、キンキンに冷やしてから着付けに取り掛かりました。ふふふッ!なんでもない!楽々!快適!心頭滅却せずとも、涼しく着られましたよ(笑)
前回の失敗はこちら→ススっと粋に夏着物…のはずが!!




きものは、着付けの時が一番暑いのです!!だからそこさえクリアできれば大丈夫。移動は車だし、今はどこでもほとんどエアコンが効いています。なので、電車に乗ったり、長い時間外を歩いたりの暴挙をしなければ、全然大丈夫!小千谷チヂミ、涼しいです。汗もほとんどかかずに、とっても涼しかったです。襟や袖から風が抜けるので、快適!!で、ノースリーブのワンピースなどでは冷房が辛かったりしますが、お腹は帯がありますので、冷房がきつくてもかえって冷えないで心地いいです。



夏きもの、怖くない!



この小千谷チヂミは洗えるし、母からの紗合わせは、かなり年季もので、色も濃いので汚れは目立たない。からし色の絽はポリ。~これは秋口に着ます。ゆりのきものもポリです!紺色の絽はプチプラ。破れ麻の葉模様の浅葱も麻。
あぁ…、唯一、あの虫かごの絹こうばいは、少し注意が必要ですね。
でも、これは秋口に着ようっと。
なんだか嬉しくなってきた。夏きもの、怖くない!!いっぱい着れるぞぉ~!









ただ、今日はもう一つ失敗。その二。



ご覧の通り~涙!この帯、パイナップルの葉っぱで織ってあるので(笑)固いのです。で、折シワがお太鼓の真ん中に。これが、取れなかったのですね。着ている間にお太鼓が緩んできて帰りにはこんな感じ(笑)なんだか、新しい帯結びかと思うとくらい見たことのない形のお太鼓で、帰ってきました。→帯二本



干しておいた時にはまっすぐになっていたのですが、体の湿気などで、たたみジワが復活してきてしまったのでしょうか?どうにかしなければ!!
重しをして、しばらく置いてみようと思います。





今回思ったこと
~着付けの時に妥協は、禁物。一日中そこが気になって仕方がないから。
~髪は合わせ鏡で、自分で確認すること。気になる時は、やり直す勇気を。



なんだか嬉しい!!夏も着物がいっぱい着れるぅ~。夏きもののお洒落って、すてきなのですよねェ~。憧れの夏きもの。お手入れ、これから勉強しなくちゃ。

ダダのおかげです。いつもありがとう!ダダ。

お茶目におきもの


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/07 21:04] | 着物色々覚書き | トラックバック(0) | コメント(0)
花おくらも咲き始める!


毎度おなじみ(笑)ひまわりさん。少し、秋の風情を足したくて、花瓶を黒にする。これでもかといっぱい咲くひまわり。今年の畑は、ひまわりでいっぱい。






毎年種を蒔かなくても自然発生する花オクラ
これは、食べます!千切りにしてめんつゆで生のまま食べたり、サッと湯通して、酢の物でも。友人にもらってから、是非畑に植えようと種を探しました。
生でもオクラ特有の味や粘り気があって、お湯にくぐらせると、トロっとします。面白い食材です。これから先の季節、嫌というほど採れます(笑)実は、普通のおくらとは違って、固くて食べられないんです。

畑は今年はお花いっぱい。とりきれないくらいです。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/06 20:00] | 🐛 dolceおばさんの畑とお庭 🐝 | トラックバック(0) | コメント(0)
貝の帯留め
貝の帯留め



これはもう、ない。
ハイジさんが食べてしまったので!



   なので





新しく、作成。
少し派手になりました。縞々を足したので、少し派手。


前のが好き。
仕方がない…。トホホ…。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/05 09:56] | 🎲 お茶目におきもの | トラックバック(0) | コメント(0)
ツツジの色留袖を!!
かねてからため息とともに愛でていた、画面。
憧れのアンティーク独特の翠の地に、春の花の染め。
長いふり。




ぼかしの中には紫陽花のような四枚の花びらの花、ツツジ、そして可愛らしいすみれ、たんぽぽ、つくし




こういうきもの、気持ちが上がるのです!!着ていてしあわせ感があるのです。
裏だって可愛い!



裾に小さな春の花がいっぱい。





夏。

もしもハイジに何かあったらと思うと、外出できない。セントバーナードです。暑いのは大の苦手。エアコンが止まったら、一時間持ちません。多分。
絶対にそんな悲しい事は起こせないと思うと、外出は極力避けています。軟禁状態です。でも、良いのです。
ひとりにさせないと決めたのですから。
ハイジは自分で水道の蛇口をひねる事も、冷蔵庫から氷を出す事も出来ません。
お昼に、西瓜をあげたり、牛乳をあげたり、ヨーグルトや、冷やしたきゅうりやトマトをあげます。そして、足のために、お部屋で運動。おやつを隠して探させたり、遊んだりします。
私はハイジに闘病中ずっと一緒にいてもらったのだから、今度は私が一緒にいる番です。
とはいえ、私もストレスがたまります。
ダダはゴルフに行ったり、お山に行ったり。太郎は予備校へ。






仕方がないとはいえ、ご褒美!!!!
この色留袖、ポチッとしました。お盆になると、返品などの場合に行き違ったりすると嫌なので、今。





この帯締めはプチプラさんでしたが、こういうお支度にはもってこいです!!





似合いそうなものは揃っています。
翡翠の玉の連なった髪留めや、珊瑚のかんざしも素敵そうです。





そろそろ、これできもの探しは打ち止めかなぁ~。今年のきもの計画こちらもよろしかったらご覧ください!




これいいな、っと思ったらきものの写真のファイルをのぞく。「あぁ、これがあるから、いいかな」っと思いとどまることができるようになってきました。
このきもの、色々考えないで、お正月過ぎたらいっぱい着ようっと。ツツジだからとか、紫陽花だからとか、考えていたら着る機会を逃してしまう。つくしも入っているし、すみれもたんぽぽも、入っているので、よしとする。

ありがとう、ダダ。

お茶目におきもの


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/04 11:31] | 🎲 お茶目におきもの | トラックバック(0) | コメント(0)
盛夏のブーケ二つ
伸びすぎた畑のお花を剪定
アスパラガスの葉っぱ、などを加えて、夏らしいブルーのアレンジ






それからもうひとつ



ダリア、いっぱい咲きました。お花が大きいのでゴージャスです。


~JALからいつも来る雑誌ARORAより

このダリアってこんなイメージです。色の温度は違うけれど、フリルがいっぱいのスカート。繊細でパワーのあるバレエダンサー、っていう感じがします。





玄関は暑のでメンテナンスフリーの定番で。
貝殻、チェコの花瓶に入れてみました。



ダダと畑に。草取りに。葡萄が色づきはじめました。秋の足音が聞こえてきます。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/04 09:31] | bouquet and interior | トラックバック(0) | コメント(0)
「子供服ジャージ化」に、はんたぁ~い!
子育て時代、大変です。お母さん忙しいです。朝からバタバタ!!
すごくわかります。わかるのですけれど、最近の小さなお子さんの着ているものが、私ったら、気になっちゃうの。




ボタンのないかぶるタイプのものが多く、ほとんどが伸縮性のある素材。ズボンも同じ。着るの、着せるのにカンタン。一分もかからない。洗っても、シワも気にならない。パジャマのような普段着。
靴も、運動靴。汚れても濡れても大丈夫。履くのもカンタン。
コートなどもフリースやガサガサした素地のもの。脱いだらほったらしでも型くずれもなし。ザザッとたたんで大きなバッグに入るストレスフリーのコート。





わかります。忙しいのはわかります。
けれど、ボストンで子育てをして、息子が3歳で帰国。その時びっくりしたのが、日本の子供のカジュアル化。どこへ行くのもその格好。新年の親戚の集まりも、お誕生会のお食事も、お寿司屋さんも、レストランも、動物園も、もう、どこへ行くにもそんなスウェット素材のパジャマみたいな格好で行く。カンタンで楽チン、こぼすし、汚すし、ボタンのたくさんついたシャツなんて着せるの面倒!!わかります。わかりますけれど、けれど、食べ物にもスローフードがあるように、服もスローな時間を楽しむ装う生活があっても良いと思います。
子供だって、色々わかるものです。お洒落って。
そして、チャックを閉める、ホックをする、ボタンをはめるなど、自分でさせるのです。時間がかかっても!そこから、スローですけれど、少し余裕を持って、鏡の前で褒めながら!!(笑)手を使うって大事かもしれないと思います。





打ち水のしてある料亭。日本では「お子様お断り」とやんわりと言われるのがびっくりでした。

アメリカは、そんなこと全くありません。シッターさんに預けて夫婦の時間を楽しむ以外に、家族でレストランで美味しいものをゆったり楽しむことだって普通に出来ます。

でも、そのために、チップを少しはずみます。チップと言う文化は渡米前はよくわからないわずらわしいものでしたが、チップと言うのは本当に便利なものです。少し、食べ物を散らかしたり、フォークを落としてしまっても、チップを少しだけ余計に渡して、お願いね、っと言っておけば、本当に気持ちよく面倒を見てくれる。そして、近くのテーブルの方からよくジュースや、簡単なお菓子をいただきました。お店から、どうぞ、という事もありました。「頼んでませんよ」と言うと、「これは、あちらのテーブルの方からです」などと、嬉しい事がよくありました。夜遅く連れまわすのはどうかと思いますけれど、子供が眠くならない時間に早めにお食事に行ったりは、よくしました。そういう時に、子供には、お洒落をさせていきます。髪をとかして、可愛らしい時計をさせて、そうして、私の作ったワイシャツに、ネクタイをさせて、革靴を履いてお出かけです。

「今日は、ステキなところへ行くのよ。かっこよくしていようね」と、言い聞かせる。

子供は、感じるものです。丁寧に扱われると、わかるものです。大抵はちゃんとしていました。(笑)

小さくてもたまには手間をかけて服を着る事も良いことだと思います。
もちろん、お腹が空きすぎたり、眠くなる時間や、疲れている時や、大きな音楽の流れる店などは避けます。
ボストンの家から、シアトル、サンフランシスコ、避暑地のナンタゲット、ニューヨーク、シカゴ、フィラデルフィアなど、様々なところへ幼い息子を連れて行かねばなりませんでした。ロッキー山脈へトレッキングや、カリブ海にウィンドサーフィンをしに行ったこともありました。旅行ばかりでした。飛行機に乗る、静かに食事をさせる、移動では大きな荷物もあるので、ちょこちょこされたら困る。そして、どこへ行っても、夜の食事の時はきちんと着替えて、ドレスアップして連れて行きます。もちろん、公園の帰りにサンドイッチ屋さんでランチなどの時は、そんな格好はしませんでしたが、…。けれども、幼いなりに、着ているもので、その場の振る舞いを気をつけていたのかもしれないと思うこともいっぱいありました。




あぁ、今思い出すと、ハードだったです~(笑)
世の中には、子供が三人、仕事を持つお母さん、もしくはシングルマザーの方などもおられると思います。そして日本は子育てしにくい国です。なので、そんなことやっていられないわ!と、思われるかもしれませんが、お出かけで、少しお利口にしている、ケジメがつく、お行儀が良くなる、着るのに手先を大いに使う、そんな良い事もあるかもしれません。


アメリカでは、どこへ行っても子供はウエルカムです。皆さん、話しかけてくれて、笑いかけてくれて、キャンディはいかが?お名前は?いっぱい楽しませてくれる。
公園でも、変な人間関係は、一切ない!うちは駐在員などではなかったので、日本人の集まりがありませんでした。でも、公園でくつろぐおばあちゃん、おもちゃ屋さんの店員さん、いつも会う公園の常連さんたち、ドアマン、子供連れが窮屈なことは一切ありませんでした。むしろ、息子がいたから皆が話しかけてくれて、大事にしれくれて、嬉しい思いをいっぱいさせてもらいました。

障がいを持ったお子さんを連れた方などには、皆はさらに優しいです。「ハーイ!!○○!!今日もごきげんね!!」みんなどんどん話しかけている。見ないようになんて、しない。変な遠慮も全くなし。お母さんはさぞかし勇気付けられているだろうと思います。私も、そんな些細な一言に本当に励まされました。「こんにちは!良い一日をね!」これだけで良いのです。あぁ、受け入れてもらっていると思えるのです。

稀に泣き止まないお子さんがいたりすると、必ずどこからか誰かが助ける。本当です。おばあちゃんだったり、おじさんだったり、「飴ちゃんいかが?」などと言ってくれる。うるさいとお母さんに文句を言ったりはしません。皆、泣いている子供に話しかけます。そこが、日本と大きく違う!!
アメリカは自動ドアはほとんどなく、だいたいが重いドアのお店が多いのですが、私は滞在中、ベビーカーを押しているときに自分で開けたことは多分一回もありません。本当です!必ず誰かがサッと来て開けてくれるのです。

「ありがとう。」
「いえいえ、楽しんでね!」
このひと言はすごく大きい!!







なので、帰国して、あまりの違いにびっくりしました。
残念です。日本人は恥ずかしいのですね。そして、かえって迷惑かも…とか、気をまわしすぎ。そうして、うちは、「飴ちゃんは、あげてません、」とか、色々、結構ですとか、細かいこだわりの方も多いのですよね。なので、ほっておいてあげようと、まわりも遠慮する。親切をおおらかに受け入れる時もあっても良いかもしれません。でも、日本人は繊細なので、色々あるのですよね。そういう国民性なのですね。それもわかりますけれど。

だからこの国のお母さんは大変!!どうにかそういうところが変わっていってほしいです。
余裕がないのもそういうところからきているのだと思います。みんなが優しければ、社会が助けてくれれば、変わってくれればもっと子育てしやすくなるのに、と、思います。







大人でも、会社へ行く時は、学校へ行く時は、こんな服を、山へ行く時はこんな服を、と、気持ちが服で切り替わることもあると思います。着るものが心に与える影響は大きいと思います。
ふさわしい服を着ることは大事なことです。

お正月のお寿司屋さん、いつもと同じ服を着て、出かける子供。きりりと新しい年を迎えるしつらえの鮨屋さんで、ジャージの子供。ケジメがつかないのかもしれませんよ。子供の心も。だから、騒いだり、ぐずったりしちゃうのかもしれません。
どうせ汚してしまうから…。でも、場の雰囲気にあった服を着せると、子供だって、なんだか、いつもよりきちんとします。(笑)これは、本当です。

紺のダッフルコートをカーキのチノパンの上に着せて、セーターは私の編んだアラン模様の紺のセーター。白い襟のシャツ。こんな服をひと揃い持っていると、子供だって気持ちがシャンとするものです。






あの頃、子育て時代、旅ばかりでした。
一人っ子でしたが、別の意味で大変な子育て時代でした。
なので、思うのです、子供も装うことを楽しめるスローな生活も必要かなぁって。スローフードが流行るように…。
ボストンでは、幼い子供のそういう服が安くいっぱい売っていました。小さな子供用の革靴だって、安くって良いものがいっぱい売っていました。そして、そんなミニ紳士もいっぱい。
日本よりも、生活の中のそういったケジメが付いているなぁ~っと、びっくりしました。子供だって、大人と同じように、着替えて出かける。なぜか、ボストンにいた頃、子供が騒いでうるさいとか、迷惑、とかそういうことはありませんでした。どうしてかな…。電車の中でも、地下鉄でも、飛行機でも、レストランでも、ホテルでも。
外国の都会は日本と同じようにお家は狭いです。それなりに窮屈にしています。
でも、子供たちは、公共の場で騒いだり、あまりしません。






昭和の昔は、「およそ行き」と言う服がありました。豪華でなくても、きちんとした服を着る。家族で出かける、よそ行きの服を着て。非日常を感じる服を着る、そういう機会がありました。
幼い子供を少し緊張させてみませんか?汚さないように食べますとも!たまには、小さな子供に白いワイシャツを着せて、出かけてみませんか??高いものでなくても良いのです。安いものでも、ジャージでない布の服を着せて、家族でお出かけしてみませんか?
たまにで良いのです。


やんちゃ坊主も、かっこつけるかもしれません!?(笑)


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2016/08/03 12:30] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

Dolce

Author:Dolce
青い鳥を探す為につけている日記です
愉しいこと
好きなもの
愉しみでしている畑や着物
小さな手仕事
ピアノの練習
家族のこと
こつこつ、書いています

お知らせ

 
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福

リンク

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

カテゴリ

FC2拍手ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

<