FC2ブログ
Dolce
*** hana
蜂のバングル 🐝  ポチッ!


ネットサーフィンしてたら良さげなものがあって、たどっていったら、
お店にアクセスできた。






レースのような繊細な感じの蜂の巣です。いいかも…!✨あちこち欠けている巣の感じがちょっと良いかも…。
ラインストーンが入っているので、キラキラ系です。





手持ちのものと被らないです…よね。



~若干かぶる(笑)ははは。
実は私、昆虫フェチなので…。欲しいんです。






送料も、激安。
値段相応とすると、ちょっと賭けです。
柔らかいので、サイズは曲げれば大丈夫だって(笑)
結構、ザックリな感じですw 🐝


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/31 07:52] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(2)
錦のしたたり。
馬に行くと、雑木林の道を通ります。

愉しみのひとつ。
山は、にぎやかです。
赤い実。かわいい。
色づく葉っぱもちらほら。


初秋の山に、錦のしたたり。





馬場への道沿いの枝を折って、テキトーにそれっぽく(笑)活ける。あはは。



夕方になると、光が濃くなる。琥珀のような、蜜のような秋の光。
活けてそのままにしてあった赤のお盆に、夕日が当たっていた。



ダイニングが、秋色。






さて、そろそろピアノが始まります。
玄関に持って行きました。







「こんにちは~!あれ~?ハロウインの飾りは???」
残念そうな小さな子の声。

うーむ、ごめんねー。今日はこれ!
ハロウインはおしまいだよ…。




「なーーんだ、つまんないー。」


うふふ…🍁


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/30 07:13] | 和のしつらえとお花 | トラックバック(0) | コメント(2)
日本代表サムライJAPAN
インドのホテルで、こんな事があった。
レストランでのこと。

数家族の集まりで、日本人の家族が、宿泊していた。大きなテーブルでの食事が済み、子供は飽きている。しばらくしたら、5人くらいの幼児が走り回り始めた。
だんだんエスカレートして、隣のテーブルの回りをはしゃぎなら走り回り始めた。困惑するそのテーブルのご夫婦。



これは…と思い、あたりを見回すと、この中で一番の年長は私であると、咄嗟に思った。
レストランのスタッフが、皆、私の顔をチラチラと見ている…。
ああ、やっぱりな…。日本人だし…。おばちゃんだしな…。
ここをうまくおさめてください…という視線…(笑)あああ。どしよ。



と、ひとりが男児が転んで、大理石の段差に頭を打った。



スタッフが心配そうに集まる。
大声で泣き叫ぶ子供。スタッフは大わらわ。氷を持ってきて頭を冷やしたりなどしている。

親はというと、「すみません。ほっといて大丈夫です。」と言ったきり、涼しい顔をしておしゃべりに興じている。


銀のカトラリー、燭台にはキャンドル。薄手の上等な食器。床までのテーブルクロス。ピンクのシャンデリアのフロアランプ。美術品や調度品。テーブルクロスを引っ張らないか、フロアランプのコードに足を引っ掛けないか、ハラハラドキドキ。ほっておける状態ではない。




マネージャーがやってきた。
困り顔…。
私と目が合う。
私、の、出番???
なのよね。。。年長者の出番だ…。


ああああ、これは、もうダメだ。限界だ。





BBA…いくわよ!(笑)



私、咄嗟に、そばに走ってきた一番大きな男の子二人を捕まえて、隅に呼んだ。ゆっくり子供の前にしゃがんでヒソヒソ声でこう言った。

「ねえ、お兄ちゃんたち、楽しいのはわかるけれど、しつもーん!!ここは騒いでも良いところでしょうか?😃」笑顔でね。

「いけないと思います。」

「そうよね。よく分かっているのね…。偉いね。ねえ、ここじゃなくて、お外で遊んだらどう?お母さんに連れて行ってもらおうよ」

「わかった。」

「日本人だよね。インドに住んでるのね。こういうところでは、君たちは日本代表だよ。「サムライJAPAN」じゃん。だからさ、かっこよくしようよ。遊んでも良いけれど、ここはダメよ。」




「はい」
「じゃ、コッチおいで」


といってハグをした。

飴ちゃんでも持っていたらな…って思った。自分の息子なら、回りのテーブルに行かせて謝らせるが、それは、親の仕事だ。黙っていた。







何かインドのお菓子でも奢ってあげようかと思いましたが、インドのお菓子は嫌だという…。そうか…。
しばらくしたら、その男の子二人の親と思しき女性が、むくれて出て行った。

ごめんね。
でもこれを自然淘汰という…。

🤣💦




ここで、走り回るってね…



ここで、「ご迷惑をおかけしました」と、回りの皆さまに謝れば、きっと、笑顔で許してくださるのに…。こういう時は、謝るのが一番。

誰かが、「そのテーブルに、お菓子を、お代は私につけて置いてね✨🖐」なんて、ことになるかもしれません。いえ、ホテルが出してくれることもありましょう。
私だって、怒っていたわけではなく、周りの空気から、仕方なく言ったのだ。努めて笑顔で、小さな声で言ったつもり…。








しばらくすると、一緒にいた残った女性二人が、私のところへ来た。
「私たちが言えなくて、すみません。私たちでは、いくら言ってもきかないんです。言っていただいてありがたかったです。もう、昨日から恥ずかしくて…。昨夜も廊下で運動会で、すみませんでした。」

ああ、あの運動会もそうだったのね…。学校の廊下みたいでした。しかも日本語だったし…。あわわわ。




「いえいえ、いいのよ。こちらこそ偉そうに、差し出がましく、ごめんなさいね。私も息子がいたから、そういうのわかるの。私も、昔、年配の方の配慮にすごく助けられたから…。」

3人の母親、温度差があるようだ。けれど、それは仕方がない。最後に、「お会いできて良かったです」と言ってくださった。

次の朝、スタッフにも、そっとお礼を言われました。差し出がましい事をしたかと、不安だったが、少しホッとした。






きちんとした「サムライJAPAN」に育って欲しいのです。皆。




私も年をとったなぁって思いました。


あああああ。
今永くんかっこよ…。日本代表。


~全部ひっくるめて、個人的な意見です。お目こぼしください…。



励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/29 00:14] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(4)
力がないって…


素敵な帯ですね…。イチロー屋さんで。
紅葉した葉のニュアンスあるぼかしに、糸菊の白の刺繍、色のバランスも良く、秋をてんこ盛り。









もちろん、でろんとした、柔らかものにも、良さそう。





前柄も、うるさ過ぎず、寂し過ぎず。









こんなきれいな紅葉の下を歩いてみたくなります🍁
でも、残念ながら、商品説明を読むと、「力がありません」とのこと。
ああ、残念。
シミや、多少の小穴は良いけれど、力のない生地は、どうしようもないです。
…。
芯を貼って小物か、インテリアに…?それならもう少し小さな柄が良いので、やめました。

ざんねーん!


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/28 09:29] | 🎲 お茶目におきもの | トラックバック(0) | コメント(2)
「BBA、突然叫ぶ」の巻
テレビを見ていると、

最近、たまに


きゃー

とか



ぎゃー

とか



わーー




とか、


騒いじゃうんです。



「もう、なんだよ、BBA、急に、やめて…。」
と、家族に迷惑がられる。





なんでか、って言ったら、
これです…。





UNIQLOの最新作のコートのCM。






あああああ✨


不意に出てくるなんて…。CMって、困りますね…(笑)
歩夢くんを見るには心の準備が必要なのよ!



もう、歩夢くんには「徹子の部屋」に出て欲しいです。




BBA、UNIQLOでバイトしたいけれど、こんな
歳でも平気かしら…。



CMのメイキング動画貼っておきます。カッコいいよ。
→UNIQLO 歩夢くんCM メイキング動画



「ジッパーを上げてカッコつけてください」って言う注文に、
苦手っすね~って。


小学生の頃から、オーバーサイズのものを着ていたというこだわり。
体操服も2XLだったそうですよ。お母さんも大変(笑)自由に育てたんだね。


そしてトランポリンでジャンプをする場面では、あまりの空中姿勢の美しさに歓声が上がったそうですよ。


さすがだわ…。怪我なく、頑張れ。

Walk to the dream 🔥


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/25 10:29] | ❄️⛄️ Walk to the dream 🏂 | トラックバック(0) | コメント(4)
秋色の庭


秋のエントランスの植え込み。





小さなポット植えの菊を二つ、赤のベゴニア、ケール、スイスチャードなど、秋らしい色々を、夏を越したグリーンの隙間に入れこみました。
こちらも、色々、見切り品を買ってポットのまま置いただけです。








何故か今年は、アメジストセージのお花が、少ないです。
梅雨くらいから何度もピンチをして花数を増やしす作戦でしたが、肥料が足りなかったのかもしれません。




それから、犬ぶどうさんと、デラウエアが茂り過ぎて、アメジストセージは、日陰になってしまったのです。
日陰になるほどに茂ったデラウエアは、旅行中に、全て実が落ちてしまいました。畑の方は、少し食べられましたが、美味しかったのに残念… 🍇






菊は、来年もまた咲くように、頑張ってみます。


今年の、春のコンテナ こちらもどうぞ→🦋


🐿  dolceおばさんのお庭から  🍄


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/24 07:40] | 🐛 dolceおばさんの畑とお庭 🐝 | トラックバック(0) | コメント(0)
秋明菊


芥子のような、アネモネのようなかわいいお花。


秋明菊。







くねくねした茎を生かすように、口がつぼまっている花瓶に。

伸びやかで、愉しい表情です。


このお花は、手間いらずで、ほったらかしで、庭の隅で、肥料も要らずに、何年も咲いている。
年に一度、切って活ける。


今年も秋がやってきたんですね 🍁


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/23 11:59] | bouquet and interior | トラックバック(0) | コメント(0)
Happy Halloween 🎃
ハロウインのデコレーションをしてみました。

去年の100円ショップで購入したものに、昨日、原宿にある北欧版100円ショップ(笑)フライング・タイガーが、近くのモールに入ったのでそこで買った300円のガーランドを足してみました。



これから、ピアノです。小さな子たちが、愉しめるように!
オレンジ色を足さなきゃ、と、畑のほおずきを…。(笑)あははは。



ドライフラワーのアレンジを置きました。










前のハロウインの様子はこちら→ 🎃




 🎃 チョコレートをみんなに!💀💜




小さな子が皆、大喜びしてくれました。
いつも、子供ウケしないインテリアなので…うふふ  ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
今は安くて良いものがいっぱいあって愉しいですね ~🎃☠️


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/22 11:05] | bouquet and interior | トラックバック(0) | コメント(0)
菊のお支度
どうしても着たかった菊の着物を着てみました。



これに最初は、この全て刺繍のすごい菊の袋帯を締めてみましたら、もうピカピカで、どこ行くの??って感じになっちゃったので、急遽、この便利な市松帯を引っ張りだしてきました。


この帯は、ものすごいパワーがあって、普段にはやっぱり無理。
これ、もっと使えると思ったのに…。すっごく華やか。お正月に締めてみようかな…。それか、結婚式とか…。ですね。




すっごく華やか。
どうしましょ。
今日行くのは、行ったことのない隣の市の八幡さま。
家から近いし行ってみよって。
でも、あなた、ちょっと、華やか過ぎて、今日は何かあるんですか?って雰囲気ですよ。




草履は、丹頂のカレンブロッソ。ハマり過ぎる(笑)
下駄にすれば良かったかな…。
髪はいつもの黒柳徹子さん風。







お詣りしていたら、ガコガコさんが通る。


ヨイショ、ヨイショ…
どこ行くの?ってついて行ったら、



お社(おやしろ)の横に稲穂が干してありましたよ。
このこぼれたお米を食べに来たのね…。
かわいいね。





結構遠くまで、これを食べに来るんだね。うふふ。






神社は七五三で華やかな賑わい。
微笑ましい着物姿がいっぱいでした。


この着物は、お正月や、夜のお出掛け、コンサートなどが相応しいかしらと思いました。深い紫色だから地味かと思いきや、花の色とのコントラストが強くて、とても派手で、ちょっとそこら辺へのお出掛けには、気が引けるくらい立派さん(笑)
「なんだか演歌歌手みたいだね~」ってダダ。


半襟は白にしてしまったし、帯回りも、おとなしめにまとめたのですが、品良くまとまっちゃって、これがかえって失敗。フォーマル感が際立ってしまった。


着物って、引き算すればするほど、格が上がってしまう様です。


最初に予定していた通り、コッテリの刺繍半襟で、珊瑚の帯留めで、少し遊んでみたら、よかったかもしれません。

アンティーク着物っぽく、色をいっぱい使ったら、少しカジュアルダウンするかなぁ…。修行が足りませんね。もっといっぱい着られる様に、考えようっと!


今日は、失敗でした。

帰りに、モールで、ハロウインのガーランドを少し買ってきました。ピアノのお友達が喜ぶので…🎃





夕食は秋刀魚の塩焼きです…。

魚屋さんで手に入れた立派な秋刀魚に、塩を打っておきます🍁



励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/20 18:30] | 着物のお支度 | トラックバック(0) | コメント(0)
民族衣装


なぜか心惹かれる民族衣装
私がこんなエプロンを好きなのも、手仕事いっぱいの服が好きなのも、こんなのがルーツなんです。






昔よく行っていたニセコスキー場。
飛行機が着くと、スェードや、チロルテープや、フリンジをたくさんつけたこんなコートを着ていたお洒落さんがいた。
中はなんと、色味の良く合ったイカットのワンピース。なんてかっこいいのでしょう!
髪はおかっぱで、緑のアイラインをグググってひいて、ものすごいお洒落さんだった。今でも覚えています…。
男の子二人のお母さんでした。




かわいい三角帽子。






ビロード?のコート。こんなの好きだなぁ。






嗚呼、コンチャベルト、カッコいいんだけれど、ものすごいお値段なんだよねー。でも、いいですねー。






手仕事いっぱいの民族衣装。私は、大好きなんです。こんなの。
手芸が好きって言うのもあるけれど、お花や、植物のモチーフや、伝統的ななにかに惹かれるんですねー。
繊細なレースや、今ではユニークな形。



私は、家でこんな服を着て、庭から草花を切ってきて花瓶にいける。



こんな楽しいエプロンをして籠を持ってトマトや葡萄を摘んでくる。
帽子をかぶって、ハサミを持って。
それが私のしあわせ。







激安のアンクルブーツに色々付けて!
大好きな一足です。






最近、ショパンもね、マズルカなんかが好き。豪華絢爛なバラードもいいけれど、土の匂いがするマズルカ、ホロビッツの弾くマズルカも、すごいよ。


あああああああ、
でも、ちょっと思うよ、
巨匠って好き勝手弾いてもいいんだねーー🌀💦

YouTubeは楽しい。聞き比べができる。



私は何故か、こんな民族衣装にとても惹かれる。自分でもこんなのをよく作る。
あ、こんな変な服はどこにも売っていないので(笑)

紺ブレに、ミハマの靴の浜トラ(笑)、ブルーのアイシャドウで、サーファーっぽい服も散々着ました。バブリーなミニスカートの原色スーツにエルメス。トサカ前髪にピンヒールで、ディスコへ…(笑)ヴィントンも持ちましたよ(笑)

そして、黒のアシンメトリーのアヴァンギャルドな服も着ました。コム・デ・ギャルソンの重い服で、ノーメイクで、バッサリ切ったおかっぱ頭で歩いていた時期もあります。

でも、商業ベースの流行の服の99%は、自分には似合いません。

どれも、さぞかし似合わなかっただろうと思いますよ。





自分に似合う服。心に寄り添う服って何だろう…。
今の自分ってどんな人だろう、と、考える。



今、私は、自分が、好きな服を自分のために着る。

心に寄り添う服。
とても自由だ。




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/18 14:55] | 愉しいお洒落 | トラックバック(0) | コメント(2)
菊を着てみたいのです


この菊尽くしは、昨年の冬に手に入れたもの。
冬から春になり…、菊なので、どうしようと思って、まだ着ていないんです。今年の秋はこれを着てみたいのです。お天気になったら、出して干しておきます。





帯はこの菊の刺繍帯。袖が長いので、羽織はなしで。










この珊瑚の帯留めで。珊瑚は、彫った物にするか、こんなぼってりしたシンプルなものか、悩んだのですが、牡丹や、桜などの彫りのものだと、汎用性が低いのです。
これならば、色だけ拾えて、そして、秋から春先まで、どんな意匠のお支度でも、使えます。
桜や菊の着物に牡丹ではおかしいので、こんな丸い物にしました。

これ自体は面白くはありませんが、使ってこその良さが出ます。

三分紐の色…緑色にするか、白緑にするか、愉しいところですね…。





池田重子さんのお店で見つけた半襟。これは、ずらして付ければ藤が出たり、菊を出したりできるかなぁと思って。白茶ですが、刺繍は白ですので、案外白半襟っぽくなるかもです。







ヤフオクで落として、品川の丸屋で挿げ替えた下駄。かわいいよ。きっと。





花の着物を着る贅沢さ。~あ、安いのですよ!全部(笑)すっごく👍
うふふ。





励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/17 12:15] | 🎲 お茶目におきもの | トラックバック(0) | コメント(0)
オンシジウムのブーケ
スーパーマーケットで、100円の見切り品。
ふた束買って、活けました。

お花の出荷も少なくて、空のバケツが所在なげに並んでいました。




弾けるような黄色です。








蘭は高価で、家の雰囲気にも合わず(笑)自分には買いませんけれど、短くできるカトレアなどの一点豪華主義の蘭は、お見舞いには、最適✨🌼

肉厚で生命力があって、たった一輪でも華やかで辺りを明るくしてくれました。そして何よりも、とっても長持ち。

叔母のお見舞いに一番乗りした私。病院の近くのゴージャスな花屋に勧めれて(笑)叔母の好きな濃い紫の蘭を買って行きました。それが、次々とやってくる親戚が見て、とても長持ちで驚いたと聞きました。

小さな宝石。一本千円で高いなぁと思ったけれど、この一本だけで充分という。蕾や葉っぱも使ってアレンジしてもらえば1~2本で豪華豪華(笑)

「薔薇のように花びらも落ちませんし、色も、複雑で、華やかさもあり、落ち着きもあります。」
さすが、餅は餅屋…(笑)







さて、これは、見切り品の200円ですが、長持ちしますでしょうか?
庭のグリーンを少し足してみました。






今日は、小雨のパラつく中、庭のお掃除。



少しずつ日常を取り戻さなきゃ。
ピアノもはじまりました。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/16 11:10] | bouquet and interior | トラックバック(0) | コメント(0)
不安な夜
過ぎ去ってから天気図を見ると、
巨大な台風は、多分、私の街の上を通過したのではないかと思っています。

私の家に大した被害はありませんでしたが、
あたりの惨状を見ていると、あまりの事で、心が痛いです。



前の日から、水や電池を求めて走り回り、ガソリンスタンドにも並びました。

そして当日、一日中テレビを見て過ごしました。
見慣れた地名がどんどん出てくる。
祈るような気持ちで見る。





あの夜…。
家族が揃い、夕食のテーブルを囲んだ瞬間、
バチっと音がしてあたりが暗くなった。



暗闇。



遠くで雷鳴。





闇の中、テレビが消えると、
轟々という外の風雨の音が一層不気味に身に迫って来た。




被災された方々の苦しみが、一日も早く癒えていきますように。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/15 11:14] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
台風通過中
暇ではあるが、何も手につかない。

経験したことのない大きさの台風が通過している。

テラスの排水がうまくいかず、テラスの床に水がたまり、水位は室内の床に迫って来ている。息子が、パンツ一丁で出ていき、工具を使って、排水溝の蓋を広くこじ開けてくれた。
こんなのは初めて。




今は風よりも、雨が酷い。雨粒であたりが霞む。



市内でも避難勧告が出ているところがあるという。知り合いを案じ、不安になる。

私の家は、隣の市にも近いが、すでに午前中に隣市では、市全体に避難勧告が出ている。
風対策ばかりしていたが、雨の物凄さに、ひるむ。
雨音が大きく、家の中でも大きな声で話す。




相模川が氾濫しそうだという…。
えええ?あの相模川が…???



さっきまで、低い電柱の上にいた烏たちが、どこかへ行ってしまった。
野良猫ちゃん一家は、大丈夫かなぁ?畑や、お馬さんたち、大丈夫かなぁ?




馴染みのある地名が、テレビ画面に映し出される。

箱根からの早川は、まるで龍の様に荒れ狂っている。

多摩川も、もう溢れそう。

これから山間部へと向かう台風。山の絞り水が、荒川や、相模川、多摩川に集まる。

何も手につかない今日。暇なので、こんなことを書いている。

テラスの水は、そろそろ溢れそうなので、ダダと、バケツですくって外へ出した。
なんとかなったが、あと数回は必要だろう。


インドから帰って来て、ゆっくりできると思ったが、とんでもないことになっている。
不安だ。
なんだか、また、胃がシクシク痛い…。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/12 18:14] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0)
風速より風向き


リントンの生地を買って、縫ったジャケット。
これは、下に細身のパンツを合わせて、ピアノレッスンへ。
そして、黒のタイトスカートをはけば、ちょっとした場所にも出かけていける秋の定番。



横浜のバーニーズで一目惚れのストール。ちょっとノスタルジックで、かわいい。

バーニーズ。昔、私が、アクセサリーを見ていたら、
店員が急に、振り返り声をかけた人がいる。

『〇〇さま~。いらっしゃるませ。今日は、過ごしやすい良いお買物日和ですね…。』

みると、キラキラした若いお嬢さんがこちらを見て美しく花の様に笑っていた。
フォークロアという言葉がぴたりとハマる凝ったレースのスカート。
生成色の綿のカギ編みのモチーフ編みのスカート。かわいい!

それに、厚地のノスタルジックなレースのタイツを。未だに覚えている。上には、象牙色のタートルに、少しローゲージニットの凝った編み地の大きなニットのストール。なんとも良く似合う。耳あてのついたファーのついた帽子。サボの様な朱色の刺繍が少し入った厚底の靴。あああ…。エクリュのグラデーションで、素材で遊ぶ。綿、レース、ニット、ファー。上級者ですね…。

そこには、流行だの、なんだのって言う言葉を超えた、「彼女が選び取った服」があった。よく似合っていた。そして個性的。彼女の内面を語る様な雄弁な服。ここにはそんな服がいっばいぶら下がっている。

尖った黒のスーツも、こんな手仕事いっぱいの服も。セレクトショップの強みで、個性がいっぱい。
その若いお嬢さんは、笑顔を残してエスカレーターで、上の売り場へ消えていった。

『素敵な方ですね…。』
『あ、はい。ご贔屓にしていただいております。』

私は、アクセサリーを見る手をしばし止めて、見惚れてしまった。
彼女は自分に似合うものをよく知っている。
そして、バランスの良い遊び感覚。上手に店員さんから、お洒落のエッセンスをアドヴァイスしてもらっているのだろう。



『ああいったお客様は、来店してくださるだけでも、華になりますね…。』
買わなくても来て欲しいお客様。








さて、去年の秋の和装。



髭紬は、大好きで、何枚か持っている。
これも秋の定番。



秋は、ガザゴソする素材の味わいが、恋しくて、つい手が伸びる栗のイメージのこんなお支度。



両方ともに、去年着ていたもの。
かわいい雀さんの帯は、中村かをる創作帯屋さんで✨ブログも愉しいよ。












さて、重い身体を引きずって、買い出しに。



寒くなくても、秋の服。
水やら、カップ麺やらの買い出しとガソリンを入れに…。

庭の植木鉢やら、ハンギングバスケットやらを玄関に運ぶ。
台風の備え、大わらわの一日でした。

ネイビーのコットンセーター   UNIQLO ダダの。
ストール  エスニックショップ
赤のベルト  ユナイテッド・アローズ アウトレット
スカート 自作




どこで買ったか忘れてしまったかごのバッグで。







予報では、ここでは、最も強いのが東南東の風。なんとかなりそう。ここは地形的に、北さえ入らなければ、大丈夫。と、思う。多分。いや、絶対。

でも、吹き返しの、北風が入ったら嫌だなぁ…。家が無事でありますように…。


風はあちこちから気ままには吹きません。
息をするように、まるで生き物の様にやってきます。
でも、絶対、天気図に嘘はない。



片付けてしまうか、どうしてもできないならば、「風をはらまない様に工夫する」のが良いです。
変に止めつけてしまうと、風をはらんだ時にえらいことになります。

地形もよく見ること。風の通り道だと、風がまとまって強く吹くので要注意。

移動できないものは、出来るだけ風が流れる様に工夫しておく。風を真正面から受け止めないことです。
止めつけるのにも、風が流れる様に。少しは違います。きっと。



大事なのは、風速より風向きです。

十数年間、風と闘い、風と共に生きた(笑)元・ウインドサーファーの意見です🤣
少しでも、参考になれば…。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/12 12:48] | outfit of the day | トラックバック(0) | コメント(0)
最後に、デリーで、もう一回やらかす…
ナマステ~.**’*;-.,:*”



デリーに到着。



ところが、深夜から、酷い腹痛のわたくし…。
多分、増水した水が溢れた街を膝まで浸かりながら歩いたせい…。



ガンジス川で沐浴したら、絶対に、感染症にかかるから、やめろと言われていたが、火葬場へ行った帰りに、街が浸水して、膝まで浸かってあるいた。ホテルで綺麗に石鹸で洗ったけれど、それが原因かなと思いました…。






で、夜中…。
痛みで冷や汗が出る。
持参した薬は全く効かない。

もう限界だった。誰か助けて~~!

ダダが、次の朝、医師を呼んでくれた…。診察代は3000ルピーだそうだ。五千円くらいです。なんとか払えそう。





舌を見せろという。腕に聴診器。面白い診察。
「感染症」の診断。すぐ治るという。明日の夜には、菌はどこかへ行っちゃうって。
大丈夫という。

薬を処方してもらい、飲んでみるが、もどしてしまう。









二回チャレンジして薬が飲めないならば、病院に行けという。と言うことは、エアチケット取り直しって事ですよねー。マイレージで行っているので、航空券は只で来たんです。でも、変更は効かない。自腹を切るって事ですよねー。

必死で飲み込む抗生物質(笑)
吐き気を抑えて、根性で飲み込む抗生物質…。
帰りの成田行きのエアチケット、正規料金で買ったら、大赤字よ!!
今日は、デリーでお買物しようと、思ったのにね…。
お土産を買いたい人がいたのに…。

あぶら汗タラタラ…。




それにしても、
あの…、センセー💦この薬、デカくない??😭💦
一円玉くらいの大きさ😭💦
ハイジさんの薬みたいのを、三つ…。



セントバーナードじゃないんだから、こんなの、無理よーーー。
15ccの経口補水液で飲めって…。


無理っす。。。。

助けて~。



ああああ、お腹痛い…。
これは、地獄の迷路。







あんなところやこんなところ、衛生状態は極めてよくないわなぁ~。




薬を必死で飲み込み、しばらくして痛みが治ると、数時間寝てしまった。
でも、お医者様が言った通り、薬はすっごくよく効いて、夕方には歩けるようになった。



インドの医者、優秀!


私は、昔、カリブ海の島でも、こうなったことがあるが、薬もちっとも効かなかったし、帰ってからも、悲惨だったよ。ホテルで倒れて、空港でも倒れて、点滴打って帰ってきた(笑)

タクシーで空港まで行く。なんとか大丈夫だった。チェックインカウンターで、具合が悪いと話したら、優先的に搭乗させてもらえた。
そして、席もアップグレートしてもらった。水球日本代表が乗っているそうで、混んでいたのに…。よかった。助かった。






実は、紙おむつを用意していたのです。二枚だけですが。
え???そんな状況??そうなんです。そんな状況でした。

おかげさまで、搭乗の時間には、もう薬で治ったのですが、紙おむつだから、大丈夫!!って思えて…。安心でした。持っていってよかったです。




オムツで帰ってきた右のひと(笑)
みなさま、親切にしてくださって、本当にありがとうございました。
おかげさまで、生きて帰れました(笑)



チーン…。

嗚呼、インド…。
でも、とっても愉しかった✨🇮🇳
ダンニャワード …。
繊細なカレーの味。
辛くもなく、食材の味がしっかりして最後にふわっとスパイスが香る。
何を食べても、とても、美味しかった。




大増水のガンジス川。





家に着いてスーツケースを開けると、
お香のような、スパイスのような、カレーのような、
魔法の煙のような、
パチュリのような、
ぼったくりなんだか、優しいのだか、嘘っぱちなんだか、なんだかわからない、
なんでもアリの、
不思議なインドの匂いがした。


インド旅行記おしまいです。



おばちゃんこの写真インスタに載せてるかなぁ~🤣あははは。






~追記~
帰宅後、ダダも発症致しました…。ああ。やっっぱり…。
😭💦

今夜は、ダダが紙おむつ✌️ 


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/10 10:47] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(8)
ヴァラナシ~ブリジラマホテル
ナマステ~.**’*;-.,:*”



デリーから再び飛行機でヴァラナシへ。

汚いだの、臭いだのと、情報が入っていたヴァラナシ。
でも、私はここは素晴らしいと思いました。
予約して愉しみにしていたホテル。
時々停電する。
雨漏りもする。
でも、ブリジラマホテルの調度品やサービスは素晴らしい。
安倍首相もインドの首相と一緒に泊まったよって、従業員が話してくれた。

素晴らしい中庭。



雨が漏る。
迷路のような階段。
薄暗く、なんとも言えない雰囲気がある。





窓のすぐ外に毎日、来る猿。



外の景色。



水没した電線に巣をかける翡翠の様な鳥が、夢のように翼を広げて、あちこちに舞い飛んでいる。





おはよ!今日は子猿さんだね。






増水しているので、沐浴の人のために、足場が組んである。大きな声で、なにかを歌いながら、沐浴をしている。








無料のヘナタトゥーをしてくれるっていっていたのに、浸水で、ヘナアーティストが来れないので、今日はなしって言ってた。



でもね、雨で、退屈だろうからって趣味でしている従業員がしてくれるって、わざわざ私を探して教えに来てくれたホテルの人。
で、またしてもらった(笑)ヘナタトゥー。プロを目指してヘナタトゥーの勉強をしている方。



「私はヘナをしているところの自分の写真を見たことないから、アドレスを教えるから写真を送って!!」
と、頼まれた(笑)



ボーイフレンドの話を始める、可愛らしいお嬢さん。
メガネをかけたレストランの男の子、わかる?
あああ!!わかるわかる。
ボーイフレンドなんだって。
彼をどう思う?
と、私に聞く(笑)うふふ…。
結婚して何年?~30年だよ。
すごい…。そう?(笑)
インドは、カシミール地方が一番素敵という。
そうなんだ。。。











おやつに届くこれ…。
ジャイプールの裏通りで見たコレだ!



ここで売ってたヤツだね。
すっごくクセが強い。大人のおやつなのかなぁ…。
ギリシャでは、葡萄の葉っぱで包むお料理があるが、この葉っぱの味はそれに似た感じでした。







夜にはシタールの演奏とダンス。足に鈴を付けて踊る。綺麗な方。踊るひとは、姿勢がきれい。最近の私の課題。姿勢(笑)





ヨーグルトに、レーズン、ゴマ、又は、芥子の実、クミンシード、好きなものをのせて。とても美味しかったです。







ブリジラマホテルは、ガンジス川から50メートル以内なので、ベジタリアンフードしか出ません。アルコールもダメです。
卵だけは許されるそうですよ。



ダダが頼んだベジタリアンカレーは、銀のスプーンで食べることになっているという。テーブルのカトラリーを交換して全て銀のものになった✨すごい!!
インドの食事は薬膳なんだって思いました。どんなスパイスにも意味がある。これは、胃の働きを良くする。これは、むくみを取る。これは…、ひとつひとつ説明してくれる。







そして、この旅のミッションその3の、アーユルヴェーダも受けてきました。第三の目と言われる額に温めたごま油を垂らす。そして髪をその油でゆっくりマッサージします。



スチームで蒸して、髪は艶々です。ものすごく気持ちが良かったです。
終わったら、特別なお茶と、身体に良いおやつを…。











三ヶ月増水が止まらないという、ガンジス川。
家を失ったひとも多いと聞いた。
ヒマラヤの氷河もとけてしまっているんでしょうか…。
残念ながらボートは、出ない。
テラスから濁流を、眺める。
所々に、流れが滞って水面に渦が起こる。
淀みもあれば、急流もある。
その水面(みなも)を眺めながら、
上手くいく時も、淀む時も、ぐるぐると迷う時も、一瞬なんだ、そう思った。
木の葉が流れてくる…。急に速くなったり、ぐるぐるしたり…。。。。あ、…そのあとは、一回沈んで淀みに入る。流れにのみ込まれて姿を消したり、浮き上がったり…。常に移り変わる。
人生も、どんどん移り変わる。
自分もどんどん変わっていく。

ひとつのことにこだわって沈んでしまうなんて、つまらないんだなぁ。
上手くいっている時も長くは続かない。いい気になっていたら、すぐに淀みにはまってしまう。でもそれも一時。
悩んでいる間に、時間は過ぎてしまう。
良い時も悪い時も、しっかり味わって生きること。何か起こっても、絶望しないこと。大丈夫なんだ。すぐに次のステージがくる。
この大きな流れは、海まで、うねりながら続いていくんだ。

死ぬってことも、日常のこと。死んだら、また、生まれ変わる。またダダにも会えるんだね。だから、今を大事に味わって生きること。
流れて行く、遺灰。これは、ひとつの学びが終わった姿。



昨日の大雨を集めて、さらに流れは速くなる最上川、じゃなくてガンジス川でした…。
明日はデリーへ。そして一泊して帰国です。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/09 13:28] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(0)
インドの雑貨と、ソウルフード
今日は、雨なので本日、記事、連投です✨


どれを触っても砂でジャリジャリする商品が売っているヴァラナシのお香やさん(笑)地味に近所のBBAが買っていく。
面白いお香をいっぱい買ってきました。私も、少し買ってきました。








自分へのお土産は、クオリティの良いものを探すなら、高級ホテルの中のお店は結構狙い目!✨



地元のもので、細工の良いもの。象さんはデリーのホテルで。





インドらしい🇮🇳物を少し買って帰りたかったのです。






そういうものは探すのが結構大変。私は、そういう時は、そこで一番良いホテルにお買物に行くことにしています。これは結構良いですよ。






らくだの骨で作られたジュエリーボックス。手の中に入るくらいの小さな物です。
とても細密な絵付けです。




素敵な物が手に入りました✨



これらは、プチプチで厳重にラッピングをされて、白いテープでグルグル巻きにされていたので、空港で何度も検査に引っかかる…。


男性に言われた。
「あなたの、像だの、ラクダだの、ダッグだののお陰でとても長く待たされたよ…。あはは。」
「これ何ですか?って聞かれて、ご主人も、何度もボディチェックされてたし。」
ごめんだよ~。みなさま。。。




伝統の人形劇、シタールの生演奏。素晴らしい絨毯屋、見ているだけでもわくわくします。どこかへ行かなくても、楽しませてくれる工夫があります。





温かく濃いチャイはこんなショットグラスに入って出て来る事もあります。程よくスパイスの香りがして、美味しかったです。














そして、ソウルフード。
これも、なにも命がけで屋台で食べなくても、ホテルで出してくれました。いろんな物を少しずつ持ってきてくれたりしました。



こんなお菓子や、



こんなの。これは、甘い上の液体につけて食べる物らしいですが、なんとも理解不能な食べ物(笑)中には、スパイスが詰め込んであります。タバコの煙みたいな味がしました。きっと、大人のおやつですね…。


こういった物は、頼まなくても、気を利かせて持ってきてくれました。朝ごはんのビュッフェの時間に、そこら辺の屋台で売っているようなソウルフードを毎日出してくれたりします。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/08 14:55] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(0)
ヴァラナシ~人を葬る場所…
ナマステ~.**’*;-.,:*”

 
飛行機でヴァラナシへ。


ガンジス川の火葬場へ行ってみることにした。




ヴァラナシの街。



雨宿りしていると、こんな方々が道を通ります。
映画じゃないか?!と、びっくり。



今日は、大雨。
ガンジス川のボートは、もう三カ月出ていないと言う。
水位が、15メートル上がってしまっているって。
ほんとは、ボートを出してもらって、沐浴を見て、火葬場などを見せてもらうのだが、歩いて行くことにした。



傘を持って火葬場に、行く。
ひどい雨。
今日はこの出で立ち。



今日は、ジーンズに、UNIQLOのシャツ、傘がわりの髪を覆うストール。
捨てても良い靴。
このジーンズは、捨てて帰ります。
迷路のような細い道。すれ違うのにやっと。Google マップを頼りに…。



時折、酷くなる雨。バケツをひっくり返したみたいだ。
みんな雨やどり。



犬も、ヤギも、牛も、ロバも、ひとも。









チーズ屋さんかなぁ?牛乳を煮ていました。

でも、ね、そこで、事件は、起きたのです…。
何人かの人が写真を撮っていたので私も、牛のそばに行って写真を撮ったら、
一瞬で、私の、喉を、角で突いたんですよ!!!



コイツです。私がいけないんですけれど…。
ごめんね、嫌だったんだねー。
喉より、首の骨が、ガクってなった。
何が起きたのか、よくわからなかった。



でも、、、角の先は、切ってあるので、その時は、そんなに痛くはなかった。その時は…。この晩は、喉が腫れてしまいました。

で、火葬場、歩く事、30分くらい、ようやく着いきました。

が、やはり場所が、場所なだけに、ズカズカとは、入れないと思い、どうしようかなぁ、と、逡巡していた。あたりはお香の強い香りが、立ち込める。








男性が、声をかけてきた。
「少し見せてあげる。
私はここの、管理人。
お金は、要らない。」
うーむ、この、いつものセリフ。
でも、ここは、この人に頼むしかないかも。もし、私の家族のお葬式に、カメラ持ったインド人が入ってきたら…、ね、そりゃ、勘弁ですよね!
仕方ない、頼むか…。
「いくら?」

「as you like.」

「でも、薪代の寄付をしてくれると嬉しいです。」




出たよ。これ。ふーん。こーゆーのが、一番厄介なのよ。


「ぶっちゃけ、はっきり値段を言ってよ。ちょっと散歩に来ただけだから、お金持ってないから。」
「いや、寄付は、心。数字ではない。


困ったなぁ~。


でも、どことなく知的で、品がある雰囲気だったので、15分だけという約束で、ついて行った。



遺体を運ぶボート。



あれは、そのおじさんの家族だという。写真下の方の黒い灰は、人を焼いた灰。
そして、階段を数段登って行くと、
薪が積まれた中で、人が、四、五人焼かれていた。
私、それを見て、何故か、涙が止まらない。

「マダム(奥さん)泣いてはいけない。泣くと、彼らは、天国へ行けない。」

ごめんなさい。わかった。

でも、何故かとめどなく涙が出て仕方がない。
遺族らしき人が、私を、見た。
ごめんなさい、と、頭を下げた、
微笑んでくれた。いいよ、って。




遠い昔の自分の余命宣告。息子のこと、そして、今のしあわせが、心に溢れて、涙として流れていくような感覚…。
一番、大きな気持ちは、「感謝」

生かされている自分。

人に、優しくしてもらった分、私は人のために生きなきゃ、と、心の声がした。







よし、私の牛のところに行こう…。
薪がたくさん。
遺体を運ぶ牛。私の牛。
黒くつやつやとした立派な牛だった。
中には、ヤギもいた。
さ、そろそろ、失礼しよう。
これ、薪代、って、200ルピーを、渡した。320円。

おじさんは、もっとくれ、とか、何も言わなかった。
この、おじさん、ほんとに、ここの経営者なのかもね…。





でも、相場が、サッパリ分からないので、適切な値段がどうかわからないです。
これは、心からの寄付でしたから。

気持ち良くやり取りできて、良かった…。
帰りの道まで教えてくれて、感じ良く別れました。ここの写真は撮りませんでした。








鶏さんも雨やどり。
そして、少し、気持ちを整理したくて、さっき雨やどりしたサリー屋の前に座る。



前に野菜売りのおばさん。
オヤジか買いに来る。



天秤で、計り売り。散々値切って買って、オヤジは、お金を支払って野菜を貰うのを忘れて行った…🤣💦
オヤジは値切ったことで、満足してしまったようだ。
きっと帰ったら、お母ちゃんに、叱られるだろーねー!
あははは。








ちょっと、笑った。



そしてお香屋さんに行こうと、探し歩いていたら、
道が川のように…。危ないから、もう戻ろう。







誰かが、死んでも、こうして日常は、変わりなく続いていくのだなと、思った。
こんな日々の些細な出来事が続いて、いつのまにか、人生って終わるんだなぁ…。

と、なんだか不思議に、そんな事を考えながら、歩く。
大腸菌がウヨウヨいそうな、どぶのような水。

どんどん水位が上がって来た。

早く帰ろう…。




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/08 12:47] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(0)
アグラ~アグラ城とジャマー・マスジット
ナマステ~.**’*;-.,:*”



アグラ城。ものすごい規模のお城です。



ダダとさぞかしうるさいガイドがいるだろうと、作戦を立てて行ったが、なんと、まあ、肩透かし。警察がたくさんいて、ガイドのしつこい勧誘はありませんでした。
何故だろう?
タージマハルでも警察がいれば良いのに…。





手荷物検査。私は、林檎や、水や、クッキーを持っていたのに、何故かスルー。
で、可哀想なのは、後ろのレディース。(みんな、何故か歯が何本かない。)彼女らは、お昼に食べようと思ったらしいパンや、お水を没収されてしまって、猛抗議をしている。
私のバッグの中は、手を入れて見ていたのに、黙認だった…。
かわいそうに。失礼だけれど、そんなに彼女たち、裕福そうには見えず、気の毒だと思った。
散々検査員と怒鳴りあいをしていたが、最後にはやはり没収されてしまった。




掃除をしていたおじさんが、私の手に木の実を乗せてくれたら、パッとリスがのって来た!








この素晴らしい柱の下で、少し休憩。








出た!写真撮ってください族(笑)この写真を撮ってどうするのか?疑問だ(笑)インスタかしら?!このおばちゃん達も、ブログとかインスタとかやってるのかなぁ…?



ネパール人かと聞かれる🤣



この600円のストール、案外と素敵で、嬉しい!!服も、千円くらい。





この日は、暑かった…






いいなぁ、サリーって。












この後、お馬のタクシーに乗りました。
とても良いおじさんでした。でもおじさん、何言ってるかさっぱりわからないんです…。ごめんね、おじさん。って言っても、なんだかわからない言葉でずっと話してくれる。



駅裏のイスラムの寺院へ。



近くまではお馬やクルマが入れないので、ここでこの素敵なおじさんと、さよなら。途中からは歩きです。でも、門がどこかわからずに、迷いに迷って、たどり着きました。








~ジャマー・マスジット。

恐ろしく汚い緑色の水の水溜めがあって、そこで皆身を清める。
が、しかし!痰を吐く人や、足を洗う人もいる。その横で平気でうがいをしたり、歯を磨いたり顔を洗ったり…。





原則、裸足。髪は隠す事。

猿がいっぱい。

ここは中で皆お祈りをしているので、あまり写真を撮るとか、バタバタするのは…と、思い、ゆっくりみなさまの様子を観察していました(笑)








この後、日本から予約しておいたガティマンエクスプレスで、一回デリーに戻り、デリーから飛行機に乗ってヴァラナシへ行きます。



ホームにいると、物乞い、猿、牛まで来ます。



この牛さんは、隣にいたお兄さんたちのお弁当を奪っていったよ。
お兄さんたちが、わああああ!!って蜘蛛の子を散らすように、逃げていたので、びっくりしました。
お猿さんにも色々取られちゃうから注意ね。

電車が遅れたら困るなぁ~って思っていましたが、ちゃんと時間通りに来ました👍
次の日にはヴァラナシへ飛行機で行く予定です。



励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/07 10:51] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(2)
アグラ~今日はホテルで…
ナマステ~.,:**’*;-.,:*”

毎日動いていると、長い旅、疲れるので、今日はホテルでゆっくり過ごします。
でも、結構楽しいホテルライフでした。
朝に晩に、コーランが放送される。




昨日半額で買ったワンピースにストール。
UNIQLOよりもお買得なお値段です。このカレー色しか半額になっていなかったけれど、地味過ぎてインドの皆さまには人気がなかったそうです。結構可愛い。
ブレスレットもデリーで…。
パンツはUNIQLOなので、全身で、すっごくプチプラコーデですよー。



このソファ、素敵✨





101匹わんちゃんの映画がテレビでやってたので、見て(笑)
毎日夕方にやるコメディみたいなインドドラマを見て遊んでました。







窓の外を眺めると、結構愉しい。
駱駝さん。


下は、猿の運動場(笑)



もっともっといっぱい来るよ。






ロバに乗ったお爺ちゃん。お洒落⚜️✨
今日のコーデ、キマってます~✨







この4倍くらいの過積載は当たり前。
見たか?!神奈川県警💢
アタシの、畑の支柱なんてさ、可愛いもんなんだよ!!!







牛は神聖な動物と言われているので、絶対に邪険にしたりしません。クルマも避けて差し上げます。







私が一番すごいって思ったのがこの煉瓦を運ぶおじさん。
おじさんは、ここで、一回この「愛車」を停めて、
ゴミの山に向かう、そして、散々吟味して、良さげな煉瓦をゲットし、
このクルマに載せて去っていった。
ゴミは、こんな人によって色々にリサイクルされる。
生ものは、サル、牛、ロバ、犬が食べる。
プラスチックゴミは、少ないが、ホテルのおじさんが、ゆっくりまったり箒で掃く。これで、ゴミはなんとなく処理されていく…。








素敵なお客様。とてもきれい✨






なぜか皆、お便所サンダルみたいなのを履いているがちゃんと走れる果物屋さん。こういうの見てると、人間って、「やる気になれば、どんな事でも、どうにかなるもんだなぁ(笑)」って、思う。おもちゃ屋さん、八百屋さん、日用雑貨屋さんもくるよ。







千円しないダダのシャツ。






窓から見えるタージマハル。






ルームサービス。チャイ。マサラ・ティと言った方が通じるよ。
スパイシーで、美味しい。
不思議に普通の紅茶よりもインドではチャイの方が美味しかったです。

お砂糖をたっぷり入れてどうぞ✨
私は、お砂糖なしも好きです。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/06 20:58] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(0)
アグラ~タージマハル
ナマステ~.**’*;-.,:*”

タージマハルへ。
色々あって1時間ばかり、頭を冷やして、散策開始。





後ろは正門。

でね、これきれい✨と思って写真を撮ったが、本当にきれいだったのは、その後だった。光のマジックが待っていた。それは最後に、種明かし。








お洒落なホウキで、常にお掃除。やればできるじゃん!孔雀の羽のハタキもあったよ。

あ、そうそう、入場にパスポートの提示を求められましたが、ないよー!今は持ってない!!って言えば、大丈夫でした。強気でいけば、わざわざホテルに取りに行かなくて平気よ。



何故だかわかんないけれど、一緒に写真を撮ってって、あちこちで言われる。珍しいのかなぁ?東洋人。



ここでも頼まれる。…。それがね、「インスタいいですか?」って聞かれる。時代は変わったのね…。いやいや、私でいいんですか??(笑)
で、こんなのが撮れました。



よくわからない人間関係ですが、なぜコレをインスタに上げるのか、疑問だが…(笑)?



ダダも、現地調達のシャツで頑張ってます🤣あははは。







で、すごい人がいらっしゃった。
このダダの右の姉ちゃん。



みんななんとなく、順番で写真を撮ってんですが、だいたい、二、三枚、さっさと撮ってどく感じなんですよ。どこの国の人も。
でも、この方々は、どこからいらしたのか不明だけども、お一人で、様々な謎のポーズをとって、皆さまを大変長時間お待たせしておりました。でも一切空気なんか読みませんよ。

その上、誰かが入ると追っ払う(笑)
大顰蹙なんですが、そんなの一切気にしないで、謎ポーズをキメる。
すっごい、ど根性だわーーー。
姉ちゃんズ、おそるべし🌀
えーー、次??まだいるの??あと何人いるのよー🌀🌀
って、みんな苦笑い。
でも私は思った。このお化粧からしてお見合い写真かなんかなのかもね…。
私は、なんか結構面白く見ていました。








インドって猫がいないねって言っていたら、タージマハルの庭園にいました。でも、目力がすごい。
(笑)
鳩を狙っていたのね。







夕暮れになってきました。
帰ろうとしたら、夕日に照らされたこの水にタージマハルが写りこんで、とてもきれいでした。
写真だとイマイチですけれど…。



ね。朝と夕方にはきっとこんな感じになると思います。夕暮れ時は、ため息の出るほどでした…。






いきなり日が暮れて、暗い街をオートリキシャを、ぶっ飛ばして帰る。
日暮れだ。コーランが聞こえてくる。



励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/06 11:36] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(0)
アグラでエリカ様になる我々
ナマステ~**’*;-.,:*”

アグラに移動。
飛行機にした。
ジャイプールはそれはそれは素敵でした。



で、アグラ。
まず飛行機が着く、空港は小さく軍の管轄らしい、感じ、多分。
だって軍の施設がいっぱい。
で、タクシーを呼ぼうとしたら、バスに乗れっていう。で、飛行機に乗っていた全員を半強制にバスに乗せる。

で、このバスはどこに行くのよ?





表示にはCITY CENTERって書いてある、でも、その表示って年がら年中出てんじゃね?平気?
で、みんなバスの係員に聞くが、なんて言ってんのかわかんねーみたい。

でも、いいや、もう、拉致されちゃったりはしないでしょ。一応法治国家だし。多分軍の施設の外に出すバスなんだと思う。あくまで想像。
と、笑顔でバスの運転手が回ってくる。
「一人65ルピー」だという。
街の中心まで行くという。
あっそう。よかった。





でも100メーターくらいのところにゲートがあり、そこでしばし停車。
すると、ドアが開き、外から男が入ってきて、


「終点だよ」
って言って回る。

大半の人が降りた。
おかしいじゃん。

で、さ、隣に座っている若い女の子に聞いてみた。

「あのさ、街まで行くって言ってたよね、バスの運転手。」
「なんでみんな降りてんだろね」
「私、外から乗ってきたヤツが終点って言ったの聞いんだけど。。。」
「そうそう、言った!」
ねーーーー。って頷きあう。無言で。。。
アイツと運転手、グルだよねーって。
あの男が、嘘言ってんのに、運転手は黙認なの???


あああああ…






どこからきたの?
日本だよ。
私ニューヨーク。私の名前はナーシャ。あなたは?
あああ、どおりでわかりやすい。アメリカ東部の英語だわさ。アメリカ人らしい明るさ。
この姉ちゃんがいるから安心。コイツはしっかりしてそう。



バスが着いた。
タクシーに囲まれる。
結構安いしめんどくさいから乗る。





しばらくしたら、車内で運転手がいう。
「ね、これからそのままタージマハルに行こう。そしてバザールに行ってレストランに行こう。」


オメー馬鹿じゃないの?

あたしらは、今着いたばっかなの。疲れてんの。
とりあえずホテルでゆっくりしたいのよ。

「じゃ、明日、早朝のタージマハルを見に行こう。そしてアグラ城へ行ってガイドしてあげる。1日観光して〇〇〇〇ルピー。安い。」

べらぼうなお値段じゃありませんか???

お前と一日中一緒なんて発狂しそう。勘弁して。

迎えに行くから電話番号教えて。
オメー、今時、ホストだってそんなすぐに連絡先なんか聞かねーし。あはは。知らないけど。知り合って10分だよ。

やなタイプ。




何にも決めてないし、いいよ。
って言ってるのに、しつこいしつこい。

頼むから、黙ってて!!

私たちの時間を邪魔しないで…。

こういうのはあるとは思っていましたが、こりゃ、うるさい。

旅の人に自分の感想を書いてあると言うノートを見せてくれた。
日本語で、「色々連れ回されて、帰りに、土産物屋に行かされて、すごく高いレストランへ連れて行かれた」と、書いてあった。ひゃー。








ようやく解放されて、ホテルにチェックイン。
少しすると、おやつが届く。ちょっと嬉しい。
アグラではちょっと良いところに泊まりました。だって、物価も安いし、それに、ここ、安いホテルだとめんどくさそう。トラブル多そう。


で、おやつのタルトやら、クッキーやら、食いながら、タージマハルへ行く事にする。行きたいところへは行ける時に行っておくのが旅の鉄則。明日は雷かもしれないし、何が起きるかわからないから。


で、さっきとは別のタクシーを呼んで、タージへ。

支払いをしようとするとお釣りがないという。
は…。
そーでございますか…。
そう来たか…。





怒っていたらキリがない。払うざんす。100円もいかない金額だもの。でも、後で、最悪の評価をしてあげる。ネットで呼んだタクシー。お互い評価することになってる。ナンバーも名前も、残ってるから。
ミーはね、揉め事はいやなんですが、

ズルは許さないざんすよ。




で、停車位置はなんとガイドの溜まり場だった。
そこからは、私たち(客)の奪い合い。
私たちに最初に声をかけてきたヤツに後から安い値段で声をかけたやつがいた。
で、ね、その最初の男がその後からきたやつに殴りかかんばかりの大げんかが始まった。。。
『俺の客をとるな』って感じかなぁ…

ううう、これは、さっきのタクシー運転手が、最初のガイドと結託してたんだな。多分。運転手、ずっと電話してたし。インドの言葉で。これからカモを連れて行くからバッグマージンをちょうだいね🖐✨
って。そゆことだわな(笑)






絶対ガイドなんか頼まねーし。


でも、まだまだ甘かった。そのあと、もう史上最強にしつこい面倒で不愉快なヤツに会うのであった。





さあ、タージマハルの入り口へ行くと、チケット売り場がある。
政府観光局の者ですって、身分証明書を見せる人がいた。
格好も制服っぽい。でも、信じるわけないじゃん。
テキトーにしていたら、水と靴カバーをくれた。
おじさん、これはタダ?って聞いたらそうだという。
チケットを買って中へ行こうとしたらその男がついてくる。

ガイドはいらないのよ。
いやタダだから。
タダでも嫌なの。
入り口まで行くだけだから。
コイツ厄介だな。。。
お土産は、政府公認のあそこで買えと、何度も言う。
あああ。コイツやだわーーー🌀🌀🌀

でも入り口を過ぎてもついてきた。
「だから、ガイド嫌なの。」
「あ、写真撮ってあげる。」
「結構です。」
人を騙そうという不届き者の邪気…。いるんだよね~、こういうやつが。
お金の問題じゃない。なし崩し的に、ガイドして、最後に法外なガイド料を払えというつもりね。


だ・か・ら、

最初から言ってるよね~?ガイドはいらないって。









何を言ってもダメなのね~。


!✨

いいこと思いついた😃✨
『私、セカンドハネムーンなの。(嘘よ) で、ゆっくりしたいの。タージマハルの由来は調べて来ているからいいの。だからお願いあっち行って。』

って言ったら、そいつ、チップをくれと怒り始めた。
「最初から私たち、ガイドはいらないって何度も言ってんじゃんよ!!!あっち行けよ。」
ダダが怒る。

グダグダ何年に誰が建てたとか、聴きたくない。今はネットで調べていくから説明なんて要らない。じっくり事前に調べていけば、頭に入っているし、何より、雰囲気が台無し…。







ちっともどかないから、10ルピー札をくれてやった。16円。
ジャラ銭、もしくは極めて少額のチップは、最悪でしたの意思表示。
だって、オメーなんにもしてねーじゃん!
するとそいつ、唾を吐いて去って行った。

なんということ!

あんたたち、そうやってずっと文句言わない観光客をターゲットに飯を食ってるんでしょ。
お前らにお金を払うなら、物乞いにお金あげた方がマシ。
タージマハルはインドの顔。
コイツはそのインドの顔に泥を塗る不届き者じゃん。


その後、しばらくエリカ様になる我々。
小雨が降ってきた。
どうせすぐ止む。




怒ってるダダ。
エリカ様になる。(笑)




中に入ると、棺の脇の柱に懐中電灯を照らして「これは、ルビー」と、教えてくれた係員がいた。
「あんた、ガイド??お金??」
と聞いたダダ。
「いやいや、ただ教えてあげようと思って。その中にお金を投げると…」


あああああ。


そう…。
お前、警備員だろ。お前まで、お金、お金って、言うなや…。
わざとらしいその笑顔に、

別に…

(笑)って、言いたくなる。エリカ様みたいに。


いい加減にしろ~!



ひさしのあるところで、心を落ち着けて、少し休もう。
街全体が、ぼったくり着物屋みたいだ。違うのは貨幣価値。そこが、微妙な所なんだね…。コッチにしたら、チャリ銭でも、むこうにしたら、すごいお金なんだろうね…。

めんどくさいから払っちゃおうって思うものね…。
後の人の事考えると、良くないしね…。
でも、いちいち対応していたら、めんどう。
難しいですね…こりゃ。

バクシーシと言う考え方…。(恵まれない人に施しをしたら、徳をつむ事になる。)これは馴染めないわ。
そいつらが本当に恵まれないかというと、どうなの?ですね。つけ込んでくるヤツにお金は払いたくない。でも、いちいち怒っていたら、身がもたない。この感情とどう折り合いをつけるか。


タージマハル…続く…。



励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/05 11:07] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(2)
蛇使い…やっぱ、いた(大泣き)
ナマステ~.**’*;-.,:*”




いた…💦💦💦💦💦
すっごく遠くで、見ていたら、
おじさん、私に手招きをして、このコブラの壺をこっちに向けて、


ご親切に、

見せてくれたよーーー💦💦💦💦

コブラ…。


あああ。




走って逃げた。
コブラがこっちに来そうで怖かったよー。


街の人が笑っていた。

「奥さん、ホラ、あれ、コブラ!」

って、笑いながら指差す人。






コブラの保護のため、今はもう蛇使いは法で禁止されているそうだけれども、観光客が多いこうした場所では、文化として残すために、多少は、黙認されているらしいっすよ🌀💦

でも…。このじじいは、このコブラと一緒に住んでんのかね?😭💦


蛇使いは、蛇と契約を結ぶ。
あなたの時間を私のために一年間貸してください。
と。

そしてその日になったら森へ返すという。
蛇は、は100年生きると言われ、寿命を全うすると、人間に生まれ変わる。
が、その生まれ変わった人は、決して瞬きをしない黒目の大きな人…。
皆一瞬でわかるそうだ。





サタヤムというコットン屋さんへ行く途中の広場にいた蛇使い。
ビックリしました…。

サタヤムは、質の良いコットンの品が並んでいるヨーロッパ風のお店です。どこへのお店に行ってもブロックプリントの色違いばかりの中で、ちょっと違うテイストのお店。
ブロックプリントってこういうのね…。エスニック屋さんでよく見かけるこんな柄。



判子みたいのを押して染めるプリント。これは、手染めではなく、機械のプリントだろうけれど…



これもそう。観光客はみんな着ています(笑)お手頃だし、手を伸ばしたくなるんですね!色とりどりの、かわいいプリントです。
素足で歩く大理石の宮殿。気持ちが良いです。靴を履くことを禁じられているところは多いです…。







で、サタヤム。ここでは爆買いはできませんよ。手織り手染めのしっかりとした品を扱うお店です。
この大判のストール、とてもかわいいです。
これはちょっと、高かったんです…。



これは、エスニック風の手染めのコットン。





こちらは、かわいいギンガムのぼかし。春先に、ネイビーのふんわりしたスカートに、白いブラウスで…。





こんなのと…。


かわいい💕よね、きっと。
明日は、アグラへ向かいます。




励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/04 10:37] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(4)
爆買い、ジャイプール
ナマステ~.**’*;-.,:*”

買いも買ったり!でも、全て信じられない激安価格!



古い椅子カバー。中身のクッション椅子は要らないと言って中綿を全部出してカバーだけにしてもらった。材料用にゲット。バッグや敷物にしたらかわいいかなって思って。フリンジもたくさん付いてます。
カンタ二枚。一枚はスカートに。




カンタ屋のおじさん。








お次は、ちょっとかわいい靴。千円くらい。




かわいいのがいっぱいあったので、他の街でまた買おうかなと思っていましたが、ジャイプール でしかこのような安くてデザインの良い靴は売っていませんでした。残念。
シルク生地、ストールやブラウスなんかにしたらかわいいよ。
全部、ひっくり返るような安さ。







シフォンのストール。600円。これ、案外良かった。





サリー、3000円





ブレード。五種類、9メーターずつで、なんと全部で3000円程度。切り売りはしないそうです。こんなのユザワヤとかで買ったら、すごい値段だと思います。







アヒルさんのかご。 320円。






半額セールのワンピース。数百円。不人気色だったようで、見切り品でした。





ワンピースとストール三枚は、アノーキーという有名なセレクトショップで。
殺人的に安いのですが、シルエットや縫製などなんの問題もありません。お昼ご飯を兼ねて、オートリキシャで、往復500円も掛からなかったと思います。








このワンピースは、試着できない店で購入。やっぱりシルエットがよくないので、お直しをして着ます。でもいいんです。ものすご~く安いんで。

このピンクのワンピースを買ったお店の店員さんが、
「そのアヒルさんのかごをちょうだい!」と言って手を掴む。


ダメよ~!!



他でも空港職員などにもアヒルさんの籠はどこで買ったのかを聞かれて、何故か、大人気でした。

「日本ではこんなかわいいかごがあるのねっ!!ね、ちょうだい!お願い!!」
いやいや、こりゃ、ジャイプールで買ったんだけどなぁ~。この国では、ちょうだいって言うのは、いけないことではないのね、きっと。

薬屋のBBAにも、
「お願いだから、その籠、ちょうだい!おまけするから!!!」
って。🤣👍


これは、裏通りのにいちゃんのやってる、汚っぽい(笑)すっごく埃っぽい(笑)お店で買ったんです!裸足の兄弟がやってるお店。店先にはこれの他に少しザルがある程度の地味なお店でした。
店に吊るしてあったのを竹の棒でひょっと下ろしてもらって買ってきたのさ!
布好きにはジャイプールは天国です。

でも、細工物などはあまり良い店がありませんでした。
お細工物や、お香などは、ヴァラナシで…。
ダダには布の買い付けに来たみたいだといわれました。

🇮🇳ありがとう、ダダ🙏


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/03 08:53] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(4)
 ジャイプール買物
ナマステ~**’*;-.,:*”

ガイドブックにはない情報を書いてみます。

まず、バザールと言われる通りは、客引がうるさくて全く自分のペースでは買物できません。観光客のいくバザールに行ってはいけません。
絶対。絶対。絶対…。



木彫りのガーネーシャいりますか?三つもいる??
像のキンキラキンの置物欲しいですか?
触ったらガッサガサのパシュミナストール買いますか?
赤と紫と緑と金色のシャツ着ますか?
一回洗ったら雑巾みたいになるドレス買いますか?
小学生の夏休みの宿題みたいな像の彫り物要りますか😭🌀?

極めて粗悪な安物を「安いよ安いよ」って言って押し売りしてきます。

「見るだけ」って言っても、まあ、しつこい。店に入ったら最後…。うるさくて頭がおかしくなりそう(笑)


『あのさぁ、オメ~、アタシら、けーるって言ってんじゃん、聞こえてる?にいちゃん耳掃除してる?あのね、巨人が優勝したんだよねー。だから帰るって言ってんじゃんよ。知ってる?筒香ね、登録抹消なんだよさ。オマエさ、そんな商売してて、恥ずかしくないの?聞いてんの?わかったの?』神奈川弁で(笑)まくし立てる。

理解してないようだ(笑)当たり前だけど。

『マダムマダム、わかった、じゃ、半額で。』
(え?ほんと?)  『でも帰るわ。だって巨人優勝だもん。あの賭博球団、わかる?!』
『ワカラナイ。じゃ、マダムの言い値で。』
(ふっ、マジですか??じゃ、買うわ。)
『包んでください。』(嬉しそうにはしないこと)


でも、買わないって言うと、まるで葬式帰りみたいなこの世の終わりみたいな顔で見て来る。オマエね、世の中なめてない?私はいらない。





で、これじゃ、色々めんどくセーし、ダメじゃんって思った私は、
リキシャで、ちゃんとした「ブティック」へ行くことにした。

ジャイプールが買物天国なんて、嘘っぱちじゃん。
と、思いながら。。。リキシャに乗る。



でも、今度はその運転手の見ていたGoogleマップは間違えていて、とんでもない場所で降ろされた。



写真のところはきれいだけれど…。実際通ると、もっと汚くて、ゴミがいっぱい。ギラギラしてて、すごいスパイスの匂いで、犬や牛がいて、フンがあって、おじさんがおしっこしてて、道を渡るのには相当覚悟しないと、轢かれそう。




迷う…迷う。

まるで、アラジンの映画みたいな世界をさまよう。

ここはどこ?もの凄い勢いで、バイクが通る。クラクションと、香辛料の匂い。
庶民派の通りだけれど、バッグを狙ってくるような人もいなかったです。なんだか、最初はびっくりしたけれど、慣れればこっちの方がゆっくりできる。物売りも、物乞いもいないもの。誰も話しかけてこないし、いい感じ。でも、ものすごい裏通り。

ちょっと早く抜け出そう。
山のように積まれたナッツや、ドライフルーツ。揚げ物屋。



おじさんこれ何?って聞いても通じないけれど、水の入ったボウルに葉っぱが浸してあって、なんか香辛料を包んで食べるみたい。(~後に、これは食べることができました。)
食べもの?って聞いたら、そうだと言う。

うー、でもきっと辛そうだし、これは大人の味なんだね。



でも、本当にここは客引きが全くいない。ローカル感がすごいけれど。
この店主も勧めても来ない。ああ、この方がいい…。



で、わかったんです。大きな通りのバザール、風の宮殿みたいな有名なところの大通りは、ロクでもないものが多く、いわゆるお土産屋さん。客引がすごくしつこい。
でも、一本通りを入ってみると、観光客はいない。…ちょっと、雰囲気もすごいけれど。。。こんな感じ。






地元のお客様ばかり。ちょっと勇気を出せば、みんな入れてくれました。
買わなくても帰れます。ほっといてくれます。

こんな感じで座ってゆっくり選ぶんです。



まったり…。

ここ入ってみました。生地の店が並んでいます。すれ違うのがやっとの通路。店がぎっしり。客引はいない。




~~こここそ、天国。
シルクから、ポリから、刺繍の生地、ジャガード、たくさんある。






これは、シルク。メーター、200ルピー、1ルピーは、1.6円。あああ、お察しの通り爆買いでした🤣
でもね、シルク?って聞いても、織り方の種類を言ったりする。だから触って確かめるしかない。全部触ってみる。



~~そして、天国その2✨
ブレードや、リボンの店。



このBBAの真剣な顔。買物は真剣勝負よ!!
でも、狂喜乱舞だわ。こんなお店が無限にある…。
死ぬほど買っても、3000円ほどでした。こんなの、ユザワヤなんかで買ったら、メーター3000円とかしちゃうわよね。爆買い…。

でもゆっくりじっくり選べます。少しならディスカウントもOK。ほっといてくれる良い店で、買いましょう。



バザールの大通りの最初の方にある店のクオリティーは低く、客引もすごい。奥に行くほど静かで良い店があります。

さらに言えば、一本通りを入ってみたら、めくるめく世界が待っています✨


一回、サリーのちょっと素敵な店に入りましたが、まさかサリーを神奈川で着るわけにはいかないので、7メーター半も要らないから、半分ちょうだいって言って、値切ったら、じゃ、サリーの良さを教えてあげるからって言われて、

着せてもらいました。






ひゃー!!



良い経験をさせていただきした。
サリー綺麗だった✨

でもね、「にいちゃん、要らねーのよ、7メーター半なんて。そんなたくさん要らないの。スカーフにするんだから。」って言ったら、
私たちの言い値で売ってくれました。でもカットは無理。だって、もうサリーとしては売れなくなっちゃうものね。ほんとはもっと安いのでしょうね。これは、化繊ですが素敵な色ですよ。

あ、でもね、ホテル帰ってテレビショッピング見てたら、これより変なのが、この倍くらいだった(笑)
サンダル屋さんも可愛いのがいっぱいありますが、見るだけ大丈夫とか言いながら、一回入ったら、軟禁されます(笑)しつこいよ、なので、よく店を見てから入りましょう。



しっかり見て入った店で、私は結構可愛いのが買えました。

安くて可愛い靴、ジャイプールはいっぱいあります。なぜか、こういう靴はジャイプールにしかありませんでした。こんなのが千円いかない。




すっごくお手軽なお値段です。

客引のうるさい店は、ろくなもんがありません(笑)



でもね、相手はある程度、日本語が分かるから、変なこと言うと喧嘩になりそう…。なので、私たちは三つの作戦でいくことに…(笑)

「神奈川弁作戦」~ひどい神奈川弁で、喋り倒して煙にまく。ダダは、下手(笑)

そして「アホの子作戦」~何にも分からない、頭の弱い人を装う作戦。これ結構イケる。ずっと、え?って不思議そうな顔をしている。結構難しい技術を要する(笑)

さらに「ため息作戦」~はあぁーーー、ってウンザリしたため息をつく作戦。

面倒な闘いも、愉しんでみようと思いました✨🖐




「アホの子作戦」が結構効果があるですよ!


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/02 10:05] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(2)
ジャイプール~アンベール城へ
ナマステ~.**’*;-.,:*”

タクシーで、山の上にあるアンベール城へ行きました。



像のタクシーに乗るつもりが、像さんは、一日三往復したら終了らしくて、乗れませんでした。でもね、タイで乗ったことあるので、諦めます。
頑張って歩いて登りました。すぐひと休み。




わあ、いい写真。みんなひと休み。がはは笑い。後ろのカップルは、ぼったくりジジイにあの怪しい帽子を売りつけられてたの。でも結構喜んで買ったのね。気に入っているのなら、何よりよ👍😃

でもね、そのジジイが、私の巻いている布を見て
『カンタ!カンタでしょう!!!』
って、少しだけ目を細めて見てくれた…。

ジジイだってこんな風に異国のBBAが古いインドのカンタを巻いてたら、少し嬉しいんだね。






まるで万里の長城みたいにぐるりと擁壁で囲ってあります。
万里の長城もモンゴルの方の騎馬民族から、守るために作ったと世界史で習ったように記憶しておりますが、その匈奴とか、なんだかとか、というのと、インドも接していますものね…。
文化は繋がっているのですね。








この鏡の間、素晴らしい✨



説明を見ると、シリアから運んだ鏡らしいですよ。







天井から、外壁から内部まで埋め尽くされたこの細かな細工の模様。




この奥に何重にもこんなアーチがあって、縁がキラキラ光るんです。
この中は歩けないのですが、うっとり眺めるのには、充分です。










広くて疲れました。大理石、冷んやり…。







ここは、頭がおかしくなるくらいデカい謁見の間。




ジャイプールのピンクシティ近くのバザールで買ったカンタ。



これ、千円くらいです。でもね、日本で買ったら、すごい値段です。
裏は、こんな…。二枚購入。








暑くなってきたので、カンタをスカートからストールに変更(笑)

今日は、暑いね~。
「ねえ、ヤギさん、そこで何食べてんの??」





で、ここら辺に、有料のトイレがあります。トイレに行きたいならば、絶対、絶対、いくら払ってでも、有料のトイレに行っておいてください。
有料ったって、
10円くらいですから。





私は、ケチって、外のトイレに行ったら、ドアはないわ、水浸しだわ、もちろん柄杓でお尻を洗うシステムだわ、で、えらい目に遭いました。で、一個だけドアのあるトイレ発見!!でも鍵なし。しゃがみながら、手を死ぬほど伸ばしてドアを抑えて、全ての荷物と、カンタのスカートが水に付かないように、必死…ウホホッ。とにかく、あの水瓶と柄杓には絶対触りたくない。アメーバ赤痢になっちゃう😭🌀かも…。


私は、普段はそんな事しませんが、除菌シートで、足をきれいに拭いて、ホテルに帰って靴を洗いました。でも、乾燥しているので靴は一晩で乾きましたが、見事にヘタリました。










大理石って照り返しがすごいので日向は暑いのですが、日陰はすごく涼しい。暑くても日陰を目指していけば、お休みできます。
休み休み、ゆっくり。
あまりにも素敵で何時間もいたアンベール城。






タクシーを呼んで帰ります。







帰りにタクシーのおじさんに、ちょっとだけ頼んで寄ってもらった水の宮殿。
夏の間だけの宮殿。こんな別荘で、どんな生活をしてたのでしょう…。

今は、遠くの日本から、こ汚い土産物屋のオヤジと闘いながら、ど根性で写真を撮るこんなBBA…(笑)
向こう側は、ゴージャスだけれど、反対側は、野良犬がいっぱい。みんなゴミを漁ってる。うんちもいっぱい🤣👍
ゴミは、大事な資源です(笑)最高のリサイクル✨👍あはは。
この水上のいにしえの宮殿を、ダダと、ゆっくり眺めています。

素敵…。


励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/01 12:12] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

Dolce

Author:Dolce
青い鳥を探す為につけている日記です
愉しいこと
好きなもの
愉しみでしている畑や着物
小さな手仕事
ピアノの練習
家族のこと
こつこつ、書いています

お知らせ

 
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福

リンク

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

カテゴリ

FC2拍手ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

<