FC2ブログ
Dolce
*** hana
ホンダ、セキュリティーアラームが鳴る事案の顛末
今回の件で、問題が解決していないため、仕方なくお客さま相談センターへ連絡をするもの、そこで電話に出たNという女性にけんもほろろの扱いを受け、このままでは、と思い、その後、そのNの上司へメールを送った。
以下がその全文。




~ホンダ技研お客さま相談センター、N様の直属の上司の方へ~

この度は、N様への私の質問に問題がありましたようで、
N様には不愉快な思いと大事なお時間をとらせていただき、大変申し訳ありませんでした。
私の質問が、要領を得なかったのか、
話を進めていくに従って、
「はああーー、最初から、そう言っていたらければ、お調べする内容が違いましたのに!」
と、いわれ、
N様にご相談させていただきながら、
ホンダのクルマに関する不安な気持ちがより一層大きくなりました。

録音をしてあるそうなので、
上司の方、是非確認をしてみてくださいまし。

ホンダは、いち早くF1に参戦し、好きなメーカーでした。
本田宗一郎氏の理念も好きでした。大変に残念です。

うちのクルマは、過去から、セキュリティーシステムが何度も鳴ってしまい、その度に嫌な思いをいたしました。
しかし、N様は質問には答えず、「dolce様が車に乗ってスマートキーを操作しながらアラームに関して説明することしかできません」とおっしゃっいました。
が、
私は、スマートキーを使わないで、普通のキーで操作したら、どうなのか?を聞きたかったのです。
私の言葉足らずであったのかとしれぬとも思いますが、
御社の車で、こんなに困っている人がいるのに、木で鼻をくくったような対応で、悲しくなりました。

先日はセキュリティーアラームが鳴り続け、コンビニの駐車場にいた職人さんのおじさんに
「うるせー、なんとかしろ!」と怒鳴られて非常に恐ろしい思いをいたしました。
また、通っている乗馬クラブでは、駐車場のクラクション禁止です。クラブへ行けなくて困ってお電話させていただいたのです。

また、神奈川のN店に
「怒鳴られて、怖い思いをしたので、このシステムをなんとかする方法はありませんか?」と伺ったら、
『それは怒鳴った人の人格の問題で、弊社の責任ではありませんよね。』」と
言われました。


巷には、クレーマーが横行しておりますが、本当に困っている人に寄り添うというのが、企業としての責任ではないでしょうか?

以下は、一個人としての意見でございます。
日本を代表する企業としての責任、そして、社会に貢献できる問題解決能力を 備えた人材の育成は一流企業の矜持であるとわたくしは考えます。
私は、クルマには楽しく乗りたいです。
困ったことがあったら、どんなにメカに疎いおばちゃまでも、
気軽に相談できる「世界のホンダ」であって欲しいと、私は、願っております。




~その後、1時間以内に、通り一遍の返信。


私は、今回のことで、セブンの駐車場でオヤジに怒鳴られ、セブンの店長にうるさいから、なんとかしろと言われ、車内からO店に電話したら、「ワカンねーから、JAF呼べば?」と、突っぱねられ、帰宅したらN店から電話が来て、「当社の責任ではありません」と、傷口に塩を塗られ、さらにお客さま相談センターのNという女性には、めんどくさいBBAめ!というクレーマー扱いで、とどめを刺されました。
ホンダってひとのことなんかどうだっていいんだって思いました。



私から、再び。


~M(Nの上司)様へ~

早速のご連絡ありがとうございました。

いくらクルマの性能が良くても、何かトラブルがあった時にお客さまに最前線で接する社員の対応で、その会社の評価が変わってしまいます。
これでは、良いクルマを作ろうと、必死になって働いている、ホンダの研究技術部門の社員が泣きます。
若い頃は、ホンダの、CBR750にも乗っていました。シビックも、アコードも。ホンダ大好きだったのに、極めて残念です。



N様、マニュアルの65ページを読むことくらいわたくしにもできます。
わたくしにはクルマに乗ってN様に電話を掛け直し、マニュアルの説明していただく必要もありません。字は読めますので。


ただ、御社ならびにN様はセキュリティーアラームが鳴って乗馬クラブで大事故が起こると、どのようなことになるか、きちんと理解していらっしゃいますか?
馬は非常に臆病で、繊細な動物です。乗馬クラブでは、クラクション、笑い声、大きな声での会話は禁止なのは、常識です。落馬は、騎乗者の半身不随、死亡などにもつながります。
また、人馬転をしてしまった場合、馬に何か起こったら、莫大な費用がかかります。それは、誰がどう保障するのでしょうか。家一軒分くらいに費用が飛ぶのです。



何度も起こったセキュリティーアラームの誤作動は、きっとクルマのせいではなく、わたくしが何か良くない操作をしてしまったのでしょう。
けれど、
「どうせ、おばさんが変なことしちゃったんでしょう」
ではなく、
どんなメカに弱い方でも、安全に運転できるという、万が一の対応『馬鹿よけ』は、必要なのではないでしょうか。


セキュリティーアラームで、人が死ぬこともある場所もあるのですよ。


わたくしは、N様がそういった事までお考えになってのあの対応だったのかどうか、N様ご本人から直接にお電話いただき、ご説明いただきたく思っております。





~dolce様へ~

Nと直接お話をされたいとの事でございますが、誠に申し訳ございませんが、
こちらのご相談につきましては、お客様相談センターを代表して私が承らせて
いただきます。
Nにおきましては、馬の生態について配慮が足らず、前回のようなお返事を
差し上げた事に対して、直属の上司より指導させていただきます。
この度は、お気持ちを傷つけてしまうような結果となり申し訳ございません
でした。
お客様相談センターを代表して、深くお詫び申し上げます。




Nは、アホだから私に何を言うかわからないから、問題を大きくしたくないから、この事案は上司が担当するって事ね。

「深くお詫びする」たってさ、セキュリティーアラーム鳴ったの何回めよ。
もう原因もわからないし、いい加減にしてほしい。
前回セキュリティーアラーム鳴った時、ディーラーは、
『これ、評判がわるくて困ってるんですけどねーー、外せないんですよーーー』
と人ごとのようにダダに言っていた。




ホンダはものづくりの会社。一本筋の通った会社というイメージがあった。しかし、それは昔のことだったんですね。技術、ひとに寄り添うサービスの提供、そんな物のハードルがどんどん下がっているように感じる。



これからの時代、こういうのとお付き合いしないで生きていくように、どんなものでもしっかり自分の目で確認してお付き合いする必要があるんですね。
たとえ一部上場企業といえども、この体たらく。この時代、ネームバリューだけで、お付き合いすることはもはや危険。


良い勉強になりました。

息子の就職先も、ネームバリューだけで選ぶのは危険ということね。わかったわ。



本田宗一郎が、泣いてるよ。



さらば、ホンダ






 
ありがとうございます
下のURL、クリックしていただけると、
励みになります
https://flower.blogmura.com/naturalgarden/ranking.html ←ナチュラルガーデン
https://fashion.blogmura.com/mrs/ranking.html ←ミセス系
https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ←アンティークきもの
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福
[2019/04/23 08:21] | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(2)
<<眉間のシワ! | ホーム | 買った >>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2019/04/23 22:00] | # [ 編集 ]
ありがとう!
あまりにも先方の対応がおかしく、でも、
それなのに、謎に堂々としている(笑)ので、
もしかしたら、私がオカシイのかなぁ?とか、
色々思ってしまいました。

本当に、なんだか、残念だね。
日本って大丈夫なのかなぁ、って思うよね。
私の話なんか何にも聞いてないんですよね…。
昔だったら、こんなのクビだよねー。
威勢のいい事言ってますが、本当は、シュンとしてます(笑)
励ましてくださってありがとうございます!



[2019/04/23 23:00] URL | Dolce #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
前のページ 次のページ
プロフィール

Dolce

Author:Dolce
青い鳥を探す為につけている日記です
愉しいこと
好きなもの
愉しみでしている畑や着物
小さな手仕事
ピアノの練習
家族のこと
こつこつ、書いています

お知らせ

 
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福

リンク

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
206位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
44位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

カテゴリ

FC2拍手ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

<