FC2ブログ
Dolce
*** hana
日本代表サムライJAPAN
インドのホテルで、こんな事があった。
レストランでのこと。

数家族の集まりで、日本人の家族が、宿泊していた。大きなテーブルでの食事が済み、子供は飽きている。しばらくしたら、5人くらいの幼児が走り回り始めた。
だんだんエスカレートして、隣のテーブルの回りをはしゃぎなら走り回り始めた。困惑するそのテーブルのご夫婦。



これは…と思い、あたりを見回すと、この中で一番の年長は私であると、咄嗟に思った。
レストランのスタッフが、皆、私の顔をチラチラと見ている…。
ああ、やっぱりな…。日本人だし…。おばちゃんだしな…。
ここをうまくおさめてください…という視線…(笑)あああ。どしよ。



と、ひとりが男児が転んで、大理石の段差に頭を打った。



スタッフが心配そうに集まる。
大声で泣き叫ぶ子供。スタッフは大わらわ。氷を持ってきて頭を冷やしたりなどしている。

親はというと、「すみません。ほっといて大丈夫です。」と言ったきり、涼しい顔をしておしゃべりに興じている。


銀のカトラリー、燭台にはキャンドル。薄手の上等な食器。床までのテーブルクロス。ピンクのシャンデリアのフロアランプ。美術品や調度品。テーブルクロスを引っ張らないか、フロアランプのコードに足を引っ掛けないか、ハラハラドキドキ。ほっておける状態ではない。




マネージャーがやってきた。
困り顔…。
私と目が合う。
私、の、出番???
なのよね。。。年長者の出番だ…。


ああああ、これは、もうダメだ。限界だ。





BBA…いくわよ!(笑)



私、咄嗟に、そばに走ってきた一番大きな男の子二人を捕まえて、隅に呼んだ。ゆっくり子供の前にしゃがんでヒソヒソ声でこう言った。

「ねえ、お兄ちゃんたち、楽しいのはわかるけれど、しつもーん!!ここは騒いでも良いところでしょうか?😃」笑顔でね。

「いけないと思います。」

「そうよね。よく分かっているのね…。偉いね。ねえ、ここじゃなくて、お外で遊んだらどう?お母さんに連れて行ってもらおうよ」

「わかった。」

「日本人だよね。インドに住んでるのね。こういうところでは、君たちは日本代表だよ。「サムライJAPAN」じゃん。だからさ、かっこよくしようよ。遊んでも良いけれど、ここはダメよ。」




「はい」
「じゃ、コッチおいで」


といってハグをした。

飴ちゃんでも持っていたらな…って思った。自分の息子なら、回りのテーブルに行かせて謝らせるが、それは、親の仕事だ。黙っていた。







何かインドのお菓子でも奢ってあげようかと思いましたが、インドのお菓子は嫌だという…。そうか…。
しばらくしたら、その男の子二人の親と思しき女性が、むくれて出て行った。

ごめんね。
でもこれを自然淘汰という…。

🤣💦




ここで、走り回るってね…



ここで、「ご迷惑をおかけしました」と、回りの皆さまに謝れば、きっと、笑顔で許してくださるのに…。こういう時は、謝るのが一番。

誰かが、「そのテーブルに、お菓子を、お代は私につけて置いてね✨🖐」なんて、ことになるかもしれません。いえ、ホテルが出してくれることもありましょう。
私だって、怒っていたわけではなく、周りの空気から、仕方なく言ったのだ。努めて笑顔で、小さな声で言ったつもり…。








しばらくすると、一緒にいた残った女性二人が、私のところへ来た。
「私たちが言えなくて、すみません。私たちでは、いくら言ってもきかないんです。言っていただいてありがたかったです。もう、昨日から恥ずかしくて…。昨夜も廊下で運動会で、すみませんでした。」

ああ、あの運動会もそうだったのね…。学校の廊下みたいでした。しかも日本語だったし…。あわわわ。




「いえいえ、いいのよ。こちらこそ偉そうに、差し出がましく、ごめんなさいね。私も息子がいたから、そういうのわかるの。私も、昔、年配の方の配慮にすごく助けられたから…。」

3人の母親、温度差があるようだ。けれど、それは仕方がない。最後に、「お会いできて良かったです」と言ってくださった。

次の朝、スタッフにも、そっとお礼を言われました。差し出がましい事をしたかと、不安だったが、少しホッとした。






きちんとした「サムライJAPAN」に育って欲しいのです。皆。




私も年をとったなぁって思いました。


あああああ。
今永くんかっこよ…。日本代表。


~全部ひっくるめて、個人的な意見です。お目こぼしください…。



励みになります。
下の写真をクリックしていただけると
とてもうれしいです✨


にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
[2019/10/29 00:14] | 🇺🇸 旅、思い出の写真 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<錦のしたたり。 | ホーム | 力がないって…>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2019/10/29 09:46] | # [ 編集 ]
人の子に注意をするのも、なかなかに自分を消耗します。お疲れ様でした。そして、未来のサムライJAPANに愛あるお言葉をありがとうございました✨

それにしても、現地でおもとめになったもの、とってもお似合いですね!ここには写っていない、お買い得だったというインドの方には少し地味で残っていたというあのベージュの、、
ドルチェさんのためにそこにあったかのようです!素敵です!
[2019/10/29 11:07] URL | piro #- [ 編集 ]
内緒さま😃🖐✨

コメントありがとうございます 🐿
あああ…。
「あのボタン」押しちゃうのは、ダメだ(笑)
でも子供好きだよね、あのボタン🤣💦

でも、注意されたら、謝るまでが教育ですよね…。
って思ったりするなーーー。BBAは。

頭を下げるなんて、ただなんだから…。

ふてくされるお母さんを見たら、子供は、
何にも学ばないなぁって。。。
子育ては、恥は、かいてなんぼです✨
学びの良い機会なのに、勿体ないなぁって思いました。

きっと繰り返すだろなぁ、と思いました。
お節介ですけれども😃






[2019/10/29 14:17] URL | Dolce #- [ 編集 ]
piroさま😃🖐✨

私、「お節介おばちゃんになった」の巻でした。

「おばちゃん、頼むよ」という視線も、ビシビシと
感じ、自分もそんな年齢になったのだと、
改めて思い知らせれました 🤣💦

褒めていただき、嬉しいです😃
あのベージュは、着やすくて良いですよね!
でもこのピンクのは、日本では着られないかなぁって
帰国してから思いました😭🌀

息子にも、「BBA、どこで着るの?そのピンク!」って
笑われました…ので、
「建長寺」って言っておきました🖐ひゃー。



[2019/10/29 14:18] URL | Dolce #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
前のページ 次のページ
プロフィール

Dolce

Author:Dolce
青い鳥を探す為につけている日記です
愉しいこと
好きなもの
愉しみでしている畑や着物
小さな手仕事
ピアノの練習
家族のこと
こつこつ、書いています

お知らせ

 
小さなお店をしています。
~クリックしてみてください。
Stores DoclceDaisey
Stores 福

リンク

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

カテゴリ

FC2拍手ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

<